ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【不定期連載コラム】『おたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwwwwwwww』第2回(ゲスト:桃井はるこ)

【不定期連載コラム】『おたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwwwwwwww』第2回(ゲスト:桃井はるこ) 2012年7月13日 20:41


おたっきぃ佐々木(以下おた):はい!ご無沙汰でした!おたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwww
かつてのアニラジグランプリなどご存知の方は話が早いんですが、ラジオをテキスト化してして再録というコーナーがありまして、アレの逆をやっちゃおうという企画でございます。

おた:それでは早速今日の一曲目はUNDER17のナンバーから。天罰エンジェルラビィ!

(天罰!エンジェルラビィ/UNDER17)

おた:今日のゲスト桃井はるこさんです!
桃井はるこ(以下モモーイ):あ、どうも、こんばんは!モモーイこと桃井はるこです(´∀`)
おた:どもー、お久しぶりです。今日はよろしくお願いします。
モモーイ:こちらこそ宜しくお願いします(´∀`)
いやあ、ラジオですね、これ!
おた:ラジオっぽいでしょwwww
モモーイ:これは…流行る!!!!!!wwwww
おた:流行るといいなあwwwwwww
モモーイ:ああ…わたしも草生やしちゃった…
おた:おkwwwwwうはwwwwww
モモーイ:ちょっwwwwwうはwwwwwまあ、番組タイトルにあやかってwwwww
おた:がんがん緑化する方向でwwwwww
モモーイ:そうか、テキストだから草も生やせると。
おた:顔文字とかも使えるからラジオとはちょっと違ったことも出来るのねwww
モモーイ:なるほど。しかしおたさささんと公の場ってこれまたすごいですね、超久しぶりですよね!わたしはそれがうれしいぞ。
おた:いつ以来になるんだろうwwww
モモーイ:もうね、記憶にないくらい。あ、あのへんかなあ。ごくらくもえもえステーション!
この帯のタイトル、当時としては画期的だったんですよね。2003~4年くらい?もっと前?ですね。
おた:そんくらいだったかなぁwwwもう10年前かwwww
モモーイ:ぐえーーーーーバタッ…10年とかうけるwwwwwディケイドじゃないですかwwwww
おた:実はね、自分のディレクターした中で自分で聞きたい番組No.1はぽぽらじだったりするのよwwww
モモーイ:おおー!そうなんですか!オープニングのラジオドラマを「ぽ」だけでやるとか、画期的な番組だったんですよ。
おた:うんwwwあの最高にバカな(褒め言葉)ことやってた感じがねwwww
モモーイ:楽しかったですねー、公開録音とかもあったなぁ…
おた:楽しかったねwwwwますみんが大暴れでwwww
あの三人(浅野真澄、大原さやか、桃井はるこ)のバランスの良さはすごかったwwww
モモーイ:わたしは初めてのラジオ番組が、98年くらい?で、まだ四ツ谷にあった頃の文化放送で、それまではおたっきぃ佐々木という人は、それこそアニラジ雑誌で見たとかラジオで聴いてる人だったわけです。
おた:モモンガーだっけ?
モモーイ:そうです!小野坂桃井の電脳戦隊モモンガーですね。
おた:俺の方は俺の方でモモーイという人はゲーム雑誌なんかに載ってる人ってイメージがあったwww
モモーイ:まじでwwwいやあ、ゲーム雑誌、PC雑誌にはよく載ってましたね。「このゲームがすごいプレイステーション版」とか(笑)
