ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小野賢章、小野友樹、GRANRODEOらが登壇!「黒子のバスケ」3番組連動公開録音イベント

小野賢章、小野友樹、GRANRODEOらが登壇!「黒子のバスケ」3番組連動公開録音イベント 2012年8月20日 21:39


好評放送中のTVアニメ「黒子のバスケ」。この番組のオープニングテーマ「Can Do」、エンディングテーマ「Start it right away」のCDと、Blu-ray&DVD第1巻の発売を記念して、文化放送で放送されている3番組連動公開録音イベントが8月5日(日)に文化放送メディアプラスホールで開催された。

出演は「黒子のバスケ 放送委員会」から小野賢章さん(黒子テツヤ役)と小野友樹さん(火神大我役)、「GRANRODEOのDOKI×2ラジオジャンボリー」からGRANRODEO(KISHOWさん、e-ZUKAさん)、「ヒャダインのわーきゃーいわれたい」からヒャダインさん。この3組に加え、ゲストとして木村良平さん(黄瀬涼太役)、諏訪部順一さん(青峰大輝役)が登場した。MCをヒャダインさんが務め、各番組のコーナーを番組対抗で競い合い、ここでしか見られないスペシャルな内容が展開された。


■オープニング〜トークコーナー

意気込みを語り、「アンケートコーナー」へ。ここでは、事前に会場のお客さんから集めた質問を紹介していく。

最初の質問は「現場に3人小野さんがいますが、呼び分けは?」というもの。小野賢章さん、小野友樹さんに加え、緑間真太郎役の小野大輔さんがいるので、混乱しないように音響監督は役名で呼んでいるそうだ。

「気になるキャラ」について聞かれた諏訪部さんが「テツヤ2号!」とコメントするとお客さんも笑顔でうなずく。「青春時代に打ち込んだこと」について、「ハイパーヨーヨー」「バンド」「陸上」「サッカー」などが上げられる中、諏訪部さんは「映画を撮っていました」と回答し、出演者一同を驚かせた。


■黒バス フレンドパーク!

「黒子のバスケチーム(小野賢章さん&小野友樹さん)」、「GRANRODEOチーム(KISHOWさん&e-ZUKAさん)」、「キセキの世代チーム(木村さん&諏訪部さん)」に分かれて、各番組のコーナーを使って対決していく。





<ロック グラン中学 特別編>

最初のコーナーは「GRANRODEOのDOKI×2ラジオジャンボリー」より。架空の中学「ロック グラン中学」の「ロック」な校則や風習をみんなで考えていく。リスナーのメールをボックスから引いて読み上げ、お客さんの反応が良いと“黒バス(黒のバスケット)”が授与された。

「校長はいつもスピーカーに片足を乗せて話す」「校歌にシングル、アルバム、アコースティックバージョンなどがある」などロックな回答に会場が盛り上がる。諏訪部さんは「校長先生が話の後に、『遠足は家に帰るまでが遠足です!』と叫びマイクを壊す」との回答で椅子に足を乗せ、シャウトするパフォーマンスで会場を沸かせた。

結果は全チーム2黒バスをゲット。まったく良い所を見せられなかった小野友樹さんに、小野賢章さんが「今日は僕が光で、友樹さんが影です」と「黒子のバスケ」らしい見事なコメントをして、特別に1黒バスを手にした。




<Answer right away!>

「ヒャダインのわーきゃーいわれたい」のコーナー。アニメ1クール目のエンディングテーマ『Start it right away』に乗せて、リスナーの真面目な悩みにアドリブで答えていく。ずばっと解決した人に2黒バスが進呈される。

小野賢章さんへの悩みは「お兄ちゃんがうっとうしいです」というもの。実際に妹がいる小野賢章さんは、「無視をする」と実体験からの回答。

続いて、e-ZUKAさんが「その場にいるのに気づかれません。存在をどうアピールしたらいいですか?」という悩みに「ぷぅー」と答えるが、何が起こった分からない出演者たち。e-ZUKAさんは必死に解説するが空回りしてしまう。木村さんは「緊張がほぐれるリラックス法は?」という質問に「楽しい側面だけを見る!」とビシっと答え、お客さんは納得の様子。お客さんの拍手による投票結果は全員同じくらい。ジャンケンによる対決の結果、小野賢章さんが勝利し、先ほどからの絶好調っぷりを見せつけた。



<黒ラジ インターハイ!>

「黒子のバスケ 放送委員会」のコーナー。番組が用意したいろいろなゲームをガチで対決していく。今回は誠凛高校バスケ部マネージャーの相田リコの「スカウター能力対決」と称して、ヒャダインさんの握力と「30秒間動いた歩数計の数値」を予想する。

