ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースサプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント

サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント 2013年2月22日 20:30

サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント

TOKYO MX、読売テレビ、BS11他にて4月より放送がスタートするTVアニメ「翠星のガルガンティア」。その第1話・第2話先行上映イベントが、2月9日(土)にユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された。

イベントには、事前に告知されていた石川界人さん(レド役)、金元寿子さん(エイミー役)、茅野愛衣さん(サーヤ役)、阿澄佳奈さん(メルティ役)に加え、サプライズゲストとして杉田智和さん(チェインバー役)、茅原実里さん(オープニング主題歌担当)、村田和也監督、虚淵玄さん(シリーズ構成・脚本)も登場。さらに、第3話のダイジェスト上映、オープニング主題歌披露など盛りだくさんな内容となった。


石川界人さん(レド役) 金元寿子さん(エイミー役) 茅野愛衣さん(サーヤ役) 阿澄佳奈さん(メルティ役)
杉田智和さん(チェインバー役) 茅原実里さん(オープニング主題歌担当) 村田和也監督 虚淵玄さん(シリーズ構成・脚本)


先行上映が行われた後、まずは村田監督と虚淵さんが登壇し、制作の裏話が語られた。本作の企画については、バンダイビジュアル、ニトロプラス、Production I.Gの3社でオリジナルロボットアニメを作りたいという所からスタートし、“働く人”を題材に進められたそうだ。また、村田監督は以前より海を舞台にした作品を作ってみたいと考えており、キーワードは“水の惑星”。そのスケッチを見せた所、面白いという事になり、本作の基本的な構図が決まったと語ってくれた。

虚淵さんからは、実は最初は「未知の惑星を探索する物語」だったことが明かされた。村田監督のスケッチを見て、すぐに切り替えて、舞台を未知の惑星ではなく「ガルガンティア船団」に変えてしまおうと思ったそうだ。何と、1週間後にはプロットが出来上がっていたらしく、その切り替えの早さには、村田監督も驚いたと話す。

また、虚淵さんと言えば気になるストーリー展開については、「いままで自分が担当した作品の雰囲気とは違ったものになる。(第1話の)Aパートで10万人ぐらい死んでいるから、人の死はもういいかな、と。今度こそ安心していただけると思います」とのコメント。その言葉の真偽はぜひ本編で確かめていただきたい。

サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント


ここからは、石川さん、金元さん、茅野さん、阿澄さん、サプライズゲストの杉田さんも加わりトークを展開。石川さんは人生初のイベントということで、マイクを使わずに話してしまう場面があるなど初々しさを見せる場面も。杉田さんはさっそく、「本来なら皆さんと一緒に叫びたいんだけど、出る方になりました(笑)」と彼らしい挨拶で笑わせてくれた。

第1話、第2話を見た感想を聞かれると、「映像がとても綺麗。音楽も重厚で聴き入ってしまう」(石川)、「第1話のAパートとBパートの差に衝撃を受けました」(金元)、「星空と海のキラキラした感じに引き込まれました。キャラクターたちの目が生き生きしていた」(茅野)、「建物や人物の描写など、ファンタジーだけど生活感が伝わってきて、見ていて楽しかった」(阿澄)などと語った。杉田さんも第1話での前半と後半の落差が印象的だったようで、見逃せない注目ポイントのひとつ言えるだろう。

杉田さんが演じるチェインバーは、主人公・レドが搭乗するマシンキャリバー(ロボット)。杉田さんはこれまでも主役でデビューするような若手の隣にいる役が多かったそうで、「(本作でも)石川くんが成長してく様を見ていける、一番いい形で作品に絡めたと思います」と話す。また、杉田さんと石川さんはオーディションで会っており、妹と喧嘩していた石川さんに相談されたという裏話も披露してくれた。ちなみに、今はとても仲の良い兄妹とのことだ。

サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント

さらに、役を演じるにあたり村田監督が毎回しっかりキャラクターや世界観の説明をしてくれたので、オリジナル作品ではあるが安心だったとキャスト陣は口にする。他にも、作中に出てくる宇宙語の話題では、石川さんが10時間ぐらい練習して収録に臨んだと明かして周囲を驚かせた。ちなみに、宇宙語の解読について虚淵さんは、「今度は無理だと思います。まどか(魔法少女まどか☆マギカ)の時に悔しい思いをしたので(笑)」と、以前視聴者に解読されてしまった悔しさをにじませていた。


続いて、オープニング&エンディング主題歌を紹介。そして、オープニング主題歌を歌う茅原実里さんが登場し、『この世界は僕らを待っていた』をフルコーラスで披露した。この曲について茅原さんは「とても希望に満ち溢れたポジティブな楽曲。強さや絆が込められています」と語る。さらに、茅原さんは歌だけでなく、キャストとしても今後登場することが発表された。