いまだにブックオフによく置いてある…わたしのときメモの藤崎詩織コスプレが載っている…。
おた:あったあったwwwそれこそまだもあいはるこ時代かなぁw
モモーイ:そうですね、もあいはるこは1996~7年ですね。今見ると( ´_ゝ`)フーンって感じですけど、自分で言うのもなんですけど、当時としては画期的っていうか、バカだったんですよ、コスプレしてそのへんの公園で撮影してね(笑)
おた:いや、画期的でしょwww今でこそたまにアキバで見かける風景だけどwww
モモーイ:そうですよね。なので、90年台後半は、ライター仕事が多かった、というか、他の仕事が少なかった(笑)音楽とか、それこそラジオとかしたかったけど。
んで、わたしは秋葉原のゲーム屋さんやCD屋さんに通っていたから、アキバ系を名乗るようになった。
おた:アキバ系って言葉自体そんなに確立してなかったよねw
モモーイ:で、当時としては佐々木さんの名前にもう、びっくりしたわけですよ。「おたっきぃ」とか自分で言ってるよこの人wwwwwみたいな。
今からは想像できないネガティブワードだったんですよ、当時のオタクって。
おた:フヒヒwwwwwサーセンwwwwww
モモーイ:ほんと、ありえなかったwwwしかも公共の電波で。すごいなーと思ってました。
おた:まあそうだよねwww覚悟ないかバカじゃないと出来ないwwww
モモーイ:そうですよー。で、文化放送で…今はもうない、教会だったんですかね?あそこ。ちょっとレトロな建物の…。
おた:そうそうw四谷の元教会の建物。あそこの四階の会議室で多分初対面ですよねw
モモーイ:そうそう!会議室っていうか…なんか…部屋…ありましたよね?佐々木さんの私物がいっぱい置いてある(笑)
おた:あそこはJCM打ち合わせ室とかだったかなぁw
モモーイ:佐々木さんの私物のCDが超いっぱい置いてあって…「アニソン特ソンでかからない曲ないようにしたいから…」とか言って(笑)
おた:じわじわとロッカー侵略してったwww
モモーイ:はいぃ。実際、リクエストあっても盤が局にないとかけられないですからね。すごいと思いましたよ。独自のアーカイブが。
…まあ、この番組は曲かけ放題ですけど(笑)
おた:今だとハードディスク一台でいいから時代は変わったよなぁwww
モモーイ:いやあ、でも、歌詞カードの適当な感じ(笑)とか、CDにしかない重さってありますよね…時代は変わったぜ…10年も経つと。
おた:wwwwww
モモーイ:CDといえば、わたしは佐々木さん作詞のCDをけっこう買っていて(笑)あの曲いまだによく聞きますよ、「いつか重なりあう明日へ」
あれはね、名曲!
おた:Skr@tchナツカシスwwwwwww
モモーイ:そうそう、このユニット名も、アットマークつけるとか、早すぎるんでね(笑)まだピピンですか?とか言われるような頃ですよwww
おた:あれはw@r3zとかそういうあたりのとこからゴニョゴニョwww
モモーイ:ああ、そういうあんぐらーなとこからだったのかwww女の子三人組でしたね
おた:うん。古本さんの番組から出てきた三人で、いろいろと柵とかありつつごにょごにょwww
モモーイ:しかしほんとにあれはいい曲。あれは…なんで佐々木さんが作詞してるんですか?(笑)いまさら裏話をきく(笑)
おた:いや、ほんとなんか成り行きでwwwwwってか俺ゲストみたくなってるwwwww
モモーイ:うはwwwwwwwwほんとですねwwwよくある現象であるwww
おた:さて、そんなモモーイと語るおたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwwww よろしくお願いします。

