ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース柿原徹也、平野綾、釘宮理恵、中村悠一らが登壇!「劇場版FAIRYTAIL 鳳凰の巫女」初日舞台挨拶

柿原徹也、平野綾、釘宮理恵、中村悠一らが登壇!「劇場版FAIRYTAIL 鳳凰の巫女」初日舞台挨拶 2012年8月18日 13:44


「FAIRY TAIL」初の映画化作品『劇場版 FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-』の初日舞台挨拶が8月18日(土)に新宿ピカデリー(スクリーン1)で行われた。真島ヒロ先生(原作者)、柿原徹也さん(ナツ役)、平野綾さん(ルーシィ役)、釘宮理恵さん(ハッピー役)、中村悠一さん(グレイ役)、大原さやかさん(エルザ役)、遠藤綾さん(エクレア役)、藤森雅也監督が登壇し、作品への意気込みを語った。


今映画を見終わったばかりの観客の前に姿を現した出演者たちは、緊張と高まる思いを抱えて公開初日を迎えたことを口々に話す。真島先生は「やっと皆さんにこの作品を届けることが出来ました。緊張と楽しみな気持ちで昨日から一睡も出来ていません」と笑顔で心境を語った。


――公開初日を迎えた感想をお願いします。

柿原:TVシリーズ開始から3年が経ちました。長い間作り続けてきた作品が劇場で見られるというのは光栄です。(アニメに参加している者として)映画化は目標でした。大勢の人に楽しんで欲しいです。

平野:やっとひとつの形になったなと思っています。今作では、ルーシィがすごくセリフが多く、第1話のアフレコを思い出しました。その時の感覚を思い出しつつ、何年もかけて培ってきたものを活かせればいいなと思って演じさせていただきました。

釘宮:劇場の後ろで、ちょっとだけ皆さんと一緒に映画を見たのですが、改めてこの作品に出演出来て嬉しいと思いました。すごく「夏休み映画」という感じがして、始めから最後までワクワクドキドキ出来ます。

中村:自宅で見るのと、劇場で見るのは全然違いますね。劇場では今しか見ることが出来ないので、何度も足を運びたくなります。Blu-rayやDVDで見てもこの迫力は味わえないんですよね。

大原:家で映像資料を見た時や、アフレコの時とは違う臨場感と迫力に、(作品を)知っているはずなのに感動させられ、改めて、素晴らしい作品に関わっていたと実感出来ました。みんなの3年間の思いがここに凝縮されてますね。


――この作品に参加するにあたり心がけたことはなんでしょうか?

遠藤:皆さんが積み重ねて来たものを見て、素敵だと思いました。ルーシィとエクレアのシーンも多く、短い間でしたがFAIRY TAILの一員になれて幸せでしたね。(アフレコでは)綾ちゃんと、エクレアとルーシィとして上手く関われたと思いました。また、皆さんに引っ張ってもらいましたね。

藤森:今回、劇場版を製作するにあたり、冷静になり過ぎずに熱気のある部分はそのままどんどん行こうと心がけ、理に落ちすぎないようにしました。また、作品をよく知る声優の皆さんに意見を言われたら従おうと思ってアフレコに臨みました。皆さんに意見をいただき、特に柿原さん、ご指導ありがとうございました(笑)。

柿原:みんなで良い作品を作りたいという思いから、言っちゃいました(笑)。


――マガジン連載開始から、アニメ化、劇場化と作品を見続けて来た真島先生はいかがですか?

真島:一番後ろの席で見ていたのですが、良いところで呼び戻されちゃいました(笑)。ストーリーを全部知っていても面白いと思える熱く素晴らしい作品だと思います。皆さんもそう思ってもらえたら一番嬉しいです。


――最後にメッセージをお願いします。

柿原:アニメは30分弱ですが、この劇場版は90分という長い尺でひとつの大きなストーリーを繰り広げています。劇場にいらっしゃった皆さんにしか楽しむことが出来ません。皆さんと一緒になって、作品が成長していってもらえたら嬉しいと思います。2度3度と足を運んで作品を応援してください。

藤森:劇場版は、真島先生の新作描き下ろしマンガを読むような快感を皆さんに味わって欲しいと思い作りました。ファンの皆さんに受け入れてもらえると嬉しいです。

真島:感無量過ぎて、涙が出そうです。本当にありがとうございます。その一言に尽きます。





■「劇場版 FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-」

2012年8月18日(土)ロードショー!

【スタッフ】
原作:真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:藤森雅也
脚本:十川誠志
制作:A-1 Pictures
配給:松竹

【キャスト】
柿原徹也、平野綾、釘宮理恵、中村悠一、大原さやか、佐藤聡美、堀江由衣、遠藤綾、かないみか、ますだおかだ、吉木りさ 他


<あらすじ>
“魔法と気合”で日々、様々な依頼を解決している魔導士ギルド・「フェアリーテイル妖精の尻尾」!! 炎を自在に操るドラゴンスレイヤー滅竜魔導士のナツ、ナツの相棒で話せて飛べる猫(!?)のハッピー、星霊魔導士のルーシィなど、個性豊かなメンバーが集うお騒がせなギルドだ!! ある日、飛び込んできた依頼は、「とある港町に巣食う盗賊団のリーダー・ギースを捕まえてほしい」というもの。高額の報酬を期待して意気揚々と依頼に乗り出すナツたち……しかし、ルーシィのミスから目の前でギースを取り逃がしてしまう。依頼の失敗に一人落ち込むルーシィ……その帰り道、彼女はエクレアという謎めいた少女と不思議な鳥・モモンに出会う。なんとエクレアは記憶をなくしていて、唯一覚えていることは、手元にある「ほうおうせき鳳凰石」をどこかに届けなければならないということだけ!! 魔法が嫌いというエクレア、そして鳳凰石に隠された秘密……。この出会いをきっかけに、今、「フェアリーテイル妖精の尻尾」に、かつてなき強大な敵、そして邪悪な陰謀が立ちはだかる!!



©真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイル製作ギルド


劇場版『FAIRY TAIL-鳳凰の巫女-』エンディング主題歌「ずっと きっと」 (ルーシィCV:平野綾) [Single, Maxi]

B008B4A81S Just Crazy (初回限定盤 CD+DVD) [CD+DVD, Limited Edition]

B007IQN290 FAIRY TAIL(34) (講談社コミックス) [コミック]

4063847195 (仮)劇場版『FAIRY TAIL-鳳凰の巫女-』オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack]

B008B4GCU4

▲ PAGETOP