ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース朗読と生演奏で想いを紡ぐ!episode 7の制作発表!「機動戦士ガンダムUC」ライブ&上映イベント

朗読と生演奏で想いを紡ぐ!episode 7の制作発表!「機動戦士ガンダムUC」ライブ&上映イベント 2012年5月18日 11:35

機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"

5月19日(土)よりシリーズ最新作“episode 5「黒いユニコーン」”のイベント上映がスタートする「機動戦士ガンダムUC」。そのライブ&上映イベント『GUDAM LIVE ENTERTAINMENT 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"』が、5月13日(日)に渋谷・Bunkamura オーチャードホールで開催された。1日2回公演されたうち、2回目の公演の模様をお伝えする。

出演は、キャストの内山昂輝さん(バナージ・リンクス役)、藤村歩さん(オードリー・バーン(ミネバ・ラオ・ザビ)役)、浪川大輔さん(リディ・マーセナス役)、池田秀一さん(フル・フロンタル役)、挿入歌を担当しているCyuaさん、小林未郁さん。本イベントは3部構成となっており、第1部のライブパートは本作ストーリーを担当している福井晴敏さんの構成による朗読劇の上映&ライブ。そして、第2部では“episode 5「黒いユニコーン」”の世界最速上映。第3部では古橋一浩監督らを交えてのトークショーが行われた。


機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand" 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"

ライブパートでは、フロンタルとミネバ(オードリー)がジオン公国の歴史を紐解きながら、その苦悩やミネバが家出するに至る思いを朗読。続いて、ミネバ、バナージ、リディ、フロンタル、それぞれの朗読劇が披露された。バナージが抱く父への思いやオードリーへの気持ち、リディの生まれについての葛藤、オードリーやバナージへの複雑な心境、フロンタルの胸にある“変わらない人類”への思いなど、様々な心の内がキャストの見事な演技で届けられ、それを音楽担当の澤野弘之さんとサポートメンバーによる生演奏が彩った。

機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand" 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"

朗読劇の合間には、Cyuaさんが『A LETTER』と新曲『Sternengesang』を、小林未郁さんが『EGO』と『REMIND YOU』を歌い上げた。ふたりの美しい歌声は、キャラクターの心情を紡ぐかのようだった。

機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand" 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"


機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"

“episode 5「黒いユニコーン」”の上映が行われた後は、キャスト4人、福井さん、澤野さん、古橋監督が登壇してのトークショー。Reader's Theaterについて福井さんは「役者がすごいと思うのは、やればやるほど自分のフィールドに引き寄せる」と演技を絶賛。さらに、イベントタイトルに込めた思いについて「"hand in hand"は“手に手を取って”という意味。(本作は)手を繋ぐことから始まり、episode 5でそれが1周した感じだった」と語った。ちなみに、古橋監督と福井さんは口を揃えてepisode 5の見所を「リディ」と回答。ぜひ注目してもらいたい。

朗読の感想などを聞かれたキャスト陣は、「本編では触れられなかった“母への思い”に触れていたので、今後の参考になりました」(内山)、「生の演奏に乗せた朗読は初めてだったので高揚感があり、より感情を出せたと思います」(藤村)、「福井さんに『(リディが)気持ち悪い』と言われました(笑)」(浪川)と述べる。また、大変だった点を聞かれた池田さんは「久しぶりの生なのでプレッシャーがかかりました。アムロ以来ですね、こんなにプレッシャーがかかったのは」と話して、会場の笑いを誘った。

ここで、以前から舞台挨拶などで話していた“物語を完結する良い方法”が遂に明かされた。その方法とは、なんとepisode 7の制作だ。制作開始時は全6話と発表されていたが、新たにもう1話制作して全7話となる。しかも、episode 7は1時間を超える内容になりそうとのことだ。2013年春公開予定のepisode 6「宇宙と地球と」と合わせて、完結に向けた物語が今から待ち遠しい。

出演者からの意気込み、そして福井さんから「episode 7は皆さんが作ったフィルムだと言っても間違いないので、最後までお付き合いいただけたらと思います」とメッセージがあり、最後に『MOBILE SUIT~GUNDAM(メドレー)』の演奏でイベントは幕を閉じた。

内山: episode 1の頃は10代でした。終わる頃にはいくつになっていますかね(笑)。

藤村:まさかのepisode 7ということで、さすがユニコーンは“可能性の獣”だなと思いました(笑)。濃い内容だからこそのepisode 7だと思うので、私も楽しみです。

浪川:(episode 5の内容を受けて)ホッとしています(笑)。

池田:思えばファーストガンダムは52本の予定が43本で打ち切りになりました。33年の月日を経て、ガンダムUCがその恨みを晴らしてくれて感無量です。


(取材・文:千葉研一)


■機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」

2012年5月19日(土)~6月1日(金)全国12館にてイベント上映

【上映館】
東京:新宿ピカデリー/TOHOシネマズ六本木ヒルズ
神奈川:横浜ブルク13
千葉:シネプレックス幕張
埼玉:MOVIXさいたま
栃木:MOVIX宇都宮
大阪:大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ
京都:MOVIX京都
愛知:ミッドランドスクエアシネマ
福岡:福岡中州大洋
札幌:札幌シネマフロンティア


©創通・サンライズ


機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray]

B006ZTJOVQ 機動戦士ガンダムUC 5 [DVD]

B006ZTJOW0 機動戦士ガンダム UC (Mobile Suit Gundam UC) 4 [Blu-ray]

B005DJEBI0 機動戦士ガンダム UC (Mobile Suit Gundam UC) 3 [Blu-ray]

B003YUBDPE 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)[Mobile Suit Gundam UC] 2

B003WJDWCO 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 1 [Blu-ray]

B002TZRF5M 機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック3

B007BRSJHG MG 1/100 RX-0 フルアーマーユニコーンガンダム Ver.ka (機動戦士ガンダムUC)

B005QKF860

▲ PAGETOP