おた:提クレ この番組は提供とかしてくれる人を募集中です」

Blu-ray Disc/DVD『ゆるめいつ3でぃ』発売中!
Blu-rayには桃井はるこ作詞作曲の『とびだせ!3D』が収録されている主題歌CDが付属します!


(ジングル おたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwww!)

おた:さて、そんなわけで桃井はるこさんことモモーイを・・・あれ?逆かwwww
モモーイ:どっちでもinwwww大丈夫です(笑)宜しくお願いしまーす!
おた:よろしくお願いしますwwww
モモーイ:やばい、脳が90年代脳に…
おた:さて、twitterの方でメールを頂いておりますのでちょっといってみましょうか
モモーイ:おおー嬉しいですね!
おた:こちらはkomugimaruさんからいただきました。
モモーイ:ありがとうございます!
おた:桃井さん、息子にコントローラー独り占めされたパパさんこんばんわ! 第一回の榎本あっちゃんゲスト回も濃かったですが、今回のゲストさんはさらに濃密なトークが期待できそうですね(笑)
ガチヲタ同志どんな展開になるのか楽しみです!
モモーイ:おおー!榎本さんはねぇ、わたしの声優初主演作の小麦ちゃんマジカルてでも、共演させていただいたんですよ、恵っていうグラビアアイドルでね、あっちゃんが。
おた:おお!小麦ちゃんが初主演だっけ?
モモーイ:そうです!よく喧嘩のシーンアドリブでやりましたよwwwww楽しかったですねえ。
ザ・ソウルテイカーで声優デビュー、スピンオフの小麦ちゃんで初主演…
おた:なんというトントン拍子wwwww
モモーイ:今考えても信じられない(^^;)ありがたいことです本当に。デビュー時は本当に右も左もわからないですからね。マイクへの入り方とかも現場で教えていただいたという…
おた:初めてのアフレコって覚えてる?
モモーイ:はいぃ。よく覚えています…。普通、見学とかレッスンとかしてからアフレコするじゃないですか。
おた:うん。
モモーイ:わたし、アフレコ現場に行くこと自体が初めてだったんですよ。
おた:マジでwwwwwwwwwwwww
モモーイ:「そのほうがおもしろいから」とか言っていただいて。
おた:おもしろいのはwwwwwプロデューサーさんだろうwwwwwって言ってやるべきwwwwwwwwww
モモーイ:なので、その場で本当に色々なことを教えていただきました、先輩方に。ほんと今考えるとおそろしーwwww
おた:あの空気感って独特だよねwww
モモーイ:でも、今考えたら超一流の方々の中で最初からできたのはほんとに恵まれてたと思いますよ。色々なものを盗んだ…っていうか、教えていただきましたねー。
おた:すぐに慣れた?
モモーイ:未だに慣れない(笑)やっぱり独特な緊張感がありますよ。アニメってみんなで作るものなんで、どこか自分の声であって自分の声じゃないような、でも自分の感情ものっけつつどこか冷静なような、声優業は不思議でだからこそ他の仕事と違って面白いですね。
今オンエア中の「ゆるめいつ3でぃ」でも初心を忘れずやってます。
おた:お、ゆるめいつといえば、メール来てますよw
モモーイ:おおお、紹介してくださいっ!
おた:r_aboutさんから頂きました。拝啓モモーイさまwwゆるめいつ3でぃのゆるめが毎日が日曜日な感じでとてもゆるくて
自分も殺伐とした日常を忘れゆるーい一時を過ごせて最高でしたwwそこで質問なのですが、完全オフの時は何をしてリラックスしていますか?
モモーイ:ゆるめいつ3でぃ観てくださって嬉しいです~(´∀`)
ホント、力の抜けた、でも作画にはやたら気合がはいっている、愛情がこもっている、いいアニメ作品なんですよ(´∀`)
おた:でも中の人は完全オフとかあんまりないでしょwww
モモーイ:いや?あー…でも、最近は曲作りが、ありがたいことに、多いので、そういわれると…ぜんぜんないのかも~(笑)
おた:作品自体にはゆるーい空気流れてるけど、アフレコ現場もちょっとそんな空気流れたりした?
モモーイ:いや、それが、作品自体が5分枠なんで、けっこう時間経過が多いんですね、シーンに。
なので、実はやっているほうはけっこうあわただしいwww気持ちの切り替えが(^^)
おた:そっかwww
モモーイ:時間経過を表現しないといけないんで。
おた:なるほどwwww
モモーイ:でもそのシーンいっぱいはゆるーく演じてますけどね。なので面白いですよ。ゆるいんだか忙しいんだか(笑)
個人的に、ゆるめいつ3でぃは「時間経過」がキモだと思うんですね。作品の。そのへんの演技を来にしながら見ると通になれるかも(笑)
おた:結構キャストの面々はにぎやかそうな人たちじゃないですかwww
モモーイ:そうなんですよー。桑谷夏子ちゃん、松来未祐ちゃん、日野聡さん、あと、新シーズンから竹達彩奈ちゃんが加わって(^^)賑やかですよー♪
おた:そういえば某所のゆるめいつイベントの記事で噴いたこと思い出したwww
モモーイ:あ、なぜかイベント、こたつに入ってやったやつですかね(笑)
おた:そうそうwwwwwwwwwww
モモーイ:そのへんもね、おかしいんですよ(笑)このあいだはね、ニコ生で、スイカ割りをしたんですよ。
おた:( ・∀・)イイ!!
モモーイ:アニメの中に「スイカ割れ」っていうエピソードがあるんでね。室内でスイカ割りをするという。 おた:そういうの好きだわぁwww
モモーイ:わたしがやりたいやりたいって言ってやらせてもらったんですけど、ただ、スイカを割るんじゃ面白く無いなーと。
おた:を?
モモーイ:で、当日、わたしの私物の、バリバリ使ってるケータイを2台、スイカの横に置いておいたんですwwwんで、ゲストの「しばいぬ子さん」の佐々木未来ちゃんに、みんなのコメの指示を読んでもらってね、「右、右!左、もうちょっと前!」とか言って(笑)
おた:何そのゆるくない現場wwwwwwww
モモーイ:で、見事にケータイは割らずにスイカは無事割れたんですけど…スイカの汁がね、とびちるんですよ、周囲に(笑)けっこう激しかったんで。
おた:あーwwww
モモーイ:で、ケータイがべったべたになった(笑)未だにスライドがカタい(笑)
おた:ご愁傷様ですwwwww
モモーイ:でもいいんです(笑)というようなね。ゆるめいつです(笑)
おた:それってDVD特典とかになったりするの?
モモーイ:なりません(笑)
おた:すればいいのにwwwwww
モモーイ:折角だからしてもらいたいくらいだwww
おた:それじゃここで一曲!Blu-ray Disc ゆるめいつ3でぃについてるCDからお送りしましょう!桃井はるこでとびだせ3D!

