ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース羽多野渉、寺島拓篤、梶裕貴ら出演『STORM LOVER 夏恋嵐』イベントレポート!新作の制作も決定!

羽多野渉、寺島拓篤、梶裕貴ら出演『STORM LOVER 夏恋嵐』イベントレポート!新作の制作も決定! 2012年7月 3日 10:54


6月7日(木)に最新作であるPSP用ソフト「STORM LOVER 快!!」が発売されたばかりの女性向け恋愛AVG「STORM LOVER」シリーズ。そのイベント『STORM LOVER 夏恋嵐』が、6月10日(日)に渋谷公会堂で開催され、臨海学校を舞台とした朗読劇、歌やトークなど盛り沢山の内容となった。昼の部、夜の部と2回公演のうち昼の部の模様をお伝えする。

出演は羽多野渉さん(卯都木悠人役)、寺島拓篤さん(御子柴恭介役)、梶裕貴さん(寅谷立夏役)、三浦祥朗さん(巳城タクミ役)、宮野真守さん(辰原奏矢役)、浪川大輔さん(猪狩澪役)、安元洋貴さん(酉水司役)、小野坂昌也さん(犬塚千尋役)、木村良平さん(相馬隆志役)、岡本信彦さん(椎名役)。


■オープニング


海辺を彷彿とさせる波の音が聞こえてきたところで、幕が上がり、羽多野さんと寺島さんによる『Natsukoi Jet-Coaster』でイベントがスタート。ハイテンポなリズムに乗ってポップな歌声が響き渡る。腕を振り上げ観客を煽ると、会場はあっという間に興奮の渦に包まれた。


■朗読劇『「STORM LOVER 夏恋嵐」サマー・バイト・ハーレム』


ステージに、海の家と海岸のセットが用意され、始まったのはセントルイス・ハイのメンバーが臨海学校に行くという内容の朗読劇。「僕はあなたと共依存の関係になりたいです」「アツがナツい!」「海で一夏の恋が生まれやすいか知ってるか?」などひとりずつセリフを決めながら登場するたびに歓声が上がる。




物語は、“アナタ(観客)”とともに楽しい臨海学校を過ごすはずが、椎名の提案から、彼が働く海の家で臨時のアルバイトとして雇われ、一番稼いだ人が、“アナタ”とデート出来る権利をかけた勝負にと発展していく。それぞれ、焼きそばを売ったり、ライフセイバーをしたり、カップル向けのジュースを実演販売したりと、まさに十人十色の個性のにじみ出るアルバイトを行っていった。



ピンクのスポットライトが当たると「汗まみれ、砂まみれのそのままの火照ったお前が好きなんだ」「お前の人生のライフセーバーに立候補してもいいかな」「俺以外に集中したら、君のこと食べちゃうから」など思わず照れてしまうアナタ(観客)を口説くセリフが披露され、悲鳴にも見た歓声が会場を埋め尽くした。



しかし、みんながアルバイトに励む中、卯都木だけはアルバイトや時給というものが何か理解しておらず、ビーチベッドでくつろいだ様子を見せる一幕も。日が沈んだところで勝負は終了。結果は、全員海の家に雇われていたため、それぞれの売上げは没収されてしまい、勝負は引き分けに。最後は「この夏、最高のアバンチュールを!」と全員で叫んで終了となった。


■課外授業

小野坂さんと安元さんが司会を務め、出演者たちとトークを展開していく課外授業。まずは『夏を連想させるもの』というお題に答えつつ、ひとりずつ出席確認。司会のふたりから「すごい面白いのをお願いします!」とハードルを上げられてしまい、困った様子の出演者たち。特に岡本さんは「大ボケをかましてくれます」と安元さんに最大級のハードルを用意された結果、「夏といえば・・・熱い!」と盛大にスベり、周りからツッコミを受けていた。

最初は「HR」として、オープニングや朗読劇の感想をコメントしていく。羽多野さんは「今回初めて『Natsukoi Jet-Coaster』を歌ったのですが、息継ぎがしんどかったです。振り付けがジェットコースターみたいで面白かった」と話す。岡本さんは“臨海学校”を“臨時学校”と読み間違えてしまったことについて「緊張し過ぎて台本が見えてなかったです」と反省していた。



