ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース次は横浜アリーナ!『GRANRODEO LIVE TOUR 2012-2013 CRACK STAR TOURS』ツアーファイナル!!

次は横浜アリーナ!『GRANRODEO LIVE TOUR 2012-2013 CRACK STAR TOURS』ツアーファイナル!! 2013年2月13日 19:50


昨年12月1日(土)よりスタートし、10ヶ所11公演を行なってきたGRANRODEOの『GRANRODEO LIVE TOUR 2012-2013 CRACK STAR TOURS』。この最終公演が2月3日(日)にZepp Tokyoで開催された。ツアーファイナルに相応しい熱気溢れるパフォーマンスを見せてくれたライブの模様をお伝えする。





ミラーボールの光に会場が包まれ、熱い視線がステージ注がれる中、KISHOWとe-ZUKAが登場。ツアーのタイトルチューン『CRACK STAR FLASH』でライブがスタートした。観客は拳を振り上げて1曲目から激しく盛り上がり、KISHOWのシャウトから『SEED BLASTER』へ。スピード感溢れる楽曲に会場のテンションは加速していく。『DARK SHAME』では、ブルーのライトが煌めき、KISHOWの熱い歌声が響き渡った。



上着を脱ぎ捨て身軽になったところで、「ようやくここまで来たぜ!最後まで楽しんでいってください!」と叫び、ツアーファイナルまで辿り着けたことをふたりは喜んだ。「皆さんの愛のパワーで今日のライブを成功させたいと思います」という呼びかけ『愛のWarrior』を披露。“愛のパワー”で力漲る観客の熱気が会場を包み込む。さらに軽快なリズムに乗って『Urban Sweet』を歌い上げ、荘厳なイントロから『0-GRAVITY』ではe-ZUKAのギターソロが冴え渡った。



そして、ツアーを途中まで休んでいたサポートベースの瀧田イサムさんが復帰したことを紹介。ふたりも喜びを口にする。フルメンバーとなったところでツアーファイナルをやり抜くことを改めて誓った。「素晴らしい明日を願います」という曲紹介から『ブランニューDAY』を熱唱。『メリーゴーランド』では民族音楽を彷彿させるゆったりとした演奏と、激しい演奏が何度も切り替わり、観客を不思議な心地良さへ導く。



ここで、KISHOWとe-ZUKAはステージを一旦退場。ドラムとベースによるセッションから、衣装を新たにしたふたりが再登場した。KISHOWの「Go For It! Go For It!」コールを受けて、観客も改めて気合いを入れ直し『Go For It!』を全力で盛り上げる。恒例のコール&レスポンスでは、定番の「ロデオガール」「ロデオボーイ」から「ファイナルだけど初めて来た人」「コンタクトを割っちゃった人」などバラエティに飛んだセレクトに合わせて観客が魔法の4文字「IGPX!」を叫び、一体となった。



『Snow Pallet』を力強く歌い、サビではKISHOWのダンスに合わせて全員が一緒踊り盛り上がる。『冷めゆく熱』では、KISHOWの歌声が観客の心へ気持ちよく響いた。

続いて、アコースティックコーナーへ。KISHOWは前日のライブ帰りに乗ったタクシーで娘さんがファンだという運転手さんに出会った話を披露。また、ツアーがこれで終わってしまうことに寂しさを覚えると話す。さらに今日が節分ということで、恵方巻や豆撒きの話で盛り上がった。そして、ハッピーになって欲しいという想いを込めて『HAPPY LIFE』を歌い、最後は観客の歌声も加わり大合唱となった。




ラストに向けて『RIMFIRE』『ROSE HIP-BULLET』と激しくアップテンポなナンバーで畳み掛ける。『メズマライズ』ではメロディアスなe-ZUKAのギターソロが響き渡り、『NO PLACE LIKE A STAGE』では重低音のプレッシャーに負けじと観客も叫んで激しく盛り上がる。



KISHOWのラップ調のコール&レスポンスから『modern strange cowboy』へ。一層激しい盛り上がりが会場を震わせた。KISHOWは波瀾万丈だったツアーを振り返り、ここまで来れたことへの感謝を口にして、最後は『希望の彼方へ』を歌いきった。




まだまだ暴れ足りないロデオガール&ロデオボーイによる「グラン!」「ロデオ!」コールが響き渡る。その声に導かれて、まずはe-ZUKAが登場し、迫力満点のギターソロを披露。そして、KISHOWも登場し『Once & Forever』と『HEAVEN』を熱く熱く歌い上げた。

アンコールの感謝の言葉から、3月6日(水)に8年間の集大成であるベストアルバム「GRANRODEO GREATEST HITS〜GIFT REGISTRY〜」のリリースを告知。それを記念して3月5日(火)〜10日(日)にGRANRODEOカフェを東京、大阪で開催することを発表した。また、4月17日(水)にTVアニメ「カーニヴァル」オープニング主題歌『偏愛の輪舞曲』のリリース、4月20日(土)、21日(日)に横浜アリーナで『GRANRODEO LIVE 2013 G8 ROCK☆SHOW』を行うことを伝えた。それぞれの詳細について、公式HPを確認して欲しい。

そして、KISHOWからMCを託されたe-ZUKAが「他人と過去は変えられない、自分と未来を変えて行こうぜ!」と叫び、『Can Do』を熱唱してステージを後にした。




興奮冷めやらぬ観客の「もう1回!もう1回!」の声に応えて、鬼の面を付けてふたりがステージに再登場。次々と客席に豆を撒いて観客を喜ばせた。



「皆さんの我武者らな感じを見たい!」と叫び、ツアーファイナルにふさわしい曲としてラストは『シャニムニ』で、最高の盛り上がりを見せ、ツアーを締めくくった。




<セットリスト>
01:CRACK STAR FLASH
02:SEED BLASTER
03:DARK SHAME
04:愛のWarrior
05:Urban Sweet
06:0-GRAVITY
07:ブランニューDAY
08:メリーゴーランド
09:Go For It!
10:Snow Pallet
11:冷めゆく熱
12:HAPPY LIFE
13:RIMFIRE
14:ROSE HIP-BULLET
15:メズマライズ
16:NO PLACE LIKE A STAGE
17:modern strange cowboy
18:希望の彼方へ

EN1:Once & Forever
EN2:HEAVEN
EN3:Can Do
WEN:シャニムニ



GRANRODEO GREATEST HITS~GIFT REGISTRY~(DVD付) [CD+DVD]

B00ANSOSY8 偏愛の輪舞曲 【初回限定盤】(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B00AU5R6L6 偏愛の輪舞曲 【通常盤】 [Single, Maxi]

B00AU5R5DU DJCD 谷山紀章のMr.TambourineMan~心頭滅却~

B00AEDBIJ0

▲ PAGETOP