(M とびだせ!3D/桃井はるこ)
ゆるめいつ TVアニメ版3でぃ(Blu-ray Disc)

モモーイ:で、そうだ、オフの話だったー
おた:そうそうwww忘れてたwwwww
モモーイ:オフの日は意外と外にでますよ。変なTシャツを探す旅に出たりとか。先日原宿の古着屋で、変なTシャツを見つけて。
「I workout everyday!」って胸に書いてあるんですけど、下にWiiのコントローラが描いてある(笑)
wiiフィットかよ!みたいな。
おた:wwwwwwwwwww
モモーイ:でも、なんかその時は、買わなかった、店内が混んでたりして。で、店を去ると、ほしくなってくるんですよね。まだあるかな…
おた:SHOP33とか思い出すねwwww
モモーイ:ぅわ!懐かしい!吉祥寺とか原宿とかにあった…原宿のお店のつくりが好きでした、クリーニング屋さんかなんかだった建物の。
ゲームをモチーフにしたなんか、色々売っていた。ナードコアのCDとか…。
おた:結構あの辺着るの勇気いったよねwww当時はwww
モモーイ:あ、でも、ナードコアの話で、この話をしたくなってしまった。
おた:お?
モモーイ:さっきちょっと佐々木さんの作詞の話をしていましたけど…
おた:うん。
モモーイ:POAROさんの「once upon a time in AKIHABARA」って曲、あれはやばかったです。
「やられた!!!!!!!!wwwww」と思いました、当時。
おた:懐かしいなwwwwやったやったwww
モモーイ:「♪秋葉原へ行くのさ~…1日くらい食わなくても死なない~」ってやつ。
未だにあれ以上に、オタクの秋葉原での高揚感を具体的かつアッパーに歌った曲はない…というか、あれ以降はムリ。やられてしまった。
おた:あれは自分含め数人の知り合いヲタの生態を羅列っていう画期的な歌詞でしたwww
モモーイ:あれはすばらしい。
おた:いや、モモーイもアキバレンジャーで歌詞の中で草生やしてるじゃないのwwww
あそこんとこリアリティーはすごいと思ったwwww
モモーイ:わははwwwwwあれはねえ「残念な歌詞にしてください」って言われたんで、残念にしました(笑)カラオケで特ソンを熱唱していたら店員が来るっていう。
おた:なんちゅうリクエストwwwwww
モモーイ:あるあるですよ。でもね、アキバレンジャーはほんと、よかったです。ハマって…。
おた:いや、ホントやられたって感じwwwwメールも来てますよw

