ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースGRANRODEOと夏を先取り!LIVE2012『Can you Do the SUMMER!?\(^o^)/』レポート

GRANRODEOと夏を先取り!LIVE2012『Can you Do the SUMMER!?\(^o^)/』レポート 2012年9月19日 17:36


6月30日(土)、GRANRODEO約3年振りとなる日比谷野外音楽堂でのライブが開催された。その名も『Can you Do the SUMMER!?\(^o^)/』!集まったロデオボーイ、ロデオガールを楽しませる演出で大盛り上がりとなったライブの様子をレポートする!





ロデオダンサーズのチアダンスからサポートメンバーが登場、満を持してKISHOWとe-ZUKAがステージに現れると満場の歓声が彼らを出迎えた。そして、繰り出されたのはTVア二メ「黒子のバスケ」オープニングテーマ『Can Do』だ!いきなりのアップテンポなナンバーに息つく間もなく『シャニムニ』へと続き、ここでは巨大なボールが客席を行き交いライブを演出した。「やってくれよ野音!」と煽るKISHOWに会場の熱気は急上昇し、『愛のWarrior』まで立て続けに走りきった。




MCでは「お久し振りぶり日比谷野音!3年振りに帰ってきたぜ!」と声高々にライブの開幕を喜ぶKISHOWに、「野音大好き!さっきもあそこの木に登ってクワガタをたくさん取りました!」と冗談交じりに、e-ZUKAも楽しさを爆発させた。ライブの再開は『カナリヤ』から『ROSE HIP-BULLET』の音の奇襲に始まり、『Love in shelter』はスローなリズムが心地良く会場を包み込んだ。



一旦ステージからはけたKISHOWとe-ZUKAはアロハシャツとカンカン帽姿で再び登場。『恋のHEAT WAVE』の軽快なイントロでステージから大量の水が客席に降り注ぎ会場をクールダウン。KISHOWも水鉄砲ではしゃぎながらステージを行ったり来たりと楽しそう。そして、夏と言えばこの曲な『サマーGT09』では客席も扇子の花が咲き、サビの振り付けで一体感を見せた。さらに今回も「にゃんにゃんしたい!」のコールに「あとでヤろうぜ!」とKISHOWのレスポンスが冴え渡った!



「かかってきなさい日比谷野音!」の挑発に『Go For It!』のイントロが流れ出すと、まずはソロパートでVALが高速のドラムさばきを、瀧田イサムがギター並みのチョーキング、そしてe-ZUKAのライトハンド奏法などそれぞれが技を見せつけた。KISHOWは衣装チェンジで真っ赤なユニフォームに着替え、お待ちかねのコール対決へ。今回は「初めてGRANRODEOのライブに来た人」「水着のロデオガール」、さらに野音の会場の外にいるロデオボーイ、ロデオガールにもレスポンスを煽り大盛り上がり。最後は「中も外もかかってきなさい!」のKISHOWのコールに野音全体が「IGPX!!」の渾身のレスポンスが響き渡った。



そんな熱気を冷ますような『ここにあるぬくもり』の優しいメロディーに、お馴染みのアコースティックタイムでは『Infinite Love』を選曲。普段のバンドサウンドがバラードに早変わりし、KISHOWとe-ZUKAの歌声がハーモニーを奏でた。野音の空もいい具合に暮れ始め、『tRANCE』では待ってましたと言わんばかりにサイリウムの波がライブを演出。ベースの重低音が怪しく響く『メズマライズ』と続き、ラストスパートに『Once&Forever』『アウトサイダー』『modern strange cowboy』の強烈なサウンドをノンストップでぶちまけた。名残惜しむ声が次々と上がる中、ラストナンバーの『恋音』を彼らの楽曲に恋したロデオボーイ、ロデオガールへ願いを込めて届けた。




ここでライブは終わるはずもなく、「グラン」「ロデオ」のアンコールに再びメンバーがステージへ登場。アンコール1曲目は7月18日(水)に発売の新曲『RIMFIRE』をライブ初披露。今回も疾走感のあるロックチューンで熱く盛り上がれる1曲となっている。続く『SEA OF STARS』ではステージがディスコへと変身。再び扇子を使った振り付けで最後の盛り上がりを見せた。

MCでは新曲の告知とともに、10月10日(水)に5枚目となるフルアルバムの発売決定、そして今年12月から全国ツアーの開始も発表された。香川や広島、宮城、福島、新潟など次々に会場が発表されると客席からも続々と歓声が上がった。



そんな嬉しい発表のあと、アンコールのラストは『HAPPY LIFE』の大合唱で幸せの輪を繋げた。まだまだ暴れ足りない様子の「もう一回!」コールに再登場したダブルアンコールでは、「最後にこの曲を歌います!日比谷Darlin'!」と『Darlin'』を披露し、全員で客席へ一礼。『恋のHEAT WAVE』のSEをバックに会場全体に別れを告げ、GRANRODEOは新たなステージへと向かうのだった。


GRANRODEO LIVE 2012「Can you Do the SUMMER!?\(^o^)/」
<2012.6.30(土)セットリスト>

01. Can Do
02. シャニムニ
03. 愛のWarrior
04. カナリヤ
05. ROSE HIP-BULLET
06. Love in shelter
07. 恋のHEAT WAVE
08. サマーGT09
09. Go For It!-Dr solo~Ba solo~Gt solo-
10. ここにあるぬくもり
11. Infinite Love
12. tRANCE
13. メズマライズ
14. Once&Forever
15. アウトサイダー
16. modern strange cowboy
17. 恋音

EN1. RIMFIRE
EN2. SEA OF STARS
EN3. HAPPY LIFE

WEN. Darlin'



CRACK STAR FLASH【初回限定盤】(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B008HRI5OQ DARK SHAME(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B008YINQLK RIMFIRE(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B007V4YPF4 GRANRODEO B-side Collection “W” [Best of]

B006BB8IDI GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW~SUPERNOVA FEVER~ LIVE DVD

B006YDP1SI

▲ PAGETOP