サプライズゲストに杉田智和、茅原実里らが登場!OP主題歌も披露した「翠星のガルガンティア」先行上映イベント

最後に、出演者からひとことずつメッセージがあり、サプライズ満載の先行上映会は終了した。なお、先行上映会は3月2日(土)より全国4ヶ所で行われるので、参加される方はぜひ楽しんでもらいたい。

着ぐるみチェインバー
▲会場には着ぐるみチェインバーの姿も

(取材・文:千葉研一)


■「翠星のガルガンティア」第1話・第2話先行上映イベント

<各会場共通情報>
【イベント内容】
・「翠星のガルガンティア」第1話、第2話+第3話ダイジェスト上映
・ゲスト登壇によるトークショー

【料金】
1,000円(税込・全席指定)

【来場者特典】
・特製パンフレット
・特製クリアファイル

<愛知>
【開催日時】2013年3月2日(土)上映開始時間12:00
【会場】ワーナー・マイカル・シネマズ大高 スクリーン8
【出演】石川界人(レド役)、金元寿子(エイミー役)
【チケット】Pコード:550-835 チケット購入サイト

<大阪>
【開催日時】2013年3月2日(土)上映開始時間16:00
【会場】大阪ステーションシティシネマ スクリーン9
【出演】石川界人(レド役)、金元寿子(エイミー役)
【チケット】Pコード:550-836 チケット購入サイト

<福岡>
【開催日時】2013年3月3日(日)上映開始時間13:00
【会場】ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 スクリーン8
【出演】石川界人(レド役)、金元寿子(エイミー役)
【チケット】Pコード:550-837 チケット購入サイト

<札幌>
【開催日時】2013年3月10日(日)上映開始時間15:00
【会場】ユナイテッド・シネマ 札幌 スクリーン2
【出演】石川界人(レド役)、金元寿子(エイミー役)、茅野愛衣(サーヤ役)
【チケット】Pコード:550-839 チケット購入サイト

その他詳細はアニメ公式サイトをご確認下さい。


■TVアニメ「翠星のガルガンティア」

2013年4月よりTOKYO MX、読売テレビ、BS11他にて放送開始!

【スタッフ】
原作:オケアノス
原案:村田和也、虚淵玄(ニトロプラス)
監督:村田和也
シリーズ構成・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクター原案:鳴子ハナハル
メカニックデザイン:石渡マコト(ニトロプラス)
音楽:岩代太郎
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:田代雅子
ガルガンティアイメージ:岡田有章
設定考証・デザイン:小倉信也
プロップデザイン:常木志伸、村山章子
美術監督:栫ヒロツグ(ととにゃん)
美術監修・美術設定:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:田中美穂(スタジオロード)
3D監督:遠藤誠(トライスラッシュ)
3Dテクニカルディレクター:須藤悠
モニターワークス:吉祥寺トロン
特殊効果:村上正博
撮影監督:田中宏侍
編集:浜宇津妙子
音響監督:明田川仁
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:Production I.G

【キャスト】
レド:石川界人
エイミー:金元寿子
サーヤ:茅野愛衣
メルティ:阿澄佳奈
ベローズ:伊藤静
リジット:大原さやか
ピニオン:小西克幸
フェアロック:手塚秀彰
ジョー:早志勇紀
クーゲル:小野友樹
ほか

【主題歌】
OP主題歌『この世界は僕らを待っていた』茅原実里
ED主題歌『空とキミのメッセージ』ChouCho


<イントロダクション>
遠い未来、遥か銀河の果て。人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である
人型機動兵器チェインバーとともに時空のひずみへと呑み込まれる。人工冬眠から目覚めたレドは、忘れられた辺境の惑星・地球へと漂着したことを知る。
表面のほぼすべてを海に覆われた地球で、人々は巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海底からサルベージすることで、つつましくも生き生きと暮らしていた。
ここはそんな船団の一つ、ガルガンティア。言葉も通じない、文化も習慣も異なる未知の環境に戸惑うレド。やむをえず、少女・エイミーらガルガンティアの人々との共生を模索し始めるのだが、それは戦うこと以外の生き方を知らないレドにとって驚きに満ちた日々の始まりだった。
実力派スタッフが贈るオリジナルSF冒険活劇「翠星(すいせい)のガルガンティア」、始動!


©オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会


この世界は僕らを待っていた [Single, Maxi]

B00BEZSJZI ニュータイプ A (エース) Vol.16 2013年 01月号 [雑誌] [雑誌]

B00ABL3O3I ニュータイプ A (エース) Vol.17 2013年 02月号 [雑誌] [雑誌]

B00AT1E5K6

▲ PAGETOP