おた:こちらはkanyomanyoさんからです。モモーイ様おたさささん初めまして。先週、好評(?)のまま無理やり終わったアキバレンジャーの主題歌とてもよかったです。
山形さんと共に出演した一般人の役、わざとらしい演技で最高によかったですwwwwwwww応募したサイン入りポスター楽しみに待ってます!待ってます!
モモーイ:おお!メールありがとうございます。
おた:見てて「あ、モモーイだw」って呟いちゃったよwあのシーンwww
モモーイ:でもね…それこそ秋葉原で戦隊のCD買ってるわたしがですよ。主題歌作らせていただいて、悪の係長にやられる役まで…
モモーイ:あれね、一生懸命やったんですよ!第9話。秋葉原の路上で。でも、後でオンエア観たら、顔が笑っちゃってた。うれしくてうれしくて(笑)
おた:なんかさwwwヲタ的にはさwwwモニタの中に入れる快感ってあるよねwwwww
モモーイ:はいぃ。でもわたしはその、撮影現場を観られるっていうのがね、もう、嬉しくてね。そのスタッフの方のかっこよさ!
カメラマンの方とかね。経験豊富なわけですよ。路上でのロケですから、てきぱきとね。監督と、構図の指示を出すわけです。
おた:特撮は特に日の出てる時間とかもあるしねwww
モモーイ:先日、中野サンプラザでアキバレンジャーのライブショーがあったんですが、その時ももう、アクターさんが袖でかっこよくて(笑)
おた:でもさ、公認の方々全部含めてもデザイン一番かっこいいよねwww多分そう思っちゃうのがヲタの宿命なんだろうけどwww
モモーイ:うはwwwそんなそんな、公認様あっての、アキバレンジャーですけれどもぉ(^^)でも、最初からフィギュアーツにするのを考えてデザインされているので、リアルさはピカイチですよね!
おた:そうそうwwwあのフィギュアーツ出来よすぎwww
モモーイ:…でね、今回もアキバレンジャーでわたし、思ったんですけど。わたしはオタクとして、何が好きなんだろーなーと。
おた:お、深そうな話www
モモーイ:それはね、2次元の世界に行きたいとかは、わたし実はそんななくて、プロの創意工夫とか、テクニックを見るのが好きなんですね、きっと。
おた:おおーwww
モモーイ:それを悟らせないけど、言われてみると気付くような。さらっとやっているけど、こういう工夫があるんだよ、みたいな。
で、その創意工夫って、予算が潤沢にあれば、いいというわけではなく、実は、時間や色々な制限があるからこそ、技が活きてくるっていう。
おた:低予算の中でなんとかしちゃう力(っていうか工夫)はギリギリでこそ出てくるような気がするwww
モモーイ:ファミコンの頃のゲームミュージックみたいな感じですかねえ…ちょっと違うけど。
おた:確かに限られた中で最大限の表現っていうとそれわかりやすいw
モモーイ:なので、わたしが面白いと思うものって、豪華さで何とかするとかじゃなくて、人の工夫があるようなものが好きなんだなと。 プロの技というか。自分もそういうところを目指したいですねー。それって本物だと思うから(^^)
おた:そういう見方しちゃうのもヲタ的な宿命なんだと思うwww
モモーイ:ですね(笑)で、ラジオも、そういうところがあるから、好きなんだと思うんですね。それこそ映像化するのはなかなか難しくても、音声だけなら「あっ、月まで来てしまった…」とか言えば、そうなるという。
おた:そうそうwただそれを臨場感出すために様々な効果音やらBGMやらで彩ってあげると本当にそうなっちゃうwある意味嘘をつく仕事だなーって思いながらやってたなぁ。
音響的なとこでは嘘を信じてもらうためにはどうすればいいか。最小限の演出で最大限の効果w
モモーイ:なるほどぉ!深いリバーブかけるだけでお風呂になりますけど、あとは喋り手と聞き手の想像力の世界(笑)
おた:そうそうwwwそこにお湯の掛け流し音声入れたらもう温泉の出来上がりwwwwいかに重妄想させるかだよw
モモーイ:おっ!まさにそうですね!重妄想!いい言葉だなぁ(^^)
おた:いい言葉だよねwwwwwそれじゃここで一曲いっときますか!桃井はるこ feat.山形ユキオ、非公認戦隊アキバレンジャー!」

(M 非公認戦隊アキバレンジャー / 桃井はるこ feat.山形ユキオ)

