ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース立花慎之介、岡本信彦がゲスト!「檜山修之のあにめじ湯」100回記念公開録音レポート

立花慎之介、岡本信彦がゲスト!「檜山修之のあにめじ湯」100回記念公開録音レポート 2012年10月 5日 17:30

「檜山修之のあにめじ湯」100回記念公開録音レポート

アニメ情報誌「月刊アニメージュ」とインターネットラジオステーション<音泉>がコラボレーションし、毎月話題のアニメから豪華ゲストを迎えてお送りする番組「檜山修之のあにめじ湯」。その配信100回を記念した公開録音が、9月15日(土)にポニーキャニオン本社1階イベントスペースで行われた。記念すべき100回目のゲストは、10月からテレビ東京ほかにて放送がスタートしたTVアニメ「神様はじめました」より、立花慎之介さん(巴衛役)と岡本信彦さん(瑞希さん)。

「檜山修之のあにめじ湯」の配信はこちら



まずは、パーソナリティの檜山さんが登場。月1回配信、1年でも12回配信ということで、「100回を迎えられるとは思っていなかったけど、皆さんの熱い応援のおかげで100回を迎えることが出来ました」と感謝を述べる。紹介する作品に対しては“無知”で、というスタンスは今後も変えないと宣言していた。

そして、早速ゲストの立花さんと岡本さんを呼び込む。作品内容を全く知らない“無知”な檜山さんのために、「神様はじめました」をふたりが分かりやすく説明。入場時に観客に渡された作品の小冊子を受け取った檜山さんは、「いきなりホームレスか!」「怪しいよ!」などと読みながら突っ込みを入れる。

立花さん演じる巴衛の性格が悪いと知ると、「(立花さんに)ぴったりだな」と檜山さん。そう言われた立花さんも、「超ドSで上から目線のキャラクターなので、個人的にすごく楽しいです」と笑っていた。一方、瑞希は計算高い所があるそうで、檜山さんは岡本さんに向かって「出来んのか?(笑)」と言い放っていた。さらに、「絵の綺麗さ」「テンポの良さ」といった作品のポイントをアピールしたり、三森すずこさん(桃園奈々生役)や岸尾だいすけさん(鞍馬役)など他のキャストについても話がおよんだ。

ここで、会場に来てくれた人への特典として、本邦初公開のPVを上映。美しさとコミカルさが良く表現された映像に、「メリハリがありそうな感じ」と第一印象を語る檜山さん。オープニングテーマも「世界観に合っている」と好印象だった。すると、立花さんから「番組にゲストで出てみませんか?」と檜山さんに打診が。「どんな役でもやりますよ!二枚目から三枚目、神様からアリンコまで(笑)」とやる気をみせる檜山さんに、会場にいたプロデューサーからマルが出る。果たしてどんな役で登場するのか、楽しみに待とう。


「檜山修之のあにめじ湯」100回記念公開録音レポート

続いては、『魂の叫び』のコーナー。今回は観客のアンケートに書かれた「叫んで欲しい言葉」「囁いて欲しい言葉」を披露していく。いきなり、「生ビィィィィル一丁!!!!」(檜山)、「ホッピィィィィ一丁!!!」(立花)、「カシオレ一丁!!!」(岡本)という飲み屋系叫び。他にも、入場時の気持ちを代弁したものや、普段は叫ばないような言葉、岡本さんの好物まで、色々な叫びや囁きが飛び出し、観客からは拍手や笑いだけでなく、時には苦笑いも起こっていた。

『熱湯インタビュー』はゲストに次々と質問をぶつけていくコーナー。「休みの日は何してる?」「尊敬する人は?」「気になっていることは?」など連発される質問に、面白回答が続出。続けていることとして岡本さんが答えた“青汁”は、檜山さんもよく飲んでいるらしく、青汁トークも繰り広げられた。具体的な内容はぜひラジオで確認してもらいたい。

ゲストのプライベート写真を紹介する『あにめじディナー』では、岡本さんの好物“ブラックサンダー”(チョコレートのお菓子)や、立花さんオススメのつけ麺、好きなDVDの写真などが披露された。岡本さんはブラックサンダーを食べ過ぎるため、事務所から止められたこともあるそうだ。なお、ここで紹介された写真は10月10日発売の「月刊アニメージュ」11月号に掲載される。

