ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース千秋&蓬生コンビが愛を奏でる!『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

千秋&蓬生コンビが愛を奏でる!『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 2012年12月12日 20:00

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

11月24日(土)、神奈川県民ホールにて『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』が開催された。本イベントはコーエーテクモゲームスが贈る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ初の、現代を舞台にした作品「金色のコルダ」シリーズを題材にしたもの。2010年に発表された「金色のコルダ3」に登場する人気NO.1ペア・東金千秋と土岐蓬生が通う神南高校と、ソーシャルゲーム、「100万人の金色のコルダ」の両作品をフィーチャー。豪華声優陣によるドラマ、バラエティコーナー、ライヴなどが行われた。

今回は、そんなイベントの『夜の部』の模様をレポートする。『夜の部』に出演したのは谷山紀章さん(東金千秋/月森蓮役)、石川英郎さん(土岐蓬生/金澤紘人役)、内田夕夜さん(榊大地/吉羅暁彦役)、水橋かおりさん(水嶋悠人/リリ役)、伊藤健太郎さん(八木沢雪広/土浦梁太郎役)。芹沢睦役の細谷佳正さんは、声のみの参加となった。


谷山紀章さん(東金千秋/月森蓮役) 石川英郎さん(土岐蓬生/金澤紘人役) 内田夕夜さん(榊大地/吉羅暁彦役) 水橋かおりさん(水嶋悠人/リリ役)
伊藤健太郎さん(八木沢雪広/土浦梁太郎役) アンフィニ(アシスタント)、久遠一さん(司会)


●久々の「コルダ3」のドラマでは、千秋の夢が語られる!


イベントは、芹沢によるひとり語りからスタート。神戸から横浜に上京するという千秋と蓬生のために準備をする芹沢は、「金色のコルダ3」で行われた全国学生音楽コンクールを懐かしそうに振り返る。コンクールからさほど経っていないにもかかわらず、ふたりが上京するのは横浜でライブを開催するため、「夢を実現するため」だと語る。その夢とは何なのかが語られるのがメインドラマ『夢へ続くステージ』だ。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

上京してきた千秋と蓬生は、ふたりのライブを観覧に来たという八木沢とともに星奏学院の学生寮・菩提樹寮(リンデンホール)に現れる。大地と悠人へのあいさつもそこそこに、主人公のもとに近づきさっそく口説き始めるふたり。大地たちはそれを止めつつ、上京してきた理由を千秋に尋ねる。すると彼は「ライブをやるんだ。金を稼ぐためにな」と発言。それを聴いた悠人は、演奏内容そっちのけで金の話をする千秋に激怒して出ていってしまう。悠人たちに千秋の「夢」の話をして誤解を解いたほうがよい、という八木沢。そして蓬生の口から、千秋の夢にまつわる過去の話が語られる。

それは中学時代、千秋が蓬生に語った壮大な夢であり、ふたりの絆が深まるきっかけとなった目標だった。「金を稼ぐためにライブをする」のは事実だが、「神戸にオペラハウスを作る」という夢をかなえるためだった。千秋は、既存の「クラシック音楽」の概念をくつがえし、自らの信じる「音楽」を形にしたいと熱望していたのだ。ライバルでありながらも同じ音楽の道を進む仲間として、5人の絆も深まるドラマが繰り広げられた。

ちなみに千秋と蓬生のライブシーンでは、本イベントに参加している演奏家3人(室屋光一郎さん、森本安弘さん、伊藤郁馬さん)による生演奏が行われた。ゲームではおなじみの「2つのヴァイオリンのための協奏曲」「死の舞踏」「ツィゴイネルワイゼン」の3曲が披露、スクリーンにはゲーム中のアニメーションが上映され目でも耳でも楽しませてくれた。

室屋光一郎さん 森本安弘さん 伊藤郁馬さん

また、ゲームのワンシーンを彷彿とさせる演出がいくつかあった。ステージに用意されたソファーにゆったりと腰かける谷山さんと石川さんの姿は、千秋と蓬生が初登場したシーンを、内田さんと石川さんが演じる大地と蓬生が穏やかな口調ながらも言い合いをはじめる様子は、『副部長対決』を思わせる名シーンだ。

千秋がライブ開演直前に蓬生と関西弁で話すシーンや、熱を出した蓬生を心配する大地など珍しいシーンもあり、見どころ、聴きどころ満載のドラマが展開されていた。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート


●月森&土浦からは愛のメッセージとキャラソンが!