おた:それじゃもう一枚メールいってみましょうか。
モモーイ:はいr_aboutさんから。拝啓モモーイさまww生年月日が3日違いの一ファンですw特に天罰やワンダーモモーイなどのりのりアッフテンポな曲が大好物ですww
そこで質問ですがいわゆる電波ソングを歌われるときに何と言いましょうか鼻をつまらせた感じのあの最高にキュートな発声のコツを教えてください!w
おた:これ、俺も知りたいwwww
モモーイ:(∩´∀`)∩ワーイ いやあ、キュートだと思っていただけて光栄なのですが。自分の声がコンプレックスでしかなかったんで。ありがたいです。
おた:結構声優さんになった人でコンプレックスだった人多いよねwww何人か思い浮かぶwww
モモーイ:そうだと思いますよ。面白いものですよね、それが仕事になるわけで、幸せなことですよ。
おた:アバターもえくぼだねwww
モモーイ:んでね、「萌えソング」の歌唱法ですけど…意外と、わたしの歌唱法について話をする機会ってないなあと思いまして。
おた:おーい!メモの準備だぞー!
モモーイ:これはけっこう企業秘密なんで、言いたくないような気もするんですけどね、
おた:じゃあこっそりとwお願いしますwww
モモーイ:墓まで持って行くと一代で途切れちゃうんで言いますよ(´∀`)それは!
おた:それは!
モモーイ:「母音を使い分ける」ですよ。
おた:お!?
モモーイ:これだけでかなり変化が生まれます。
おた:あいうえおの母音?
モモーイ:ぶっちゃけ、萌えっぽい曲は、高い声で、音符の後のほうのピッチを上げて…跳ねるように、歌えばいいだろ、と思われがちですが。ちがうと思うんですね。
おた:ふむふむ。
モモーイ:あいうえお…というか、「あ」で5種類くらい…たとえば、「か」にも、まっすぐに声を出したものと、「け」寄りなもの、「こ」寄りなもの…と、何種類かあるんですよ…
わたしには(笑)いちばん顕著なのは濁音がつく音ですね「が」とか「だ」とか。
おた:ちょっと参考資料かけながら( ..)φメモメモ
モモーイ:ただ高い音で歌っていると、合唱団とか、ボカロっぽくなるんですね。そこに、母音で変化をつけるんです。
おた:曖昧母音とか混ぜる感じかな?
モモーイ:そうです!
おた:こんなところで大学で取った音声学の知識がwwww
モモーイ:歌の局面によって、明るい母音、アンニュイな母音を使い分けるわけです!
おた:なるほどぉー
モモーイ:なので、歌詞を読んで、どの母音の出し方で歌ったら一番歌詞にハマるか、もしくは壊せるかを考えて歌うといいんじゃないですかね(^^)
そのへんを気にしながらわたしの曲を聴くとまた面白いかもしれません。
おた:今参考資料のワンダーモモーイ聞きながらなるほどって思ったwww
モモーイ:わはは(^^)大人っぽく歌うには母音をまっすぐ出すんですよ。子供っぽくするにはどんどん曖昧にしていくんです。
たとえば「いちごGO!GO!」って、後で「ごーごー!」って叫んでいる人は、「が」よりの「ご」なんですよ(^^)
おた:うわーwww確かにこれすごい企業秘密だわwwwwwぎょうぎょう!
モモーイ:うひゃひゃ(^^)
おた:今すぐカラオケに行って実践してみたいwww
モモーイ:そのへんに注目しながら、今制作しているモモーイの新アルバムも聴いていただけたらと(←ステマ)9月リリースでっす♪
おた:を!wktkですなwwww今回はテーマみたいなのは?
モモーイ:今回はねー、「あんぎゃ~モモーイ世界の旅~」っていうタイトルなんです。最近いろんな所に赴いて歌わせていただける機会が増えて嬉しいんで、そんなイメージと、今回、PCゲーム「ダ・カーポ3」のキャラクターソングのセルフ・カヴァー、「ゆるめいつ3でぃ」の曲なんかもはいるんで、そんなアニメやゲームの世界を旅するみたいイメージもこめました。
おた:世界のモモーイたちとか入らないよねwwwドイツ!ドイツ!ジャーマン!
モモーイ:あー、あれのカヴァーとかいいですね!
おた:ちょwwwwwwwww
モモーイ:んでね、今は、「ダ・カーポ3」のセルフ・カヴァーの曲の制作をしてるんですけど、普通にそのまま歌うんじゃなくて、全曲歌詞を替えてしまおう!ということで、違う歌詞を書いています。
おた:うわwwwそれもすごいなwwwwwなんとなく中森明菜の赤い鳥逃げたとか思い出しちゃったwww
モモーイ:そうそう、そういうことです(笑)「ラブソング探して」とか…見つけた時に嬉しくないですか?歌詞違いって。
おた:最初にお!?って思ってしっかり聞いてやるじゃんって思うwwww結構印象変わるもんだよねwww同じ曲なのにwww
モモーイ:うふふ。なのでねぇ、並べて聴いて違いを楽しんでもらえたらなあと。今モモーイっぽい歌詞を考えて書いてるんですよ。あさって歌入れwww
おた:ガンガレwwww
モモーイ:なんか、マニアックなゲームの曲とかのカヴァー・アルバムもやりたいんですどね…インディーズでやったほうがいいのかな。
「電撃ナース」とか、葉山宏治さんの「ラッキーラッパーパーティ」とかね…カヴァーしたいですよ…。
おた:すばらしい選曲すぎるwwwwどっちもCD持ってるよwwww
モモーイ:そうですか(笑)あと、なにかなぁ…あ、「いつか重なりあう明日へ」もwwwww
