ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース宮野真守が志村けんと初共演!映画「ロラックスおじさんの秘密の種」日本語吹替版より宮野真守にインタビュー

宮野真守が志村けんと初共演!映画「ロラックスおじさんの秘密の種」日本語吹替版より宮野真守にインタビュー 2012年10月 4日 18:00

映画「ロラックスおじさんの秘密の種」日本語吹替版で少年テッドを演じた宮野真守さん

10月6日(土)より映画「ロラックスおじさんの秘密の種」が公開される。本作は、2012年に100周年を迎えたユニバーサル・スタジオと、アニメーションスタジオ・イルミネーション、そして映画「怪盗グルーの月泥棒」のプロデューサーであるクリス・メレダンドリ氏がタッグを組み、生み出したアトラクション3Dムービーだ。

すべてが人工でプラスチックの街に住む少年・テッド。彼は好きな女の子・オードリーが見たいという本物の木をプレゼントするため、かつて緑いっぱいだった街を知る老人・ワンスラーのもとを訪ねる。そこでテッドは彼から、森を守る不思議な住人・ロラックスおじさんを街に戻らせることができれば、本物の木が手に入ると聞く。しかし、ロラックスおじさんを呼び戻すためには“秘密の種”をまかなければならないと言われてしまう。テッドは“秘密の種”を得たものの、街の大金持ち・オヘアもなぜか種を狙っていて・・・という少年の冒険を軸に展開していく物語だ。

今回、日本語吹替版で少年テッドの声を担当した宮野真守さんにインタビュー。テッドの印象や意外にも苦労した点などについて語っていただいた。



――本作で少年テッドの吹き替えを担当されていますが、役の印象はいかがでしたか?

宮野真守さん(以下宮野):テッドくんは、純粋でまっすぐで、とても熱い少年です。でも、ませているところがあって・・・「好きな年上のお姉さん(オードリー)の願いを叶えたい」という思いのもと行動を起こします。また、その中で、とても大きな運命に立ち向かっていくことになる“きっかけ”を周りからどんどん与えられていくのですが、そこで大きな壁にぶちあたっても自分の思いを貫いていけるかっこいい男の子でもあります。


――テッドを演じる上で、心がけたことはありますか?

宮野:10代の男の子の、等身大の願望やまっすぐさをきちんと表現できるように頑張りました。


――具体的にはどういうところでしょうか?

宮野:この映画は、環境破壊や実際に僕らがすむ世界でも起きているような出来事をテーマにしていて、それに対する深いメッセージが込められている作品です。本物の木がなくなってしまった世界で暮らす人々がメインになるお話で、テッドが自分の好きな人のために本物の木を手に入れたいと思うようになったことから冒険が始まります。冒険する中で、「なぜ木がなくなってしまったのか?」という真実に直面したとき、テッドの心がグッと動いていきます。色合いもキャラクターもすごくポップで、内容もコミカルで、アトラクション3D映画なのでテーマパークに入りこんでしまったような興奮を味わうことができる映画になっていますが、そのポップな物語の奥底に皆さんに伝えたいメッセージがしっかり根付いているんです。そのメッセージを伝える目的をテッドくんが担っているので、そこに対する真摯さをしっかりと表現しようと思いました。


――テッドは幼い少年なので、吹き替えする際に苦労したことはありますか?

宮野:年齢感は、最初に音響監督さんの演出でイメージを固めて作り上げていったので、僕が普段、話すときの声よりは少年らしさを強く意識しています。


――“少年らしさ”を出すのは難しかったですか?

宮野:僕はもうおっさんなので(笑)。


――吹き替えながら、自分の少年時代を思い出すことはありましたか?

宮野:そうですね・・・男の子はみんなお姉さんに憧れるんだなぁと、昔をふと思い出しました(笑)。少年にとってはそこが大事なんだなと。


――さて、ロラックスおじさんは「森を守る不思議な住人」という設定で、見た目はおじさんというよりかわいらしい雰囲気ですよね。もし、このロラックスおじさんが身近にいたらどうしますか?

宮野:ロラックスおじさんは志村けんさんが吹き替えているので、そのロラックスおじさんが身近にいたとしたら嬉しいですね。僕は小さい頃から志村さんのギャグや、出演されているテレビ番組を見ていた“志村世代”なので、志村さんがロラックスおじさんの形で近くにいてくれたら幸せです(笑)。見た目はかわいくて、ちょっとおとぼけな性格ですが、彼は森の守り神。大事なことを教えてくれる素敵なおじさんです。


――ありがとうございました。では最後に、公開を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。

宮野:いろいろとお話してきましたが、暗いお話でも難しい物語でもありません。まずは何も考えずに見てほしいです。「ロラックスおじさん、かわいいな」とか、「志村さんが吹き替えしているから、きっとものすごく面白くなっているんだろうな」とか、そういうきっかけで構いません。「すごくかっこいいアクションがついた、ド派手な3Dが見られるんだろうな~」でいいんです。見ていく中で、最後に小さな種を心に植えてくれる作品になっていると思いますので、映画を楽しみながらも、作品からもらった小さな種を大切に育てていってほしいなと思います。


少年テッドはロラックスおじさんと会い、街に緑を取り戻すことができるのか。そして、テッドとオードリーの恋の行方は・・・?映画「ロラックスおじさんの秘密の種」は10月6日(土)、全国ロードショー。


映画「ロラックスおじさんの秘密の種」日本語吹替版で少年テッドを演じた宮野真守さん 映画「ロラックスおじさんの秘密の種」日本語吹替版で少年テッドを演じた宮野真守さん


■映画「ロラックスおじさんの秘密の種」
(原題「Dr. Seuss' The Lorax」)

10月6日(土)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー!

【スタッフ】
プロデューサー:クリス・メレダンドリ 「アイス・エイジ」シリーズ、「怪盗グルーの月泥棒」
監督:クリス・ルノー 「怪盗グルーの月泥棒」&カイル・バルダ

【吹替版 声の出演】
志村けん、トータス松本、能年玲奈、山寺宏一、宮野真守、京田尚子、LiLiCo、国本武春、しずくちゃん、他


<ストーリー>
全てが人工で作られた街に住む少年テッドは、好きな女の子オードリーが見たいと夢見る「本物の木」を手に入れようと、その手がかりを得るために、荒廃した街の外で住む老人ワンスラーに会いに行く。彼から聞かされたのは、不思議な森の住人・ロラックスおじさんの話だった。
ロラックスおじさんがこの地上に戻ってくれば、本物の木を手に入れることができると。そして、ロラックスおじさんを戻ってこさせるには、ワンスラーが持っている秘密の「ある」種をテッドの住む街の中心に植えるしかないと教えられる。
しかし、街のボスのオヘアもその種を狙っていた・・・。果たしてテッドは、種の争奪戦を乗り越え、ロラックスおじさんに遭うことができるのか?そして、本物の木を手に入れ、好きな女の子と共に街に自然を戻せるのだろうか?


©2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


ロラックスおじさんの秘密の種 (小学館ジュニアシネマ文庫) [新書]

409230630X The Lorax (Classic Seuss) [Import] [ハードカバー]

0394823370 The Lorax (Dr Seuss - Yellow Back Book) [ペーパーバック]

0007173113 A Tree for Me! (Dr. Seuss- the Lorax) [Import] [ペーパーバック]

0307929817 ULTRA FLY

B00904SP7C

▲ PAGETOP