ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース茅原実里・初のアリーナライブ 『アニメロミックス Presents Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation supported by JOYSOUND×UGA』レポート

茅原実里・初のアリーナライブ 『アニメロミックス Presents Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation supported by JOYSOUND×UGA』レポート 2012年7月31日 12:03


4月7日(土)の伊勢原市民文化会館を皮切りに全国14都市15公演の『アニメロミックス Presents Minori Chihara Live Tour 2012 D-Formation supported by JOYSOUND×UGA』ツアーを行ってきた茅原実里さん。

6月16日(土)に幕張メッセイベントホールで『アニメロミックス Presents Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation supported by JOYSOUND×UGA』が開催された。今回はこのツアーの集大成ともいえる模様をお伝えする。

『Minori Chihara Live 2012 PARTY-Formation』の模様はこちら




会場は開演前から大興奮。青のペンライトを振りかざして茅原さんの登場を待ちわびていた。やがて『D-FORMATION』が流れはじめるとステージに茅原さんのシルエットが浮かび上がる。『Dream Wonder Formation』のイントロが始まり「幕張行くよ!」の掛け声とともに幕が取り払われ、客席のボルテージは一気に上がる。続く『X-DAY』『嘘ツキ ParADox』と独特の世界観を歌い上げた。

「楽しみにしていた初のアリーナ公演、今日は最後まで楽しんでいってください。」との挨拶に会場は大きな声援で応えた。スポットライトに照らされながら『雪、無音、窓辺にて。』を歌う。さらに劇場アニメ「涼宮ハルヒの消失」主題歌『優しい忘却』では会場が静けさに包まれ歌声に聞き入った。続く、『Metamorphosing Door』では、観客へ「ありがとう」と声をかけながら歌い、『Planet patrol』では、「みのりんポリスに逮捕されたい!?」と思わせられるような可愛い振付に客席もメロメロだ。



MCでは「今日のULTRA-Formationは4月からスタートした全国14都市15公演のD-Formationツアーの集大成ということで、悔いのないライブをしたいと思います。」と意気込みを語った。今回から新メンバーを迎えたバンドもツアーを重ねることで家族みたいに仲が良くなり、楽屋は笑顔であふれていたという。「新しい力を手に入れましてパワーアップできたと思います。今日の私の全てをかけて歌っていきたいと思います。」と決意を新た『KEY FOR LIFE』を披露し、客席は黄色く染まった。

ここで、ツアーでは2曲ずつ披露されていた『Flame』『覚醒フィラメント』『too late? not late...』『mezzo forte』『蒼い孤島』『輪舞-revolution』の6曲をメドレーで歌い上げる。



そして、バンドメンバーによるインストルメンタルの後、茅原さんは真っ赤なドレスに着替えて再登場。『この世界のモノでこの世界の者でない』『IDENTITY』『Celestial Diva』を続けて披露し、D-Formationツアーを振り返り思い出を語った。



ツアーでは歌われてこなかった『君がくれたあの日』のイントロが流れると客席は異常なまでに盛り上がりをみせる。『Defection』では観客との掛け合いがステージの一体感を感じさせた。『暁月夜』ではバイオリンをフューチャーした曲を歌いたいという茅原さんの願いから、ストリングスアレンジを室屋光一郎さんが手掛けた楽曲で、バイオリンソロが秀逸だ。

「1期に続いて歌わせていただけるのが嬉しくてたまらない」という7月11日(水)にリリースされたTVアニメ「境界線上のホライゾンII」のOP主題歌『ZONE//ALONE』を披露。そして、『Paradise Lost -at next nest-』『TERMINATED』『Tomorrow's chance』とアップテンポな曲で駆け抜ける。

茅原さんのライブといえばやはり旗曲。今回のアルバムでは楽曲製作にI'veが参加しており、新たな旗曲となった『アイノウタ』。旗を振る動きが「バイバイ」と手を振る動きに似ていることから、「バイバイから次の目標や、夢に向かう」というポジティブな歌詞にしたという。曲中の掛け合いもバッチリでサビは観客とともに合唱した。最後に花びらのような紙吹雪の中、『夢のmirage』が歌われ、「今日は本当にどうもありがとうございました」の言葉と共にステージを去った。



観客からアンコールの声が上がり、茅原さんは再びステージに戻ると「しまって行こうぜHYPER NEW WORLD」の掛け声とともにトロッコへ乗り込み、客席を周遊しながらボールを投げ込む。そして『Best marks smile』&『Lush march!!』の旗曲メドレーを披露。

『純白サンクチュアリィ』を歌い終え「言葉にならないです。今すごい幸せな気持ちでいっぱいです。どうもありがとう。ライブも、みんなの笑顔も、CMB(Chihara Minori Band)も、スタッフもみんな最高。たまりません」と感想を述べる。

ここで、2012年8月4日(土)&5日(日)に 河口湖ステラシアターでの『SUMMER CAMP4』が発表され「気づけば4年連続です。是非是非、今年の夏も暑い時間を一緒に過ごしましょう」とコメント。今回のツアーについて、バンドメンバーの一新は「自分が成長するためにはどうすればいいのか」と考え、自ら決めたという。「このツアーでまたちょっと強くなれた気がする」と語った。



ラストは『Freedom Dreamer』。「一緒に飛ぶよ、一緒に歌うよ」との掛け声で今日一番の盛り上がりを見せた。「何回ありがとうと言っても言い足りないくらいです。初めてのアリーナ公演ということで不安もいろいろあったけれど、絶対成功させたいなと思っていました。無事に終わることができて本当にうれしいです。どうもありがとうございました。また素敵なアルバムを作ってツアーができたらいいなと思います」と次のライブへの意欲を見せた。最後に「最高のライブになりました。今日は本当にどうもありがとうございました。みんなー。大ー好き♥」と締めくくった。


■セットリスト
01. D-FORMATION
02. Dream Wonder Formation
03. X-DAY
04. 嘘ツキ ParADox
- MC -
05. 雪、無音、窓辺にて。
06. 優しい忘却
07. Metamorphosing Door
08. Planet patrol
- MC -
09. KEY FOR LIFE
10. 6曲メドレー
  1. Flame
  2. 覚醒フィラメント
  3. too late? not late...
  4. mezzo forte
  5. 蒼い孤島
  6. 輪舞-revolution
11. Band Inst.
12. この世界のモノでこの世界の者でない
13. IDENTITY
14. Celestial Diva
15. 君がくれたあの日
16. Defection
17. 暁月夜
18. ZONE//ALONE
19. Paradise Lost -at next nest-
20. TERMINATED
21. Tomorrow's chance
22. アイノウタ
23. 夢のmirage

<ENCORE>
EN1. HYPER NEW WORLD
EN2. 旗曲メドレー
  1. Best marks smile
  2. Lush march!!
EN3. 純白サンクチュアリィ
EN4. Freedom Dreamer



ZONE//ALONE [Single, Maxi]

B007TL2B5K D-Formation(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) [Limited Edition, CD+Blu-ray]

B006RWMEWM Message 04 [DVD]

B0070YG2K6

▲ PAGETOP