おた:ちょwwwwwお願いしますwwwでもそういうのやるならあれだよwwwバレバレだけどマスクとか仮面かぶって別名義とかでwwwww
モモーイ:あー、そういうのか(笑)おもしろいですね!
おた:ゲーミュー仮面とかそんなキャラw
モモーイ:いい名前だな、ゲーミュー仮面(笑)ネオジオ仮面的なのを思い出した…
おた:ゲーマント怖いwww
モモーイ:いやあ、でも自分の曲に流れる90年代感…やっぱりそういう頃の曲を聴いてきてるんだなーと自分でも思いますよ。そんなアルバムになりそうです。
おた:その辺で影響受けたものってある?やっぱゲーム・ミュージック全般かしら?
モモーイ:そうですね、ゲームと、アイドルと、アニメと、あと洋楽もよく聴いてたんですよ、90年代は。
秋葉原のヤマギワの、3階だったかな?の洋楽コーナーがすごく良くて…日本盤がまだ出てないのをいちはやく輸入して「オススメ」ってなってるんですけど、半年後には日本でも大人気、みたいな。
おた:洋楽もやっぱアキバかwww
モモーイ:なので、ぶっちゃけ、ヤマギワソフトがなくなって洋楽あんまり聴かなくなったぐらいの(笑)
おた:酷いwww洋楽ってよくわからなくてジャケ買いとかすると当たりハズレの差が酷くて楽しくもあり怖くもあり楽しいよねwwww
モモーイ:そうですね、今はネットで試聴できますけど、だいたい。でもジャケ買いのワクワク感はいいですよね、何が入ってるかマジでわからない感じ。
最近は新譜は普通に買いますけど中古屋でふるーいCDをジャケ買いしてますけど。
おた:あれ、箱入りのフィギュア買う感覚と似てるよねwそういえばwww
モモーイ:あー、なるほど(笑)アソートのやつとか(笑)ロシアン感覚ですよ。
おた:そう考えるとジャケットって重要だよなぁw
モモーイ:そうですねー。でも過剰に豪華な仕様っていうよりは、わたしはCDのフォーマットにのっとってさらっとやっているほうが好きだったりしますけどね。
おた:缶入りとかホント収納に困るからやめてほしいwwww
モモーイ:そんな中、アキバレンジャーのジャケットは素晴らしかったですけど(^^)
おた:なんというステマwwwwww
モモーイ:あー、ステマ乙だなモモーイ(^^)でもまあ、それだけ面白いことをやらせてもらってるってことですね。ありがたや。
おた:よし、んじゃ最後にもう一通w
モモーイ:はい!
おた:tetsutaro_ssさんからです。モモーイ大好きだよモモーイ。フェイリス・ニャンニャンの演技最高です!モモーイの歌ではさいごのろっくが特に大好きで、今でもすごく救われています。そこで質問です。改めて聞くことではない&大ざっぱかもですが、モモーイにとってオタクとは何ですか?
モモーイ:おおーっ!ありがとうございます。嬉しいなぁ。救われるって言ってもらえると自分も救われます。
おた:そしていきなりオタクとはということなんですがwww
モモーイ:オタクの定義ってこれはほんっとに難しいのですけれどもね。今の気分で言うと…「貴族」ですね。
おた:貴族wwwww池田?
モモーイ:池田貴族さん…懐かしいですね!中野で見かけてテンションあがったことあるな(笑)
おた:ごめんwww腰折ってwww貴族っていうと?
モモーイ:世界で、いちばん、贅沢な存在。いろんなものを自室で優雅に楽しむ。オタクって、優雅な、エレガントな存在なんですよ。
いいオタクはね。わたしにとって。野暮は、言わない。で、なぜか自分のことは棚に上げて、楽しむ(笑)
自分に対して妙に客観的っていうか。自分が何が好きかをずっと研究している人。本当は、何が好きなのか。
なにに心動くのか、自分遊びをしている、貴族という感じですかね!
おた:結構冷静な見方だwwwそして理想的なwww
モモーイ:そんな、優雅なヲタクでわたしは、いたいですね!なんかぁ、贅沢な趣味なんですよ、これは、お金がかかるっていう意味だけではなくてね。
おた:ついつい余計なこと言いたくなっちゃうんだよなwそれはそれで楽しんでるんだけどw反省しつつw
でも今は本当に便利になったから、欲しいものは簡単に手に入るようになった分、濃さが薄くなったかなぁってのはちょっとだけ寂しいw
あの欲しい物を中古屋数軒回ってようやく見つけたときのうれしさとかあれ味わえないんだろうなぁってwww
モモーイ:オタクもスピード化したような、でも、オタクってスピード化とは対局にいるはずなんですよ。…貴族だから(笑)余裕、隙間、無駄を楽しむ趣味だから。
効率とは真逆にいる、それがオタク…。
おた:優雅に貴族目指そうwww
モモーイ:というか、わたしは久々にやきとり屋さんで会ったおたささがちゃんとおたささで、2012年の今でもちゃんと「おたっきぃ」なのが嬉しいですけどね(笑)
脱ヲタしないでくださいよwwwwwさみしいんでwwwww
おた:未だ日曜の朝にプリキュアリアルタイムで見ないと死にそうな奴が脱オタなんてできねえよwwwwwwwww
モモーイ:ぐはwwwwwわろすwwwww
おた:キュアピースのコスプレがしたくてうずうずしてるwww
モモーイ:と、いうことで、これからもベクトルは違いますがオタクを旧くから自称した同士ということで宜しくお願いしますwwwww
おた:こちらこそwww(がっちり握手)
モモーイ:握手(´∀`)


