ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースTVアニメ第2期「ゆるゆり♪♪」アフレコ現場より、メインキャストのインタビューをお届け!

TVアニメ第2期「ゆるゆり♪♪」アフレコ現場より、メインキャストのインタビューをお届け! 2012年6月12日 19:02

2012年7月からテレビ東京他にて放送開始予定のTVアニメ第2期「ゆるゆり♪♪」。そのアフレコ現場より、ごらく部のメンバーを演じる三上枝織さん(赤座あかり)、大坪由佳さん(歳納京子)、津田美波さん(船見結衣)、大久保瑠美さん(吉川ちなつ)、そして生徒会のメンバーを演じる藤田咲さん(杉浦綾乃)、豊崎愛生さん(池田千歳)、加藤英美里さん(大室櫻子)、三森すずこさん(古谷向日葵)のインタビューをお届けする。


「ゆるゆり♪♪」集合写真


――演じているキャラクターの魅力や、演じる上で気をつけている点、第2期での変化についてお聞かせください。

三上:あかりちゃんは、不憫な扱いを受けている女の子です。個性的なキャラクターに囲まれているので、存在感が無くなって影が薄くなりますが、逆にそれがあかりちゃんの個性になっています。マイペースで明るく元気印、名前のごとく「作品に“あかり”を灯す」存在です(笑)。第2期では存在感が増していると信じています!

大坪:京子は、そんなあかりちゃんから主人公の座を奪っていく、すごく自由でトラブルメーカーでムードメーカーな女の子です。どんなに引っ掻き回しても、京子が「へへっ」と笑うと、「もうしょうがないな、京子は」と思っちゃうぐらい、可愛い魅力があります。第2期でも、主人公じゃないかというぐらい活躍します。

津田:結衣は、ごらく部の中で一番しっかりしていて、ごらく部の母(父?)のような存在の、男前な女の子です。でも、ひとり暮らしをしていて、女の子らしく家庭料理を作りますし、こんなお姉さんがいたらいいなと思います。第2期では、京子やちなつちゃんとのカップリング要素が強くなったと思います。おそらく第1期で、京子が階段から落ちて性格が変わっちゃった話からだと思うのですが、京子との夫婦要素が増えている気がします。

大久保:ちなつは、第2期でも結衣先輩の妻の座を虎視眈々と狙っています。でも今、結衣と京子と夫婦っぽいという話が出たので、少し寂しい気持ちです(笑)。感情が高ぶると鼻息が荒くなる所があるので、下品にならないように気をつけて演じています。個人的には「ゆるゆり」のヒロインは綾乃ちゃんだと思っているんですが、「ごらく部」のヒロインは譲れないので、「ごらく部」のヒロイン・吉川ちなつがもっと活躍するように、美しく愛らしく、ちょっと黒く、演じていきたいと思います。

藤田:綾乃は、七森中の生徒会副会長ということで、しっかりした面も持っているのですが、第2期ではさらに色々な人に振り回されます。そして、プリンをよく狙われています(笑)。内面的には一番乙女チックであり、でもうまく表面に出せないため、不器用に怒りっぽくなってしまう、いわゆるツンデレキャラです。乙女の部分が出たときは誰よりも可愛らしく見えたらいいなと演じています。

豊崎:千歳は、第1期に引き続き“妄想鼻血キャラクター”で、第2期の最初から出血大サービスで頑張っています。相変わらずみんなの百合を妄想したり、微笑ましくみんなの仲良い様子を見守っている、京都弁のはんなりとした女の子です。第2期になって、千歳的にも視聴者的にもサービスシーンが増えたと思うので、ぜひぜひ千歳が出てきたら、妄想サービスカットが出てくるぞと楽しみにしていただければと思います。

加藤:櫻子は、天真爛漫で明るくて、ちょっとおバカな女の子です。第2期ではバカっぽい所や子供っぽく駄々をこねたりするシーンがさらに多くなっているので、そこを可愛く演じられたらと思っています。第1期では向日葵と絡むシーンが多かったんですけど、第2期ではみんなと満遍なく絡めていて、みんなとの繋がりが深くなったことが個人的に嬉しいなと思っています。

三森:向日葵は、中学1年生ですけど精神年齢が大人で母性のある女の子です。第1期では、天真爛漫で子供っぽい櫻子を、向日葵が制することが多かったのですが、第2期ではもっとお母さんみたいになっていて、ふたりの精神年齢がどんどん離れていくのを感じました。いつも怒っている根底には櫻子に対する深い愛があって、その愛を第2期ではさらに感じる機会が多くなりました。


