ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー(前編)

北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー(前編) 2013年3月 5日 19:40

北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー

「イナズマイレブンGO」シリーズのヒロイン・空野葵を演じる、北原沙弥香さんの1stフルアルバム「春のグラデーション」が3月6日(水)に発売される。このアルバムは、1st~4thシングルの楽曲に新曲2曲を加えた、全11曲を収録。また、DVD付盤には表題曲である新曲『春のグラデーション』を始めとした、全5曲のミュージックビデオも収録されている。今回、アルバム発売を直前に控えた北原さんに、楽曲に込めた想いや収録エピソードなどたっぷりお話をうかがいました。

「春のグラデーション」インタビュー(後編)はこちら



北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー

――1stフルアルバムが発売されることが決まった時の気持ちをお聞かせ下さい。

北原:ずっとアルバムに憧れていて目標のひとつでもあったので、それが実現すると分かった時はドキドキでワクワクな気持ちになりました。同時に、皆さんにアルバムを聴いていただけるのかな?という不安もありました。でも、本当に愛情を込めて作ったアルバムなので、たくさんの方に聴いてもらいたいですし、今はいろいろな感情が混ざった不思議な感覚です。


――誰に最初に報告しましたか?

北原:やっぱり家族に報告しました。うちの家族は私の活動に対して、一歩引いて冷静に応援してくれているんですよ。今回も「良かったね」というさらっとした一言でした(笑)。内心では喜んでくれたと思うんですけど、あえてその一言で。でも、その言葉からいっぱい気持ちが伝わって来て、それはそれですごく嬉しかったです。


――まずは新曲についてお聞きします。表題曲である『春のグラデーション』はどのような楽曲でしょうか?

北原:この曲は、季節の移り変わりや、今日から明日へ変わっていく際の不安・希望などの複雑な感情を、グラデーションのように表現しています。そして、季節が変わっても私は私、今は落ち込んでいてもまた前を向こうという、強い芯を持った女の子の歌でもあります。


――この曲はアルバムのために制作された曲ですが、歌う際に空野葵はどのくらい意識したのでしょうか?

北原:いつもそうなのですが、自分の中に空野葵が常にいる感覚なんです。なので、空野葵を意識するというよりは、空野葵であり北原沙弥香でもあるという感じで歌っています。


――レコーディングで苦労した点や、エピソードなどをお聞かせください。

北原:レコーディングは舞台をしていた時期に行ったので、歌ではなく舞台の発声方法になってしまい苦労しました。高い所をどうやって出していたのか思い出せなくて、自分自身やスタッフさんに相談しながら何回も歌わせていただいたんです。でも、新しい壁にぶつかるということは、またステップアップ出来ることだとプラス思考で考えてレコーディングしました。


――これまでのシングルを収録した時と比べて、成長したなと思えましたか?

北原:毎回、その時点での自分の最大限を出してはいるんですが、改めて一歩引いて聴いてみると、こうした方が良かったのかな?といつも思うんですよ。でも、そう思えるということは一歩前に進めた証だと思います。その繰り返しがあって新曲の『春のグラデーション』と『昨日の風はどこ吹く風』を収録しましたので、1stシングルから一歩ずつ階段を登れているのかなとは思います。


北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー

――もうひとつの新曲『昨日の風はどこ吹く風』はどのような楽曲でしょうか?

北原:今までの中で一番大人っぽい曲だと思います。歌詞に「わたしはわたし」とあるんですけど、そう思っていても行動が伴わないことってあるじゃないですか。私も地に足がついていなくて、頑張ろうという気持ちだけが先走って自分を見失ったり、空回りすることがあるんですよ。そんな時に聴くと「私は私だから、見栄を張らずに自分のペースで前に進んでいけばいい」と前向きになれる曲です。


――レコーディングはいかがでしたか?

北原:実は、今話したような状態だったんです(苦笑)。「曲のメッセージを伝えたい伝えたい」という感情だけが先走ってしまい、ニュアンスだけになっていたというか、歌詞とメロディがリンクしていなくて。ディレクターさんと相談しながら何回も録り直したので、本当に曲の中の主人公に励まされているようでした。


――新曲以外にも、これまでのシングル曲がたっぷりと収録されています。改めて聴いてみてどうでしたか?

北原:アルバムのために聴き直したという感じではなくて、例えば1曲目の『HAJIKE-YO!!』だったら、テンションを上げたい時や、明日は前を向いて頑張らなきゃいけない時などにいつも聴いているんですよ。なので、“常に私の隣にある楽曲たち”という感じですね。曲順もすぐに決まりました。


――すべて大切な曲だと思いますが、特に思い出深い曲はありますか?

