ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース立花慎之介、遊佐浩二、岡本信彦が出演のドラマCD「文豪シリーズ 不良文豪とホスト」が3月発売!

立花慎之介、遊佐浩二、岡本信彦が出演のドラマCD「文豪シリーズ 不良文豪とホスト」が3月発売! 2013年3月14日 18:55

ドMな谷崎潤一郎に、酒乱の中原中也!?文豪たちの意外におかしな日常を描いたドラマCD「文豪シリーズ」。この新シリーズ第1弾「不良文豪とホスト」が、3月29日(金)に発売される。

第1弾は、新キャラクターの「文壇きっての無頼漢(アウトロー)」坂口安吾役を立花慎之介さんが担当する他、前シリーズに引き続き、谷崎潤一郎役の遊佐浩二さん、中原中也役の岡本信彦さんが出演する。その収録を終えたキャストの皆さんよりコメントが到着したので紹介する。

また、「文豪シリーズ」公式サイトではシナリオの一部公開している他、ドラマCDの一部を試聴することができる。さらに、第1巻・第2巻を購入すると6人の文豪たち総出演のスペシャルミニドラマCDがもらえる連動購入特典や、吉本ルイス先生描き下ろしスペシャル4コマ漫画がもらえる通販特典もあるのでこちらもお見逃しなく!



■キャストコメント

――収録を終えての感想をお聴かせください。

谷崎潤一郎役・遊佐浩二:3人の息がぴったりで、楽しい収録でした(笑)。今回から、坂口安吾という新キャラが登場しまして……。

坂口安吾役・立花慎之介:あれ?中原中也は前シリーズでも出ていたんですか?

遊佐:うん。僕は共演してないけど。

立花:知らなかった……!

遊佐:新たな文豪を迎えて盛り上がっている本作ですが、谷崎潤一郎を演じる身としては何だか非常に申しわけない気持ちでいっぱいです(苦笑)。実際の文豪とは違う部分が結構目立っていますから。だって、本物の谷崎さんはメイドカフェには行っていませんからね(笑)。
でも坂口安吾さんは薬物を濫用していたり、破天荒だったり、実際の文豪と同じ部分が見えるキャラだなと思いました。

立花:僕は今回から初参加させていただきました。「文豪シリーズ」というタイトルだけ聴くと「堅苦しい感じなのかな?」というイメージがありましたが、台本を読んでみたら「何だこれは?」と(笑)。

遊佐:最初はみんなそう思うんだよ(笑)。構えて台本を読むんだけど、読んでみたら構える必要なかったなって。

立花:そうですね。構えなくていいんだって思ったら、楽しい収録でした。やっぱり3人でちゃんとかけあえたことが、収録の楽しさに繋がっているのかなと思います。

遊佐:だよね。やっぱりテンポ感が違うよね、全員がそろった収録だと(笑)。

中原中也役・岡本信彦:坂口安吾という新キャラが登場し、もちろん彼とのからみもありましたが、中原自身はもともと人にツッコミを入れるキャラなので、坂口にも終始ツッコミを入れている感じでした。
坂口さんのセリフはピー音だらけだったので、どういうことを言っているのかな?と想像しながら楽しんでもらえたらなと思います。


――新キャラとして注目を浴びる「坂口安吾」は今回初登場のキャラクターですので、立花さんからキャラクターの印象や演じてみてのご感想をお願いします。

立花:今回のお話の中では、冷静な部類のキャラだと思います。物語を進行していく立場でしたし、わが道を行く人なのでそれを押し通した方が面白いだろうなと思い、僕も自由気ままに、マイペースに演じさせていただきました。それによって周りはひっかきまわされるわけですが(笑)。
あと、セリフにはピー音がたくさん入っていると思います。どんなことを言っているのかは、ぜひ想像していただければなと思いますね。

遊佐:“文豪”についてちゃんと勉強すれば、ピー音に当たる部分で何を言っているのか、わかるんじゃないの?

