ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小野友樹、江口拓也がやりたいことをとことん詰め込んだ『ゆーたく祭2012~絶望の果てに~』を開催!

小野友樹、江口拓也がやりたいことをとことん詰め込んだ『ゆーたく祭2012~絶望の果てに~』を開催! 2012年12月17日 12:00


小野友樹さん、江口拓也さんを中心とした、WebラジオやドラマCDの制作集団「Teamゆーたく」による自主イベント『ゆーたく祭2012~絶望の果てに~』が11月25日(日)に財団法人全電通労働会館で行なわれた。当日は、ライブや朗読劇、公開録音など盛りだくさんの内容で、大いに盛り上がりをみせた。同日に2回行なわれたイベントのうち1回目の模様をお伝えする。

公開録音の模様を放送した「ゆーたくのドラつく!#32」(12月17日[月]配信)はこちらから


■オープニング

スクリーンにWebラジオ「ゆーたくのドラつく!」のオリジナルキャラ「ユーヤ」と「タクト」が映し出され、各キャラが挨拶。そして、「みんな聴いてくれ『take you take me』」と曲紹介から、小野さんと江口さんが客席横の扉から登場する。客席の間をふたりが練り歩き、会場はいきなりパニック状態。各所で悲鳴にも似た歓声が上がっていた。



「おはゆー!」「こんたくー!」と挨拶し、「ふたり合わせて、ゆーたくです!」と決めポーズ。しかし、江口さんは「いつも、ダサイんだよね」と不満げな様子。「格好良いよ!」との観客からのフォローに、江口さんは「彼を甘やかさないで!」とツッコむ。しかし、小野さんは念願のコール&レスポンスが実現出来たことに満足げな様子だ。

続いての歌は、小野賢章さんを始め、リスナーから寄せられた歌詞で作られた『InVy』。曲タイトルをちゃんと発表する前に小野さんがポロっと漏らしてしまうハプニングも。小野さんは「ゔぉい!ゔぉい!」と観客を煽り、会場を盛り上げる。江口さんは小野さんの不思議な掛け声に歌いながら「何これ!?」と戸惑い気味。



これで歌パートは終わりと思いきや、さらにもう1曲。小野さんはステージを去り、ステージは江口さんひとりに。そして、「中二病心を全開にして、生温かい目で聴いてください」とコメントし、江口さんが30分で作詞した『エターナルスノー』を歌い上げた。


■公開録音パート

まずは、リスナーからの要望に応えたという朗読劇へ。小野さんが脚本を書いたというオリジナル朗読劇を披露した。物語は、「私立ゆーたく学園」の近所にある「桃太郎学園」へユーヤとタクトがやってきた所から始まる。学園祭を見物するふたり。その中で遭遇した「お婆ちゃんの桃すくい」の屋台では、「アグレッシブなお婆さん」を江口さんが、「よだれをたらした不細工な犬(校長)」を小野さんが演じ、会場は爆笑の渦に包まれた。



続いて、『ゆーたく祭 緊急特別企画「箱トーク」』のコーナーへ。最初のトークテーマは『ゆるキャラについて』。最近ゆるキャラにはまっているという小野さんは、前日に行なわれた『ゆるキャラグランプリ2012』を見に行ったことや、たまたま遭遇した練馬区公式アニメキャラクター「ねり丸」に一目惚れしてグッズを買い込んだ話を嬉しそうに語る。江口さんが好きなゆるキャラとして「くまモン」を上げると、小野さんが「くまモンは、俺に似てる」とコメント。しかし、江口さんは「一緒にしないでいただきたい!くまモンの方が100倍可愛いよ!」と猛烈に反論していた。ちなみに、江口さんは「目が死んでるところ」が気に入ったポイントだそうだ。

さらに「ユーヤ」と「タクト」のユニット「TAK-e-YOU」の文字の「-e-」が顔に見えることから、小野さんが考えたという「TAK-e-YOUひよこ」を、その場で描いて披露。観客からは「可愛い!」という声も上がるが、江口さんには不評の様子。



次のコーナーは『緊急特別企画 アナタの絵心お年頃?』。ふたりに書いて欲しいお題に沿ってイラストを描いていく。今回のお題は『猫』。江口さんは以前別の企画で猫を描いたことがあり、そのイラストがハンカチになったというエピソードを披露した。描いている途中で、小野さんから「今回罰ゲームがあります!」と突然発表があり、江口さんはびっくり。しかし、台本には書いてあったそうで、渋々納得していた。

小野さんが描いた猫がスクリーンに映し出されると、凄まじいクオリティに観客からは悲鳴が上がる。江口さんのイラストには、「可愛い〜♥」と歓声が上がっていた。観客の拍手による判定の結果、罰ゲームは小野さんに決定。罰ゲームとして「ちょっと剥くのに失敗したみかん」というお題に沿って、小野さんは「ちょっと酸っぱいけど、上手に剥いてね♥」と可愛く言いながら、はにかむ。



そして、江口さんが『今日の囁き』を、ツンデレっぽく「別に、思い浮かんでないわけじゃないんだからね?」と囁き、公開録音パートは終了となった。


■プレゼントコーナー〜エンディング

プレゼントコーナーでは、参加者に、小野さん、江口さんのサインを始め、レアなアイテムが抽選でプレゼントされた。最後に、ふたりから「去年始めた『ゆーたく』が、どんどんと成長し、こんなにたくさんの方に来ていただけるようになりました。これからもひとりひとりの声を大切にしていきたいと思います。ありがとうございました」(小野)、「自主企画から始まり、ラジオを放送してきましたが、皆さんの声があったおかげでイベントを開くことが出来ました。今後も『ゆーたく』の活動を続けていきたいです」(江口)とメッセージが贈られた。

そして、小野さんが「まさか、アンコールがあるわけないよね?」と前振り。さらに「もし、『うっふん、あっはん』って客席から聞こえてきたら、もう1度出ちゃうかも」というとんでもない無茶ぶりを残し、ステージを去った。


■アンコール

戸惑いながらも客席からは「うっふん、あっはん」の声が上がり、次第に声が大きくなってきたところで、ふたりが再びステージへ登場。『トワイライト』を歌い上げる。小野さんは「まさか、本当に言ってもらえると思っていなかった」と驚きながらも、「うっふん、あっはん」という声が聞こえてきたので、慌てて出て来たと明かす。



江口さんは今回のアンコールのために衣装を用意したはずが、自宅で衣装が行方不明になったと告白。そのため、小野さんの格好が浮いてしまう結果となってしまった。ラストは、ふたりが客席の間を再び練り歩きながら、番組のエンディングテーマ『FRIENDIER』を歌い上げた。そして、今後も「みんなが付いてきてくれる限り、いけるとこまで行きたい!」と意気込み、別れを惜しみつつ「see YOU next TAK」の挨拶で、イベントを締めくくった。


©Team you-tak . All Rights Reserved.


ドラマCD「ダブルクロス~トワイライト~」

B006ZL2RH2 ドラマCD 人狼-Chaotic Time-

B008VHGUIK

▲ PAGETOP