ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 2013年7月18日 19:20

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

飛蘭さんの4度目となるライブツアー『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』。そのツアーファイナルとなる東京公演が、6月29日(土)に新宿BLAZEにて開催された。今回のライブツアーは飛蘭さん本人のセルフプロデュースであり、激しく熱いナンバーからしっとり聴かせるもの、さらにはバラエティコーナーもあり、彼女の魅力溢れる内容となった。



オープニングナンバー『Prism flower』の飛蘭さんの伸びのある声が、ライブスタートの合図だ。ダンサー2人を従えた飛蘭さんは、シルバーカラーのコート&スタイリッシュなサングラス姿でソウルフルに歌い上げる。コール&レスポンスも揃い会場の熱気は急上昇だ。サングラスを取り、『Realization』ではダンサーとともに笑顔でノリノリのステージを繰り広げた。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

「この夏一番熱いライブにしたい!」と挨拶して『創世のタナトス』へ。さらに、『恋夢様』では、扇子を手にして艶やかに舞い歌う姿が印象的だ。歌い終わると、この東京公演では念願だったダンサーを入れたことを嬉しそうに語る飛蘭さん。専門学校に通っていた頃、新宿によく訪れていたので、この日は懐かしい思いに浸りながら会場に来たとのこと。「皆さんをとにかく楽しませたい。“筋肉痛に要注意!”なぐらい激しいナンバーを用意しています!」と意気込んだ。

コートを脱ぎ白いドレス姿となり、『crime of love』では心を癒すような優しい歌声。そして、ここからガンダム関連楽曲が続く。『WHITE justice』『RED decision』と魂を揺さぶるように熱唱。「機動戦士ガンダムAGE キオ編」挿入歌『君といた日々』は、主人公に恋をするルーが大切な人の幸せを祈り、その人が前向きに頑張って欲しいという願いを込めて飛蘭さんが作詞した楽曲。実は飛蘭さんとともに歩み支え合って来たマネージャーが、今回のライブをもって事務所を退職するということで「今日は彼女のことを思って歌いたい」と涙ぐむ。これまでの思いや感謝を込めて歌うその声は、聴く人の心を打ち、会場は温かな拍手に包まれた。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

ここで曲はひと休みして、公式サイトで募集していた『「これやって」飛蘭&fay BANDに「お願いっ」コーナー』。要望が多かったという、飛蘭&バンドメンバーによるイラスト対決をしていく。東京公演のテーマは『飛蘭』。1分半で描いたというそれぞれの特徴的なイラストが披露されるたび、笑いや歓声があがる。いつもはイラストが不評(?)な飛蘭さんも、今回は自画自賛だ。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

そして、“一番インパクトが強かった人”を拍手で選んだのだが、自画自賛していた飛蘭さんが圧倒的な支持。罰ゲームとして『口説くような甘い愛のセリフ』を披露することになった。「私、ずっとあなたのことが大好きでした。…シャワー浴びて待ってるね?」とガチな言葉が飛び出し、恥ずかしさで下を向いてしまう飛蘭さん。そんな愛の言葉から『promise you』を温かく歌い上げる。さらに、『HAPPY END』を披露していったんステージを後にした。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

バンドのパフォーマンスに続いて、衣装チェンジした飛蘭さんが登場して『Red love』を熱唱。そして、楽しそうな様子の飛蘭さんからバンドメンバー&ダンサーに、「自身のチャームポイント(キャッチフレーズ)を言いながら、可愛いor格好良いポーズをして自己紹介」という無茶ぶりが。あいうえお作文にしたり、得意技を言ったり、悩みつつも各自キャッチフレーズを披露した。ラストの飛蘭さんは「ヤンキーでも元ヤンでもないもん!飛蘭です!」とコ○ネチのポーズ!

