ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース岩男潤子アニソンカヴァーアルバム第2弾「Anison A to Z」発売記念インタビュー(前編)

岩男潤子アニソンカヴァーアルバム第2弾「Anison A to Z」発売記念インタビュー(前編) 2013年1月18日 21:00

岩男潤子アニソンカヴァーアルバム第2弾「Anison A to Z」発売記念インタビュー

岩男潤子さんが数々のアニソンの名曲を歌うアニソンカヴァーアルバム。2011年に発売された「Anison Acoustics」に続く第2弾、「Anison A to Z」が1月23日(水)に発売される。今作は、岩男さんが大道寺知世役として出演したTVアニメ「カードキャプターさくら」のオープニングテーマ『プラチナ』を始め、『君の知らない物語』『星間飛行』『魂のルフラン』など全10曲を収録。

アルバム発売を間近に控えた岩男さんに、アルバムの聴き所や、収録エピソード、アニソンへの想いなどたっぷりお話をうかがいました。

「Anison A to Z」発売記念インタビュー(後編)はこちら



■アニソンカヴァーアルバムを作った経緯

――まずは、アニソンカヴァーアルバムを作るに至ったきっかけをお聞かせください。

岩男:「岩男潤子のSweet Tweet Time」というネット番組を約2年間続けているんですけど、番組の中で視聴者の皆さんからリクエストがあった曲を生ライブで聴いていただくコーナーがあるんです。見てくれた方や参加してくれたミュージシャンの方から、「声が合うものやイメージがピッタリきたものはアルバムに残した方がいい」と言っていただいて。私も願ってもない機会だったので、「ぜひとも歌わせてください」ということで、皆さんから特にもう一度聴きたい曲をリクエストで募ってアルバムにすることになりました。


――収録曲の選曲基準は、岩男さんの希望というよりは皆さんのリクエストなんですね。

岩男:基本的にはそうです。リクエストは収録曲数を遥かに超えていたので、その中から最終的にプロデューサーの川村竜さんが選曲してくれました。第1弾の「Anison Acoustics」には入りきらなかった曲も多かったですし、2012年のフランスでの『JAPAN EXPO』や台湾の単独ライブで、海外の皆さんからの感想やリクエストもたくさんいただいたので、それらの中から第2弾の10曲を選曲しました。


――収録曲には岩男さんご自身が出演されていた作品の曲もあります。そういう曲を選んでもらえた喜びはやはりありましたか?

岩男:すごく嬉しかったです。その中でも、今回のアルバムでは「カードキャプターさくら」の『プラチナ』を歌わせていただいています。『プラチナ』はいつか私も歌ってみたいという気持ちがずっと心の中にありましたし、「知世ちゃんの歌うプラチナが聴きたいです」とか「岩男潤子の歌うプラチナが聴きたいです」という声をたくさんいただけてやっとその日が来たんだという喜びいっぱいで、レコーディングさせていただきました。


――今回のアルバムのコンセプトを教えてください。

岩男:コンセプトは『温故知新』です。タイトルが「アニソンA to Z」ということで懐かしいものから新しいものまでを聴いていただきたくて選びました。ジャケット撮影のコンセプトは『本』です。

AからZまでのライブラリーの中から選んだ10冊の本、その1冊1冊がアニソンというイメージなんです。いろいろな本を手に取りながら「これは今の私じゃないかも」と考えたり、「あ、見つかった!」という喜びで歌う事を決めたり、そうして見つけた10冊(10曲)。だから、ジャケット写真を始めブックレットの写真は全て、左手に本を持っているんですよ。見つけた本を手に、未来へ向かって目指して行きたいという気持ちで、光を指差すような仕草をしています。守りに入るのではなくて、歌を通じてもっともっとたくさんの人に希望の光を届けてあげたいという気持ちも込められています。


岩男潤子アニソンカヴァーアルバム第2弾「Anison A to Z」発売記念インタビュー


■収録曲について

◆君の知らない物語(化物語)


岩男:大好きな曲ではありましたが、まさか私が歌わせていただくことになるなんて、という気持ちでした。実は台湾ライブの追加公演で、主催者の方から「この曲をぜひ歌ってください」と本番の2日前に言われたんです(笑)。その時は準備期間も短くて、精一杯歌ったんですが完成度は低いものだったので、その悔しさもバネに練習してレコーディングに臨みました。でも、台湾の方は私を励ますかのように一緒に歌ってくれて、その感謝の気持ちも込めて1曲目に収録させていただきました。

この曲は『新しい自分』ということもテーマにしています。こういう曲も歌うんだと驚いて欲しくてチャレンジしてみました。歌詞は青春を描いているんですが、私にも「お互い夢を叶えようね」と10代の頃に約束しあった同志がいるんです。彼女はラジオパーソナリティ、私はステージで歌う歌手になるという夢が叶い、30代になった時に小樽にある星が綺麗に見える丘に連れて行ってもらったことがあるんですよ。その時ふたりで見た星空や、青春時代から駆け抜けて来たことを思い返しながら歌うと、涙が溢れてくるんです。大人になった私が歌うのではなく、あの頃の熱い気持ちを声でも残したいと思って、素直な感情で歌っています。


