ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小松未可子がアニメ「K」の魅力を語る!「K」シークレットナイトイベント「K」ナイト

小松未可子がアニメ「K」の魅力を語る!「K」シークレットナイトイベント「K」ナイト 2012年9月12日 18:00


10月より放送が開始されるオリジナルアニメーション「K」。豪華キャストと覆面作家集団GoRAが贈る本作の先行上映会『「K」シークレットナイトイベント「K」ナイト』が8月28日(火)にアニメイトカフェで開催された。ネコ役の小松未可子さんが来店し、この日のために用意された特別メニュー「緊急抜刀風セプター4プレート」に舌鼓を打ちつつ、作品の魅力を語った。


■オープニング

「『K』の魅力をを伝えるために来ました!会場の雰囲気が学校の給食みたいですね(笑)」と小松さんが挨拶。小松さんは先日行なわれた「K」の制作発表会では女性ファンが多かったので、「男性のファンの方もいらっしゃたんですね!」と喜んだ。

キングレコードの須藤さんを呼び込み、まずは、本日のための特別メニュー「緊急抜刀風セプター4プレート」を試食。鳥のリエットとピクルス、あんこ、バケットと、「チーム焰」をイメージした赤ワインがセットになっている。料理の解説をしつつ、食事をしながらイベントが出来るのはロフトプラスワンのようだという話で盛り上がる。そして、ピクルスに刺さっているサーベル(爪楊枝)を引き抜き、アニメ第1話のキーワードとも言える「抜刀」という掛け声が乾杯の替わりに使われて、イベント本編がスタート。


■「K」キャラクター紹介コーナー

ここでは「K」に登場する魅力的なキャラクター達を解説していく。伊佐那社(CV:浪川大輔)、夜刀神狗朗(CV:小野大輔)のビジュアルがスクリーンに映し出されると、小松さんは「社(シロ)と狗朗(クロ)の名前が、日焼けして真っ黒の浪川さんと、真っ白な小野さんとで逆になっていますね(笑)」とコメント。

また、制作発表会で、津田健次郎さんの演じる周防尊の肌が露出したカットに、歓声が上がったことについて、「色気がありますよね」と小松さんも同意。中村悠一さん演じる鎌本力夫は、出番があると「きた、鎌本!」と声が上がるほど、役者の中で大人気だそうだ。



入り口にて衣装の展示もされていた「セプター4」のキャラクターについては、このチームのリーダー宗像礼司(CV:杉田智和)は格好良いキャラクターだが、杉田さんがアフレコ時にやりたい放題で、本番前のテストではいつも大盛り上がりだそうだ。他にも、淡島世理(CV:沢城みゆき)のお尻が画面いっぱいに映し出されるサービスシーンがあったり、アニメは見所が満載とのこと。



続いて、事前に行なわれた本日の参加者によるキャラクター人気投票の順位を小松さんが当てていくことに。須藤さんの出すヒントを元に片っ端からキャラクター名を上げていくが、なかなか当たらず。最終的にほぼ全部のキャラクターを言う結果となった。なお、1位は圧倒的な票数により「ネコ」。ちなみに小松さんは「クロが、演じている小野さんのテンションとマッチしていて好き」と話す。


■アニメ「K」先行上映会〜エンディング

一旦小松さんはステージを離れ、本日のメインイベントである第1話の先行上映へ。ハイクオリティな映像に引き込まれ、テンポよく話が進み、クロが登場したところでスクリーンに「一時停止」の文字が表示されて上映はそこで終了。残念ながら今回は途中までしかお見せすることが出来ないとのこと。そして、「えっーーー」と参加者の声を代弁しつつ、小松さんが再登場。

第1話では、ネコの出番はちょっとだけだが、今後に期待して欲しいそうだ。また、作中に出てくる侍のような言葉で話すお掃除ロボットの名前は「ツクモ」と言うそうで、このお掃除ロボットやモブキャラも含めて、色々な人が声を当てているので注目して欲しい。

そして、小松さんのサイン入り「K」のポスター争奪ジャンケン大会が行われ、「パーを出します」「最初はチョキを出すことが多いです」など、小松さんの巧みな心理戦に勝利した参加者にポスターが贈られた。最後に小松さんから挨拶がありイベントは終了となった。

小松:今日は、第1話を途中まで見ていただきましたが、放送開始までもうちょっとです。それまで、宣伝ラジオ「KR」を聴いて、「こういう目線で見ると面白い」「役者はこういう風に考えてアフレコしていたんだ」と作品の雰囲気を感じていてください。「K」の応援をお願いします。ありがとうございました。