握力について、ヒャダインさんから「吹奏楽部でピアノを弾いていた」「好きな女性のタイプを乗り物に例えると都営浅草線」とヒントのようでヒントでない情報が提供され、それを元に出演者たちは数値を予想。回答を見たヒャダインさんは「みんな僕のことナメてますね。びっくりすると思いますよ」と自信満々だ。結果は「44.9kg」で一番近かったKISHOWさんに1黒バスが進呈された。

続いて、「30秒間動いた歩数計の数値」では、参考数値を測るため、まずは小野友樹さんが挑戦。両手をばたばたさせて、左右に動き回る不思議な動きにお客さんは爆笑。予想が揃ったところで、ヒャダインさんも小野友樹さんと同じ動きを再現。途中から小野友樹さんも加わり、ステージ上でふたりの不思議なコンビネーションダンスが炸裂し、再び会場は大爆笑に包まれた。結果は「54歩」で一番数値の近かった小野友樹さんに初の黒バスが贈られた。


■フリースロー

最後は、これまでの対決で獲得した黒バスをボールに交換してフリースローに挑戦!1本シュートを決めるごとに素敵なお土産がプレゼントされる。これまでのゲームの結果、黒子のバスケチームは6黒バス、GRANRODEOチームは3黒バス、キセキの世代チームは2黒バス。

ステージ脇に用意されたバスケットゴールに向かってシュートしていく出演者たち。最多黒バスをゲットした黒子のバスケチームは、6投して、ゴール出来たのはなんと0本。室内のため、柔らかく軽いボールを使ったせいか、難易度が上がっているようだ。しかし、続くKISHOWさんは3投して2本を決める快挙を達成。格好良過ぎるKISHOWさんを見て、KISHOWさんファンの小野友樹さんは大興奮していた。木村さんは「KISHOWさんをコピー出来るかな!?」と黄瀬らしいコメントでシュートに臨むが失敗。ラストは諏訪部さんがシュートを決めて締めくくり、素敵なお土産として、暑い夏を乗り越えるためのアイテム「黒酢」がプレゼントされた。


■エンディング

最後は、「緊張しましたが、出演者たちとのトークや、お客さんに会えたことで楽しい時間を過ごせました」(小野賢章)、「皆さんと一緒に楽しめました。またどこかでお会い出来たらと思います」(小野友樹)、「今回GRANRODEOとしてこういうイベントに出るのは初めてでしたが、お客さんとの近い距離でのイベントが好きなので楽しかったです」(KISHOW)、「一時はどうなることかと思いましたが、“自称声優”の僕を応援してくれてありがとうございました(笑)」(e-ZUKA)、「最初にこのイベントの話を聞いた時は、不思議なメンバーでどうなることかと思いましたが、すごく面白かったです」(木村)、「『俺に勝てるのは俺だけだ!』。皆さん楽しめましたでしょうか?最後にシュートが入って良かったです」(諏訪部)とひとりずつ挨拶があり、イベントは終了となった。




■Blu-ray&DVD「黒子のバスケ」第2巻

【発売日】2012年8月24日(金)
【価格】Blu-ray7,140円(税込)、DVD6,090円(税込)
【収録話数】3話~5話

【Blu-ray&DVD 共通特典】
<初回特典>
◆エンドカード(3種)
◆SPECIAL CD feat.黄瀬涼太
・オーディオドラマ黄瀬編(出演:木村良平、小野賢章、小野友樹、保志総一朗)
・ボーナストラック1(出演キャストコメント)
・ボーナストラック2(「セイシュンTIP-OFF!!~MVP黄瀬ver.」歌:黄瀬涼太)
<映像特典>
・「黒子のバスケNG集」原作コミックスの大人気おまけコーナーをアニメver.で収録!
<封入特典>
ライナーノート


■Blu-ray&DVD「黒子のバスケ」第3巻

【発売日】2012年9月21日(金)
【価格】Blu-ray7,140円(税込)、DVD6,090円(税込)
【収録話数】6話~8話

【Blu-ray&DVD 共通特典】
<初回特典>
◆エンドカード(3種)
◆SPECIAL CD feat. 日向順平
・オーディオドラマ日向編(出演:細谷佳正、小野賢章、斎藤千和、野島裕史、江口拓也、井上剛)
・ボーナストラック1(出演キャストコメント)
・ボーナストラック2(「セイシュンTIP-OFF!!~MVP日向ver.」歌:日向順平)
<映像特典>
・「黒子のバスケNG集」原作コミックスの大人気おまけコーナーをアニメver.で収録!
<封入特典>
ライナーノート


©藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会


TVアニメ 黒子のバスケ キャラクターソング DUET SERIES Vol.2 [Single, Maxi]

B008B6NKQ6 黒子のバスケ 2 [Blu-ray]

B007TES3C2 黒子のバスケ 2 [DVD]

B007TES3CC 黒子のバスケ 3 [Blu-ray]

B007TES3EA 黒子のバスケ 3 [DVD]

B007TES47G

▲ PAGETOP