ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る!

小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る! 2013年8月26日 19:10

小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る!

TVアニメ「変態王子と笑わない猫。」のBlu-ray第1巻の発売記念イベントが、6月30日(日)にアニメイト池袋本店で開催。イベント終了後、小倉唯さん(筒隠月子役)と石原夏織さん(小豆梓役)に、イベントの感想や作品について話をうかがった。
「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベントの模様はこちら



小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る!

――イベントの感想をお願いします。

小倉:作品を見てくださった方がたくさんいたので、印象に残った話を共感していただけました。(ネタバレになる話は)いつもはキャストさんとだけでしたが、最終話のオンエア後ということで、物語の流れも話すことが出来たのですごく嬉しかったです。

石原:いつもは、これはネタバレになっちゃうから言っちゃいけないなと思ってたんですよ。それが平気で言えたし、その時その時に起こった面白いエピソードが話せてすごく楽しかったです。轟さんのMCも良かったですよね(笑)。

小倉:すごくまとめてくださいました。

石原:差し入れの話でも、轟さんがいたからこそ新事実を知りましたし。このイベントをやらなかったら知らなかったこともあって楽しかったです。


――最終話までそれぞれのキャラクターを演じてみて、いかがでしたか?

小倉:月子は、表情がなくなり言いたいことが言えなくなるという設定だったので、その部分に重きが置かれるのかと思っていたんですよ。でも、最初に喜怒哀楽のあるシーンが描かれていたり、回想シーンや幼い月子を演じられたりと、自分で「月子はこうじゃなきゃいけないのかな?」と思っていた以上に、演技の幅があって嬉しかったし演じがいがありました。月子自身もお話の中ですごく成長していくので、私も成長しなきゃいけないと思って演じていました。

石原:梓は、最初に登場した時の梓、横寺(陽人)に建前を返して変わっていく梓、月子に勝てないと思ってキーっとなった梓、笑わない猫像が乗り移った“ブラック梓”など、ものすごいスピードで色々とあったので、やりきったという達成感がすごくありました。ブラックな役はあまり演じたことがなかったので、すごく楽しかったです。オンエアはこの時はこういう心境だったなと思い出しながら見ていました。本当に充実したアフレコだったと思います。


――あのようなエンディングを迎えてみて、月子や梓に声をかけるとしたら何と言いたいですか?

小倉:「梓に負けるな!」です(笑)。月子って怖いヤンデレ寄りの愛し方だよね?好き過ぎて怖いよね?とアフレコ現場でみんなで話していたんですよ。その点、梓はお話が進んでいくにつれてすごくいい女の子、天使みたいな女の子に変わっていたので。

石原:(梓は)正統派過ぎだよね(笑)。

小倉:今はいいですけど、いずれ横寺が月子の事を怖くならないかなと心配です。少し行き過ぎた“うがった”愛情が心配なので、「梓に負けるな!」と言っておきたいです。


――石原さんはいかがですか?

石原:月子には負けちゃいましたけど、友達がいなかった梓が横寺や月子やみんなと出会って、モリイとモリヤと仲直りが出来たし、本当はいじめていなかったという事実を知ることが出来ました。それは横寺たちと出会わなければ叶わなかったので、「いい友達を持てて良かったね」と言ってあげたいです。


小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る! 小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る!

――Blu-ray第1巻には月子のキャラクターソングが、第2巻には梓のキャラクターソングが収録された特典CDが付きます。それぞれの曲の聴き所をお聞かせください。

小倉:月子の曲は、本当に月子っぽくて歌詞が少しミステリアスです。本編で鼻歌を歌うシーンがあったのですが、そういう鼻歌チックな部分も描かれていて聴いてビックリしました。レコーディングでは、よりキャラに寄せて歌うことに重点を置いたので、本当に月子が歌っているのを想像しながら聴いてもらえたらすごく嬉しいです。

石原:梓も本編でのイメージそのままというか、歌詞もメロディも梓らしい明るい感じになっています。初期の梓に近いですかね。梓のことを色々と考えて作ってくださったのが曲に出ていますので、想像しながら楽しみに待っていてくれたら嬉しいなと思います。


――全話通して、お気に入りのシーンや印象的だったシーンはどこですか?

小倉:(最終話で)「はむっ」としているか?していないか?は印象に残っているんですけど、個人的に一番印象に残っているのは、アドリブの部分ですね。もちろんセリフは毎回気持ちを込めて演じていたんですけど、それ以上にアドリブでは何がくるかわからないという状況の中でやっていたので、毎回ドキドキしていたアドリブのシーンが印象に残っています。

石原:どれも印象に残っているんですけど、2話で横寺とデートしている時に、可愛らしいくツンとしていた梓がうわーっと走りながら横寺にパンチするシーンが印象に残っています。演じていてもすごく楽しかったです。あと、先ほど言った“ブラック梓”は、ここで急にこうなったか!という展開に心が持っていかれたので、それも印象に残っています。


――作品と関係なくても構いませんので、この夏にチャレンジしてみたいことはありますか?

小倉:キャリーさん(石原さん)はお酒じゃない?

石原:そっか!8月で20歳になるのでお酒が飲めるようになるんですよ。いろいろな方にお誘いいただいているので、皆さんとお酒を飲みに行くのに挑戦したいですね。

小倉:私はなんだろう……。

石原:「北海道に行きたい」でもいいんだよ(笑)。

小倉:……北海道に行きたいです(笑)。出来れば2泊3日ぐらいで行けたらいいなと思います。ずっと行きたかったんですけど、まだ1回も行ったことがないので。「行きたい!」と言わなきゃダメなんだと気付いたの(笑)。


――最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

小倉:スタッフ、キャストのみんなで協力して作り上げたとても素晴らしい作品だと思うので、何回でも見直してもらってもっともっと盛り上げてもらいたいです。ぜひこれからもキャラクターも作品も愛していただけたらなと思います。応援よろしくお願いします。

石原:この作品は共感出来るところがたくさんありますし、実際に友達同士の関係で悩んだりもすると思うんですよ。途中でどうなるんだろうと思った謎もきっちり解決しますし、何度見ても楽しい作品だと思います。ぜひBlu-rayやDVDで何回も何回も見ていただいて、イベントにもぜひ遊びに来てもらえたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします。


小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る! 小倉唯&石原夏織インタビュー!「変態王子と笑わない猫。」第1巻発売記念イベント&作品について語る!

(取材・文・撮影:千葉研一)


■Blu-ray&DVD「変態王子と笑わない猫。」

第1巻、第2巻好評発売中!
第3巻は2013年8月28日(水)発売!

各巻の特典等の詳細は公式サイトをご確認ください。


■へんねこらじお

【放送・配信日】
ラジオ大阪:毎週日曜日24:00~放送
響 - HiBiKi Radio Station -:毎週月曜日12:00~配信

【パーソナリティ】
小倉唯、寺川愛美


©2013 さがら総・メディアファクトリー/「変猫。」製作委員会


変態王子と笑わない猫。 第3巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]

B00CBSF7J8 変態王子と笑わない猫。 第3巻 特装版 [Blu-ray]

B00CBSFAPY 変態王子と笑わない猫。 第2巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]

B00CBSF7HK 変態王子と笑わない猫。 第2巻 特装版 [Blu-ray]

B00CBSFAVS 変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]

B00CBSF7MU 変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 [Blu-ray]

B00CBSFAUY Baby Sweet Berry Love(DVD付)

B00BHJGQFG 変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J)

4840146861

▲ PAGETOP