岩男潤子アニソンカヴァーアルバム第2弾「Anison A to Z」発売記念インタビュー

◆悲しみよこんにちは(めぞん一刻)


岩男:斉藤由貴さんに憧れてアルバムを聴いていた時期があり、中でもこの曲は大好きでした。2012年3月に田中公平さんとジョイントコンサートが実現したのですが、その選曲ミーティングで公平さんと川村さんがほぼ同じタイミングで「たぶん『悲しみよこんにちは』はすごく声に合うと思う」と言ってくれたんです。私も大好きな曲だったので、コンサートで歌わせていただきました。そして、「アルバムにも残したいね」ということになって、今回真っ先に決まったと言ってもいいぐらいの曲です。


◆星間飛行(マクロスF)


岩男:「マクロス7」にサリー・セイント・フォード役で出演させていただき、2012年はマクロス生誕30周年ということもあって、「マクロス」シリーズの曲を今回3曲入れました。先日、「マクロス7」のアミノ(テツロー)監督とfacebookを通じて10数年ぶりに再会を果たしたんですよ。監督は私が行っている『復興支援ライブ』も見に来てくれて、「当時こういう風に歌う人だと分かっていたら、『マクロス7』でもっと歌ってもらえばよかった」と言ってくれました。

この曲は、ファンの方から一番リクエストが多かったので選びました。「キラッ☆」を聴きたいと言ってくれて(笑)。でも、皆さんの反応が怖くてギリギリまで歌って良いのか私自身は悩んでいたんですが、「アイドル風に歌うとメリハリがついて楽しいかも。声優をやってきたわけだから、思いっきり可愛さを演じましょうよ」とアドバイスをいただいたお陰でレコーディングを楽しめました。思いっきり可愛く歌いました。しかも、「キラッ☆」をすごく際立たせるミックスだったので、最初は赤面しました。仮ミックスではさりげない音量だったのですが、番組で披露したら「『キラッ☆』が小さい」というコメントがたくさんあったんです。「じゃあ、大きくしますね」と冗談で言っていたら、本当に大きく仕上がっていました(笑)。


◆Adesso e Fortuna~炎と永遠~(ロードス島戦記)


岩男:この曲も台湾ライブで歌ってくださいという声が上がった曲です。実は私、「ロードス島戦記」のこの曲を聴いたことがなかったんです。ごめんなさい。でも、一度聴いただけで素晴らしい曲だなと虜になってしまって、「ぜひ歌わせ下さい!」となりました。ライブに向けて練習はしていたんですが、(アルバム用に)アレンジしていたことは公表せずに温めていたんですよ。そして、レコーディングで初めて歌声をのせた感じです。原曲の甘い声には添えなかったかもしれませんが、私がイメージする「あなたのために全てをささげたい」というピュアな気持ちで、歌の世界感に浸りながら歌わせていただきました。


◆魂のルフラン(新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生)


岩男:「Anison Acoustics」で『残酷な天使のテーゼ』を聴いた方から、どうしてこの曲も入れてくれなかったですかという声が多かったので、今回選曲しました。皆さん、委員長(洞木ヒカリ)が歌っているイメージで聴いてくれるので、委員長が少し大人になった感じで歌うように意識しています。私自身この曲が大好きですし、作品に出演しているから思い入れも深いですよね。

以前、韓国のアニメのイベントで高橋洋子さんと一緒のステージに立たせていただいた時に、すごく力をいただいた曲だったので、どうしても彼女の歌声が重なるんです。レコーディングでも「ちょっと高橋洋子さんになっていますよ。あなたは岩男潤子さんですよ」と言われてしまって(笑)。10回以上録り直してようやく私らしく歌えたかなと思いました。たぶん、皆さんもカラオケで歌う時は、高橋洋子さんになっているかも(笑)。今回のアレンジも素晴らしいので、じっくりと聴いて下さい。


「Anison A to Z」発売記念インタビュー(後編)はこちら


(取材・文:千葉研一)


■岩男潤子「Anison A to Z」

【発売日】2013年1月23日(水)
【価格】3,000円(税込)

【収録曲】
01.君の知らない物語
02.悲しみよこんにちは
03.星間飛行
04.Adesso e Fortuna~炎と永遠~
05.魂のルフラン
06.愛・おぼえていますか
07.Secret base~君がくれたもの~
08.ウィーアー!
09.VOICES
10.プラチナ



■岩男潤子ホールコンサート『Anison A to Z』

【日時】2013年3月17日(日)開場16:00/開演16:30
【場所】原宿クエストホール

【内容】
CD収録曲をバンドメンバーによる生演奏でお届けします。他、ファンへのイベントも開催予定。


©J.Island


Anison A to Z

B00ABNC1N0 Anison Acoustic

B005LS68ZM

▲ PAGETOP