ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース中井和哉、喜多村英梨が作品の魅力と後半の見所を語る!TVアニメ「幕末義人伝 浪漫」

中井和哉、喜多村英梨が作品の魅力と後半の見所を語る!TVアニメ「幕末義人伝 浪漫」 2013年2月13日 12:47


テレビ東京系にて放送中のTVアニメ「幕末義人伝 浪漫」。最終回のアフレコを迎えること記念して、2月11日(月・祝)に囲み取材が行なわれた。主人公・浪漫役の中井和哉さんと、小春役の喜多村英梨さんが、作品の魅力や今後の見所について語った。


――作品の魅力は何でしょうか?

中井:時代劇だが、細かいことを気にしすぎない自由な世界観が特徴だと思います。

喜多村:豪華なプロの集団が本気で楽しんで作っている作品だと感じています。


――今後の見どころについてお願いします。

中井:ストーリーが後半へ向けて大きく動いていきますが、今からならまだギリギリ間に合います。みなさん是非ご覧ください。

喜多村:話が折り返しにきて、キャラクターみんなにウラがあるということがわかってきました。点と点が線で繋がっていくカラクリがありそうなので、色々なキャラクターに注目して最後まで見てもらいたいと思います。


――自身のキャラクターを演じてみての感想をお願いします。

中井:自由な物語の中の自由なキャラとして、自由に演じることができている。(ストーリーとしても)当初のドタバタだけではない部分も出てきているので、演じるのがますます面白いキャラクターだと感じています。
台詞の掛け合いや長台詞の中では“和のリズム”を大切にしています。

喜多村:渋い登場人物が多い中、(小春は)天真爛漫なキャラクターだと思うので、パワフルさを持って演じています。


――お互いのキャラクターについてどう思われますか?

中井:小春はいい意味で異質な存在。華やかさがあるキャラクターだと思う。

喜多村:浪漫は“何かやってくれるはず”という信頼と期待を感じさせてくれます。


――印象に残ったシーンを教えてください。

中井:第5話での浪漫の過去の話は印象に残っています。普段は明るい浪漫とはコントラストがあった。還し屋をやっていくんだというモチベーションになっていると思うし、女の子の手を離してしまうシーンは象徴的だと思いますね。

喜多村:第1話で小春が浪漫を叱咤激励するシーンがありましたが、話が進むと大事な場面だったということがわかってきました。明るくて、ちょっとお金にがめつい小春ちゃんという感じでしたが、話が進みシリアスな背景なども見えてきた今考えると、小春ちゃんの“普通の女の子”としての大切な一面だったんだなと思います。


――後半を迎えるあたって、見所をお願いします。

中井:後半は渋い話も数話あるので要注目です。また明るいドタバタもあります。これからまだ物語の色々な面が出てきますので、どちらが好きな方にもお楽しみ頂けるんじゃないかなと思います。
ストーリーが後半へ向けて大きく動いていきますが、今からならまだギリギリ間に合います。みなさん是非ご覧ください。

喜多村:話が折り返しにきて、還し屋一味を含む他のキャラクターみんなにウラがあるということがわかってきました。点と点が線で繋がっていくカラクリがありそうなので、浪漫・小春だけでなく色々なキャラクターに注目して最後まで見てもらいたいと思います。




■TVアニメ「幕末義人伝 浪漫」

【放送情報】
テレビ東京:毎週月曜26:05〜
テレビ大阪:毎週金曜26:10〜
テレビ愛知:毎週木曜27:05〜
テレビせとうち:毎週火曜26:10〜
テレビ北海道:毎週金曜27:00〜
TVQ九州放送:毎週木曜27:00〜
AT-X:毎週水曜20:00〜(リピート放送 金曜8:00〜、日曜深夜26:00〜、火曜14:00〜)
※放送時間は変更になる場合があります。

【スタッフ】
キャラクター原案:モンキー・パンチ
監督:小倉宏文
シリーズ構成:樋口達人
キャラクターデザイン:平山智
音楽:高木洋
オープニング:『RanTiKi』雪乃(日本コロムビア)
エンディング:『ツァラトゥストラ』髭(日本コロムビア)

【キャスト】
浪漫:中井和哉
小春:喜多村英梨
孫一:鈴村健一
阿国:内田真礼
奏:須藤沙織
ハンス:松山鷹志
源内:緒方賢一
安弘:鈴木千尋
柳沢:立木文彦


©高尾モンキー・パンチ/平成義人伝浪漫組


RanTiKi [Single, Maxi]

B00A3QZZC4 幕末義人伝 浪漫 BGM & SONGS

B00B1FEVIA

▲ PAGETOP