――第1期でも聞きましたが、第2期で自分の演じるキャラクター以外で気になるキャラクターを教えてください。

三上(第1期では京子と綾乃):最近は京子ちゃんがすごく気になります。京子ちゃんはごらく部を引っ張っていく存在だし、生徒会メンバーともごらく部メンバーとも絡むことが多いので、色々なカップリング要素が生まれやすいキャラクターだと思います。結衣×京子、京子×綾乃、ちなつ×京子はもちろん、(池田)千鶴ちゃんとも第1期ではいい感じでしたし、妄想がはかどります(笑)。

大坪(第1期では綾乃):第2期で気になるキャラクターは、あかりの姉の赤座あかねさんです。(出番は)まだかまだかと心待ちにしています。あかりや他のキャラクターとどんな絡みをするのか、すごく気になっています。

津田(第1期では千歳):櫻子が可愛くて仕方ないです。「なんだこの可愛い生き物は!」というぐらい可愛いんですが・・・実際に自分の妹だったらすごく殴りたいと思う(笑)。勝手にプリン食べるし。本当に可愛くて、おバカが中途半端じゃなくて突き抜けているのがいいですよね。向日葵がいるので我慢していますが、私(結衣)も突っ込みたくて仕方ないです。

大久保(第1期では櫻子):綾乃がすごく気になります。ちなつをヒロインの座を押し上げたいので、“目の上のたんこぶ”のような感じで(笑)。でも、綾乃はツンデレで、引っ込み思案だけど可愛くて甘いものが好きで、本当は乙女チックという、ヒロイン要素しかないので、勝てる気がしないです。もともと綾乃がすごく好きなので、もっと色々な顔を見せてくれるんじゃないかと楽しみにしています。

藤田(第1期ではあかり):あかりはもちろん素敵だなと思うのです・・・が、第2期になって「さくひま」(櫻子と向日葵のコンビ)がかなり来ています。櫻子と向日葵の関係性を見ていると、向日葵の立ち居地は綾乃と似ていて、すごく向日葵の背中を押したい気持ちになりました。でも、向日葵はなんであんなに達観した包容力があるんですかね。

豊崎(第1期では結衣):千歳を演じて思うのは、ツンデレの子が好きみたいです。特に「さくひま」がすごく可愛くて、ふたりのエピソードが好きです。第1期では櫻子と向日葵が対等な感じで喧嘩していたのですが、第2期では向日葵がちょっとだけお姉さんになって、第2の綾乃ちゃんを見ているようで可愛くて仕方ないです。向日葵はいい女子になったなと思います(笑)。

加藤(第1期では千歳):第2期になってからは、綾乃が気になります。より素直さが増したというか、あまりにも純粋すぎる綾乃が可愛いです。口では「そんなことないわよ」と言うけど、態度に表れている綾乃を見ていると、京子に対する愛も第2期になって増し増しになっている感じで、すごく気になっています。

三森(第1期ではあかり):あかりちゃんはもちろん可愛いんですが、最近はやっぱり櫻子が大好きです。演じていると自分と向日葵が一体化しちゃって、櫻子に振り回されるのがちょっと嬉しい感じで(笑)。第2期の櫻子はいい意味でバカな面がいっぱい出てきて、そんな子が幼馴染だったら、きっと私も向日葵のようになるだろうと思います。


――第2期の見所をお聞かせください。まずは“主役の”あかりを演じる三上さん。

三上:ありがとうございます!!
第2期の見所は「百合要素」だとすごく感じます。第1期ではそれぞれのキャラクターの関係性や特徴がとても丁寧に描かれていたのですが、第2期はそれに加えて、誰が誰を想っているというシチュエーションやシーン、色々なカップリングを楽しめる要素が盛り込まれています。あかりもあかねさんと何かあればいいなと楽しみにしています(笑)。


――それでは、ごらく部の主役、いやヒロインを演じている大久保さん。

大久保:主役でも構わないですよ(笑)。
第1期では放送当時までに発売していた原作の話をやっていたので、第2期ではその後の原作も含めてどの話がアニメ化されるのか楽しみにして欲しいです。スタッフの方々やたくさんのキャストさん、そしてファンのみなさんに支えられて、ごらく部のメンバーは1年前よりもパワーアップしているので、そこもぜひ見ていただければと思います。


