ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【電撃20年祭】電撃のステージに帰ってきた!「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」公開録音

【電撃20年祭】電撃のステージに帰ってきた!「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」公開録音 2012年11月 6日 21:20

電撃20年祭「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」公開録音

アスキー・メディアワークス創立20周年を記念したファン感謝イベント『アスキー・メディアワークス創立20周年 電撃20年祭』(以下、『電撃20年祭』)が、10月20日(土)、21日(日)の2日間に渡り幕張メッセにて開催された。その中から、21日(日)に行われた『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~公開録音in電撃20年祭』の模様をお伝えする。出演者は、ラジオ「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」パーソナリティーの神谷浩史さんと小野大輔さん。



電撃20年祭「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」公開録音

『電撃15年祭』以来5年振りに電撃祭のステージに帰ってきた「DGS」のステージ。今回もステージ開始3分前にはちゃんこちゃんこさんと八木橋君がステージに登場し、いつものふたりによる前説が行われた。そして、いよいよテーマソングと共に神谷さん、小野さんがステージに登場。恒例の小野さんの「もす!」の挨拶に会場も同じく「もす!」と返し、会場のテンションは一気にヒートアップ。

しかし、今回ステージに登場したふたりは、いつもの「Dear Girl~Stories~ 響」のツナギを着ていない。というのも、アスキー・メディアワークスの漫画雑誌「シルフ」にて連載されていた漫画「Dear Girl~Stories~ 響」が今年めでたく終了したため、作中にてキャラクターたちが着ているツナギは脱いだとのこと。その代わりにふたりはそれぞれがデザインしたチャリンティーチャリンティーTシャツを着用しての登場。小野さんは青いカーディガンの下に、そして神谷さんはブルーのシャツの下にそれぞれ着込んでおり、カーディガンとシャツを脱ぐ姿がスクリーンに大写しで抜かれると、会場からは黄色い悲鳴が上がっていた。

イベント当日は、小野さん考案の「おのなりさんフリスクケース(おいなりさん型のフリスクケース)」と、神谷さん考案の「にゃーさんストラップ」が文化放送 超!A&Gブースにて発売されていたのだが、小野さんのグッズは売れないだろうと神谷さんからツッコミが。その実際の売れ行きがステージ上にて発表されたのだが、なんとこの「おのなりさんフリスクケース」は売り切れとの発表に、会場からは小野さんへ向けて大きな拍手がおくられていた。そんな予想外の展開に、小野さんは「俺のフリスク食べる?」と腰につけたケースからフリスクを取り出そうとするパフォーマンスで感謝の意を表し、会場の笑いを誘っていた。一方、神谷さんのストラップの方はというとこの時点ではまだ商品があったとのことで、神谷さんは非常に悔しそうに膝を叩いていた。


電撃20年祭「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」公開録音

そんなオープニングトークに続き『アスキー・メディアワークス!大ヒット願掛け企画!感謝!感激!電撃!暗闇!』のコーナーが行われた。DGSイベントでこれまで何度も行われ、失敗し続けてきたコーナーで、目隠しをした小野さんが目の前にあるものを当てるというもの。今まで成功例がないだけに願掛けには向かないコーナーかと思われたが、会場からの声援に背を押された小野さんは、金色のシャツに黒のサングラスとパンツを着用した「MCハマウィンの集団」を見事に正解し、無事にヒット祈願を達成していた。

さらに、「Dear Girl~Stories~ 響」に続くコミカライズ新作「Dear Girl~Stories~緋月(ひづき)」の告知が。12月22日(土)発売の「シルフ」から連載開始されるこの作品は、ふたりがアイディアを出しつつ、ヨーロッパを舞台にした吸血鬼ストーリーとのこと。「響」が終了して哀しむファンに新イラストが紹介され歓声が上がっていた。

そして、12月21日(金)に発売になる「僕達だけの物語」(番組新OPテーマ)のジャケット写真も披露され、本に囲まれた神谷さんと小野さんの姿がスクリーンに映し出されると会場には大歓声がこだましていた。今回は待望のミュージックビデオが特典として入る2枚組とのことなので是非楽しみにしてほしい。


もちろん会場のファンも参加して行われる公開録音恒例の『Dear Voice』のコーナーも行われた。神谷さんは、会場の「ヒロC!抱いて!ヒロC!好きよ!」の声に「順番だぞ?」と会場を指さし大歓声を浴びていた。続く小野さんは、神谷さんから「四段オチですか…」とハードルを上げられたテーマ「小野D!ダンディ!トレンディ!」に、「おいらの朝はブレンディ」とコーヒー飲む仕草も付けて返し、それを見た神谷さんからは堪えきれず爆笑がこぼれていた。

さらに、会場に集まったファンに向け、今年の『神谷浩史聖誕祭@沖縄』の際に収録されたという特別映像が披露された。「沖縄も真冬だと寒い!」と神谷さんが語った収録日はなんと嵐だったそうで、悪天候の中のロケを「面白の神様が味方した」とフォローする小野さんに会場からは笑いが起きていた。

そんな笑いに溢れたステージも終了間近となったその時。ふたりが声を揃えて、二度目となる単独イベント開催決定の発表を行い、会場からは悲鳴にも近い大歓声が起きた。『Dear Girls~Stories~Festival Carnival Maturi~』とお祭り気分満載のタイトルがつけられたこのイベント、2013年2月23日(土)に日本武道館にて開催予定とのこと。ラジオのイベントを武道館で行うということに戸惑いつつも、やはり嬉しさの溢れるふたり。そんなふたりに盛大な拍手がおくられ、次のイベントへの期待を胸にステージは終了となった。



僕達だけの物語 (SINGLE+DVD)

B0095XQN2M Stories

B004HA59MI Smiley Time

B005JC4Y60 Dear Girlは眠らない

B003PE9T64 Dear Girl~Stories~響

B001JPSMLE

▲ PAGETOP