ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース皆川純子、諏訪部順一、緑川光、堀江由衣らが出演!「バトルスピリッツ ソードアイズ」制作発表記者会見

皆川純子、諏訪部順一、緑川光、堀江由衣らが出演!「バトルスピリッツ ソードアイズ」制作発表記者会見 2012年8月 8日 19:55


9月9日(日)より放送がスタートする「バトルスピリッツ」シリーズの第5弾「バトルスピリッツ ソードアイズ」。この制作発表記者会見が行なわれた。本作は、12本の剣(ソードブレイヴ)をめぐり、数々の国々を駆け巡る壮大なバトルアドベンチャーとなっている。

記者会見には、皆川純子さん(ツルギ・タテワキ役)、諏訪部順一さん(ブリンガー役)、緑川光さん(白夜王ヤイバ役)、堀江由衣さん(キザクラ役)、速水奨さん(ガルドス役)、立花慎之介さん(ジャスティス立花役)、小山力也さん(ナレーション)、渡辺正樹監督が登壇し、作品の魅力や見所などを語った。


――作品の内容やポイントについてお願いします。

渡辺監督:前作までは、日常のシーンから異世界に飛ぶ形だったのですが、今作は最初から異世界で物語がスタートします。
ツルギは世界中に散らばる6本ずつの光と闇の剣(ソードブレイヴ)を集めるため、また幽閉された母・グレナダを助けたいという思いを持って旅に出ます。光側と闇側に分かれて戦うのですが、その主軸となるのがツルギとヤイバですね。
明るく楽しい話にしようと思っているので、重くなり過ぎず、アニメを見て主人公たちと楽しく冒険出来たと思ってもらえるような作品にしていきたいです。


――演じるキャラクターについて説明をお願いします。

皆川:主人公・ツルギ役を演じています。彼は熱血で明るい少年ですが、出生などに秘密を持っていて、どこか影があります。本作は、カードバトルが見所なのはもちろんのこと、キャラクター達の背景もしっかりと描かれるのでそちらも楽しみにしていてください。

諏訪部:ブリンガーはツルギと共に行動し、ツルギを守るカードバトルドロイド(ロボット)です。当初は感情の起伏がないのですが、ツルギと共に行動するうちにどういう風に変化するか見ていて欲しいです。
「バトルスピリッツ」シリーズに関わるのは今作で4作目で、前2作ではナレーターとして参加していたため、久々のキャラクターでの出演となり緊張していますが、良いキャラクターに育つよう頑張っていきたいです。

緑川:ツルギの兄・ヤイバを演じています。彼はツルギとは敵対する関係にいます。カードのカテゴリには色によって様々な属性がありますが、彼は闇の白デッキを使います。(スピリットは)メカの多いデッキとなっていて、僕はロボットが好きなので、嬉しいカテゴリを与えていただきました。「バトルスピリッツ」のカードゲームはまだ始めたばかりなので、徐々に馴染んでいければと思います。

堀江:キザクラを演じています。彼女は第3話から、お菓子大好き少女の集団「スイーツメイツ」のリーダーとして登場します。彼女のカテゴリ(属性)である「黄色」は魔法をよく使うので、(容姿が)魔女っ子っぽいのかなと思ってます。今後、ツルギとどう関わっていくのか、どんな風に戦い、成長していくのか楽しみです。

速水:まだ3話分しかガルドスを演じていないので、確かなことは言えないのですが、良い人ではありません(笑)。僕はこれまで、サンライズ作品ではロボットか悪い人しか演じていないので、今回はおそらく後者だと思っています。ストーリーとしてバランスが良くなるように、敵キャラとしてしっかり存在をアピールしていきたいと思います。

立花:ジャスティス立花は、世界の成り立ちを説明する立ち位置で、ツルギ達の行く先を示していきます。彼は今のところ、デッキを持っていないので、どういう風にバトルをしていくのか楽しみです。 今回初めて、「バトルスピリッツ」シリーズに出演するのですが、3年前から「バトルスピリッツ」をプレイヤーとして遊んでいたので、ようやくアニメに関われて嬉しい気持ちでいっぱいです。これから頑張っていきたいです。