――アフレコ現場の雰囲気をお聞かせください。

津田:女性が多い現場なので、いい匂いとお菓子の匂いが混ざり合った女子の部屋という感じです。和やかかな雰囲気でリラックスしてアフレコに臨んでいます。その中で、第1話では緑川光さんが格好よく「ガンボー」を演じていたので、ドキドキしちゃいました(笑)。キャストの方々がすごく優しいので、アニメの現場の楽しさを感じてもらえると思います。

大坪:すごく甘い匂いがする現場で、差し入れ(お菓子)が切れません(笑)。個人的には、第1期はデビューしたばかりで本当に緊張したのですが、第2期ではまた出来る嬉しさやワクワクがありつつ、しっかりしなきゃという別の緊張を感じています。第1期では収録でも制服を着ていましたが、(高校を)卒業したので私服を皆さんにお披露目できるようになりました(笑)。スタッフからも「ちょっと大人っぽくなったね」と言われて、すごく嬉しいです。

藤田:第1期と比べて、みんなキャラクターにどんどん近くなったと感じます。(普段)喋っている会話でも、ごらく部や生徒会のメンバーがいるようで、自然と役に入り込める雰囲気なんですよ。作品と一緒にゆるく、でもしっかり素敵な作品になればいいなと思っています。


――オープニングテーマとエンディングテーマ(7月4日に同時発売)についてお聞かせください。

三上:オープニングテーマ『いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪』は、第1期とはまた違った、中学生らしい気持ち、ちょっと背伸びをしていたり、早口言葉のような台詞があったり、とても「ゆるゆり」らしい楽しい曲になっています。テンポがすごく早いので、キャラを維持しながら歌うのに苦戦しましたが、すごく楽しく歌わせていただきました。

津田:エンディングテーマ『100%ちゅ~学生』もすごくノリがいい曲です。

大坪:1回聴いたら覚えちゃうようなフレーズがいっぱいあり、合いの手が入れやすい曲で、聴いていると自然と体が動いちゃいます。オープニングもエンディングも、ごらく部がみんなでわちゃわちゃしているのが思い浮かべられるような楽曲になっています。

大久保:今回、オープニングとエンディングを合わせて、1人2,000枚、原作者のなもり先生が8,000枚、合計16,000枚のサインを書きました。これが初回限定盤に入りますので、楽しみにしてください。

三上:オープニングの初回限定盤にはプロモーションビデオも付きます。

津田:学校を貸しきって撮影しました。

三上:制服+着ぐるみぱじゃまを着用して撮ってきましたので、こちらもぜひ見てください。


――6月17日(日)には、ゆるゆりライブイベント2「七森中♪うたがっせん」がありますね。

大久保:今回はデュエット曲も歌います。前回の「七森中♪りさいたる」はひとりずつ、ごらく部4人、アンコールで9人、という組み合わせだったので、今回はデュエット曲でも盛り上がって欲しいです。

大坪:新曲もたくさん初披露となるので、皆さんが好きなカップリング(キャラクター)を叫んでいただけたらすごく嬉しいです。

津田:キャラクターソングもカップリングの曲もノリのいい曲が多いので、サイリウムを振ってガンガンにノっていただけたらと思います。

三上:前回は、「ゆるゆり」好きな人が一緒に楽しい雰囲気を作ってくれて、皆さんと私たちの楽しい気持ちがぶつかり合うことですごく素敵なライブになりました。「七森中♪うたがっせん」でも皆さんの思いをぶつけていただいて、私たちもそれに負けないように“ゆるゆり愛”をぶつけていけたらなと思います。


――最後に、視聴者の方にメッセージをお願いします。

三上:第1期の放送からあっという間に1年経ったことにすごく驚いています。この1年間、私自身はキャラクターと心が離れる暇もなくイベントや歌をやらせていただきました。第1期を知らない方は、ぜひ今から第1期を見て予習復習していただけたらと思います。また、原作も放送に合わせて発売されますので、原作、アニメ、ライブやイベントなど、一緒に作品を盛り上げていけたらなと思います。

大坪:第2期は皆さんの応援のおかげだとすごく感じます。第1期が終ってからも、京子ちゃんやごらく部、生徒会のみんなとずっと一緒にいた感覚が大きくて、その絆を第2期でたくさん出していけたと思っています。多くの方の愛情がたくさん詰まった、見ている人の癒しや活力になれるようなアニメなので、ぜひ「ゆるゆり」を見てから眠って欲しいです(笑)。

