ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース藤真秀、竹達彩奈、植田佳奈らが登壇!「コール オブ デューティ ブラックオプスII」発売直前パーティ

藤真秀、竹達彩奈、植田佳奈らが登壇!「コール オブ デューティ ブラックオプスII」発売直前パーティ 2012年11月22日 19:57


字幕版が11月22日(木)に、吹き替え版が12月20日(木)に発売となるプレイステーション3、Xbox 360、Windows用FPS「コール オブ デューティ ブラックオプスII」の発売記念パーティが、11月19日(月)に品川インターシティホールで開催された。

このイベントでは、開発元のトレイアーク シニアプロデューサーのパット・ドゥワイヤー氏、スクウェア・エニックス エクストリームエッジプロデューサーの小林大介氏、そして、藤真秀さん(ディビット・メイソン役)、竹達彩奈さん(アンダーソン役)、白熊寛嗣さん(ラウル・メネンデス役/ストュリンガー役)、植田佳奈さん(ミスティ役)、岡林史泰さん(マールトン役)、高橋研二さん(ラスマン役)が登壇し、作品の魅力をアピール。また、会場に集まったユーザーとともにマルチプレイを楽しんだ。




まず最初に登壇したのは、小林プロデューサー。本作が11月13日(火)に一足早く海外で発売され、既に盛り上がっていることをアピール。ゲームの要素が多く、制作が間に合うか心配だったと明かし、無事発売出来ることと、国内での予約の好調さに手応えを感じていると話す。

次に登壇したのはパット氏。本作のポイントとして、2025年と1980年代というふたつの時代が舞台となることを説明。2025年では、未来に開発されそうなリアルな技術を導入していると話す。その例として、遮蔽物の向こうを見ることが出来る「MMスキャナー」を上げた。また、映画「ダークナイト」などで共同脚本に名を連ねるデヴィッド・S・ゴイヤー氏が参加しているストーリーや、プレイヤーの行動でその後の展開が変化点に注目して欲しいと語った。



「キャンペーンモード」のデモプレイの前に、吹き替え版の声優を担当した藤さん、白熊さん、竹達さんがステージに登場。本作に出演したことについて「こんな大作に出演出来て興奮しています」(藤)、「黒幕や悪役を演じることが多いのですが、気持ち良く演じることが出来ました」(白熊)、「吹き替えに参加したのは初めてだったのですが、普段言えないようなセリフがあって、(喋っていて)楽しめました(笑)」(竹達)とそれぞれコメント。

収録で苦労した点として、英語のセリフに日本語のセリフを合わせるのが大変だったと3人は口を揃える。「敵迫撃砲」というセリフに声優陣が苦労していたという話から、実際にこの場でセリフを言うことに。しかし、「もちろん言えますよ!」と自信満々の竹達さんが、いきなり噛んでしまい会場が笑い声に包まれる場面も。



吹き替え版の最新映像が上映され、「映画の一場面を見ているようでした」と藤さんはクオリティに圧倒された様子。前作をプレイしていたという竹達さんは、早くプレイしたいとやる気を見せる。また、「キャンペーンモード」のデモプレイを見た竹達さんは「収録時は、どういう風に絡むのか分からなかったのでキャラとの掛け合いが分かって楽しかったです」とコメント。

最後に、「世界最高峰のシューティングゲームをご堪能ください」(藤)、「マルチプレイが楽しみです。皆さんには、キャンペーンモードをプレイして世界に入り込んでもらいたいです」(白熊)、「FPSゲームの中でもクオリティの高いゲームだと思うので、皆さんにもたくさん遊んでいただけたら嬉しいです」とメッセージを送った。


続いて、再びパット氏が登壇し、「ゾンビモード」についての解説を行なった。前作よりもボリュームアップした本作には3つのモードがあるという。前作同様、1~4人のCo-opプレイが可能な「サバイバル」。4人1チームとなり、2チームで争いながら、共通のゾンビと戦う「グリーフ」、さらにオープンワールドの世界を探索し、ストーリーのある「トランジット」があることを紹介。




そして、「ゾンビモード」に出演する植田さん、岡林さん、高橋さん、白熊さんが登壇。キャラクターを演じてみて、「北米版の役者さんが、決まった英文をはるかにオーバーして話していて、アドリブをたくさん加えましたね」(岡林)、「感情を全部解放した感じで演じました。ちょー気持ち良かったです(笑)」(白熊)、「アドリブがたくさんあって、ゲップの吹き替えもあったんですよ。そういうのを聞きながらどうすれば楽しく演じられるか考えてやりました」(植田)、「最年長の豪快なお爺さんのキャラなんですが、収録ではひたすら声を張りまくって大変でした」(高橋)とアフレコの感想を述べた。



声優4人による「トランジット」のデモプレイでは、皆真剣な表情を見せつつ、大盛り上がりをみせる。最後に、パット氏を加えた5人と会場内で選ばれたユーザー5人による「マルチプレイモード」の5対5の対戦が行なわれた。勝負は「ハードポイント」という次々と場所が変わるポイントにどれだけ長くとどまれたかを競うルールで行なわれたが、前作からプレイをやり込んだユーザー達の圧勝で幕を閉じた。

早期キャンペーンや、スペシャルエディションの紹介、賞金総額100万円の「全国大学対抗戦」開催が発表。また、ニコニコ動画での公式ゲーム開催発表され、イベントは終了となった。


©2012 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.


コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱&Amazon.co.jp限定特典 スリーブケース 付き

B0087NIE1O コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱

B008QTJL4S コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱

B008QTJON6 コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 【CEROレーティング「Z」】

B0087NINME コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱&Amazon.co.jp限定特典 スリーブケース 付き

B0087NIE1O コール オブ デューティ ブラックオプスII (吹き替え版)初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱

B008QTJL4S

▲ PAGETOP