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

そんなアットホームな自己紹介コーナーから、再び熱いライブへ。『Blood teller』では真っ赤に染まった会場に熱い歌声が響き、対照的に『蒼穹の光』では青い光に包まれた。さらに、『God FATE』ではダンサーとのさらに息の合ったパフォーマンスで魅せる。歌い終わると、「ダンサーと一緒の踊り頑張ったでしょ?」とにっこり微笑んでいた。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート
飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

続いては、7月24日(水)発売のニューシングルの収録曲である『Blue sanction』(PS3用ソフト「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」OP主題歌)、『wonder fang』(TVアニメ「八犬伝―東方八犬異聞―」第二期OP主題歌)を披露。それぞれ作品の世界を表現しつつ、飛蘭さんの格好良さを存分に味わえる楽曲だ。

「まだまだいけるか!」と叫んでラストスパートは『Last vision for last』から。休ませることなく熱いナンバーがこれでもかと言わんばかりに続き、『Dead End』ではレプリカのナイフを手に獲物を狙うような眼差し。そして、『Errand』『mind of judgement』と嬉しい悲鳴が出るような激熱のステージ。お馴染みの楽曲では掛け合いもバッチリで、飛蘭さんも嬉しそうにしていた。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート


アンコールの声に応えて、ライブTシャツにネコ耳とネコ手をつけて再登場。その姿は、まるで飛蘭さんが描いた猫のキャラクターである“フェイミー”のようだ。アンコール1曲目は、『moment』を可愛くお茶目に披露。次はタオル曲ということで、振り付けの練習をしてから『My Life』へ。同じくネコ耳をつけたダンサーと肩を組んで歌う場面も。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

そして、今回のライブツアーについて感謝や思いを語る。セルフプロデュースということで、どうすれば笑顔になってもらえるか色々考えたという飛蘭さん。「私のライブは、アットホームな感じでみんながとにかく笑って楽しめるような空間を作りたい。みんなが辛い時に思い出して、帰ってこられる場所をここに作りたいと思っています。今後ともよろしくお願いします」と深々と礼。そんな気持ちを込めて『Never Slash』を熱唱した。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

まだまだ情熱が収まらない観客の「もう1回」コールに、再度ステージへ。ラストのラストに選んだのは『ポラリス』だ。マネージャーや他のスタッフも呼び込み、みんなが一体となってライブを楽しんで欲しいという飛蘭さんの思いをすべて乗せたような、大興奮の盛り上がりとなった。

歌い終わると、マネージャーからこれまでを振り返っての感謝と飛蘭さんのことを思う温かな言葉が。その言葉を胸に刻み、飛蘭さんは「最高の時間をありがとう!もっとパワーアップして帰ってきます!」とライブを締めくくった。

飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート 飛蘭セルフプロデュースによる激熱ライブ!『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』レポート

『飛蘭 LIVE TOUR 04 -PRISM-』東京公演セットリスト

01. Prism flower
02. Realization
03. 創世のタナトス
04. 恋夢様
05. crime of love
06. WHITE justice
07. RED decision
08. 君といた日々
09. promise you
10. HAPPY END
11. Red love
12. Blood teller
13. 蒼穹の光
14. God FATE
15. Blue sanction
16. wonder fang
17. Last vision for last
18. Dead End
19. Errand
20. mind of judgement

<ENCORE>
EN1. moment
EN2. My Life
EN3. Never Slash

<W-ENCORE>
WEN1. ポラリス


(取材・文:千葉研一)


■飛蘭「wonder fang」
飛蘭「wonder fang」

【発売日】2013年7月24日(水)
【価格】1,200円(税込)
【品番】LACM-14113
【発売元】株式会社ランティス
【販売元】バンダイビジュアル株式会社

【収録曲】
1. wonder fang(TVアニメ「八犬伝 ー東方八犬異聞ー」第二期オープニング主題歌)
  作詞:飛蘭/作曲・編曲:小山寿
2. Blue sanction(PS3ソフト「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」オープニング主題歌)
  作詞:飛蘭/作曲:俊龍/編曲:鈴木マサキ
3.wonder fang(Off Vocal)
4.Blue sanction(Off Vocal)


wonder fang

B00CTW731Q PRISM

B00ANSOSM0 God FATE

B00A7WVA7I Realization(初回限定盤)(DVD付)

B0084FSJ60 WHITE justice Artist Side(DVD付)

B007L81E1I

▲ PAGETOP