ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース日野聡&立花慎之介のユニット「ELEKITER ROUND 0」ファーストライブレポート!

日野聡&立花慎之介のユニット「ELEKITER ROUND 0」ファーストライブレポート! 2012年9月10日 14:22

ラジオ関西で放送中の「日野聡vs立花慎之介 平成ニッポン・国取り合戦ラジオ!!」から誕生したユニット「ELEKITER ROUND 0」。そのファーストワンマンライブ『HEAVN OF NOISE』が、8月4日(土)に川崎・CLUB CITTA’で開催された。

「ELEKITER ROUND 0」は、これまでに「零 ER0」、「MARIA」、「Summer Snow」の3枚のミニアルバムを発売しており、収録されているほとんどの楽曲の作詞を日野聡さんと立花慎之介さん自身で手掛けており、作曲はZIZZ STUDIOや西岡和哉さんが担当。その音楽は、ロックサウンドに叙情詩的な世界観を融合させた圧倒的なスケールで、聴く者の心を振るわせるものばかりだ。

今回行われたファーストワンマンライブは、昼夜2公演。そのうち夜の部の模様をお届けする。


ファーストライブを待ち望んでいたファンの熱気が立ち込める会場。暗闇に包まれたステージから『MARIA』のイントロが流れると、スポットライトを浴びたふたりの姿が浮かび上がる。「いくぜ!」という掛け声に割れんばかりの歓声が沸き起こり、オーディエンスはELEKITER ROUND 0のロックサウンドの渦の中へと引き込まれていく。曲はラジオのオープニング曲である『ヰシン志士』、『紲(キズナ)』、『戀隠れ 戀乱れ』と続き、ふたりの艶やかな歌声と体や首を激しく振る熱いパフォーマンスに、ファンも拳を挙げて応え、会場が一体となっていった。

ライブは前半戦を終了。オールスタンディングの客席を気遣い、全員に半歩下がるように促す立花さん。ファンの反応に「従順な子は好きですよ」と告げ、日野さんも「みんなで最高の夏の思い出を作ろうね」と優しい言葉を投げかける。そんなふたりに、会場からは悲鳴にも似た声が上がった。そしてふたりの口からライブのために新曲を用意したと発表されると、新曲『孤独の太陽』がお披露目。メロディアスでしっとりとした曲から一転、6曲目はアップテンポの『LoVe season』。サビでは日野さんが考案したという振付けを、ファンも一緒になってダンス!




ふたりがステージから姿を消すと、バンドメンバーによるセッションがスタート。ギターの西岡和哉さんがステージの中央でクラップを始めると、会場もクラップで応える。やがてブラスの華やかな音も加わり、会場は音の波で溢れた。セッション終了とともにステージが暗転。スポットライトを浴びて登場したのは、煌びやかな仮面をつけた日野さん。「現代にもしオペラ座の怪人が蘇ったら」ということを想像して詩を書き上げたという新曲の『月夜の仮面舞踏会~Masquerade』を、バイオリンの美しい旋律に乗せて妖しく力強く歌い上げる。続いて披露する曲は、「オトナの秘密の恋をテーマにした」という『二つの雫-namida-』。伸びやかで綺麗な高温音の歌声が、会場全体を優しく包み込んでいく。

ステージから去った日野さんに代わって登場したのは立花さん。アコースティックギターの調べに合わせて伸びやかに『少女と箱の唄』を歌い上げると、柔らかいムードに染まった会場に向かって「これからもっともっと熱くするよ!」と叫ぶ。次のナンバーについて「“仮面”というキーワードが日野くんの曲と同じ。ふたりの心が通じ合った」と紹介すると、新曲の『Loveless Diva』を熱唱。これまでの曲調と打って変わった激しいサウンドで、会場の温度は一気にヒートアップする。

ソロパートが終わってステージにふたりが揃うと、ライブ終盤に向けてさらにELEKITER ROUND 0の音楽は加速していく。『影踏み~afterglow~』、『小動物的反動形成』、そしてラストを締めくくるのは『Summer Snow』。スローナンバーの3曲を情感たっぷりに歌い切り、客席をELEKITER ROUND 0の魅力一色に染め上げると、「ありがとうございました!」「またね!」と言い残し、ふたりはステージを降りた。すると、各席から沸き起こったのは「ER0!」「ER0!」という熱烈なコール。そのラブコールに応えて「ER0コールありがとう!」とふたりがステージに姿を現し、アンコールの前に告知があるという。モニターに映し出されたひとつ目の告知は、5月6日(日)に品川ステラボールで行われた『MARIN SUPER WAVE LIVE 2012』の模様を収録したDVDが発売されるというもの。ふたつ目は、11月25日(日)に予定されているイベント『MARIN SUPER WAVE R 2012』の開催告知だ。イベントにはELEKITER ROUND 0のふたりほかに、羽多野渉さん、寺島拓篤さん、そして、近藤孝行さん、小野大輔さん、菅沼久義さん、間島淳司など豪華声優陣が出演予定。詳細は下記の関連情報をチェックしてほしい。