小山:ナレーションなので、デッキはおろかイラストもありません(笑)。でも、プロモーションビデオでは名前があって嬉しかったです。ナレーションは難しいことを格好良く言うのが大変ですが、一生懸命早口で言おうと頑張っています。昔、「仮面ライダー」のナレーションに熱狂したので、それに追いつけ追い越せとばかりに頑張ります。


――「バトルスピリッツ」シリーズ初参加の方にお聞きします。作品に触れてみていかがでしたか?

皆川:役者仲間が夢中になって「バトルスピリッツ」をやっているのを、(以前から)客観的に見ていたんです。まさか私が関われると思っていなかったのでびっくりしています。しかし、主人公としてやらないわけにはいかないということで、プレイし始めました。ゲームとしての入り口は難しかったのですが、慣れると楽しいですね。早く上手くなって諏訪部さんや立花さんなど強い人たちをやっつけたいです!

緑川:とにかくプレイ回数をこなさないと楽しめないと思いました。カードの疑問点を(経験者の)諏訪部さんに聞いたりして、アフレコの空き時間に勉強しています。普通の現場では、そういうことをしていると怒られますが、カードゲームありきの作品なので申し訳ないと思いながら勉強させていただいてます。ゲーマーの僕としてはパラダイスな現場です(笑)。

堀江:以前、「バトルスピリッツ」を収録している隣のスタジオで収録をしたことが何度かあったのですが、みんなでゲームをしたりお菓子を食べていて、ずっと楽しそうな現場だと思っていました。お菓子を分けてもらったこともあります(笑)。憧れの現場に参加させていただけて嬉しいですね。皆さんが熱狂しているので、早くカードゲームのやり方を覚えて参加したいなと思っています。

速水:どの作品でも、台本を読んで内容が理解出来ないことはほぼなかったのですが、この作品は辞書を引いても分からなかったです(笑)。つまり、実際にプレイしてみないと分からないんですよね。(このゲームに)年齢制限はないそうなので、今日から僕もゲームをしたいと思います。皆さんも一緒にやりましょう!

立花:(今回の登壇者の中で)諏訪部さんと僕は「バトルスピリッツ」歴が長いのですが、こうやって新しい方たちがカードゲームをやってくれるのはすごく嬉しいです。僕がやり始めた頃よりルールが増えて難しくはなっているのですが、根本にある楽しさは変わらないので、少しずつみんなとやっていけたらなと思います。
ルールを覚えた方はぜひ「立花塾」に入塾していただきたいです。ただし、「カードの効果はくらって覚えろ」という方針なので厳しいですよ(笑)。


――「バトルスピリッツ」シリーズ最大の魅力はなんでしょうか?

諏訪部:シリーズごとに毎回魅力的なキャラクターがいて、主人公だけでなく、まわりのキャラクター達が描くドラマが見所ですね。昨今、1年を通して放送する作品は珍しいので、じっくり長い時間をかけてキャラクターが育っていくのを視聴者の皆さんに感じていただきたいです。一緒に思い出として、ドラマを共有出来る作品だと思います。

立花:スピリットのCGがすごく格好良く動くのもこの作品の特徴だと思います!

皆川:今回ツルギやヤイバはグライボードに乗ってバトルをするのですが、臨場感がすごくありますね。男の子はこういうアニメは好きだと思います。


――諏訪部さんと立花さんが使ってみたいデッキと、初心者の方にお勧めのデッキはなんでしょうか?

