ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース関智一、花澤香菜らのインタビューをお届け!新作TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

関智一、花澤香菜らのインタビューをお届け!新作TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」 2012年10月11日 18:10

TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」集合写真

10月11日(木)よりフジテレビ“ノイタミナ”他にて放送がスタートする新作TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」。本作は、「踊る大捜査線シリーズ」で警察機構のリアリズムを追求し続けてきた本広克行さんが総監督を務め、「劇場版BLOOD-C The Last Dark」で圧倒的な映像美と迫力あるアクションを描いた塩谷直義さんが監督、脚本に「魔法少女☆まどかマギカ」の虚淵玄さん(ニトロプラス)、キャラクター原案には人気漫画作家の天野明さん、Production I.Gがアニメーション制作を担当するなど豪華スタッフが集結する話題作だ。

そのアフレコ現場より、メインキャストを務める関智一さん(狡噛慎也役)、花澤香菜さん(常守朱役)、野島健児さん(宜野座伸元役)、有本欽隆さん(征陸智己役)、石田彰さん(縢秀星役)、伊藤静さん(六合塚弥生役)、沢城みゆきさん(唐之杜志恩役)、櫻井孝宏さん(槙島聖護役)のインタビューをお届けする。



――ご自身の演じたキャラクターの紹介をお願いします。

:狡噛慎也(こうがみしんや)は、簡単に言うと刑事です。エリートキャリア(監視官)と実動部隊(執行官)に分かれているうちの、実動部隊のひとりとなります。何か裏がありそうな感じですが、今はまだ言えません。

花澤:常守朱(つねもりあかね)はとても頭が良くて、色々な就職先の中から警察機構を選んで新米として入ってきます。いきなりキャリアに入れられて、最初はすごく動揺しまくっている女の子です。

野島:宜野座伸元(ぎのざのぶちか)は、監視官として冷静に色々な事件を報告したり、全体を見て指示を出す、少し上の立場の人間です。クールではあるんですが、何か裏がありそうだし、きっとそれが明かされてくるだろうと思っています。

石田:縢秀星(かがりしゅうせい)は、執行官側の人間です。執行官や監視官はクールな人が多いんですけど、彼はチャラいキャラクターでひとりだけ全体の空気から浮いている感じがします。でも、それが彼の見所かなと思っています。

伊藤:六合塚弥生(くにづかやよい)は、執行官のひとりです。「我関せず」という感じで、他の人と活発に話している様子はないのですが、浮いている縢に冷静に突っ込むこともあり、意外と優しい人なのではと思っています。基本的には任務遂行に一直線な人です。

有本:征陸智己(まさおかともみ)は、このメンバーで一番の年長者で、刑事としての経験も一番長いんですけど、「こいつらよりも俺が一番優秀だ」と思っているふしがあります。だからといって前面にしゃしゃり出るのではなく、ポスターでも征陸だけ背中を向けているように、「お前らに任せるから、後ろは俺に任せろ」という感じで演じようと思っています。

沢城:唐之杜志恩(からのもりしおん)は、皆さんとは立ち居地が違う分析官という立場で、「あれ調べろ」「これ調べろ」と言われるのですが、嫌な顔もせずに色々と調べて情報を提供する人です。見た目は一見けだるそうに見えますが、意外と文句も言わず働く人なんだなと思いました(笑)。今は誰の味方でもなく、誰の敵でもない立ち位置ですが、他の人との関係性も見えてくることもあるのかなと思って演じています。

櫻井:槙島聖護(まきしましょうご)は、狡噛との因縁を匂わせる、謎の人物です。


――印象に残ったシーンやセリフを教えてください。

:「犯罪を犯す可能性のある人を数値で計測して取り締まる」という世界観そのものが、印象に残っていますね。よこしまな心を抱くとすぐに刑事が飛んできますから、おちおち生きていけないなと(笑)。取材を受ける度に言ってるんですが、僕も絶対に潜在犯として捕まると思います。

花澤:朱は最初、殺伐としたキャリアの中に入れられて動揺しているんですけど、プライベートの話では、明るい子で、友達の中ではいじられキャラなので、身近に感じられると思います。なので、友達と絡んでいるシーンが印象に残っています。

野島:ドミネーター(監視官と執行官のみが携帯を許される特殊拳銃)が印象深いです。この銃を人に向けると、その人の犯罪係数が数値化されて潜在犯の度合いが出てくるんですけど、武器の形としても格好いいので欲しいです。でも、もの凄い破壊力のある恐ろしい武器でもあるので、扱う人の心情はどうなんだろうと思いながら演じています。

石田:公安局のプロ集団の中に新人の朱が入ってくるシーンから物語が始まり、彼らが右も左も分からない朱をすぐには受け入れられない中、縢はひとりだけ気軽に「ようこそ!」という感じなんです。でも、軽く振舞っている裏には何かあるんだなと垣間見れるシーンがあるので、そこが印象的です。

伊藤:私もドミネーターでの執行の仕方が、何度見てもドキドキします。六合塚のことでは、意外な人との深めな絡みがそっと描かれているので、今後気になる所ではあります。

有本:第1話で朱の緊張感をほぐすために、「あぁ紹介が遅れたな。あの唐変木は狡噛慎也」というような言葉づかいをする所に、征陸の人間性というか優しさがあるなと感じましたね。この言葉づかいは大事にしたいなと思っています。

沢城:志恩は結構衝撃的な登場の仕方をします。後々大事になってくるような人間関係の伏線も入っているので、そこはお見逃しなく。

櫻井:特定の台詞というよりは、彼の言動や行動から「この人はとてつもない力を持っているんだな」と想像させられてしまう、その存在感が印象的です。


――先ほど“潜在犯”という話が出ましたが、自分自身は「犯罪係数の高い“執行官”(潜在犯)」と「冷静な判断力を備えた“監視官”」のどちらだと思いますか?

