ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」が5月発売!

今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」が5月発売! 2013年3月26日 19:10

今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」

今井麻美さんがパーソナリティを務めるWebラジオ「今井麻美のSinger Song Gamer」(以下、SSG)。本番組のCD第6弾となる「今井麻美のSSG Singer Song Stage」が、5月1日(水)に発売となる。CD発売を控えた今井さんに、収録楽曲の聴き所やエピソードなどをお聞きしました。

今回のCDは、リスナーからの投稿や投票で曲を作っていく人気コーナー『ミュージック・パズル』で誕生した、珠玉の楽曲を収録。さらに、初回生産特典として番組200回突破記念のトークCDが同梱される。パッケージは過去の「SSGボーナスステージ」シリーズのCD&DVDの中身をすべて移し変えて収納できる特別仕様になっている他、シリアルナンバー入りのSSG会員証も封入される。



今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」

――今回のCDはどのような内容でしょうか?

今井:SSGとしては6枚目のCDとなります。正直、番組はいつまで続くのかなと軽い気持ちで思っていたんですが、先日200回突破の生放送をした時に、そのすごさを実感しました。200回の間には色々なことがあり、私も変わったし、就職や結婚されたリスナーもいて、時の流れを感じます。そのひとつの集大成として、「今井麻美のSSG Singer Song Stage」略してSSSという形でCDを出すことになりました。今まで以上に凝縮されたものになっていますので、個人的にもすごく楽しみにしています。


――番組が200回続く秘訣はどこにあるとお考えですか?

今井:常に新しいリスナーが増えていると実感しています。もちろん、常連さんは毎週メールをくださるので本当にありがたいんですけど、定期的に初めましてな方からもメールをいただくんですよ。新しい作品に出て、そのキャラクターを気に入ってくれて、演じている人は誰なんだろうと聴きにきてくれて。見た目とは随分違うなとか、噂とは違うなと感じたと思います(笑)。でも、Webラジオは自分から能動的にクリックしないと聴けないじゃないですか。それって、スタッフ全員が常にアクティブに行こうという思いが強いから聴いていただけるのかなと考えています。


――今井さんが発信するだけじゃなくて、スタッフやリスナーの方も発信してくれていますよね。

今井:そうなんですよ。私は結構ずぼらなので、見習わなきゃと思います(笑)。Twitterとかでお仕事情報を流してくれるのを見ると、尊敬の眼差しです。私は気が向いた時にRT(リツイート)するぐらいの、いい意味で一期一会だったりするので(笑)、皆さんにかなり助けられています。



――収録される各楽曲について、聴き所や思い出などをお聞かせください。

◆regret

今井:SSGは“歌”と“ゲーム”を二本柱として始めた番組でして、その“歌”をテーマに『ミュージック・パズル』というコーナーを作りました。最初はノリで言っていたのに、本当にリスナーさんに投票してもらって曲を作るとは(笑)。でも、“ゲーム”という柱にもマッチしていると思うんですよ。誰も参加してくれなかったらどうしようとハラハラしていましたが、そんなことなく素敵な曲を選んでくださって『regret』が出来ました。作詞のテーマは3択で選んでもらい、私の苦手ジャンルである“恋愛”が選ばれてしまい苦悩した覚えがあります。でも、妄想は得意なので、「実体験かは分かりませんけどね」とぼかしながら作りました。真実は一生明かしたくないです(笑)。そんな照れちゃうような失恋の曲になっています。


◆SPARKLE

今井:次に作ったこの曲が、“SSGの顔”と言うべき曲になりました。今までBGMで流していたものに歌詞をつけよう!と作ったんですが、音がいったり来たりする曲なので歌うのは難しかったです。この曲では、穴あき部分の歌詞をTwitterで募集するという『歌詞の穴埋め方式』を初めてやってみて、たくさんご応募いただきました。皆さんアグレッシブでいいなとニヤニヤしていたんですよ。先日の200回放送で「番組中にかけて欲しい曲」の1位に選ばれまして、まぎれもなく“SSGの顔”になっていると思いました。今後もSSGをやっていく限りは使われていくだろう、とても大事な曲ですね。


