ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース相葉裕樹、浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢よりコメント!「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」

相葉裕樹、浅沼晋太郎、日笠陽子、井口裕香、池田純矢よりコメント!「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」 2013年2月28日 14:19


4月よりTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都ほかにて放送開始予定のオリジナルロボットアニメーション「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」。

本作では、監督に元永慶太郎さん(「刀語」「ヨルムンガンド」)、キャラクターデザインに平井久司さん(「機動戦士ガンダムSEED」)、脚本に吉田玲子さん(「けいおん!」)、アニメーション制作に動画工房(「ゆるゆり」)×オレンジ(「コードギアス 亡国のアキト」)など、豪華スタッフが参戦することで話題を呼んでいる。

今回、本作のメインキャストを務める相葉裕樹さん(ヒタチ・イズル役)、浅沼晋太郎さん(アサギ・トシカズ役)、日笠陽子さん(クギミヤ・ケイ役)、井口裕香さん(イリエ・タマキ役)、池田純矢さん(スルガ・アタル役)よりキャラクターと作品に対してのコメントが到着したので紹介する。

また、メインキャスト勢揃いのロングインタビューを近日公開予定。楽しみに待っていて欲しい。


■キャストコメント

●相葉裕樹(ヒタチ・イズル役)
イズルはザックリというとヒーローに憧れる少年です。天然で、時々空気の読めない発言をしますが、真っすぐで嘘がない。リーダーとしては相応しくはないかもしれませんが、一生懸命ヒーローになるためにラビッツのメンバーとして頑張っています。
僕はそもそもアニメ作品に出演することが少なく、これが初めてのロボット作品なので新鮮で……とても楽しみにしていました。アフレコが始まった今も、オリジナルなので先がわからず、ドキドキしながらアフレコに参加させていただいています。『マジェスティックプリンス』は、5人の成長を見せる作品でもあると思っています。ただのロボットものでは終わらない感じがしていて、本当にドラマ性の高い作品だなと思っています。是非、たくさんの方に観て応援していただけたら嬉しいです。

●浅沼晋太郎(アサギ・トシカズ役)
アサギはチームラビッツの中で最年長で、すごくプライドが高くてエリート志向なのですが、本番に弱くいざ実戦になると胃が痛くなってしまうという残念なキャラクターです。
作品としては、各々がシリアスな運命を抱えているのに、どこかちょっと明るいというか、全体的に『がんばれベアーズ』的な雰囲気が流れていて……(周囲から笑い)。もうちょっと新しい作品だと『メジャーリーグ』?『ルーキーズ』的な?(笑)。この先そんな落ちこぼれたちのサクセスストーリーになっていくのかはまだわかりませんが、この先が楽しみだなと感じながら演じさせていただいています。スタッフさんに聞いた所、かなりCGに力を入れていて、そのクオリティを観て作画チームも帯を締め直し、それぞれが高見を目指して制作しているそうなので、僕らも絵に負けないようなお芝居をしていきたいと思っています。そして、視聴者の方と一緒にオンエアを楽しみにしたいと思っています。

●日笠陽子(クギミヤ・ケイ役)
ケイは凄くクールで、5人の中では指揮系統を担当することがメインになっています。凄く甘いものが大好きでケーキ作りとかもするんですが、味オンチで凄く甘いものを作ってしまう女の子です。
作品の第一印象は、私はロボットに乗るのが夢だったので「ああ、ロボットだ!宇宙だ!わーい」という感じでした(笑)。オリジナルということもあって、設定に変化球が多くて凄く面白いんです。なので私たちも先を知らないし、観ているみなさんはもっと先がわからないと思います。特に戦いの場面は、凄く興奮するというか、あっという間に時が過ぎ去るぐらいに面白い物になっていると思いますので、みなさん是非楽しみに待っていて下さい。

●井口裕香(イリエ・タマキ役)
タマキは恋に恋しちゃう様な、ちょっと現実が見れていない残念なタイプの女の子です。そして滑舌が悪くて、語尾に「なのだ」が付くのに「なのら~」になったり、ところどころおバカな部分がたくさん出て来る、このチームラビッツ、ザンネン5の中でも特にザンネンだなと思う要素が多い女の子ではあるんですけど、可愛らしさでカバーしています。あと…胸が凄く大きいです(笑)。
私も日笠さんと同じで、ロボットに乗れて凄く嬉しいです。ロボットは凄く格好良く動いていて、戦闘は本当にカッコいいんです。また、たくさんいる登場キャラクターが凄く表情豊かに描かれていますので、色んなキャラクターの動きに注目して欲しいですね。アフレコ現場では、掛け合いとかマイクワークとか、仲がいいからこそ緊張感の中でくすりと笑うところもあるし、凄く気持ち良く収録しているので、そんな空気感もマイクを通じてみなさんへお届け出来たらいいなと思っています。是非是非、オンエアを楽しみにしていてください。

●池田純矢(スルガ・アタル役)
スルガはミリタリーオタクという変わったキャラクターで、喋り方も早口で、うざったくて……。でも、そんなところがどこか憎めないような凄く愛嬌があるキャラクターです。
僕もアニメに声を当てるのは初めてなので、何もかもが新鮮ですし、それが日々刺激になっています。作品の第一印象は「うぉ~ロボすげぇ~」という感じです。本当に魅力だらけな作品で、緻密に計算されたストーリーがあり、その本筋はもちろんですが、ザンネン5だったり、司令室での1シーンだったり……そういう細かい日常描写も秀逸に描かれています。また、それに負けない本当に迫力のあるアクションシーンなどの絵で見せる魅力、それからキャラクターを演じているみなさんの感情の乗った美しい声。本当に言い現せられないぐらいに魅力が詰まった作品です。是非オンエアを楽しみにして下さい。





■TVアニメ「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」

TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都他にて2013年4月より放送開始予定!

【スタッフ】
監督:元永慶太郎
キャラクターデザイン:平井久司
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
脚本:志茂文彦
軍事・SF考証:鈴木貴昭
副監督:即座誠
MJPメカデザイン:谷裕司
GDFメカデザイン:森木靖泰
ウルガルメカデザイン:渡辺浩二
美術監督:前田実
セットデザイン:岩畑剛一
総作画監督:佐光幸恵、高岡じゅんいち、牧孝雄
CGプロデューサー:井野元英二
アニメーション制作:動画工房×オレンジ

【主題歌】
オープニングテーマ『私は想像する』歌:昆夏美
エンディングテーマ『サヨナラっていう』歌:石川智晶

<STORY>
少年たちは、人類を救えるか―
生命力を失った地球に、ザンネン5(ファイブ)が希望を与える-!?
-地球暦2110年。宇宙に進出を果たした人類は、数多の資源小惑星を手中に収め、その未来と繁栄は約束されたかに思えた。しかし、外宇宙への橋頭保たる木星圏に、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力・ウルガルが襲来。地球は存亡の危機に陥った。
その頃、遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出そうとするプロジェクトによって生まれた特務機関MJPに所属するチームラビッツの少年達は、最新鋭の戦闘デバイス「アッシュ」を受領し、あろうことか、全地球防衛軍・GDFの撤退の盾として前線に送り込まれてしまう。
圧倒的な戦力を誇る敵軍に対し、果たして彼らは生き残ることができるのか…。


©創通・フィールズ/MJP製作委員会


私は想像する [Maxi]

B00B4HR55Q サヨナラっていう [Maxi]

B00B4HR2PY マジェスティックプリンス(1) (ヒーローズコミックス) [コミック]

4864683077 マジェスティックプリンス(2) (ヒーローズコミックス) [コミック]

4864683166

▲ PAGETOP