ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース『能登有沙バースデーイベント』終了後の能登有沙、松永真穂、三澤紗千香にインタビュー!

『能登有沙バースデーイベント』終了後の能登有沙、松永真穂、三澤紗千香にインタビュー! 2013年1月11日 17:35

能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~

能登有沙さんのバースデーイベントが2012年12月15日(土)にHOLIDAY新宿で行われた。その昼の部であるライブ『能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~』を終えた、能登有沙さんとゲストの松永真穂さん、三澤紗千香さんにお話をうかがいました。

昼の部『能登有沙Arisa Collection 2012』の模様はこちら
夜の部『能登有沙Birthday Party2012』の模様はこちら



――バースデーライブの感想をお願いします。

能登:約2年ぶりに“ザ・フレッシュウォーターズ”という私のバンドを引っさげてのライブだったんですけど、リハーサルの時からメンバーが一致団結して頑張ろうとやってきたので、すべてを出し切れてすごく満足です。お客さんからも「のっち(能登さん)おめでとう!」とたくさん声が聞こえたので、今年(24歳)も頑張ろうと思いました。

三澤:デビューの時からずっとお世話になっている能登さんの誕生日をファンの皆さんと一緒に祝うことが出来て、すごく楽しかったです。会場全体が能登さんに対する愛情で溢れていて、とても温かいライブになったと思います。

松永:私は“水面下ノ空”というバンドもやっているんですが、そのメンバーふたりが“ザ・フレッシュウォーターズ”として出ていて新鮮でした。デュエットは恋のライバルを描いた曲ですけど、(私たちの)私生活での仲良しな部分も込められたらと思って歌いました。普段、真穂はのっちの猫みたいな感じなので、「あなたの猫になりたい~」という歌(『CatWalk』)を聴いて、いいなぁと思いました(笑)。


能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~ 能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~ 能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~

――能登さんのニューアルバムが1月20日(日)に発売となります。このアルバムはどのような内容でしょうか?

能登:今回、2年ぶりにオリジナルのアルバムを出させていただきます。今まで出させていただいた4枚のミニアルバムの中から、特にライブで盛り上がる曲を再レコーディングしました。古い曲だと3~4年前の曲もあるので、その時の歌声と今とで成長した証も聴いて欲しいです。それから、ゲストボーカルとして、さっちん(三澤さん)もまほちん(松永さん)も研修生のふたりにも登場してもらっているので、そのデュエットやハーモニーも聴いていただきたいなと思います。


――三澤さんと松永さんはゲストボーカルとして参加してみて、いかがでしたか?

三澤:『もしも、きっと…』というしっとりとした曲で参加させていただきました。失恋したふたりの女の子を描いていて、性格が違う女の子なので悲しさの方向は違っているけど、悲しいという気持ちはシンクロしているなと感じました。能登さんの歌い方や呼吸の取り方は知っているので、一緒に気持ちを合わせて歌いやすかったです。皆さんに新しい能登さん、しっとりした能登さん、後輩の前で頑張っている能登さんを聴いてもらいたいなと思います。

松永:私は『VS→』という曲を歌わせていただきました。のっちが「真穂ちゃんぽく詞を書いた」と言ってくれたので、こういうのが私っぽいんだと嬉しくなっちゃいました。その嬉しさがあったので、今回ライブで歌えてすごく楽しかったです。レコーディングで、アドリブを入れてみようかな?と気軽に言えたりするのも、これだけ仲良くしてくれたからだと思っているので、特別な歌です。


能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~ 能登有沙Arisa Collection 2012~ザ・フレッシュウォーターズNEXT~

――24歳となるこの1年はどのような年にしたいですか?

能登:23歳はStylipSの活動を始め、色々なことにチャレンジさせていただきました。そこで色々学んでスピードもついてきたので、24歳ではそれを生かして、なおかつ心に常に余裕を持ちながら一歩ずつ確実に前進していきたいなと思っています。


――能登さんにとって、三澤さんと松永さんはどのような存在ですか?

能登:女子会メンバー(笑)。よくお茶に行ったりケーキを食べに行ったりしているんですよ。本当に腹を割って心の底から信頼して喋れるふたりなので、これからも仲良くして欲しいなと思います。


――逆におふたりにとって、能登さんはどんな存在ですか?

三澤:年齢的にもお姉さんだし、お仕事で勉強させてもらえるだけでなく、大学の話や生きていく上での話も教えてくれる、とても尊敬している存在です。プライベートのことでも何でも相談できる仲なんですよ。今回のCD制作を経て、また距離が縮まったような気がしています。同じ年の真穂ちゃんとふたりでいつも悪巧みを考えているんですけど、それを能登さんがうまく止めてくれます(笑)。能登さんも結構暴走するんですけどね。

松永:教えてもらう所もあるし、のっちが嬉しそうにしていると私も楽しくなっちゃいます。のっちは“怒る”とか“叱る”というイメージを持たせないで注意するのが、とっても上手なんですよ。いいアドバイスをくれていると感じることが多くて、人間としての厚みのある人だなと日頃から感謝しています。でも、女子会では一番いっぱい食べるし、面白いんですよ(笑)。これからもそんなのっちでいて欲しいです。


――最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

能登:来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。“ザ・フレッシュウォーターズNEXT”というのは、実は「スレイヤーズNEXT」にかけて付けたんですが(笑)、来年はぜひ“ザ・フレッシュウォーターズTRY”として活動したいなと思っています。これからもよろしくお願いします!


(取材・文・撮影:千葉研一)


Step One!!(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

B009R26IJ4 Step One!!(DVD付)

B009R26IE4 ポラリス (劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」劇中歌 )

B00AMEB3AK

▲ PAGETOP