◆海と空と君と

今井:どういうジャンルの曲を作るか投票してもらい、「琉球風音楽」となりました。じゃあ沖縄に行こうぜ!ということに(笑)。沖縄に行ったら歌詞が湯水のように出てくるでしょう、という番組プロデューサーからのプレッシャーを受けていたんですよ。沖縄では「今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage」を盛りだくさんに収録していたので、帰りの飛行機の中でこんな歌詞にしようとぼんやり思い浮かべて、戻ってからいつもの喫茶店で書き上げました。とはいえ、本当に沖縄に行ったからこそ書けた曲だなと感じています。


今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」 今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」

◆struggle

今井:こんなこと出来るの?と私が一番びびっていたんですが、何とコンペを行って、リスナーさんに選んでもらったんですよ。プロの方にご応募いただいた楽曲をリスナーさんに聴いていただいて、一番投票の多かった楽曲を採用するという企画なんて、聞いたことがなくて。作家さんにとってもリスクがあるので、ご応募いただけないかなと思ったんですが、たくさんの方がご協力してくださいました。接戦の結果選ばれたのは本当に私らしい曲で、ライブで歌うと爽快感が半端ないですね。私は性格がしつこいので(笑)、この曲が流れると「本当にいい曲ですよね~」っていつも言っています。皆さんに選んでいただいたからこそ、私に求めているものが明確で、そう思うのかもしれないです。


◆散花の祈り

今井:この曲もジャンルを選んでもらいました。作詞・作曲はライブメンバーでキーボードの花岡環さん(たまちゃん)が担当しています。たまちゃんは作詞したことなかったのに、濱田(智之)プロデューサーが番組収録中に電話して「(ジャンルは)こうなったから、作詞よろしくね~。頑張って!」と(笑)。そういうのも遊び心があって面白いなと思います。テーマは“和ロック”だったのですが、(可愛らしい)たまちゃんの風貌からは思いも寄らない格好いい感じになりました。古語が使われていたりして、女って色々な面を持っているんだなと感じた曲でしたね。


◆たからもの

今井:200回記念で作った新曲になります。これもコンペを行って投票してもらいました。とんでもない投票数となり、白熱しました。そうして選ばれた曲は本当に可愛らしくて、聴いていると幸せになれます。歌詞は濱田プロデューサーが作ったものに、4ヶ所穴埋めしてもらいました。「○○くれる?」という部分での「のど飴くれる?」といった、ネタの選択肢も入れていたけど、皆さん真剣なので選ばれなかったんですよ。そして、タイトルも募集したら何と1,775通来たんです!もう圧巻で、印刷されたものを見たら言葉が出なかったです。ニコ生のアンケートでタイトルが『たからもの』に決まった瞬間、この曲は本当に宝物だなと思えました。『SPARKLE』に続いて、SSGの顔になる曲が出来たと思います。やっぱり歌詞を一緒に作ってもらうのがSSGらしくて、今後も代表曲を作る時はこの方式を取っていきたいです。


今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」 今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」


――番組ではこれまで様々なことをされてきましたが、振り返ってみて印象的なことはありますか?

今井:今思い返すと、第1回は20分番組だったんですよね(笑)。今は60分いくなよ!とスタッフからプレッシャーをかけられています。最初の頃は喋りすぎると止められていたんですけど、スタッフも止めると良くないと悟ったんでしょうね。最近は野放しになっていて、本当にやばくなるとアピールしてくる阿吽の呼吸が取れるようになりました。


――ゲームもたくさんプレイしましたね。

今井:本当にありがたいことに、発売前に遊ばせていただくこともあります。たまに「良かったらどうぞ」と言ってくださることもあって、ニヤニヤしながら「ありがとうごじゃります!」と受け取っています(笑)。ゲームは小さい頃から好きですし、この番組があるおかげで情報のアンテナは常に立てていられます。本当に“私得”な番組ですね。歌とゲームをテーマにして本当に良かったと思います。


――今井さんのやりたいことが詰まっているんですね。

今井:沖縄に行けたのもすごく良かったです。昨年、沖縄でライブをやらせてもらったんですが、SSGで一度行っていたからこそ実現出来たと思っています。私は石橋を叩いて渡るタイプなんですが、スタッフが行こう!これもやろう!という感じなんですよ(笑)。沖縄でライブをやりたい、行きましょう、と思えたのは本当にSSGのおかげですね。いい経験になりましたし、私の糧になっています。


――沖縄の次に行きたい所はありますか?

