ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小清水亜美、福山潤ほかが登壇!2013年1月より放送開始の「まおゆう魔王勇者」制作記者発表会レポート

小清水亜美、福山潤ほかが登壇!2013年1月より放送開始の「まおゆう魔王勇者」制作記者発表会レポート 2012年12月 7日 20:43


ネットの掲示板に投稿された小説として多くの人を惹きつけた『まおゆう魔王勇者』。そのアニメ化が決定したということで11月7日に制作発表記者会見が都内で開かれた。




当日は本作に魔族娘役でも出演する松井恵理子さんの司会のもと魔王役の小清水亜美さん、勇者役の福山潤さん、メイド長役の斎藤千和さん、メイド妹役の東山奈央さん、女魔法使い役の福圓美里さんが登壇し、多くの関係者が見守る中、作品や演じるキャラクター、同作のWEBラジオの紹介を行った。


まずはキャストそれぞれがキャラクターのセリフを発してから登壇し、作品の見どころが語られた。「役名が皆、役職名そのままなんですが、役職の人を代表してという面もあり、一人の人間として例えて物語をわかりやすくしています。」(小清水)、「壮大な物語でファンタジー世界の王道かもしれないのですが、魔族側・人間側ぞれぞれの世界に色々な人がいて、その人達のドラマが群像劇になっている所が魅力ですね。」(福山)、「魔王と勇者がメインではあるのですが、キャラクター全員が魅力的です。色々な媒体で作品が展開していて、色々な方向からキャラクターが掘り下げられていくのが魅力だと思っています。」(斎藤)、「原作の橙乃ままれ先生が『皆が主人公だ』と仰っていたのが印象的で、原作は5巻で完結してはいるのですが、まだ盛り込まれていないキャラ設定があるようなので、アニメでどう描かれていくのかが楽しみです。」(東山)と作品を紹介していった。

キャラクターの説明では、「第43代目の魔王です。城の外に出て人々と会話をする術がなかったのですが、勇者と出会い色々と問題の多い世界を自分の力で良くしていきたいと思っている、魔王とはいえ良い人です。」(小清水)、「勇者です。1話の段階でゲーム的にはレベル99の最強の人間にして魔王の敵です。人間界の希望として魔王討伐のため魔界へと乗り込んで行きます。異性にもそこそこモテるのですが、まだキレイな身体のままです。魔法も使えます(笑)」(福山)、「メイド長です。魔族ですごく強いです。影のボスだと思っています。止めたりけしかけたり日々魔王様のお世話をすることを糧として仕えております。」(斎藤)、「メイド妹です。自分の役職が名前になっているのですが、少し前までは農奴妹でした。訳あってメイド妹としてお屋敷で働くことになります。農奴としてつらい思いもしてきてはいるのですが、天真爛漫で誰に対しても臆することなく平等で怖いもの知らずの女の子」(東山)と紹介。さらに戸松遥さん演じるメイド姉、沢城みゆきさん演じる女騎士、神谷浩史さん演じる青年商人についてもキャラクター紹介が行われた。

質疑応答で『ドラマCDからアニメにあたって演技は変わったか?』という質問に、小清水さんは「ドラマCDから演じさせて頂いて、今回アニメの絵がついての初めてのアフレコになったのですが、絵を見たら想像した以上に可愛らしかったので、もともと若く演じていたのですが、もうちょっと可憐でもいいのかなと思い、少しだけ若々しく“ぷりちー“な感じにしてみました。」と回答。どのように変化しているのかドラマCDと聴き比べてみるのも面白そうだ。

続いて『群像劇でもある本作を演じるにあたって気をつけた点は?』という質問に福山さんは「声優という仕事で自分が培ってきたものを新しくするのではなく、それを土台として人間同士の心のぶつかり合いだったり揺れだったりコミカルな面も含めて、人間ドラマとして自分の持っている物を出せたらなというのが基本にあります。」とコメントした。


また今回の発表会では追加キャストの発表も行われ、冬の王子役の平川大輔さんからはビデオレターが届けられた。平川さんの『まおゆう』に対する熱い思いが語られた映像に斎藤さんは「作品に対する“愛が重い“を売りにしている私達(斎藤さん東山さん)でさえ若干引くぐらいでした」と笑わせた。公開された映像は6分弱だが実際には11分に渡って『まおゆう』への愛が語られたのだとか。この日は音声入りのPVも初公開され「音楽を聞いているだけでワクワクしてくる。」「これから冒険に行きたくなる。」という感想が寄せられた。

