ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース黒崎真音初ライブツアー『MAON KUROSAKI LIVE TOUR 2013“VERTICAL HORIZON”』東京公演レポート

黒崎真音初ライブツアー『MAON KUROSAKI LIVE TOUR 2013“VERTICAL HORIZON”』東京公演レポート 2013年5月15日 19:00


待望の2ndオリジナルフルアルバム「VERTICAL HORIZON」を4月17日(水)に発売した黒崎真音さん。このアルバムを引っ提げ、4月20日(土)に名古屋、4月21日(日)に大阪、そして4月28日(日)に東京で初のライブツアー『MAON KUROSAKI LIVE TOUR 2013“VERTICAL HORIZON” supported by ブシモ』を行なった。今回、4月28日(日)に行なわれた東京・Shibuya O-WESTのライブの模様をお伝えする。




『生まれ出づる物語』の静かなピアノの調べから、真っ赤なライトにステージが染め上げられ、「東京いくよ!」の掛け声とともに黒崎さんが登場。『UNDER/SHAFT』でライブの幕が上げる。観客は紫のペンライトを激しく振り、歓声を上げて一緒にボルテージを高めていく。そして、疾走感たっぷりの重厚なバンドサウンドと力強い歌声で『Distrigger』を歌い上げる。

「最高の夜にしましょう!」と叫んで、『鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く』へ。黒崎さんがバンドメンバーと一緒にステージ前方へ乗り出して観客を煽り、会場のテンションはさらに高まりをみせる。息付く間もなく『十鬼の絆』へと続き、ステージは熱気に包まれた。

ここで雰囲気は一転し、アルバムタイトルであり、ツアータイトルにもなっている『VERTICAL HORIZON』へ。黒崎さんの白い衣装が映える優しい光にステージが照らされ、ゆったりとした演奏と力強い声が響き渡った。



最初のMCでは名古屋、大阪公演を経て、無事東京公演を迎えられたことの喜びを語り、「名古屋、大阪に負けないように盛り上がりましょう!」と観客へ呼びかける。そして『黎鳴-reimei-』『Lisianthus.』を情熱的に歌い上げた。

ピアノのゆったりとした伴奏から始まった『Just believe.』では、黒崎さんの感情を揺さぶるようなボイスに観客は酔いしれる。そして、一礼をして黒崎さんは一旦ステージを後にした。




バンドメンバーによるインストを挟み、衣装を着替えた黒崎さんが、ダンサーを引き連れて再びステージに登場し、セクシーな歌声で『Dresser Girl...♡』を披露。「みんな楽しんでますか?元気ですか?」と観客の元気を確かめ、次の曲のための振り付け講座へ。練習の段階から完璧な一体感を見せる黒崎さんと観客。『LOVE 〇 JETCOASTER』では、黒崎さんの歌声に合わせて皆タオルを振って踊り、ステージと観客が一体となる。



そして、バンドメンバーの紹介から観客とのコール&レスポンスへ。男子のみ、女子のみ、全員とグループを分けてコール&レスポンスを堪能した黒崎さんは笑顔で「このままのテンションでいってみよう!」と叫び、『FRIDAY MIDNIGHT PARTY!!』を歌い上げた。なお、この曲と『Dresser Girl...♡』は、黒崎さん自身が踊った振り付け動画が公式HPで公開されているので、気になる方はぜひチェックしてみて欲しい。


ここで、東京公演だけのスペシャルゲストとして、R・O・Nさんが登場。R・O・Nさんは「VERTICAL HORIZON」で多数の曲の作曲・編曲を担当。今回の出演は、とある取材でR・O・Nさんが「俺に弾かせてよ」と言ったことがきっかけで実現したそうだ。そして、R・O・Nさんが加わり『[Dreamed wolf]』と『SCARS』を披露。『SCARS』はR・O・Nさんに初めて書いてもらった曲ということで黒崎さんは思い出深いと語る。また、歌いたかったゴシックメタルサウンドの曲をR・O・Nさんに作ってもらえたことに改めて感謝の言葉を贈った。



R・O・Nさんを見送ったところで、「まだまだいくよ!」と気合いを入れ直して『starry×ray』を熱唱。観客も拳を振り上げて一緒に盛り上がる。さらに黒崎さんの1stシングル『Magic∞world』へと続き、会場のテンションはマックスに!歌い終えた黒崎さんは「この曲は2年以上ライブで歌い続けて来たけれど、今日の『Magic∞world』が最高でした」と笑顔を見せた。