「金色のコルダ3」のドラマに続いては、「100万人の金色のコルダ」のミニドラマへ。月森、土浦、主人公は自分たちが出演する演奏会のため、理事長の吉羅、金澤、そしてリリに付き添われて鎌倉へ向かうことになった。無事役目を終えて吉羅に夕食をおごってもらいながら、月森と土浦は将来、有名な演奏家になると決意表明をする。それを聴いた主人公は、ふたりには追いつけない自分の力のなさを感じて落ち込んでしまう…。そんな主人公を暖かく励ます吉羅の愛のメッセージでミニドラマはしめくくられた。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

続いて、月森と土浦の共演と、それを聴きに来た主人公…という設定で、月森と土浦は愛のメッセージを送る。月森は「一音ごとに思いを込めて。『君が好きだ』と」、土浦は「お前の心に熱い思いを宿すことが出来たら…。鍵盤に思いを込めて。『お前を愛している』と」と情熱的なメッセージに、会場からは悲鳴のような歓声が上がっていた。

そんなセリフとともに送られたのは、歌のメッセージだ。月森&土浦の“LRコンビ”による『LIGHT OF MY EYES』(月森蓮/谷山紀章)と『RIGHT BEHIND YOU』(土浦梁太郎/伊藤健太郎)がW披露。クラシック曲をロック調にアレンジしたキャラソンで、久々のふたりの歌に会場は大盛り上がりだった。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート


●バラエティコーナーながらも、意外にもまじめに!?


ふたつのドラマ、キャラソン初披露のあとはバラエティコーナーが続く。『めざせ!最強アンサンブル』と題して、ある問いに5文字で回答するというクイズコーナーで、間違いが少ないとアンサンブルとしての評価が高いと認められ、「評価A」以上(最高評価はSSS)になれば蓬生の好物である「黒豆大福」が進呈されるというものだ。

クイズは「金色のコルダ」にちなんだもので、『ソロに対してふたりで歌う曲は何?(答:デュエット)』『アンサンブルに対して八重奏は?(答:オクテット)』『モーツァルトのミドルネームは?(答:アマデウス)』などだ。意外にも(?)正解を重ねる中、まじめな様子に耐えきれなくなった内田さんがわざと間違った答えを出して、観客を笑わせる一幕も。結果、評価は「S」(5問中3問正解)で、見事大福を獲得していた。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート


●あま~い愛のメッセージに、初披露のキャラソン&デュエットソングが続々登場!!


イベントも終盤に近づき、いよいよ最後のコーナー・愛のメッセージ&ライヴコーナーに突入。はじめに登場したのは水橋さんだ。唯一の女性キャストながら、ステージに登場すると観客からは大歓声が上がった。ツンデレな悠人だが「僕はあなた(主人公)のかわいいところが大好きです」と、素直な告白で観客をときめかせていた。続いては内田さんが登場。大地として「俺以外の男に弁当を作らないでほしいな」と独占欲をのぞかせるセリフをささやき、キャラソン『君のすべてを』を初披露してくれた。

歌い終わった内田さんがステージに残る中、やってきたのは石川さんだ。このふたりといえば…ということで、デュエット曲『Heart Killer』を振り付きで披露。内田さんと石川さんは時折手を重ねあって歌ったり、観客に投げキッスをしたりとサービス満点のステージを見せてくれた。

続いては、伊藤さんがステージに登場。八木沢として愛のメッセージを送るとともに『杜の響きを』を歌ってくれた。自身の歌の前がデュエット曲だったこともあり、「デュエットは歌ってて楽しそう!火積、水嶋!いつか一緒に歌おうね!!」と共演キャラクターにメッセージを送っている姿が印象的だった。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