桃井はるこNEWアルバム『あんぎゃ ~モモーイ世界の旅~』絶賛制作中!
TVアニメ『ゆるめいつ3でぃ』『ゆるめいつ3でぃPLUS』主題歌や、PC用ゲームソフト『D.C.Ⅲ ~ダ・カーポⅢ~』のキャラクターソングをセルフカバー&歌詞リライトした楽曲等計11曲が収録予定!9/26(水)発売です!


ED~(ぽぽらじのうた/大原さやか、浅野真澄、桃井はるこ)

おた:ということでお送りしてきました、草生やしていこうwwwwそろそろお別れのお時間です。
モモーイ:はいぃ。さっき、思い出しちゃったんですよ。
おた:お?
モモーイ:わたし、佐々木さんと初めて会った時っていうか…見かけた時のこと。
おた:え?いついつ?
モモーイ:エヴァの最初の劇場版の時に、新宿の東映の前に並んでいたら、
おた:ちょwwwwwwwwww待てwwwwwwwwwそれはwwwww
モモーイ:プラグスーツを着た佐々木さんが前に並んでいた(笑)
おた:いやwwwwww多分俺リツコさんwwwwww
モモーイ:あ、リツコさんだったかな。とにかく、女装だった(笑)で、わたしは「あ、おたっきぃ佐々木だ!…わたしもエヴァの第3新東京市第壱中学制服着てくればよかった…」と思ったんですよwwwww
おた:まさかのwwwwwほんとすいませんwwwwwwww気づかなかったわwwwwwww
モモーイ:いいえぇ。しかし今夜はこのような新たな試みの番組に呼んでいただけて嬉しかったです!
おた:なんかすごくラジオでしょwww
モモーイ:ラジオですねー!ツイッターでメッセージ下さった方も、ありがとうございました(´∀`)
おた:ありがとうございましたー
モモーイ:これ、まとまったら本にできますね…(笑)
おた:・・・・狙うかwwww
モモーイ:薄い本出してください!wwwww
おた:夏は無理だから冬コミかなwwww
モモーイ:いやあ、楽しかったです。
おた:こちらこそありがとうございましたー
モモーイ:ありがとうございます(´∀`)また呼んでくださいねぇ!
おた:ぜひぜひお願いいたします。それでは本日のお相手はおたっきぃ佐々木とー
モモーイ:モモーイでしたーっ!(∩´∀`)∩
おた:まったねー!!!
モモーイ:ばいばーい!!!!!\(^o^)/

おた:提クレ この番組は提供してくれる人を募集中のままお送りしました。


インフォメーション おたっきぃ佐々木プロフィール
おたっきぃ佐々木 -プロフィール-

69年生まれ。ラジオディレクターとしてツインビーパラダイス、もっとときめきメモリアル、緒方恵美の銀河にほえろ、ソフィアの純愛など多くのアニラジに関わり、何故か超機動放送アニゲマスターではパーソナリティーまで務めた。現在は実家自由が丘の焼き鳥屋とり正で働くただのおっさんw

桃井はるこNEWアルバム「あんぎゃ ~モモーイ世界の旅~」
【発売日】2012年9月26日(水)
【内容】
TVアニメ『ゆるめいつ3でぃ』『ゆるめいつ3でぃPLUS』主題歌や、PC用ゲームソフト『D.C.Ⅲ ~ダ・カーポⅢ~』のキャラクターソングをセルフカバー&歌詞リライトした楽曲等計11曲が収録予定。


『おたっきぃ佐々木の草生やしていこうwwwwwwwww』バックナンバー

第1回 ゲスト:榎本温子



タイトル未定

B008DYQKMW ゆるめいつ TVアニメ版 3でぃ(Blu-ray Disc)

B007Z5FDYQ ゆるめいつ TVアニメ版 3でぃ [DVD]

B007Z5FCQK

▲ PAGETOP