ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース仲谷明香が主役『桜庭ちとせ』を演じる!アニメ「ちとせげっちゅ!!」インタビュー

仲谷明香が主役『桜庭ちとせ』を演じる!アニメ「ちとせげっちゅ!!」インタビュー 2012年6月29日 15:00


7月1日(日)よりAT-X・KBS京都・テレビ埼玉で放送開始のTVアニメ「ちとせげっちゅ!!」。本作で主人公・桜庭ちとせを演じるのは仲谷明香さん。桜庭ちとせを演じた感想や、声優としての意気込みなどをうかがいました。

「ちとせげっちゅ!!」は真島悦也先生原作の「月刊まんがライフmomo」で現在も連載中の4コママンガ。単行本は現在7巻まで発売されており、新刊は7月27日(金)発売予定だ。

仲谷さん演じる11歳の元気爆裂小学生「桜庭ちとせ」は、学校の隣の役場に勤めるお兄ちゃん「柏原宏志」に激ラブ。周囲の迷惑をかえりみず、猛アタックの毎日。そんなちとせと親友たち、担任教師など、個性的な面々が繰り広げるドタバタを描いたアニメとなっている。

キャストには、ちとせが憧れるお兄ちゃん柏原宏志役に波多野渉さん、ちとせの同級生でクールでダークなお嬢様雛子役にMAKOさん、ちとせの大親友でパパが大好きな少女みさき役に徳井青空さん、ちとせの担任である藤麻子役に三石琴乃さんなど、豪華声優陣が参加している。

仲谷さんはAKB48オーディションに3期生として合格。加入当時より声優を志望しており、オーディオブック『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』 の朗読や、同作のアニメ「もしドラ」で、北条文乃の声を担当 。最近ではAKB48声優選抜新ユニット『NO NAME』にも選ばれ、アニメ「AKB0048」では藍田織音を演じている。夢を叶えるためのキャリアを着実に積んでおり、今後の活躍が期待される声優の一人だ。


■桜庭ちとせについて

――まずは自己紹介をお願いします

仲谷:AKB48チームAの仲谷明香です。今回「ちとせげっちゅ!!」で桜庭ちとせ役をやらせて頂くことになりました。


――ちとせを演じるにあたり、気を付けている点などはありますか?

仲谷:最初は無理に喉で大きな声を作っていたのですが、三石さんから「喉で声を作ると後々辛くなってくるから、お腹から声を出すようにした方がいいよ」とアドバイスを受けて、徐々にお腹から声を出せるようになりました。
また、ちとせちゃんは11歳なんですが、幼いながらもゆっくりと、そして作品の持つテンポを崩さないよう、しっかりとしゃべるようにしています。
アフレコは緊張感を持ちつつも、麻子先生との掛け合いがとても面白かったので、楽しんで演じることができました。


――ちとせと自分で似ている点はありますか?

仲谷:夢に向かって一直線な点が似ていると思います。ちとせちゃんはお兄ちゃんと結婚するという夢に向かって一直線に向かっていますし、私は声優という夢に向かって一直線です!


――既に何話か収録されていますが、印象に残っている回はありますか?

仲谷:スケッチの回ですね。今まで叫ぶキャラクターを演じることがあまりなかったので、とても印象的でした。



■主題歌「ちとせげっちゅ!!の歌」

――今回主題歌を仲谷さん、徳井さん、MAKOさんの3人で歌われていますが、初めてAKB48のメンバー以外と歌ってみていかがでしたか?

仲谷:レコーディングしたのは、オープニングアニメ用のショートバージョンだったので、あっという間に終わっちゃいましたね。(徳井さんとMAKOさんとは)別々に録ったのですが、とても新鮮な気分でした。


――聴いてほしいポイントはありますか?

仲谷:歌中の掛け声は3人で一緒にブースに入って収録したのですが、「とうっ!」とか「おりゃ!」などのちとせちゃんらしい元気な掛け声が入っていますので、そのあたりに注目してほしいです。



■声優・仲谷明香について

――アイドルとしての活動と、声優としての活動で感じた違いを教えて下さい。

仲谷:普段は長い付き合いの心強い仲間との活動で、“仲間がいるから頑張れる”というのがあります。
声優さんの現場も、一つの作品を作り上げていくという点では似ていますが、いつも一緒にいる仲間ではなく、色々な方達と一緒に作り上げていくものだと思っています。そのあたりが大きな違いですね。


――声優としての活動をこなしてきて、この1年で変わったことはありますか?