:先ほど言った通り、僕は犯罪者・・・いや、潜在犯です(笑)。

花澤:私は人前に出ると冷静ではいられなくなるタイプなので、きっと執行官だと思います。

野島:家でぼーっとしているときは本当に何も考えていないので、その時は監視官でいられると思うんですけど、外に出ると一気に色々な妄想に陥ってしまうので、間違いなく潜在犯です。

石田:僕は限りなく真っ白に近いですね。全く犯罪の匂いを感じさせない、クリアな人間です。だから監視官。

伊藤:よこしまです。間違いないです。

有本:僕は確実に潜在犯だと思っていますよ。ゴルフをやっていつも負けているんですけど、勝ってるやつに憎しみを感じるので(笑)。

沢城:私はどちらでもないただの一般人だと思います。そんなに大きいエネルギーは自分にはない気がするので。

櫻井:僕は見るからに執行官です(笑)。


――最後に、本作の魅力とメッセージをお願いします。

:近未来的な世界観の中に、昭和の匂いがする刑事たちの人間関係があり、そのミスマッチ感をぜひ見てもらいたいです。昔ながらの刑事ドラマを最近はあまり見かけないので、自分のセリフでも「俺たちデカ(刑事)は」と言って、懐かしい気分になりました。

花澤:謎が多く、キャラの濃い人たちがたくさん出てきます。その人たちが何を思っているのか徐々に明かされていくと思うので、楽しみにしてもらえたらなと思います。

野島:スタイリッシュに未来の話が描かれているんですけど、キャラタクターは本当に人間くさくて個性的なので、人間関係も含めた彼らの今後の展開は僕自身も楽しみにしています。皆さんも期待してください。

石田:物語の基本設定にある「すべての人間をデータで管理しているという世界」が、そんなに絵空事に感じなくなってきたと思います。皆さんも、そういうぼんやりとした現実感を持ちながら、管理社会で起こる犯罪、それを防ぐ警察機構の活躍を楽しんでいただければと思います。

伊藤:近未来と言いながら、今に通じている所をすごく感じます。現実とフィクション(仮想現実)という曖昧な所での危険性も感じられる作品だと思っていますので、そういうものも感じながら見て欲しいです。

有本:バーチャルの世界って、僕の年齢からすると頭がこんがらがりそうなんだけど、そういう世界に住んでいても人間はそんなに変わらないし、そんなに脆くないぞと感じますね。征陸も現実と向き合いたくなくても、向き合わなければいけない時が必ず来ると思うんですよ。その時の人間関係にも注目して見ていただけたらと思います。

沢城:同上という感じです(笑)。個人的には、征陸さんが久々にあんな粋なおじさまを見たなという感じで・・・私は征陸さんが好きです(笑)。

櫻井:窮屈で居心地の悪い世界にあって、狡噛たちは歪ながらも関係性を築き上げていきます。今後どういう目的を持って物語を歩んでいくのか明かされてませんが、面白い作品になることは間違いないです。ぜひ、見てください。


(取材・文・撮影:千葉研一)


■TVアニメーション「PSYCHO-PASS サイコパス」

2012年10月11日(木)よりフジテレビ“ノイタミナ”他 にて毎週木曜24:45~放送!
(関西テレビ・東海テレビ他各局でも放送予定)


【スタッフ】
総監督:本広克行
監督:塩谷直義
ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)
脚本:虚淵玄・深見真・高羽彩
キャラクター原案:天野明
キャラクターデザイン・総作画監督:浅野恭司
色彩設計:上野詠美子
美術監督:衛藤功二
3D監督:佐藤敦
撮影監督:荒井栄児
編集:村上義典
音楽:菅野祐吾
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:Production I.G

【キャスト】
狡噛慎也(こうがみしんや):関智一
常守朱(つねもりあかね):花澤香菜
宜野座伸元(ぎのざのぶちか):野島健児
征陸智己(まさおかともみ):有本欽隆
縢秀星(かがりしゅうせい):石田彰
六合塚弥生(くにづかやよい):伊藤静
唐之杜志恩(からのもりしおん):沢城みゆき
槙島聖護(まきしましょうご):櫻井孝宏
ほか

【主題歌】
オープニングテーマ『abnormalize』凛として時雨
エンディングテーマ『名前のない怪物』EGOIST


<ストーリー>
人間の心理状態や性格的傾向を、計測し数値化できるようになった未来世界。
犯罪に関する数値も“犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。
治安維持にあたる刑事たちは常に、犯人を捕まえる実動部隊となる“執行官”と、執行官を監視・指揮する“監視官”のチームで活動する。
自らが高い犯罪指数を持ち、犯罪の根源に迫ることのできる捜査官こそが優秀な“執行官”となりうる。それゆえに、犯罪者になりかねない危険も孕む“執行官”は、その捜査活動を冷静な判断力をもつエリートである“監視官”に監視されている。
公安局刑事課一係のメンバーはそれぞれの想いを胸に、正義の在処を常に突きつけられながら任務を遂行していかなければならない。
彼らが立ち向かうものの先にあるのは――


©サイコパス製作委員会


abnormalize(期間生産限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B0090S4BCQ abnormalize [Single, Maxi]

B0090S4DKQ 名前のない怪物 [Single]

B009EBE5HK 名前のない怪物 [Single]

B009EBE4V2 PSYCHO-PASS サイコパス スターターブック (ホーム社書籍扱コミックス) [コミック]

4834284263

▲ PAGETOP