ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース豊永利行、細谷佳正、木村良平の考える理想のイケメンとは!?「Custom Drive」発売記念イベント

豊永利行、細谷佳正、木村良平の考える理想のイケメンとは!?「Custom Drive」発売記念イベント 2012年10月12日 11:05


男の子の容姿や性格を自分好みに変えられる、ありそうでなかった(?)新たな学園ラブストーリー、PSP用ゲームソフト「Custom Drive」。本ゲームの発売記念イベントが9月29日(土)に楽天タワーで開催された。東真璃斗役の豊永利行さん、黛流風役の細谷佳正さん、神無木紫音役の木村良平さんが登壇し、収録の裏話や、ゲーム中のイベント「プリンスコレクション」を実際に行い、盛り上がった。


■オープニング〜フリートーク

キャラクターの声で3人が影ナレをしながら、ステージに登場。会場となった楽天タワーの広さや天井の高さに驚ろきつつ、「日頃から一緒に飲んでいるので、普通のイベントになるはずがない」とただならぬイベントになるだろうと示唆した。

3人は、「Custom Drive」の企画書を読んだ時に、キャラクターの容姿だけでなく性格も変えられるという本作の大胆な内容に驚きつつ、ひとりで複数の性格の違いを出せるかどうか不安になったそうだ。木村さんは、自分の演じた神無木紫音が「肉食系」「ツンデレ系」など様々な性格があったにも関わらず、結局最後は優しいキャラで困ったと話す。

本作の収録について、ぎりぎりまで行っていたため、ちゃんと間に合うか不安だったと、3人は口々にコメント。ひとつの性格ごとにシナリオ一通りの収録があり、木村さんが4つの性格を収録し終わった段階で、細谷さんはまだ1つの性格すら収録し終わっていなかったそうだ。豊永さんは、収録時期が空いてしまい、豊永さんはどんなキャラクターだったか忘れてしまい大変だったと明かす。

キャラクターの性格については、細谷さんは「チャラい系」は簡単に演じられたけれど、「ヤンデレ系」が難しかったと告白。木村さんも「ツンデレは分かるけど、ヤンデレがどんなものか分からない」と首を捻る。豊永さんは「オレ様系」と「ドS系」の違いが分からず苦労したそうだ。「ハッピー系」の演技の仕方を収録の途中で忘れてしまった木村さんは、やっとのことで思い出した時は感動したと振り返った。

続いての話題は、3人の歌うオープニングテーマ『LOVE☆ROCKET急接近!!』とエンディングテーマ『Provocative』について。豊永さんは「エンディングテーマは静かな曲かと思っていたら、両方とも格好良い感じの曲で驚いた」とコメント。木村さんはレコーディングの時にあまりの難しさに投げ出しそうになったそうだ。また、豊永さんの歌を聞かせてもらったところ、あまりの上手さに「(こいつ)嫌い!(笑)」って思ってしまったと告白した。


■出張!プリンスコレクション2012 in 楽天タワー三つ巴決戦!

イケメンNo.1を決めるゲーム中のイベント「プリンスコレクション」。今回は、3人が考える理想の男性像・イケメンからNo.1を決めることに。しかし、コーナー名を言うところで、いきなり木村さんが噛んでしまうハプニングが。細谷さんにバトンタッチをするが、やはり同じ場所で噛んでしまう。最後にバトンを渡された豊永さんはなんと別の場所で噛んでしまいぐだぐだに。あげくに「誰かこれ読んで!」と観客に助けを求め、会場は爆笑に包まれた。

シンキングタイムでは、必死に理想のイケメンのイラストを描く豊永さんと細谷さんのために、木村さんが自炊の話をして場を繋ぐ。以前は全然出来なかったけれど、とある番組で料理に挑戦してから料理にはまってしまい、自炊するようになったそうだ。最近はあまり作らなくなったけれど、「スペアリブのパイナップルソース漬け」など凝ったものを作っていたと明かした。




3人の考えるイケメンは以下のもの。「筋肉質のリーゼントをしたオネエキャラ“みきおくん”」(豊永)、「メガネキャラ」(木村)、「頭蓋骨がキレイな人」(細谷)と三者三様のイケメンが飛び出した。それぞれのイケメンを実際に演技しながらアピール。細谷さんの描いた頭蓋骨のイラストを見たふたりは「(宇宙人の)グレイにしか見えない」「トラウマになる」と酷評していた。

誰が一番のイケメンを考えたかの結論の前に、そもそもイケメンとはどんなものかと話し合う3人。そこから3人のうちで誰が一番話しかけやすいかという話に。観客のアンケートではダントツで「細谷さんが話しかけづらい」という結果に。それについて、木村さんと豊永さんはそんなことないと慌ててフォローにまわっていた。

そして、「プリンスコレクション」の結果は、観客の拍手により決められ、木村さんが優勝。賞品として、D3パブリッシャーのゲームソフトの中から好きなものがひとつプレゼントされることになった。


■ジャンケン大会〜エンディング

「Custom Drive」の宣伝用ポスターに3人のサインが入ったものがジャンケン大会の賞品として観客にプレゼントされた。あまりにもジャンケンが強い豊永さんは、何度も観客を全滅させてしまい、なかなか勝者が決まらない場面も。

最後は、ひとりずつ「今日はどうだった?(観客:楽しかった!)ありがとう。お前達と過ごせて良かったぜ。さようなら」(豊永)、「先輩、今日は楽しかったですね。璃斗さんと会長さんを残してデートの続きをしましょう」(細谷)、「今日はお前に色々助けられたな。もし良かったらこれからも俺の隣にいてくれ」(木村)とキャラクターの声でコメントし、イベントを締めくくった。


Custom Drive (カスタムドライブ)

B007Y2KFCK Custom Drive主題歌マキシシングル『LOVE☆ROCKET急接近!!』 [Maxi]

B008N69LTO

▲ PAGETOP