■イベント終了後コメント

――ネコを演じた感想をお願いします。

小松:ネコちゃんは最初から最後まで謎の多いキャラクターなんです。「彼女が抱えてる寂しい気持ち」や「シロに対する愛情はどこから生まれてくるのか」など、バックボーンを考えながら演じました。
今まで気の強い役や少年役が多かったので、初めて演じる「みんなから愛される可愛らしいキャラクター」を、どうしたら自然体で可愛らしく演じられるか試行錯誤しましたね。


――小松さんが歌うエンディングテーマ『冷たい部屋、一人』はどんな曲ですか?

小松:歌詞や曲調に本編では表現されていないネコの内面が現れています。「K」の世界観全体をメロディに閉じ込めていて、壮大な曲となっています。また、寂しい曲でもあり、ネコの目線での「K」の世界観も歌に込められています。


――アニメの映像を見て驚いたことはありますか?

小松:第1話で、人の目線をリアルに意識した映画のような描かれ方をしていて驚きました。アフレコの段階で絵がかなり出来ていたので、完成された世界に命を吹き込むのが難しかったです。そこにやり甲斐を感じ、どう色づけをしていくか苦戦しながらも楽しみました。


――出演キャストに男性が多く、女性の目を引きやすい作品だと思いますが、男性でも楽しめるポイントはありますか?

小松:男性でも女性でも純粋に作品の世界観に浸れます。キャラクター達の信念が様々な角度で描かれていて、アクションやお色気シーン(?)なども含めて楽しめると思います。ネコちゃんの動きにも注目してみてください。


――「抜刀」のシーンを初めて見た時の印象や、「抜刀」についてのエピソードはありますか?

小松:「抜刀」という単語は日常ではあまりに耳にしなかったのですが、第1話で「セプター4」のメンバーが次々に剣を抜いていくシーンは、格好良かったです。このシーンで、モブで小野さんが入っていて、「抜刀」って言った直後に、クロとして登場したりもしていて面白いです。
アフレコ時には、男性陣が「抜刀」という言葉をいろいろな意味でとらえながらふざけてましたね。皆さん、挨拶代わりに使っていました。「KR」でも、この言葉が決めゼリフになりつつあります。


――最後にメッセージをお願いします。

小松:「KR」で作品の紹介をしてはいますが、まだまだ謎がたくさんあります。キャラクター設定などを見ただけじゃ分からないので、ぜひ本編を見て、奇想天外な展開に裏切られつつ、楽しんでもらえればと思います。



■アニメ「K」

【放送情報】
10月4日(木) MBS【アニメイズム枠】にてスタート
10月5日(金) TBSにてスタート
10月13日(土) AT-Xにてスタート

CBC・BS-TBSにて放送スタート
※放送日時は変更となる場合がございます。

【スタッフ】
原作:GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成:GoRA
総作画監督:古田誠
美術監督:野村正信
色彩設計:斉藤友子
撮影監督:福士享、大泉鉱
CGI監督:長嶺義則
編集:丹彩子
音響監督:高橋秀雄、田中亮
音響効果:田中秀実
音響制作:ドリームフォース
音楽:遠藤幹雄
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーションプロデューサー:岸本鈴吾
アニメーション制作:GoHands
製作:K-Project

【キャスト】
伊佐那社(いさなやしろ):浪川大輔
夜刀神狗朗(やとがみくろう):小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊(すおうみこと):津田健次郎
草薙出雲(くさなぎいづも):櫻井孝宏
櫛名アンナ(くしなあんな):堀江由衣
八田美咲(やたみさき):福山潤
鎌本力夫(かまもとりきお):中村悠一
宗像礼司(むなかたれいし):杉田智和
淡島世理(あわしませり):沢城みゆき
伏見猿比古(ふしみさるひこ):宮野真守
十束多々良(とつかたたら)梶裕貴
雪染菊理(ゆきぞめくくり):佐藤聡美
ほか


©GoRA・GoHands/k-project


冷たい部屋、一人(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B008Z1E3JK KINGS(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) [Single, Limited Edition, Maxi]

B008Z1E2KU K vol.1 [Blu-ray]

B008WU1X6U K vol.2 [Blu-ray]

B008WU1X2E 「K」Image Blu-ray WHITE&BLACK(Blu-ray Disc)

B008AL8I78

▲ PAGETOP