続いては『夏恋嵐シャッフルトーク』と題し、夏の体験談を話すサイコロトークを行った。サイコロの目に書かれたのは「夏に欠かせないもの」「私は○○の達人」「ひと夏の体験」「やっちゃった話」「至福の時」「ハズレ」の6つ。「ハズレ」が出た場合はポエムを読むという罰ゲームが待っている。

トップバッターは三浦さん。目線を合わせないようにこそこそしていたところを小野坂さんに見つかってしまい、サイコロごと体当たりされて指名を受ける。振ったサイコロの目は「夏に欠かせないもの」。三浦さんが欠かせないものは「サングラス」と話す。しかし、その理由に品がなかったため、安元さんがトークを途中で打ち切り、三浦さんはポエム朗読の罰ゲームを受ける羽目に。続く、木村さん、岡本さん、宮野さんもトークを上手く広げられず罰ゲームに決定。



ポエム朗読では、三浦さんが「サーフィン超初心者入門」を甘く可愛く読み上げ、木村さんは「ソフトクリーム」の歴史や種類についてを艶っぽく読み上げる。岡本さんは「日焼け止めクリームの正しい塗り方」を耳元で囁くように説明し、最後は宮野さんが「スイカ割り」について、舌ったらずな幼稚園児風に語ると会場は爆笑に包まれた。


■エンディング


シリーズ最新作、PSP「STORM LOVER 快!!」のプロモーション映像が流れ、最後に『「ストームラバー2(仮)」制作中!!』と発表されると、会場は歓喜の声が響き渡る。観客の興奮冷めやらぬ中、エンディングへ。再び羽多野さんと寺島さんがマイクを握り『恋蝉』を熱唱した。ちなみにこの曲はレコーディングの時にタイトルが決まっていなかったため、羽多野さんの「蝉という単語がたくさん出てくるから」という提案から『恋蝉』というタイトルに決まったそうだ。さらに『Natsukoi Jet-Coaster』の方は、寺島さんがアップダウンと勢いのある曲調から「ジェットコースター」を連想し、タイトルを提案して決定に至ったことが明かされた。



ここでサプライズとして、6月8日に誕生日を迎えた宮野さんの誕生日を祝うため、辰原奏矢のイラストの描かれたバースデーケーキが登場。出演者、観客から「おめでとう」と祝福の言葉が贈られた。最後にひとりずつ挨拶があり、『セント・ルイスハイスクール校歌』を出演者、観客が一緒に合唱しイベントは終了となった。



小野坂:みんなが「キャーキャー」言ってくれて嬉しかったです!若い人と一緒に出演出来て、ヤングは幸せです(笑)。

三浦:“初夏”を充分楽しめましたか?今日は楽しませてもらいました。ありがとうございます。

岡本:始まる前は不安でいっぱいいっぱいだったのですが、始まってからもいっぱいいっぱいでした(笑)。楽しかったので、また出演したいです!

浪川:今日は皆さんすごかったです。一緒になって楽しんじゃいました。

木村:楽しかった?俺も楽しかった!ポエムなんてなかった!(笑)。

宮野:サプライズありがとうございました。一生忘れません!

梶:楽しかったですね。お客さんと一緒に見たかったです!

安元:本当に面白かったです。このメンバーならトークだけで6時間くらい引っ張れるんじゃないでしょうか?(笑)

寺島:びっくりの発表がありましたね。次回作では我々がどうなるかはわからないですが、ストラバでまたバカップルができるはずです!(笑)

羽多野:皆さん、作品を愛してくださって、ありがとうございます。


©2012 VRIDGE INC.
©2012 D3 PUBLISHER


STORM LOVER 快!!主題歌CD「selfish toxic」 [Maxi]

B0089SXW00 STORM LOVER 快!! (初回生産版)

B007NTPX4Y STORM LOVER 快!! (通常版)

B007NTPUJM STORM LOVER カップルデートCD -LOVERS COLLECTION- Vol.5 ADULT DISC 司&千尋-

B006J2WFAG STORM LOVER カップルデートCD -LOVERS COLLECTION- Vol.6 BABY DISC立夏&椎名-

B006J2WFL0 STORM LOVER カップルデートCD -LOVERS COLLECTION- Vol.7 COOL DISC恭介&奏矢-

B006WHELYQ STORM LOVER カップルデートCD -LOVERS COLLECTION- Vol.8 CUTE DISC澪&隆志-

B006WHELTG Dramatic CD Collection STORM LOVER

B005IDV3NM

▲ PAGETOP