次にステージに現れたのは、今回のイベントの主役のひとり・東金千秋を演じる谷山さんだ。主人公を抱きしめながら「このままお前に愛をささやいて、それをお前のハートに刻みこんでやる。だから、大人しくオレの腕に抱かれてろ」と、千秋らしいオレ様なセリフで会場をわかせていた。

そんなメッセージとともに披露したのは、12月26日(水)発売のCD「金色のコルダ3 ~情愛の鼓動~(あいのパルス)」に収録されている新曲『MAKE U MINE』だ。メッセージ同様、いかにも千秋らしい歌に会場は大盛り上がり。

谷山さんの歌が終わって登場したのは、イベントのもうひとりの主役、土岐蓬生役の石川さんだ。けだるげながらセクシーな声で「もう、あんたがほしゅうてかなわんのや」と、甘い言葉で観客をとろけさせると、こちらも新曲である『恋い蛍』を歌ってくれた。

大歓声に包まれた本コーナーのラストを飾ったのは、谷山さんと石川さんが歌う千秋&蓬生のキャラソン『DUAL VOLTAGE』だ。初披露続きのキャラソンの中、イベントの主役ふたりが歌うはじめてのデュエットソングに、会場は最高潮の盛り上がりを見せていた。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート


●2013年は「金色のコルダ」10周年!待望のイベントも……?


楽しかったイベントもいよいよエンディングに。キャスト陣から「横浜に帰ってこられて嬉しいけど、やっぱりみんなと一緒のステージがやりたいです」「来年は“コルダ10周年なので”、それぞれの学校ごとに“Featuring”して、ラストにキャスト全員がそろうオンリーイベントができたらいいと思います」「今後はこれまで以上の“コルダ愛”をもって、新たなコルダワールドを作っていけたらと思います」などの感想が寄せられた。

アンコールでは、「金色のコルダ3」イメージソング『BLUE SKY BLUE』を大合唱。さらにWアンコールでは出演者全員で再びステージに登場すると客席に深々と頭を下げ、マイクを通さず生声で感謝の言葉を述べていた。

2年ぶりとなった「金色のコルダ」がメインのイベントはこれで終幕となったが、2013年は「金色のコルダ」誕生から10周年を迎える。これまで「アンジェリーク」「遙かなる時空の中で」シリーズは誕生してから10年目の年に、必ず記念イベントを行ってきた。キャスト陣も期待するように来年、「金色のコルダ」アニバーサリーイベントが開催されることを期待したい。

『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート 『ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ Featuring 神南高校』夜の部レポート

(撮影/大山雅夫)


■金色のコルダ3 ~情愛の鼓動~(あいのパルス)

「金色のコルダ3」初のバラエティCDが登場♪
大地、新の新曲にくわえ、神南高校のキャラクターによるミニドラマやトークを収録!
大地&土岐の副部長デュエットや、糖度高のモノローグやメッセージが詰まった2枚組!
ジャケットイラストは描き下ろし!(画:ぽぽるちゃ)

【発売日】2012年12月26日(水)/初回限定生産
【価格】3,600円(税込)
【品番】KECH-1628/9
【仕様】CD2枚組
【特典】モバゲー「100万人の金色のコルダ」2大アイテムが手に入るシリアルナンバーを封入!

【出演者】
内田夕夜(榊大地)
水橋かおり(水嶋悠人)
岸尾だいすけ(水嶋新)
谷山紀章(東金千秋)
石川英郎(土岐蓬生)
日野聡(冥加玲士)
細谷佳正(芹沢睦)


バラエティCD 金色のコルダ3~情愛の鼓動(あいのパルス)~

B009K6GLZS 100万人の金色のコルダ~PRESIOUSPRESENT~

B006WQJJNU ネオロマンス■フェスタ 金色のコルダ 星奏学院祭 DVD-BOX

B006WQJM14 ライブビデオ ネオロマンス■フェスタ ~遙かなる時空の中で&金色のコルダ~ [DVD]

B009K6GM0W コーエーテクモ the Best 金色のコルダ3

B005RUB5SE

▲ PAGETOP