ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース宮野真守、小野坂昌也、杉田智和、遊佐浩二らインタビュー「王子様(笑)シリーズ」ラジオドラマCD 第2巻

宮野真守、小野坂昌也、杉田智和、遊佐浩二らインタビュー「王子様(笑)シリーズ」ラジオドラマCD 第2巻 2013年1月21日 12:12

誰もが知っている童話やおとぎ話に登場する王子様の素顔を、王子様の視点で描く、衝撃の問題作「王子様(笑)シリーズ」。このラジオドラマCD第2巻が2月27日(水)に発売となる。このCDにはラジオ番組「ぷりらじ」では聞くことができない新作ドラマ、王子様たちの「座談会」を収録。

この収録現場から、相変わらず従者に振り回され続ける恐妻家「白雪姫」の王子様役中井和哉さん、狙うは世界征服!?の腹黒策士の「アラジンと不思議なランプ」の王子様役宮野真守さん、奥手で臆病のガチなゲーマー「いばら姫」の王子様役小野坂昌也さん、何事にも前向き過ぎる、思い込みの激しい自称イケメン「カエルの王子様」の王子様杉田智和さん、派手な演出はいつもの仕様、真実の愛を探し続ける病弱No.1ホスト「白鳥の湖」の王子様役遊佐浩二さんから収録後のコメントをいただいたので紹介する。


●「白雪姫」の王子様:中井和哉さん

――収録を終えてのご感想をお願いします。

中井:「白雪姫」の王子様って、王子様らしさが一番発揮されるのは従者と一対一で会話してる時だと思うんです。なので、そういう意味ではしっかりと従者に振り回されてはいるんですけども、混乱すること無く「白雪姫」の王子様らしさが出たんじゃないかなと思っています。


――今作を聴く前のファンの方々へのメッセージをお願いします。

中井:僕はもちろん、他の王子様たちも、改めて「この王子って本来どうだったっけ?」ということを確認できる作りになっていると思います。「王子様(笑)シリーズ」初心者にもおすすめですし、長年聴いてきて訳がわかんなくなってきている人たちも、最初に立ち戻って整理するために聴くといいんじゃないかなと思います(笑)。


――ありがとうございました。



●「アラジンと不思議なランプ」の王子様:宮野真守さん、 従者:竹本英史さん

――収録を終えてのご感想をお願いします。

竹本:いやー、面白かったです。アラジンと絡むと本当に話が跳ねて面白いですね。今回は収録上の制約がちょっとあったので、ガチでガガっとはいけなかったですけども、それでも面白かったです。

小川P:宮野さんはいかがでしたか?

宮野:魔神と絡むと話が跳ねて面白かったですね……。

竹本:あれ?さっきそれ俺が同じこと言わなかったっけ……?気のせいかな……。

一同:(笑)

宮野:毎回魔神と絡むとやっぱりすごく楽しかったです。でも今回は、お話しの展開上無視しなきゃいけないってとこが逆に辛かったですね。もっともっと絡んでいきたくて(笑)。

竹本:そうね。刺し合っていきたいよね。

一同:(笑)

竹本:血だらけになってね。

宮野:やりすぎです!(笑)

小川P:今回はけっこうアドリブなんかもありましたよね。

竹本:やっぱりこれが一緒に収録する醍醐味ですよ!

宮野:醍醐味ですよねー!!

竹本:フロンティアワークスさん。これが一緒に収録するという醍醐味です!

小川P:ありがとうございます(笑)。実際、いきなりアドリブを振られてみてびっくりしたりとかはないんですか?

宮野:ビックリが楽しいんですよねー!

竹本:ねー!!それで俺が先に振って、結局俺がやられちゃうんだから。マモちゃん(宮野さん)の返り討ちが半端なかったよ。

一同:(笑)


――今作を聴く前のファンの方々へのメッセージをお願いします。

竹本:役者が楽しんでる雰囲気が感じられる、稀有なドラマとなっております。他のドラマはどうなんだ?ってのはほっといて、このドラマはホントに役者が楽しんでるよってのを売りにしておりますので、是非楽しい気分に浸りたい方は聴いて頂ければ楽しくなれると思います。

宮野:ホントに役者が楽しんで演じているので……。

竹本:あれ??さっき俺同じようなこと言わなかったっけ??

宮野:これを聴けば本人たちがこんなに楽しんでやってるんだなっていうのを感じてもらえるような……。

竹本:俺のと内容一緒じゃない??

