ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小松未可子と佐藤聡美が早稲田祭に出演!「『K』×『WASEDA』-What is your “K”?」レポート

小松未可子と佐藤聡美が早稲田祭に出演!「『K』×『WASEDA』-What is your “K”?」レポート 2012年12月 4日 12:42


11月3日(土)、4日(日)に開催された早稲田祭内で、「早稲田大学二次元文化研究会」主催によるイベント「『K』×『WASEDA』-What is your “K”?」が行なわれた。アニメ「K」とのコラボレーションとなる本イベントには、ネコ役の小松未可子さん、雪染菊理役の佐藤聡美さんが出演し、作品についてのトークや、エンディングテーマ曲の生披露などを行なった。


■オープニング

キングレコード・須藤孝太郎さんの呼び込みで小松さんと佐藤さんが登場。初・学園祭出演となる小松さんは「早稲田に初めて入りました」と興奮気味。佐藤さんは何度か出演しており「早稲田祭は活気づいていて凄いですね。さっき揚げアイスを食べました!」と既に学園祭を少し楽しんだ様子。


■あなたが“K”を知ったきっかけは?

完全オリジナルアニメーション「K」をどうやって知ったのかを知るため、事前に行なわれた観客へのアンケートの結果を発表していく。

様々な経路から作品が知られていることに関心しつつ、7位の「友人の勧め」では、どのように教えられたかを想定して、小松さんと佐藤さんが実際にやりとり。「『K』知らないの?超流行ってるんですよ!」「どんな『K』?何の『K』?」「それが全部詰まった『K』です」「それ、すごく“気になります”」とテンポ良く演じ、会場を湧かせた。4位の「ラジオ『KR』」から知ったことについて、「色々な初体験をしましたが、先輩からあんなことされるなんて……」と佐藤さんが衝撃の告白。どんなものか気になる人は11月16日(金)発売の第1期「webラジオKR」DJCDを聴いてみて欲しい。

また、1位の「公式サイト、Web」では、現在海外50数ヶ国でオンエアされ、海外からのアクセスもたくさんあるそうだ。ジャカルタやシンガポールでも作品のイベントが開催され、海外でも人気の作品であるという説明に、ふたりは驚きつつも喜んでいた。


■あなたにとっての「K」とは?

このイベントのサブタイトル「What is your “K”?」のとおり、観客にとっての「K」を発表。「Key:色々な意味合いでの『鍵』」などが上げられ、「Kingの『K』」について、作品には様々な王が出てくるけれど、どんな王が好きか聞かれた佐藤さんは「宗像さん!」と即答し、そこからメガネキャラへの愛を語り始めて、大興奮の様子だった。



■トークパート

「キャラクターを演じる上で意識していること」について、「(ネコは)ふわふわっとした女の子で、 演じるのに苦労しました。猫の姿の時は、リアルな鳴き声を演じています」(小松)と「菊理は平和の象徴として、明るく可愛く爽やかに演じて欲しいと言われたので、ハイテンションに演じています!」(佐藤)とコメント。また、アニメーションの映像が最初から出来ている作品だったので、役者陣はプレッシャーを感じ、演技に苦労していたという話も飛び出した。

「キャラクターの注目して欲しいこと」という質問には、「アドリブが多く、1分くらい話し続けていることもあるので、よく聴いてみてください」(小松)、「普通の女の子の可愛らしさや空気感を感じて欲しいです」(佐藤)と回答。

「互いの第一印象」を聞かれると「お会いしてから印象が変わっていく人も多いんですが、ずっと変わらず話し易くて和んでます」(小松)と、「『K』の現場で会った時は『モーレツ宇宙海賊』の現場で初めて会った時より、綺麗になっててびっくりした」(佐藤)と微笑ましく褒め合った。他にも「お互いの共通点」「演じているキャラの似ている点」「秋と言えば?」など、テンポ良く質問に答えていく。


■生コメンタリーコーナー

今回は先日放送されたアニメ「K」の第4話を上映し、作品を見ながらふたりが和気あいあいとコメントをしていく。作品の背景の技術の高さに感心したり、オープニング映像の各キャラクターの登場シーンでは、注目のポイントをアピールして大盛り上がり。

また、須藤さんから作中に出て来る文字がオリジナルのフォントであることが明かされ、観客を驚かせた。「三輪一言ストラップ」が映し出されると、ふたりからはあまりの可愛さに商品化の要望が上がっていた。


■ライブコーナー

アニメの上映が終わったところで、「エンディングを生で聴きたい!」という声に応えて、生ライブコーナーへ。小松さんのミニアルバム「Cosmic EXPO」で数々の楽曲を提供したSiNさんが登場。SiNさんのアコースティックギターの演奏に合わせて、小松さんがエンディングテーマ『冷たい部屋、一人』を初生披露した。


■抽選会〜エンディング

今回のイベントのために用意されたふたりのサイン入り「K」や早稲田のオリジナルグッズが観客にプレゼントされ、ふたりに「早稲田大学二次元文化研究会」より花束が贈呈された。最後に「初の学園祭イベントを、この早稲田祭で行なうことが出来て良かったです」(小松)、「こんなにたくさんの人と「K」という作品について熱く盛り上がれて楽しかったです」(佐藤)と挨拶があり、イベントは終了となった。


■TVアニメ「K」

【放送情報】
MBS【アニメイズム枠】にて毎週木曜日25:30〜
TBSにて毎週金曜日25:55〜
CBCにて毎週金曜日27:05〜
AT-Xにて毎週土曜日20:30〜
BS-TBSにて毎週土曜日24:00〜
※放送日時は変更となる場合がございます。

【スタッフ】
原作:GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成:GoRA
総作画監督:古田誠
美術監督:野村正信
色彩設計:斉藤友子
撮影監督:福士享、大泉鉱
CGI監督:長嶺義則
編集:丹彩子
音響監督:高橋秀雄、田中亮
音響効果:田中秀実
音響制作:ドリームフォース
音楽:遠藤幹雄
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーションプロデューサー:岸本鈴吾
アニメーション制作:GoHands
製作:K-Project

【キャスト】
伊佐那社(いさなやしろ):浪川大輔
夜刀神狗朗(やとがみくろう):小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊(すおうみこと):津田健次郎
草薙出雲(くさなぎいづも):櫻井孝宏
櫛名アンナ(くしなあんな):堀江由衣
八田美咲(やたみさき):福山潤
鎌本力夫(かまもとりきお):中村悠一
宗像礼司(むなかたれいし):杉田智和
淡島世理(あわしませり):沢城みゆき
伏見猿比古(ふしみさるひこ):宮野真守
十束多々良(とつかたたら)梶裕貴
雪染菊理(ゆきぞめくくり):佐藤聡美
ほか


©GoRA・GoHands/k-project


K WebラジオDJCD KR Vol.01

B009SRFT70 冷たい部屋、一人(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B008Z1E3JK K vol.1 [Blu-ray]

B008WU1X6U K vol.2 [Blu-ray]

B008WU1X2E K vol.3 [Blu-ray]

B008WU1WZW

▲ PAGETOP