その「月刊アニメージュ」のお知らせをする『アニメージュ・インフォメーションの湯』では、シルバーボックス(抽選箱)から選ばれたシチュエーション、キャラクターになりきって告知文を読んでいく。それぞれが引いた紙に書かれていたのは、「財布からさよならする瞬間の福沢諭吉」(檜山)、「すごく高い革靴」(立花)、「徹夜明けで疲労困憊だけど、テンションだけで乗り切ろうとする人」(岡本)という難解なもの。立花さんは思わず「靴!?」と困惑顔をみせる。3人が披露した謎のキャラクターに、観客は爆笑の連続だった。


こうして、記念すべき100回目の収録は無事に終了。収録後、100回を記念して100本のバラの花束を贈られた檜山さんは嬉しそうな表情をみせていた。そして、「神様はじめました」からもサプライズとして、特別に第1話の先行上映が行われ、観客は食い入るように作品を堪能した。上映後のトークでは、第1話は21時ぐらいに収録が終わる予定だったが、音響監督さんたちのこだわりもあり、24時までかかったとのエピソードも明かされた。そのぐらい気合の入った第1話になっているそうだ。

最後に、先ほど使用されたシルバーボックスが観客に抽選でプレゼントされた。これにはこれまで来てくれたゲストのサインがびっしり書かれており、もの凄く貴重な箱だ。次回からは新しいシルバーボックスが登場するとのこと。そして、3人からひとことずつ感想が述べられ、公開録音はすべて終了となった。

立花:(檜山さんと)初めてラジオをご一緒しましたけど、ラジオで叫ぶことはそんなにないので楽しめましたし、とても印象に残りました。

岡本:いっぱい叫んだ気がします。200回までぜひやっていただいて、また呼んでいただけたらと思います。

檜山:おかげさまで100回を迎えました。当面の目標は110回ということで、ゆっくりと亀のような歩みをしていきたいと思います。これからもアニメージュさんと一緒にアニメ界を盛り上げる一部として、色々な作品を皆さんに紹介しつつ、僕自身にも紹介してもらって、番組を続けていきたいです。よろしくお願いします。


「檜山修之のあにめじ湯」100回記念公開録音レポート

(取材・文:千葉研一)


■「檜山修之のあにめじ湯」

【配信】毎月第4水曜日更新
【URL】http://www.onsen.ag/program/anime/
【パーソナリティ】檜山修之
【メール】anime@onsen.ag


■TVアニメ「神様はじめました」

【放送情報】
テレビ東京:10月1日より 毎週月曜日深夜2:05~放送開始
テレビ北海道:10月5日より 毎週金曜日深夜3:00~放送開始
テレビ愛知:10月4日より 毎週木曜日深夜3:05~放送開始
テレビ大阪:10月5日より 毎週金曜日深夜2:40~放送開始
テレビせとうち:10月2日より 毎週火曜日深夜2:10~放送開始
TVQ九州放送:10月4日より 毎週木曜日深夜3:00~放送開始
AT-X:10月2日より 毎週火曜日夜10:30より放送開始
リピート放送:毎週木曜朝10:30~、毎週土曜深夜4:30~、毎週月曜夕方4:30~
※放送時間は変更になる場合があります。ご了承下さい。
※ネット配信については公式サイトをご確認ください。

【スタッフ】
原作:鈴木ジュリエッタ(「花とゆめ」連載)
監督:大地丙太郎
キャラクターデザイン:山中純子
美術監督:青井孝
色彩設計:西香代子
撮影監督:佐々木明美
編集:藤田育代
音楽:増田俊郎
音響監督:たなかかずや
音響効果:出雲範子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

【キャスト】
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
猫田あみ:佐藤聡美
龍王・宿儺:浪川大輔
沼皇女:堀江由衣
乙比古:高橋広樹
虎徹:大久保ちか
鬼切:新子夏代
講釈師・ストーリーテラー:山崎バニラ

【主題歌】
オープニングテーマ『神様はじめました』 ハナエ
エンディングテーマ『神様お願い』 ハナエ


©徳間書店
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会


神様はじめました/神様お願い(初回生産限定盤)(DVD付)

B0097D0L3C 神様はじめました/神様お願い

B0097D0LCS ドラマCD 神様はじめました

B008P5YYE0 神様はじめました ドラマCD付初回限定版 13 (花とゆめCOMICS)

4592105524 神様はじめました 14 (花とゆめCOMICS)

459219294X

▲ PAGETOP