一同:(笑)

宮野:稀有なドラマになって……(笑)。

竹本:言葉も一緒になってきたよ!(笑)

一同:(笑)

宮野:でもホントに、役者がライブ感で楽しんでるってのが大事だなと思いますし、そうするとやっぱりキャラクターも生き生きと息づいてくるようにいつも感じていますので、今回はホントに生きている感じをドラマから感じてもらえるんじゃないかなと思いますので、楽しんで笑ってみて下さい。


――ありがとうございました。



●「いばら姫」の王子様:小野坂昌也さん、従者:竹本英史さん

――収録を終えてのご感想をお願いします。

小野坂:えー、今回のはどういうCDだったのか全然わかんなかったんですけど、ラジオをやってるって設定のドラマなんですね?

小川P:はい。そうです。元々は「ぷりらじ」の前に――。

小野坂:「ぷりらじ」って何ですか?

小川P:「王子様(笑)シリーズ」のラジオ番組をやってるんですよ。

小野坂:そうなの?

竹本:僕も聞いてないです。

小野坂:お前やってるんだろ?(笑)

竹本:いや、何をやってるのかちょっと……(笑)。

小野坂:毎回一人でやってるの?

小川P:竹本さんがパーソナリティで、毎回ゲストで王子様をお呼びしています。

竹本:全員ギャラ無しでやってもらっているようです。

小川P:そんなことはないですよ!(笑)今度は小野坂さんがゲストです。

小野坂:出ませんよ。

竹本:来て頂けると聞いて嬉しい限りです。

小野坂:いえいえ、行かないです。

小川P:楽しみにお待ちしております(笑)。で、今回収録したドラマが、そのラジオ番組の前半につくラジオドラマです。というわけで、収録後の感想を頂けますでしょうか?

小野坂:キャラクターがよく出ていたんじゃないでしょうか。いつもは別録りですけど、今回は別録りじゃなくて竹本君と二人で録れたので、二人で録ったらこれくらい自由にできるんだぞっていうことをお見せしたので、これからはちゃんとスケジュールを合わせて、皆さん一緒に録らせて下さいっていうことですね。

竹本:そうですね!

小川P:ありがとうございます。竹本さん、ピクシーはいかがでしたか?

竹本:ピクシーは僕が練りに練ったキャラ設定をやらせて頂いたので、手ごたえはあります。やっぱファンの方も大分いいよって感想がもう来てるので(笑)。

小野坂:もう?(笑)

竹本:手ごたえばっちりありますね。これから僕のライバルも出てくるって話なので、負けないように頑張りたいと思います。

小野坂:ルーキェフェルじゃなくて?

竹本:ルーキェフェルじゃなくて、メガネのイケメンが出てくるって話は聞いてます。

小野坂:メガネのイケメンね。出るね!

小川P:ここで新たな設定が……(笑)。今度は「if」シリーズで、王子様10人出演のRPGものをやりましょうか?

小野坂:RPG設定なら、ト書きだけ書いといてくれたらいくらでもできるよ。

一同:(笑)

小川P:舞台設定と、起承転結だけ書いてってことですか(笑)。冒険に出て、魔王を倒す伝説の武器を手に入れて……みたいな?

小野坂:そうそう。例えば、「ルシファーと戦う」とか書いといてくれればやるよ。

竹本:「来たなルシファー……!」ってやるよね。クラスチェンジもガンガンやってね。

小野坂:「くそーー!!」「デン、デレレレッテレー!レベルアップだ!」って。

一同:(笑)

小野坂:「よーし、HPが全部戻ったぞ!」

竹本:敵も勝手にやりますんで大丈夫ですよ。

小野坂:「ヘッヘッヘッ、お前を……」

小川P:ありがとうございます(笑)。前向きに検討します。では二つ目の質問です。ファンの皆様に一言お願い致します。

小野坂:今回のCDはいばらの特徴を出したRPG風のドラマが112話入ってますので、是非そこをお楽しみに。

竹本:やっぱりちょっと63話くらいで中だるみはありましたけど……。

小野坂:あそこは中だるみじゃなくて、わざとたるませてあるの。

竹本:あー、なるほどなるほど!あそこで一旦油断させといて……みたいな。

小野坂:レベル上げってしんどいじゃん。あそこはレベル上げのところなの。

竹本:なるほどなるほど。まぁ、80話になったら意外な方が、ホントに意外な最後を遂げるので。「あいつが敵役なんて……!」っていう。

小野坂:それ言うなよ!