立花:そうですね。最近はネットでいろいろな情報が出ていますから、坂口安吾について調べていただいて、そこで彼が何を口にしたのかを探っていただければと思います。


――今回初共演となる他のキャラクターの印象についてお聴かせください。

遊佐:坂口はやや常軌を逸しているところがありますが、今回のお話を見る限り、そこまで奇行が目立つ方ではなかったのでわりと付き合いやすい方だと思います。どちらかというと喧嘩っ早い中原の方が、僕としては疲れますね。というか、今回共演した2人はつっこまなきゃいけない人たちなので、疲れるコンビですね(笑)。

立花:谷崎も中原も、とがり過ぎているところがあるんですよね……。谷崎はドMですし、中原はいつもキレてるし。でも遊佐さんの、気持ちいいくらいの床の転がりっぷりがよかったですね。安吾にはないですから。

遊佐:僕にもないよ!

立花:(笑)。どのキャラクターも、それぞれ違う方向にとがっているのが面白いですね。

岡本:みんなマイペースですけど、坂口は何があっても物怖じせず余裕があるキャラクターだなという印象があります。
谷崎は見るからにかっこいい人ですね。でも、ちょっとおかしいというか、ねじが2~3本取れている感じがします(笑)。声だけではなく、谷崎の行動を想像してもらえると、より面白いと思いますよ。


――作中で印象に残ったシーンやセリフ、聴きどころをお教えください。

立花:谷崎に関して言うと、超ドMという性癖が女性たちにばれていくというホストのお話は面白かったです。あと、転げまわって床を掃除するとかね。ぜひ、楽しんでほしいです。

遊佐:谷崎が中心になるお話には必ずと言っていいほど女性が登場するのですが、今回も女性がふたり、登場します。中原のお話でも、女給さんが登場していまして。女性が出てくるときの、キャラクターたちのかけあいがなかなか面白いと思います。
ホストのお話では、借金に苦しんでいる坂口と中原のエピソードがありますけど、なんならあの女給さんに貢がせれば借金なんてどうにかなるのに……って、僕個人としては思いました(笑)。

岡本:あの人が自分の服で掃除をしているところですね。すごくびっくりしました。 中原としての聴きどころは、女性耐性が1番ない中原の、女性との会話のシーンですね。あとは、他のふたりへのツッコミから出る中原の人の良さです。


――今回のドラマCDでは3編のエピソードが収録されています。なかでも、第3話「文豪、取材旅行をする」では3人でまさかの箱根旅行をしていますが、もしみなさんが旅行に行けるとしたらどこに、何をしに行きたいと思いますか。

遊佐:それは、仕事に関係なくということですか?


――そうですね。例えば仕事の心配もなく、3ヶ月くらいお休みがあるとしたら……とかでしょうか。

遊佐:僕たちみたいな仕事をしているとプライベートで普通に旅行をする、ということが縁遠くてですね……なかなか実感がわかないんですよ。
「3ヶ月間、仕事の心配もしなくていいし、ゆっくり休んでいいよ」と言われたら、「この業界からいなくなってもいいよ」と言われているのではないかと、裏の意味を考えてしまうんです(苦笑)。

立花:そうですね(笑)。

遊佐:だから、旅行に行けるならどこでもいいんです。まぁ仕事の心配をしなくていいということですので、せっかくですから仕事の電話を受けなくていいところに行きたいです。といっても、治安面を考えると海外は怖いので、国内ですね。夏の北海道がいいです。

立花:僕も国内がいいです。温泉が好きなので、箱根とか伊豆とかに行きたいです。

遊佐:でも、せっかく長期間の休みがもらえて温泉地に行くなら、大分とかいいんじゃない?温泉大国でしょ?

