ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース6人の兄弟の元に使用人が集結!「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会レポート

6人の兄弟の元に使用人が集結!「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会レポート 2012年12月29日 12:30

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

オトメイト発の女性向けゲーム「華ヤカ哉、我ガ一族」のOVA「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」。その前篇完成記念祝賀ノ会が、11月4日(日)に東京・よみうりホールにて開催された。兄弟6人と喜助も駆けつけたスペシャルなイベントの『昼の部』をレポートする。出演者は、宮内敦士さん(宮ノ杜正役)、田坂秀樹さん(宮ノ杜勇役)、前田剛さん(宮ノ杜茂役)、梯篤司さん(宮ノ杜進役)、岸尾だいすけさん(宮ノ杜博役)、岡本信彦さん(宮ノ杜雅役)、片桐勇介(有田喜助役)さん、Annableさん(主題歌アーティスト)。

イベント終了後の出演者インタビューはこちら



作品のBGMと共にスクリーンにキャラクターの姿が映し出され、次いで出演者が登場。集まった使用人(ファン)に向けたメッセージに会場は早くも大歓声に包まれていた。兄弟6人が揃った初のイベントは、司会の吉田尚記アナウンサーの元、まずは作品の魅力についてトークを展開していった。

田坂さんは個性豊かな兄弟たちと使用人の禁断ながらもピュアな恋愛観を挙げ、前田さんは大正時代という時代背景に文学的な美しさを、梯さんは世界観そのものがきらびやかで豪華なイメージといった、他の乙女ゲームにはない魅力を語った。岸尾さんは横文字が印象的だとし、「“大正デモクラシー”。“灯台下暗しー”」といきなりの語呂合わせで客席の笑いを誘った。岡本さんは服装やいろいろな文化が取り入れられてごちゃまぜなイメージがあるとのこと。最後に宮内さんは「とにかくいい時代でした」と作品を総括する一言でトークを締めくくった。

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

続いては、祝賀ノ会のメインとなる作品のお披露目上映が行われた。内容は兄弟と主人公・はるとの会話をメインに、ゲームに沿ったストーリーが展開。ゲーム内での重要なシーンも凝縮されており、兄弟との甘いシーンには黄色い歓声が飛び交っていた。さらにOVAのみの新キャラクターも登場し、キャラクターボイスを浪川大輔さんが担当することも判明。今後どのような存在感を見せてくれるのか期待されるところだ。

上映後は出演者の皆さんに作品の感想をうかがうことに。宮内さんは、自身が演じた正を「鬼畜でどうしようもないですね(笑)」と一言。しかし女の涙にも弱いと、正ならではのギャップも語ってくれた。田坂さんは主人公・はるのドジっぷりに注目し、ゲームの名シーンを余すところなく詰め込んでいるのが良かったとのこと。前田さんはゲームと違ってほとんど寝ていた茂の後篇での動きを期待するとともに、キャラクターの髪の動きにはとにかく感動したようだ。

梯さんは個性豊かな兄弟たちのお母さんについて「動いてるとあんなに怖いんですね、完全に(性格を)受け継いでいましたね(笑)」とコメント。主人公に仲良く接していた博を演じた岸尾さんは当主・玄一郎の高笑いが良かったと話し、さらに「本当は“ゴミ”と言いたかった」という衝撃発言を受けて、雅役の岡本さんに「(みんなに)言ってやれよ!」と無茶ぶりをしだす岸尾さん。そして「このゴミが!」「あんたって本当にバカだよね」「こんなので喜んで、このクズが!」の言葉の奇襲に会場の歓声を独り占めした岡本さんであった。

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

アニメ本編からシーンを抜粋して行われた生アフレコでは、情報屋・有田喜助役の片桐勇介さんがサプライズゲストとして登場。片桐さんも岸尾さんに促されて「ゴミが!」とキャラクターが口にしないセリフを言ったり、最後の最後に前田さんがセリフを噛んでしまうハプニングがありながらも、キャラクターを演じているキャストの表情を間近に見ることができる満足度の高い生アフレコとなった。

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

続いては、『宮ノ杜兄弟とジャンケンしませう』のバラエティコーナー。じゃんけんに勝つとご褒美にご兄弟全員から生ゼリフをもらえるとあって会場のテンションもヒートアップ。ストレートにじゃんけんをするだけでなく「チョキを出します!」と心理戦を持ちかけるキャストも。結果は3人のファンがステージ前で直接セリフをもらえる権利を獲得。ステージをゆっくり歩き威厳を見せる正、ファンの近くに寄って懇願する勇、普段は見せない心情を語る茂、酔っ払いながら可愛くねだる進、真面目に気持ちを伝える博、予想通り俺様全開な雅。それぞれの個性あるメッセージに会場は割れんばかりの黄色い声援があがっていた。

ここで、「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」<後篇>が2013年3月に発売することと、オープニング・エンディングテーマCDが1月23日(水)に発売することが発表された。その他にも「華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ」情報と、現在放送中のWebラジオ「『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』銀座ラヂヲ倶楽部」のDJCDも来年春に発売が決定。来年も「華ヤカ」づくし間違いなしのラインナップとなっている。

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

最後は、「華ヤカ」の世界観を演出してくれているアーティストライブのコーナー。艶やかな着物姿に身を包んだAnnableさんは、1曲目に「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」オープニングテーマの『ファンタスマゴリア』を披露。MCでは「華ヤカ」が初めてプレイした乙女ゲームであることと、世界観に引き込まれ徹夜でフルコンプしたエピソードも明かした。そして、ファンの心をひとつに「華ヤカ哉、我ガ一族」エンディングテーマ『キネオラマ』を優しく歌い上げた。歌の途中にはキャストも登場し、一緒に歌唱する場面に嬉しい歓声も聞こえた。

盛りだくさんのイベントは兄弟からの甘いセリフでエンディングを迎え、こうして初の単独イベントは終演を迎えた。アニメや新作ゲームなど、今後も楽しみが盛りだくさんの作品詳細は、各公式サイトをチェックしてほしい。

「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会 「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇完成記念祝賀ノ会

※『夜の部』の写真も一部含まれております


■OVA「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」前篇

【スタッフ】
原作:オトメイト(アイディアファクトリー・イチカラム)
監修:高木亜由美
監督:葛谷直行
シリーズ構成・脚本:赤尾でこ
キャラクター原案:ユウヤ
キャラクターデザイン・総作画監督:藤岡真紀
美術監督:荒井和浩
音響監督:なかのとおる、菅原輝明
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:teamKG、Anpro
製作:華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ製作委員会

【キャスト】
宮ノ杜正:宮内敦士
宮ノ杜勇:田坂秀樹
宮ノ杜茂:前田剛
宮ノ杜進:梯篤司
宮ノ杜博:岸尾だいすけ
宮ノ杜雅:岡本信彦
宮ノ杜玄一郎:西村知道

澄田サナ枝:小幡あけみ
本条院トキ:浅井晴美
家寿田静子:相澤奈美
有吉文子:儀武ゆう子
佐伯ヨシ:渕崎ゆり子
伊村千代子:眞田朱音
江川千富:光明寺敬子
杉村たえ:朝樹りさ
加賀野平助:小林範雄
有田喜助:片桐勇介
浅木はる:斉藤佑圭


『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』後篇(初回限定生産版) [DVD]

B00AT6Q54U 『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』後篇(通常版) [DVD]

B00AT6Q554 『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』前篇(初回限定生産版) [DVD]

B009EJSCK8 『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』前篇(通常版) [DVD]

B009EJSCJO

▲ PAGETOP