諏訪部:9月8日(土)に発売となるツルギとヤイバのスターターキットが、バランス良く強いデッキなので、初めての人にお勧めです。個人的にはテクニカルな感じで強いデッキが好きです(笑)。

立花:今作から新しい効果が増えるので、それを体験するにはスターターキットを買ってもらうのがいいと思います。それ以外では、ツルギの使う赤のデッキは使い易く、初心者にも分かり易いのでお勧めです。僕は、黄色のデッキのように、相手の手を読みつつ裏をかけるテクニカルなデッキが好きです。


――演技のポイントや注目して欲しいポイントをお願い致します。

皆川:ツルギは最初の3話では、だいたい叫んでいます。メインスピリットの「輝龍シャイニング・ ドラゴン」を召喚する時は、特に頑張って演じていますので注目してください。

諏訪部:ブリンガーは力強さと朴訥(ぼくとつ)さの2点に注目して欲しいです。現段階ではロボットなので感情の起伏を出さずに演じるのは大変なのですが、ツルギとの交流の中でどう変わっていくか見ていて欲しいです。

緑川:戦闘シーンですね。戦闘シーンのCGは力が入っていますし、それがさらに格好良くなるよう演技で花を添えたいと思います。

堀江:キザクラは、ツルギにずっと同じことを繰り返してイラっとされたりもしますが、可愛らしく元気な女の子なので、じっくり見守っていただけたらと思います。

速水:ガルドスはヤイバの臣下としての立場と、人間の持つ野心が垣間見られるようなキャラクターです。ガルドスの平面的ではなく、立体的な生き方を出せればと思います。

立花:ジャスティス立花は、物語の中核に触れていく動きに注目して欲しいです。お茶目な部分も話が進むうちに出てくるらしいので、面白おかしい部分も期待してください。

小山:やっぱりナレーションです!(笑) カードゲームの楽しさと壮大なバトルシーンで、良い子のみんなに熱狂して欲しいですね。CGがすばらしいので、見ていて一緒に戦っているような躍動感を、影から支えられればと思います。


――ありがとうございました。


また、「バトルスピリッツ ソードアイズ」では、新人ユニット「i☆Ris(アイリス)」がエンディングテーマ『Color』を担当することが発表された。

その他、9月3日(月)から9月9日(日)の7日間、JR新宿駅構内 アルプスの広場周辺壁面に「バトルスピリッツ ソードアイズ」の巨大ポスターが出現する。このポスターには日替わりでキャラクターカードが貼付けられており、誰でもはがして持って帰ることができるようになっている。

9月9日(日)より始まる新シリーズ「バトルスピリッツ ソードアイズ」の放送を楽しみに待っていて欲しい。


■「バトルスピリッツ ソードアイズ」

2012年9月9日(日)7:00放送開始!

【スタッフ】
企画:サンライズ
原作:矢立肇
監督:渡辺正樹( 「バトルスピリッツ覇王(ヒーローズ)」)
シリーズ構成:冨岡淳広( 「ポケットモンスター」シリーズ、「イナズマイレブン」)
キャラクターデザイン:稲吉智重 (「舞-HiME」作画監督、「アイドルマスター XENOGLOSSIA」作画監督)
スピリットデザイン:今石進、丸山浩、寺島慎也、ヒラタリョウ
メカニックデザイン:やまだたかひろ
CGディレクター:井上喜一郎
CGプロデューサー:柴田英樹
音楽: 瀬川英史
音響監督:藤野貞義
ゲームデザイナー:マイケル・エリオット
アニメーション制作:サンライズ
制作:メ~テレ、サンライズ、ADK

【キャスト】
ツルギ:皆川純子
キザクラ:堀江由衣
ハガクレ:福山潤
ソラ:小野友樹
スオウ:阪口大助
ジャスティス立花:立花慎之介
ヤイバ:緑川光
ガルドス:速水奨
グレナダ:根谷美智子
ゴーディー:家中宏
ブラウ:安元洋貴
アマレロ:神田朱未
リローヴ:浪川大輔
ブリンガー:諏訪部順一
ナレーション:小山力也


©サンライズ/BANDAI・メ〜テレ


バトルスピリッツ 剣刃編 第1弾 【聖剣時代】 ブースターパック [BS19] (BOX)

B008O20Y70

▲ PAGETOP