今井:次は海外とか行きたいですね・・・あ、プロデューサーの目が死んだ(笑)。売り上げ次第だそうです。


今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」


――初回生産特典として封入されるトークCDについてもお聞かせください。

今井:まだ収録していないんですが、とてもワクワクしています。ゲッターズ飯田さんが私の人生を鑑定してくれるんですよ。最近、私の人生を心配してくれるファンの方が多くて(苦笑)。なので、ぜひCDを聴いて私の人生を一緒にかみ締めていただければと思います。ちなみに、ゲッターズ飯田さんの出している「モンスターハンター モンスター占い 2013年版」では、私は「クルペッコ」タイプでした。クルペッコさん好きだけど、そういうタイプなんですかね?


――きっと、困った時には周りの人が助けてくれるんですよ。クルペッコは他のモンスターを呼ぶじゃないですか。

今井:本当だ!私の人生そのものかもしれない(笑)。やっぱり当たってる!これはやっぱりCD必聴ですね。トークCDは初回生産分の封入特典なので、ぜひご予約を!シリアルナンバー入りの会員証も付きますから、みんなで連帯感が持てたらいいなと思っています。


――ジャケット写真についてもお聞かせください。

今井:衣装は2種類あるのですが、1着はかなりドレッシーなお姉様な感じで撮影しました。しかも、声優になってからは数回しかないと思うんですけど、おでこフルオープンです!誰だか分からないです(笑)。いつにも輪をかけて、喋ってはいけない感じで撮っているので楽しみにしていただければと思います。


――6月15日(土)と16日(日)には発売記念イベントが開催されます。どのようなイベントになりそうですか?

今井:内容はトーク&ライブで、『たからもの』は間違いなく歌います。SSGのイベントは、毎回てんこ盛りなんですよ。お客さんと一緒にゲームをしたり、歌からスタートのイベントでは私がお客の隣の席に座って歌ったりとか。電気が消えた瞬間にこっそり座って突然歌い出しました(笑)。今回も何かが起こると思います。絶対に楽しいのでぜひ来てくださいね。


――ありがとうございました。


今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」 今井麻美にインタビュー!珠玉のSSG楽曲を収録した「今井麻美のSSG Singer Song Stage」

(取材・文・撮影:千葉研一)


■今井麻美のSSG Singer Song Stage

【発売日】2013年5月1日(水)予定
【価格】3,150円(税込)
【発売元】エンターブレイン
【販売元】ポニーキャニオン

【仕様】
CD(6曲・40分)
★過去の「ボーナスステージ」シリーズのCD&DVDをすべて収納できる特製パッケージ(12枚入りトールケース使用)
★シリアルナンバー入りSSG会員証封入

【収録曲】
regret
SPARKLE
海と空と君と
struggle
散花の祈り
たからもの(200回突破記念の新曲)

【初回生産分封入特典】
録り下ろしトークを収録したCD(60分)

◆2013年4月15日(月)12:00までに下記で予約すると、イベント抽選券付きとなります。予約時に13:00開始と16:00開始の選択をしてください。
イベントは6月15日(土)、イベントスペースWinPa-ウィンパ-(東京都千代田区三番町6-1 エンターブレイン内)

<イベント抽選券付きCDの注文受付>
ebten:http://ebten.jp/eb-store/p/s/7015013050101/
きゃにめ.jp:http://special.canime.jp/asamingosu/ssg6/


今井麻美のSSG Singer Song Stage

B00AZUL9VO 今井麻美 10thシングル「Dear Darling」

B00B27IJYO 今井麻美5thソロライブ「Precious Sounds」(仮)【Blu-ray】

B00BQUEGQ2 今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage [CD+DVD]

B004UISVUE 今井麻美のSinger Song Gamer はこねすてーじ [CD+DVD]

B006OFRAAS

▲ PAGETOP