北原:どの曲も愛情を込めて作ったので全部大切な曲なんですが、やっぱり1stシングルの『やっぱ青春』は私のスタートラインの曲でもあるので、聴くとほろっと泣いちゃいます。この曲がなければスタート出来なかったですし、この曲に出会えたからこそ、もっと頑張らなきゃと思えました。初イベントで歌わせていただいた時もたくさん不安はあったんですが、皆さんの愛情がとても温かかったです。ドキドキや喜びなど、1stシングルならではの感情がいっぱい詰まっていて、原点に帰れる思い出の曲です。


――振り返ってみて収録が大変だったなどのエピソードがあればお聞かせください。

北原:『HAJIKE-YO!!』は、タイトル通り弾けて歌ってすごく楽しいレコーディングだったり、『ガムシャラ』は曲に励まされながら歌ったりと、それぞれ思い出があります。その中でも、『夢のかたまり』は劇場版「イナズマイレブンGO 究極の絆グリフォン」の挿入歌だったんですが、「(劇場版が)私の曲でいいのかな?」という葛藤がありました。メッセージ性が強い曲なので、この曲も伝えたいという感情だけが先走ってしまい、全部を強調するあまり、伝えたいフレーズが伝わらなくて苦労したんです。


――スクリーンからご自身の曲が流れた時はどうでしたか?

北原:今でもはっきり覚えているんですけど、感極まって自分の曲なのに鳥肌が立ってしまいました。他のキャストの皆さんと一緒に見ていたんですけど、曲が流れた瞬間に一気にこっちを見てくれたんですよ。皆さんの応援してくださる気持ちが感じられて、もっと頑張らなきゃと思いました。そういう意味でも思い出深いです。


北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー

――DVDに収録されるミュージックビデオについてお聞きします。『春のグラデーション』のミュージックビデオはどのような内容でしょうか?

北原:春へ移り変わる今の季節のように、春の匂いが感じられるふわっとした空気感の、温かいミュージックビデオになっています。今までよりも落ち着いた、少し大人っぽいイメージではありますが、等身大のナチュラルな感じで撮影出来たと思います。(この落ち着いた感じは)理想の自分でもありますね(笑)。


――ナチュラルということは、普段はこのような感じなのですか?

北原:家にいる時はこんな感じ・・・だと思いますよ!(スタッフからは疑問の声が)


――ミュージックビデオの中で桜の絵を描くシーンが出てきますが、絵は得意ですか?

北原:1年ぐらい前まで本当に絵が下手で、似顔絵とかは絶対に書けないタイプだったんです。でも、これでは将来子供が出来て「ママ、ぞうさん描いて!」とか言われた時に、変な教育をしてしまうと思ったので練習しています(笑)。レコーディングの合間とかに葵ちゃんを描いていたら、少しずつ上手くなってきたんですよ。あの桜の絵は、私が描いたものではないですけどね(笑)。


――これまでのシングルのミュージックビデオも収録されています。見所や思い出をお聞かせください。

北原:『やっぱ青春』は若いなと思いました(苦笑)。何もかもがフレッシュで髪の毛もまだ長くて。初めてのミュージックビデオで憧れの吉澤ひとみさんと共演させていただいて、全然上手くいかずに泣きながら撮影したのが思い出されますね。『かなり純情』は自分で言うのもおかしいですけど、キラキラして純情な感じが出ていて「可愛いな」って思います(笑)。『HAJIKE-YO!!』は改めて見返しても明るくて楽しさが伝わって来るし、海で撮影した『夏がやってくる』は、海で騒いでいる私が見られますのでぜひ見てみてください。


――ミュージックビデオでも、これまでの成長が見られるんですね。

北原:そうですね。『春のグラデーション』は季節の移り変わりだけでなく、私が今年20歳になるということで、大人の仲間入りをする狭間の微妙な雰囲気も表現しているんです。そういう成長を感じていただきつつ、曲も楽しんでいただければ嬉しいです!

インタビュー後編に続く


北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー 北原沙弥香の成長と愛情が詰まった1stフルアルバム「春のグラデーション」インタビュー

(取材・文:千葉研一)


■北原沙弥香ファーストアルバム「春のグラデーション」

▲DVD付盤

▲通常盤

【発売日】2013年3月6日(水)
【価格/品番】
DVD付盤:3,990円(税込)/AVCD-55028
通常盤:2,500円(税込)/AVCD-55029
【発売元】エイベックス・マーケティング

【CD収録内容】
01.HAJIKE-YO!!
02.ガムシャラ
03.春のグラデーション
04.かなり純情
05.夢のかたまり
06.夏が終わっちゃう
07.窓側から愛をこめて
08.昨日の風はどこ吹く風
09.やっぱ青春
10.愛情・情熱・熱風
11.夏がやってくる

【DVD収録内容】
01.やっぱ青春(ミュージックビデオ)
02.かなり純情(ミュージックビデオ)
03.HAJIKE-YO!!(ミュージックビデオ)
04.夏がやってくる(ミュージックビデオ)
05.春のグラデーション(ミュージックビデオ)


©LEVEL-5/FCイナズマイレブンGO・テレビ東京


春のグラデーション (ALBUM+DVD)

B00AU5R706 春のグラデーション

B00AU5R7X8 夏がやってくる(初回限定盤)(DVD付)

B007MDQ28W HAJIKE-YO!!(初回生産限定盤)(DVD付)

B0069UP7Q2 かなり純情(初回生産限定盤)(DVD付)

B005I063OO やっぱ青春(初回生産限定盤)(DVD付)

B004XES1G4 手をつなごう (数量限定生産) (フィギュアストラップ(全3種うち1種をランダム封入))

B0095EYCEM

▲ PAGETOP