そして、黒崎さんは今回ライブツアーを初めて行ない、濃密な時間を過ごすことが出来たことへの感謝を語る。ラストは「人は本を持って生まれ、経験が本に書き込まれ、死ぬ時に本にタイトルをつける」というイメージから作った曲『story~キミへの手紙~』。黒崎さんは「みんなが応援していて良かったと思えるアーティストになっていきます」と意気込み、観客ひとりひとりの笑顔を楽しむかのように客席を見渡しながら声を振り絞って歌い上げ、ステージを去った。


黒崎さんがステージを去るとすぐさま「アンコール!」の声が会場に響き渡る。次第にその声は「真音!真音!」と変わり、導かれるように黒崎さんが再度登場すると、はちきれんばかりの歓声が上がった。アンコール1曲目は『VANISHING POINT』。軽快なギターサウンドに乗せて、黒崎さんは拳を振り上げて熱唱した。

歌い終えたところで、バンドメンバーについて熱く語る黒崎さん。また、食べ物のグッズ販売に憧れるという話から、ダンサーさんの実家が梅干し屋であるということで「物販で梅干しを売れたらいいな」と黒崎さんが期待する一幕も。そして、今後やってみたいこととして「アコースティックライブや女子会」と野望を語り、『Best friends』を歌い上げた。

長かったライブもいよいよお別れの時間に。最後に黒崎さんは「たくさんの人に支えられてツアーをやってくることが出来ました。またみんなで楽しいライブをしたいです。またみんなと会えますように」と語り、『メモリーズ・ラスト』でライブツアーを締めくくった。


<セットリスト>
M01:生まれ出づる物語
M02:UNDER/SHAFT
M03:Distrigger
M04:鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く
M05:十鬼の絆
M06:VERTICAL HORIZON
M07:黎鳴-reimei-
M08:Lisianthus.
M09:Just believe.
M10:Dresser Girl...♡
M11:LOVE 〇 JETCOASTER
M12:FRIDAY MIDNIGHT PARTY!!
M13:[Dreamed wolf] (with R・O・N)
M14:SCARS (with R・O・N)
M15:starry×ray
M16:Magic∞world
M17:story~キミへの手紙~

EN1:VANISHING POINT
EN2:Best friends
EN3:メモリーズ・ラスト


■黒崎真音2ndアルバム「VERTICAL HORIZON」


▲初回限定盤ジャケット

▲通常盤ジャケット

【発売日】2013年4月10日(水)好評発売中
【価格/品番】
初回限定盤:3,885円(税込)/GNCA-1353
通常盤:3,150円(税込)/GNCA-1354

【特典】
<初回限定盤特典>
2012年10月14日にSHIBUYA-AXで行われた2周年記念ワンマンライブのLIVE映像Blu-ray化し収録。
<共通特典>
ブシモ「神狩デモンズトリガー」限定カード用シリアルコード。

【収録曲】
01. 生まれ出づる物語
  作曲・編曲:R・O・N
02. UNDER/SHAFT (TVアニメ「ヨルムンガンドPERFECT ORDER」主題歌)
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:R・O・N
03. [Dreamed wolf]
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:R・O・N
04. 十鬼の絆 (PSP専用ソフト「十鬼の絆 関ヶ原奇譚」OPテーマ)
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:デワヨシアキ
05. VERTICAL HORIZON
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:fu_mou
06. starry×ray
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:井内舞子
07. Dresser Girl...♡
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:fu_mou
08. Distrigger (ブシモ「神狩デモンズトリガー」OPテーマ)
  作詞・作曲・編曲:fu_mou
09. 鳴り響いた鼓動の中で、僕は静寂を聴く (映画「リアル鬼ごっこ3」主題歌)
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:a2c(MintJam)
10. FRIDAY MIDNIGHT PARTY!!
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:R・O・N
11. Just believe (映画「リアル鬼ごっこ5」主題歌)
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:デワヨシアキ
12. 黎鳴-reimei- (TVアニメ「薄桜鬼 黎明録」主題歌)
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:デワヨシアキ
13. story~キミへの手紙~
  作詞:黒崎真音/作曲・編曲:R・O・N


VERTICAL HORIZON (初回限定盤) [CD+Blu-Ray, Limited Edition]

B00AZMY1WG VERTICAL HORIZON (通常盤)

B00AZMY248

▲ PAGETOP