津田:第2期までそれほど期間がなかったはずなんですが、まだかまだかと私自身が本当に待ちわびていました。ギャグが第1期同様たくさん詰まっていて、キャラクターの魅力は第1期より増していると思いますし、ストーリーの魅力も増していますので、期待して欲しいなと思います。

大久保:ようやくこの時がきたという気持ちです。私自身もワクワクした気持ちでアフレコをしています。イベントもたくさんしてきましたが、やはりアニメをお届け出来るのがなによりも嬉しいことです。「ゆるゆり」に元気を貰ったという声をたくさんいただきましたので、パワーアップした私たちと一緒にこの夏を熱く盛り上げてくれたら嬉しいなと思います。

藤田:応援してくださるファンのおかげで、第2期という形になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。第2期はまだ始まっていませんが、第3期も出来るように引き続きよろしくお願いします(笑)。

豊崎:ごらく部のみんながすごい数のイベントをこなしていたり、サインをいっぱい書いたり、すごくすごく一生懸命「ゆるゆり」に愛を注ぐ姿を見てきました。ファンの皆さんも一緒に盛り上げてくださったから第2期が出来たと思うので、感謝の気持ちでいっぱいです。感謝の気持ちをキャラクターたちに込めて、楽しく賑やかに、そしてゆるく演じていきたいと思います。千歳と一緒に鼻血を出す勢いで妄想してくれたら嬉しいです(笑)。

加藤:キャストはもちろん、スタッフ、事務所のマネージャーまで、第1期以上に「ゆるゆり」が好きすぎてびっくりします(笑)。関わっているみんなが本当に「ゆるゆり」大好きで、溢れるぐらい愛が注がれているのを第2期で感じています。もしかしたら、“百合”という言葉に抵抗がある方もいるかもしれませんが、“深い友情”“気持ちのいい友情”“友達愛”という意味での百合なので、まだ見たことのない方も応援していただけたら嬉しいです。

三森:「ゆるゆり」はいちファンとして大好きで、第1期が終ってしまってからもずっとDVDを家で個人的に見るぐらいハマっていたんです。声優をやっていて良かったと心から感じるような、温かい気持ちがたくさん詰まった作品だと思います。第2期ではキャラクターひとりひとりの個性がよりフィーチャーされていて、第1期からのファンの方はより楽しめると思いますし、初めての方も飽きない作品になっていますので、ぜひぜひ見ていただきたいです。


「ゆるゆり♪♪」集合写真

(取材・文:千葉研一)


■TVアニメ「ゆるゆり♪♪」
TVアニメ「ゆるゆり♪♪」

【放送情報】
テレビ東京:2012年7月2日より(月)26:00~
AT-X:2012年7月3日より(火)10:30~/22:30~、(金)16:30~/28:30~
テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送にて7月より放送開始予定
※放送時間は変更になる場合があります。

【スタッフ】
原作:なもり/コミック百合姫にて連載中(一迅社刊)
監督:太田雅彦
副監督:大隈孝晴
シリーズ構成・脚本:あおしまたかし
キャラクターデザイン・総作画監督:中島千明
総作画監督:越智信次、尾尻進矢
色彩設計:真壁源太
美術監督:鈴木俊輔(スタジオ風雅)
撮影監督:佐々木正典
音響監督:えびなやすのり
音響制作:ダックスプロダクション
音楽:三澤康広
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:動画工房

【キャスト】
赤座あかり:三上枝織
歳納京子:大坪由佳
船見結衣:津田美波
吉川ちなつ:大久保瑠美
杉浦綾乃:藤田咲
池田千歳:豊崎愛生
大室櫻子:加藤英美里
古谷向日葵:三森すずこ
ミラクるん:竹達彩奈

【音楽情報】
オープニングテーマ:「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」(歌:七森中☆ごらく部)
エンディングテーマ:「100%ちゅ~学生」(歌:七森中☆ごらく部)


©なもり/一迅社・七森中ごらく部


いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪(初回限定盤)(DVD+キャラカード付き)

B007XX09QM いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪[通常版]

B007XX09US 100%ちゅ~学生

B007XX09WQ ゆるゆりでゅえっとそんぐ♪ 「恋のダブルパンチ」【さくひま盤<DVD付>】

B0079RHXCA ゆるゆりでゅえっとそんぐ♪ 「恋のダブルパンチ」 【ひまさく盤<キャラカード付>】

B0079RIUM2

▲ PAGETOP