続いて女魔法使い役の福圓美里さんがスペシャルゲストとして登壇。キャラクターの説明では「勇者と一緒にパーティーを組んでいました。普段は眠そうな顔をしてぼーっとした喋り方をします。ギン(通常人格) 白(冷静沈着) 藍(荒くれ者)3つの人格があって、小説だと目つきが変わる程度だったのですが、アニメでははっきりと顔が変わるようになっています。息継ぎする間もなく人格が入れ替わるのですが、それに振り回されることなく大切に演じていきたいと思います。」とキャラ紹介と意気込みをコメントした。

またこの日はニコニコ生放送で配信されている斎藤さんと東山さんがパーソナリティを務めている『千和と奈央のまおゆうメイドラジオ』に加え、福山さんがパーソナリティを務める『Radio Playing Game『らじゆう ラジオ勇者』が新しくアニメイトTVにて11月9日より配信されることが発表された。番組について「3期もやって出来上がっているメイドラジオに比べ『らじゆう』は勇者がパーソナリティをして皆さんにゲームのように育てられるというロールプレイングラジオ。」と福山さんが説明。続けて「2本柱のラジオがあるとどちらが面白いか?という対決なんていう要素も出てくるかも、、」とメイドラジオを煽る場面も。また福山さんは「成長して見事な勇者になりたい」と意気込みもみせていた。ちなみに第1回(11月9日配信)のゲストは小清水さん。メイドラジオ(11月8日配信♯17)のゲストとしても登場する。


約1時間半に渡って行われた、制作記者発表会。最後は『まおゆう魔王勇者』への意気込みや作品への愛をコメントし終了となった。

小清水さん:
ファンの皆様の応援、スタッフの愛のお陰でアニメーション化できました。魔王として、作品中では諸先輩方が演じる役柄とトークという形でで戦っていかなくてはならないのですが、今やれる限りを尽くして魔王として決して負けないようにしていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

東山さん:
作品をメイド妹が得意な料理に例えると、最高の素材を最高のレシピで調理したお料理になっています。時に甘酸っぱっく時にほろ苦い味など、色々な味を楽しんでいただけると思います。きっとほっぺが落ちてしまうこと間違いないと思うのでよろしくお願いします。

斎藤さん:
原作の先生が時間をかけて温めてきた作品に、声優は僅かな時間しか普段は関わることができないのですが、今回は役者陣も一緒に少しずつ作り上げてきて、皆で温めてきました。アニメ化はそのご褒美かなと思っています。皆で作り上げたこの作品を誇りに思いますし、もっともっと広げていきたいと思えるほど大好きです。 アニメに入る前のステップとしてラジオも聴いていただきたいです。これだけ皆さんが楽しみにしているものを私達、中途半端なことはいたしません。期待して待っていてください。その期待に応えられるものを皆で丁寧に愛をこめて作って行きたいと思います。

福圓さん:
『まおゆう』のCD1巻に出演された役者さんと呑んだ時に「今日の収録の現場が凄く楽しくて」というお話をされていて「できたらCDを貸してね」という話をしていたんです。そんなことからまさか私が参入させていただけるとは思っていなくて、今回女魔法使いという素晴らしい役を頂きました。PVを先ほど観て音楽が入ると素晴らしいなと思いましたし、何より魔王と勇者の関係性が凄く好きなんですよね。他のキャラクターも含め人間ドラマがどうなっていくのか、アニメを楽しみにして欲しいと思います。

福山さん:
『まおゆう』という作品に関わらせていただくことになってから、朗読劇もさることながら初めてづくしのことが多くあります。朗読劇として生の空間で演じることもできましたし、今回満を持してアニメーションとしてまた一からお届けすることができます。映像化された事によって作品に触れる方も沢山いらっしゃると思います。バラエティーに富んだものからライトなものからメディアミックスされ色々な展開をしています。『まおゆう』という一つの大きな傘に一緒に入ってこの作品がどこへ向かっていくのかを、皆さんが作品の世界の住人となって、丘の向こうを見れたらいいなと思います。原作ともどもアニメ『まおゆう魔王勇者』をよろしくお願いします。