竹本:ごめんなさいごめんなさい。

小野坂:「あいつが敵役」って言っちゃってるじゃん(笑)。

一同:(笑)

竹本:そこもホント聴きどころです。

小川P:はい、ほんとそうですね。

小野坂:お前は何なんだよ!はいはい言って早く終わらせたいの!?

小川P:いえ、どんどん喋って頂きたいです!……じゃあ、「ラジオドラマCD第2巻は楽しいので楽しみにして待っていて下さいね」という感じで。

小野坂:そのコメントに書きなおすのかよ!(笑)

一同:(笑)

小川P:いえ、今までのちゃんと使います!最後にこれで締めようかなって……。

小野坂:そこ書けば絶対面白いからみんな買ってくれるって!ドラマの中に「112話まで入ってるから」ってセリフはあるからいいじゃん!

小川P:ではこのまま(笑) 今回もありがとうございました。



●「カエルの王子様」の王子様:杉田智和さん、「白鳥の湖」の王子様:遊佐浩二さん、従者:竹本英史さん

――収録を終えてのご感想をお願いします。

遊佐:ハルこと弟と二人きりの会話なので、非常にテンポもあり、隙の見せられない緊張感のある収録でした。

竹本:テンポしかないね。

遊佐:白鳥というキャラクターの特性上、あまり心が通いすぎてもいけないんですよね。彼の中では真実なんですが、ウソ臭さが漂うところも残さなきゃいけないという、心の痛む収録でした。

一同:(笑)

杉田:以前から思っていたことなんですが、散々話題に出てくる嫁。妙にキャラクターが立ち過ぎていて、いつも気になっていました。

竹本:やることがえげつないもんね。

杉田:実際に登場することがあったらどうなってしまうのか……。本音としては、好みのCVで出てきて欲しいです。

竹本:今回、一枚のドラマCDを録るのに、3回も収録にやってくるという全く新しい手法を取り入れた訳ですけど……。

小川P:ありがとうございます。

竹本:ですので、一緒に録れなかった中井さんの話以外は、俺的には大プッシュできるクオリティかと思われます。中井さんとは……次回一緒に収録したいです。

小川P:すみません……。今回のカエルとのアドリブ合戦すごかったですね(笑)。

竹本:そうですねー。やっぱり空気感て大事ですよね。俺、役者ですから!

一同:(笑)


――ファンの方々へのメッセージをお願いします。

遊佐:色んな王子様が出てきます。相変わらず座談会は無茶苦茶です。そのあたりを頑張って聴いて頂ければと思います(笑)。

杉田:色々と残念な王子様たちですが、彼らの優しさや思いやりは多分本物だと思います。それが正しいとか必要かどうかはわかりません。ただ、彼らは真剣です。今後ともよろしくお願いします。

竹本:聴けば心がざわついてくると思うので、平凡で退屈な毎日に飽き飽きしているあなた、是非このCDを聴いて下さい。色々と今後の人生が明るくなること請け合いです。


――ありがとうございました。



■「王子様(笑)シリーズ」ラジオドラマCD第2巻

【発売日】2013年2月27日(水)
【価格】2,625円(税込)
【品番】FCCN-0086
【発売元・販売元】フロンティアワークス
【発売協力】ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

【内容】
「ぷりらじ」第6回~第10回にゲスト出演した、「白雪姫」「アラジンと不思議なランプ」「いばら姫」「カエルの王子様」「白鳥の湖」の王子様と、それぞれの従者によるラジオ番組風ドラマ5本に加え、ラジオドラマCDだけの新作ドラマ・5人の王子様たちの座談会、さらには、ドラマ収録後のキャストトークも収録。

【キャスト】
「白雪姫」の王子様:中井和哉
「アラジンと不思議なランプ」の王子様:宮野真守
「いばら姫」の王子様:小野坂昌也
「カエルの王子様」の王子様:杉田智和
「白鳥の湖」の王子様:遊佐浩二
従者:竹本英史


©フロンティアワークス


王子様(笑)シリーズ ラジオドラマCD 第2巻

B00A34QMDW 王子様(笑)シリーズ ラジオドラマCD 第1巻

B0081F9LWE 王子様(笑)シリーズ デートCD 第1巻

B008HB7BKG 王子様(笑)シリーズ デートCD 第2巻

B008TH7PWC 王子様(笑)シリーズ デートCD 第3巻

B0098HR76G

▲ PAGETOP