ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート

宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート 2013年4月19日 19:30

宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート

4月20日(土)より全国ロードショーとなる劇場版「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」。その公開直前プレミアムイベントが、4月6日(土)に東京・よみうりホールにて開催された。出演者は宮野真守さん(岡部倫太郎役)、今井麻美さん(牧瀬紅莉栖役)、関智一さん(橋田至役)、いとうかなこさん(劇場版主題歌担当)、彩音さん(同エンディングテーマ担当)、志倉千代丸さん(原作、主題歌・エンディングテーマ作詞&作曲担当)。同日に2回行われたイベントの、2回目の模様をお伝えする。



オープニングは、いとうさんによるライブ。TVアニメ版の主題歌『Hacking to the Gate』を熱唱すると、観客はサイリウムや声援で応える。2曲目は、劇場版の主題歌『あなたの選んだこの時を』だ。パワフルな歌声が公開直前の劇場版への期待感をさらに高めてくれた。

宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート 宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート

続いては、宮野さん、今井さん、関さんが登場。関さんは早速、椎名まゆり役の花澤さんの声色(?)で、まゆりの口癖“トゥットゥルー”を披露して笑いを誘う。そして、最初のトークは、志倉さん、松原達也さん(ゲームプロデューサー)も加わり、4月25日(木)発売のPS3/Xbox 360用ソフト「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」について。

本ゲームは、これまで岡部の視点だった物語を、様々なラボメンの視点から描かれている。ダル(橋田至)のストーリーが気になったという今井さん対して、関さんはダルがこれまで見せなかった一面を色濃く出せたと自信をのぞかせる。志倉さんによると、桐生萌郁がどういうメールで操られていたかも見ることが出来るそうだ。

さらに、宮野さんは各キャラのストーリーを通じて、“絆”をすごく感じる作品になっていると評価。トーク中にはシークレットシナリオの存在も明らかとなり、ライター陣がすごく深いレベルから物語を膨らませていると、松原さんも満足げに語った。


続いては、劇場版「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」について。ここでは、若林漢二監督も登壇。アニメシリーズでは演出を担当していた若林監督は、監督に抜擢され責任に押しつぶされそうだと本音を垣間見せつつ、ギリギリまで修正を加えるというこだわりの姿勢もみせてくれた。

予告編が流されると、観客もキャスト陣も引き込また様子。台本を読んだキャスト陣はみんなその内容のすごさに驚いたそうで、宮野さん、今井さん、関さん3人は改めて絶賛していた。


トークコーナーの後は、彩音さんによるライブ。劇場版のエンディングテーマ『いつもこの場所で』と、激しく疾走感のある曲『フェノグラム』(「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」主題歌)を披露した。

宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート 宮野真守、今井麻美、関智一らが出演!劇場版「STEINS;GATE」プレミアムイベントレポート

ここからは、Webラジオ「今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE」の公開録音が行われた。ゲストとして宮野さんも参加。『削除したいDメール』では、過去に送受信した“削除したいメール”を紹介していく。メール内容からの関さんにの下ネタに、見事な返しをみせる今井さんだったが、追加攻撃に思わず突っ伏してしまう場面も。

次のコーナーは『スタイリッシュな“いとひきがい”の例文』。“いとひきがい”という言葉のスタイリッシュな使い方を紹介するというセクハラ寸前の内容に、ローテンションな今井さん。案の定、熱弁をふるう関さん&宮野さんのトークに、今井さんは恥ずかしそうにしていた。公開録音の内容は、ぜひ配信でご確認を!


最後に、出演者からひとことずつ挨拶があり、宮野さんが岡部の口調で劇場版を見るようにとアピールして、イベントは終了した。


(取材・文:千葉研一)


■劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

4月20日(土)より角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほかで全国ロードショー!

【スタッフ】
原作:志倉千代丸、MAGES.、Nitroplus
企画:安田猛
スーパーバイザー:でじたろう
総監督:佐藤卓哉、浜崎博嗣
監督:若林漢二
シナリオ監修:松原達也、林直孝
脚本:花田十輝
キャラクター原案:huke
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:コレサワシゲユキ、灯夢
美術監督:関野剛嗣
色彩設計:佐藤美由紀
撮影監督:塩川智幸
3Dディレクター:相馬洋
特殊効果:垣田由紀子
編集:後藤正浩
音響監督:藤山房伸
音響効果:川田清貴
録音調整:山口貴之
音楽:阿保剛、村上純
音楽制作:MAGES.、フロンティアワークス
製作:STEINS;GATE MOVIE PROJECT
アニメーション制作会社:WHITE FOX
配給:角川書店

【キャスト】
岡部倫太郎:宮野真守
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
牧瀬紅莉栖:今井麻美
桐生萌郁:後藤沙緒里
漆原るか:小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
阿万音鈴羽:田村ゆかり
ほか

【主題歌】
オープニング『あなたの選んだこの時を』
  歌:いとうかなこ/作詞・作曲:志倉千代丸
エンディング:『いつもこの場所で』
  歌:彩音/作詞・作曲:志倉千代丸


<イントロダクション>
いくつもの世界線を越えてきた彼らの物語は、ついに劇場へと収束する――

「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、いまだ厨二病をひきずる大学生・岡部倫太郎。秋葉原の片隅、「未来ガジェット研究所」で偶然、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまったことから、彼とその仲間たちは世界規模の大事件に巻き込まれることになる。本作「シュタインズ・ゲート」は、タイムパラドックスにより引き起こされる悲劇と、それに立ち向かう仲間たちの絆を描く物語である。

Xbox 360用ゲームとして発表された原作は、先の読めない展開と、張り巡らされた様々な伏線が一気に回収されるクライマックスが話題となり、一大ムーブメントを巻き起こした。他機種への移植版やコミック、小説などへのメディアミックスも多数展開され、2011年4月にはTVアニメが放映開始となる。リアルと“想定科学“の入り混じる独特な世界観を鮮烈に描き出し、原作の魅力を最大限に引き出したストーリー構成によって、更なる反響を呼んだ。

そして今回、「シュタインズ・ゲート」は劇場という舞台で、まだ誰も見たことのない結末へと収束する――。
制作にあたりTVアニメスタッフが再結集すると共に、原作MAGES.がストーリーを完全監修。
本編トゥルーエンドの“その後“に起こる事件を、完全新作で描き出す。
2013年春、いま再び、「シュタインズ・ゲート」の世界線が動き出す。

■Webラジオ「今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE」

【配信日】

隔週木曜日配信

【配信サイト】

響 - HiBiKi Radio Station -
インターネットラジオステーション<音泉>

【MC】

今井麻美(牧瀬紅莉栖役)、関智一(橋田至役)


©2013 5pb./Nitroplus STEINS;GATE MOVIE PROJECT


STEINS;GATE Blu-ray BOX

B00ABTVQH6 STEINS;GATE DVD BOX

B00ABTWSJG STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (数量限定版)

B00AQT9GMS STEINS;GATE ダブルパック (初回限定版セット)

B009ZP1KQY STEINS;GATE ダブルパック (通常版)

B009ZP1K6O

▲ PAGETOP