さらに、「ここでビッグな告知が! ……8月4日は!?」と立花さんが会場に質問を投げかけると「日野さんの誕生日!!」という大きな返事があり、会場がひとつになって「おめでとう!!」と日野さんのバースデーを祝う。「ありがとう!!」と返す日野さんに、ここでサプライズ。立花さんが「スクリーンをご覧ください!」と言うと、DABA(“D”は反転)のメンバーひとりずつから、日野さんへのメッセージが流れる。「なんだかんだ、日野くんのことがけっこう好きです。これから仲良くなっていきたいので、日野くんも僕のことを愛してください」と間島淳司さん。「日野くんは行動力があって、優しいし、アツい。ライブが終わったら、みんなで祝勝会とお誕生日をビアガーデンでお祝いしましょう」と小野大輔さん。近藤孝行さんは日野さんとの待ち合わせの際に大遅刻をしてしまい、ご飯を奢った時のエピソードを取り上げ、「日野君が「近ちゃんも食ってくれよ。おいしいものはふたりで食べたほうがおいしいに決まっている」と言ってくれて。友情が深まった」と語った。

次に画面に映し出されたのは、バッ●マンの姿……をした福山潤さん。「ファーストワンマンライブの記念すべきこの日があなたの誕生日……スタッフもいろいろ仕込みが大変だったでしょう。僕もハリウッドからオファーを受けて来ました」と言って会場の笑いを誘った。最後のメッセージは菅沼久義さん。「以前から共通の友達が多くて、お互いに初めて会った時に「ようやく会えた」と抱き合った思い出が……抱き合ったのは嘘なんですけど」と自らノリツッコミ。これにはふたりだけでなく、会場も大爆笑!

ここで、さらにサプライズ。立花さんが「日野くんのためにプレゼントを用意しました。そろそろ必要になるんじゃないかなと思って」とプレゼントを日野さんに手渡した。中身をチェックした日野さんは「植物生まれの……育毛美容液」とパッケージに書かれた文章読み上げ、「すっごい嬉しい!」と満面の笑顔。その笑顔を確認すると、立花さんは「アンコールしてもらって、歌を歌ってないのに終われない!」と会場に向かって叫び、アンコール曲の『キセキ』と『0の地平から』を熱唱。コール&レスポンスで会場全体が一体と化し、ボルテージは最高潮! 気づけばあっという間に2時間という時が流れていた。15曲を歌い切った彼らの表情は清々しく、汗でキラキラと光っている。「ありがとうございました!」とふたりは会場に大きく手を振り、ステージを去っていった。

暗転したステージ。オーディエンスは「もう1回!」「ER0!」と声を枯らして叫び、ふたりの登場を願う。その熱烈な想いに応え、「ダブルアンコール、ありがとうございます!」とふたりがステージに舞い戻った。「最後にみんなで一緒に燃え尽きるぞー!」と、ラストのナンバーへと突入。最後を締めくくるのは『MARIA』。ふたりの歌声にオーディエンスも声を重ね、会場の思いはひとつになった。歌が終わっても大歓声と興奮が冷めやらぬ中、ファーストワンマンライブを駆け抜けたメンバーたちは手を繋ぎ、会場に向かって一礼。「またね」という言葉を残して、『HEAVN OF NOISE』は幕を下ろした。




■セットリスト
【昼の部】
01.ヰシン志士
02.紲(キズナ)
03.戀隠れ 戀乱れ
04.MARIA
05.孤独の太陽
06.LoVe season
07.月夜の仮面舞踏会~Masquerade
08.二つの雫-namida-
09.少女と箱の唄
10.Loveless Diva
11.影踏み~afterglow~
12.小動物的反動形成
13.0(ゼロ)の地平から
<アンコール>
EN1.キセキ
EN2.Summer Snow

【夜の部】
01.MARIA
02.ヰシン志士
03.紲(キズナ)
04.戀隠れ 戀乱れ
05.孤独の太陽
06.LoVe season
07.月夜の仮面舞踏会~Masquerade
08.二つの雫-namida-
09.少女と箱の唄
10.Loveless Diva
11.影踏み~afterglow~
12.小動物的反動形成
13.Summer Snow
<アンコール>
EN1.キセキ
EN2.0(ゼロ)の地平から
EN3.MARIA


■MARINE SUPER WAVE R 2012

【日程】
2012年11月25日(日)
1回目・・・開場14:30/開演15:00
2回目・・・開場18:00/開演18:30

【会場】
渋谷公会堂

【出演】
日野聡・立花慎之介(日野聡vs立花慎之介 平成ニッポン・国取り合戦ラジオ!!)
羽多野渉・寺島拓篤(羽多野・寺島 Radio 2D LOVE)
小野大輔・近藤孝行(小野大輔・近藤孝行の夢冒険~Dragon&Tiger)
間島淳司・菅沼久義(まじポン!)

【チケット】
前売:指定席:5,500 円(税込)※未就学児童はご入場不可

【主催】
マリン・エンタテインメント/文化放送

【お問い合わせ】
ちけっとぽーと:03-5561-9001(月~金 10:00~18:00)


©MARINE ENTERTAINMENT


ELEKITER ROUND 0 3rd.ミニアルバム Summer Snow【豪華盤】 [CD+DVD, Deluxe Edition]

B0073BGBS4 ELEKITER ROUND 0 3rd.ミニアルバム Summer Snow【通常盤】

B0073BGO4A ELEKITER ROUND 0 2nd.ミニアルバム MARIA 〈豪華盤〉 [CD+DVD]

B005SYKU8K ELEKITER ROUND φ 1st.ミニアルバム 零ERφ(ゼロ)【豪華盤】 [CD+DVD]

B003XXHUGI MARINE SUPER WAVE R 2011 [DVD]

B006W4YE5K

▲ PAGETOP