仲谷:以前はアフレコ現場独特の雰囲気に呑まれていたのですが、最近は大分慣れてきました。 あとは・・・「非選抜アイドル」という本を出版させて頂き、以前よりも注目されるようになりました。


――先輩の声優さんを間近で見て、すごいと思った点はありますか?

仲谷:間の取り方が絶妙だと思います。演出の方からのセリフの追加など、台本の急な変更や、即座のアドリブにもすぐに対応できるのはすごいと思いました。


――尊敬する声優さんはいらっしゃいますか?

仲谷:三石琴乃さんです。間の取り方が分からなかった際、「ここで息を吸い込むといいよ」とアドバイスをくださり、その通りにやってみたらピッタリに合わせることができました。経験を積まれてきた先輩声優さんはすごいなと思いましたね。


――今までのアフレコで苦労した点はありますか?

仲谷:「ちとせげっちゅ!!」は登場するキャラも少なく、アフレコに参加される声優さんもそんなには多くはないのですが、大人数で収録したアフレコ現場は大変でした。
マイクの数が限られているため、テストで自分の使うマイクの場所を確認したにも関わらず、「私ここだっけ?」「違うこっちだった」などと混乱をしてしまい、とても苦労しました。


――最近参加した印象に残っている声優さんのライブがあれば教えてください。

仲谷:去年の12月に開催された、水樹奈々さんの東京ドームライブです。気球に乗って場内を回る演出が印象的でした。 ひとりでライブを行うのであれば演出もひとりに集中させることができるのですが、普段は大人数でライブを行っているので、どういう演出をすれば良い効果が出るのか試行錯誤しています。



■声優・仲谷明香として目指すもの

――演じてみたいキャラクターはありますか?

仲谷:今までは大人しい娘や、ちとせのような元気な役を演じてきたので、ツンデレの役を演じてみたいです。なかなか難しいですけど(笑)。


――今後の声優としての目標を教えてください。

仲谷:近い目標としては少年の声を上手く演じられるようになりたいです。
将来的には、(ポケットモンスターなどに出演されている)大谷育江さんやワンピースに出演されている声優さん達みたいに、全世界の何処で声を聞いてもキャラクターが浮かんでくるような息の長い声優になるのが夢です。


――最後にメッセージをお願い致します。

仲谷:アイドルが声優として活動を行うのに違和感があるアニメファンの方もいらっしゃると思います。
でも、私は元々声優になりたくてアイドルになったので、アニメが本当に大好きだという思いが皆さんに伝わればいいなと思います。これからも頑張っていきますので、よろしくお願い致します。






(取材・文:細木宗一郎)


■TVアニメ「ちとせげっちゅ!!」

【放送情報】
2012年7月1日(日)より放送開始!!
・AT-X:7月1日より毎週日曜日24:56〜25:00
  再放送 月〜金曜日25:56〜26:00、土曜日24:56〜25:00
・KBS京都:7月3日より毎週火曜日25:30〜25:35
・テレビ埼玉:7月5日より毎週木曜日25:00〜25:05
・配信:ニコニコ動画、バンダイチャンネル、楽天Showtime

【スタッフ】
原作:「ちとせげっちゅ!!」真島悦也
(竹書房刊/「月刊まんがライフMOMO」連載中/単行本:既刊7巻※8巻7月27日発売予定)
監督・キャラクターデザイン:佐野隆雄 
音響監督:川添憲五 
音楽:流歌
音楽制作:スクラムスタッフ
制作プロダクション:ドリームクリエイション 
アニメーション制作:SILVER LINK. 
音響制作 ダックスプロダクション 
製作:ちとせげっちゅ!!製作委員会(竹書房・SPO・AT-X) 

【キャスト】
桜庭ちとせ:仲谷明香 
みさき:徳井青空 
柊雛子:MAKO 
柏原宏志:羽多野渉 
藤麻子:三石琴乃 
後輩先生:山口立花子 
シゲさん:辻親八
 
【主題歌】
『ちとせげっちゅ!!の歌』
作詞:津田好久/作曲:水城新人、宮崎京一/編曲:宮崎京一
歌:ちとせ(CV:仲谷明香)&みさき(CV:徳井青空)&雛子(CV:MAKO)


©真島悦也/竹書房 ちとせげっちゅ!!製作委員会


ちとせげっちゅ!! 1 (バンブー・コミックス) [コミック]

481245963X ちとせげっちゅ!!(8) (バンブーコミックス) [コミック]

4812479401 非選抜アイドル (小学館101新書) [新書]

4098251310

▲ PAGETOP