立花:確かにそうですね。じゃあ、各地の温泉巡りとかしたいです。あ、でも、せっかく大分に行くなら、九州で運行されるクルーズトレイン「ななつ星in九州」にも乗りたいですね。もう予約がいっぱいらしいんですけど興味があります。

岡本:僕はマチュピチュですね。どうしても行きたくて、旅行のパンフレットを見たのですが、1泊5日という強行スケジュールばかりだったので、行きたくても行けないですね。
行ってみたいなと思ったのは、テレビでよく特集されているのを見て、実際はどういう場所なのかという実物を見てみたいと思ったからなんですよ。あれだけ標高の高いところに村を作って生活していた、という歴史に興味があります。


――ありがとうございます。では最後に、ドラマCDの発売を待つファンヘのメッセージをお願いします。

立花:楽しいドラマCDなので、気負わずに聴いてほしいです。キャラクターたちの個性が強いので、どのキャラクターの物語を聴いても楽しめると思いますよ。今後もシリーズが続くよう、応援していただけるとうれしいです。

遊佐:固いと思われる文豪の世界ですが、このCDの世界だけはリラックスして、文豪たちを身近に感じていただければと思います。ただ誤解するなと言いたいです(笑)。
ちゃんと勉強をすることを忘れてはいけないんだぞ、と。反面教師として見てほしい部分もありますので、その辺も踏まえて、楽しんでいただければと思います。

岡本:みなさんの応援のおかげで「文豪シリーズ」は続いております。今回は新キャラも登場して、どんどん「文豪シリーズ」が盛り上がっていくような気がしています。元の文豪を知らなくても楽しめる作品ですので、いちドラマCDとして楽しんでいただきつつ、お友達に「文豪シリーズ」を知らない方がいたら、ぜひ広めていただければうれしいです。



■ドラマCD「文豪シリーズ」新作第1弾「不良文豪とホスト」

【発売日】2013年3月29日(金)予定
【価格】2,625円(税込)
【品番】APLE-5003
【発売元・販売元】AIR AGENCY・フロンティアワークス

【キャスト】
坂口安吾:立花慎之介
谷崎潤一郎:遊佐浩二
中原中也:岡本信彦


【特典】
◆ドラマCD第1巻、第2巻連動購入特典
6人の文豪が総出演するスペシャルミニドラマCD
◆通販特典
AIR LABEL通販:吉本ルイス先生描き下ろしスペシャル4コマ漫画(CD本編裏話その1)
フロンティアワークスアンテナショップ:吉本ルイス先生描き下ろしスペシャル4コマ漫画(CD本編裏話その2)


<商品概要>
芥川龍之介に太宰治……ここでは日本の歴史に名だたる文豪たちが、生前のように真面目に堅実に、執筆にいそしんでいる―――と、思いきや……

アニメキャラに熱中する者あり、酒を飲んで暴れる者あり、編集部から逃亡する者あり……天国を舞台に、個性派揃いの文豪たちが繰り広げるドタバタな日常を描くドラマCDシリーズの新作が、連続発売決定!

文豪たちに関する実際のエピソードも満載!聴けば文学史の勉強にもなっちゃう、かも?
本編に加え、キャストによるテーマトークも収録。

第1弾には、新キャラクター「文壇きっての無頼漢(アウトロー)」坂口安吾(CV:立花慎之介)、さらに谷崎潤一郎(CV:遊佐浩二)、中原中也(CV:岡本信彦)が登場!

第2弾には、新キャラクター「自転車大好き“小説の神様”」志賀直哉(CV:小野大輔)、さらに芥川龍之介(CV:鳥海浩輔)、太宰治(CV:櫻井孝宏)が決定!

超個性的なキャラクターと豪華キャストが勢ぞろいのドラマCD「文豪シリーズ」。
文豪たちの知られざる人間的魅力を、たっぷりお届けします!


©AIR AGENCY・フロンティアワークス


ドラマCD 文豪シリーズ:不良文豪とホスト

B00ALIXIGY ドラマCD 文豪シリーズ:文豪の神様

B00AZ482R4 ドラマCD 文豪シリーズ 第2巻:文豪失格

B008RBY9CY ドラマCD 文豪シリーズ 第1巻:吾輩たちは文豪である

B0081KWKMM

▲ PAGETOP