(オフィス記事協力:アニメイトTV)


■TVアニメ「まおゆう魔王勇者」

【放送情報】
TOKYO MX:2013年1月4日(金)より毎週25:00~
tvk:2013年1月6日(日)より毎週25:00~
サンテレビ:2013年1月7日(月)より毎週24:35~
KBS京都:2013年1月7日(月)より毎週25:00~
三重テレビ:2013年1月4日(金)より毎週25:50~
ぎふチャン:2013年1月8日(火)より毎週25:00~
BSアニマックス:2013年1月10日(木)より毎週22:00~
BSアニマックス2013年1月12日(土)より毎週22:00~(※無料放送)
※放送日時は変更になる場合がございます

【配信情報】
アニメストア:2013年1月11日(金)より毎週12:00~
ShowTime:2013年1月11日(金)より毎週16:00~
ニコニコ動画:2013年1月11日(金)より毎週23:00~
※配信日時は変更になる場合がございます

【スタッフ】
監督:高橋丈夫(「狼と香辛料」シリーズ)
シリーズ構成:荒川稔久(「狼と香辛料」シリーズ)
キャラクターデザイン:工藤昌史(「BLEACH」)、烏宏明
総作画監督:烏宏明
助監督:さんぺい聖
音楽:はまたけし
音響監督:亀山俊樹
美術監督:小濱俊裕
美術設定:青木薫
色彩設計:佐野ひとみ
撮影監督:阿部安彦
編集:平木大輔
音楽:はまたけし
音響監督:亀山俊樹
プロデュース:ジェンコ
制作:アームス

【キャスト】
魔王:小清水亜美
勇者:福山潤
メイド長:斎藤千和
メイド姉:戸松遥
メイド妹:東山奈央
女騎士:沢城みゆき
青年商人:神谷浩史
女魔法使い:福圓美里
老弓兵(執事):銀河万丈
冬の王子(冬寂王):平川大輔
辣腕会計:立花慎之介
軍人子弟:鈴木達央
貴族子弟:梶裕貴
商人子弟:寺島拓篤
中年商人:チョー
火竜公女:伊藤静
鉄腕王:町田政則
氷雪の女王:藤井麻理子
白夜王:東地宏樹
魔族娘:松井恵理子
片目司令官:大塚芳忠

【主題歌】
・オープニングテーマ『向かい風』YOHKO
  作詞・作曲・編曲:宮川弾
・エンディングテーマ『Unknown Vision』新居昭乃
  作詞:新居昭乃/作曲:新居昭乃・保刈久明/編曲:保刈久明
※オープニングテーマ・エンディングテーマともに1月30日(水)にフライングドッグよりそれぞれ発売。


■『駄肉祭』

【日時】12月29日(土)開演18:00(予定)
【会場】山野ホール
【チケット価格】1,890円(税込/全席指定)
【出演者】小清水亜美、福山潤、斎藤千和、東山奈央、平川大輔、沢城みゆき、鈴木達央、福圓美里
※出演者は、予告なく変更する場合があります。
※チケット情報に関しては公式HPをご覧ください。


SNSゲーム「まおゆう魔王勇者」

「まおゆう魔王勇者」ソーシャルゲーム化決定!「監修:桝田省治(ますだしょうじ)×制作:アルファ・システム」が贈るソーシャルカードゲームのプロジェクトが始動!

【配信SNS】GREE
【対応機種】スマートフォン、フィーチャーフォン
【配信開始】2012年12月25日(火)予定



©2013 Touno Mamare/PUBLISHED BY ENTERBRAIN,INC./Projectまおゆう


まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い

404728095X まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 [単行本]

4047269336 まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀 [単行本]

4047269948 まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍 [単行本]

4047270970 まおゆう魔王勇者 4この手でできること [単行本]

4047270989 まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 コミック 1-4巻 セット (角川コミックスエース) [コミック]

B009JZIEAK まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 3 (チャンピオンREDコミックス) [コミック]

4253233473 まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(1) (シリウスKC) [コミック]

4063763358

▲ PAGETOP