ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース内山昂輝、木村良平らが出演!「君と僕。」イベント『穂稀高校春祭り〜キミ踊る、サクラ咲く〜』レポート

内山昂輝、木村良平らが出演!「君と僕。」イベント『穂稀高校春祭り〜キミ踊る、サクラ咲く〜』レポート 2012年4月27日 20:40

4月よりTVアニメシリーズ第2期が始まった「君と僕。」。4月8日(日)に北千住・シアター1010にて本作のDVD&Blu-ray 購入者イベント『穂稀高校春祭り〜キミ踊る、サクラ咲く〜』が開催された。出演者は、内山昂輝さん(浅羽悠太役)、木村良平さん(浅羽祐希役)、小野友樹さん(塚原要役)、豊永利行さん(松岡春役)、入野自由さん(橘千鶴役)、司会進行をニッポン放送の吉田尚記氏アナウンサーが務め、生ドラマやトークショーが行われた。また、スペシャルゲスト・蒼井翔太さん(劇中歌アーティスト/松下隆之介役)、シークレットゲスト・佐香智久さん(第2期OPテーマアーティスト)によるミニライブもあり、充実の時間となった。



■オープニング(ピクチャードラマ)


まずはメインキャスト5人の生アフレコによるピクチャードラマからイベントはスタート。学校での身体測定の結果ひとつひとつに5人は一喜一憂。測定の途中で見つけたDVDの中身は青春映画で、ヒロインの声を豊永さんが裏声であてて会場がざわめく一幕も。その後も小芝居や、将来の話などいつもの5人の日常の話が展開された。



■フリートーク

吉田アナの呼び込みで、改めて5人が順番にステージに登場し、それぞれ自己紹介。豊永さんが、春役ではなく、マネージャー役として再び裏声で名乗ると笑いが起こった。

先ほどの生ドラマについて、内山さんは「入野さんのセリフは自分の10倍あった」と話し、アニメ本編でも普段から入野さんのセリフが多いことを明かした。今回、自分の役以外も演じた豊永さんは、セリフの切り替えが大変だったと語る。また、小野さんは役名ではなく「小野」とアドリブで呼ばれて、非常に驚いたそうだ。



■君僕。お題トーク

「君と僕。」のメインスタッフから集めたお題に従ってトークを展開していく。

●男性の皆さんから見て、「かっこいい」と思う「君と僕。」の男キャラは誰でしょうか?(原作・堀田きいち先生より)

「悠太が格好良いです。2話のお祭りの最中に落とし物を探すシーンで、『あそこにあるよ』ってぼそっと的確に話す姿が良かったですね」(小野)、「東先生です。大人の格好良さがあると思います」(内山)、「春の弟の冬樹ですね。彼女の前で頑張って格好つけたり、自分のフォローを自分でするっていうのがすごく格好良いです」(木村)、「千鶴です。前髪を下ろすとさらに格好良いです」(入野)、「春がみんなを見守って、幸せな雰囲気を出してくれるのが、人として格好良いなって思えます」(豊永)とそれぞれコメント。また、格好良い人を上げるのを迷う内山さんに「自分を指名しろ!」と言わんばかりにアピールする豊永さんや、春の真似をして「もう、ケンカはやめてくださいよ」と言わされる小野さんの姿に笑いが起きていた。


●各々のキャラクターの恋の行方はどうなって欲しいですか?(監督・神戸守氏より)

それぞれ、「千鶴の恋は報われない感じが出ていますが、あのままじゃ終わらないと思います」(入野)、「春は、茉咲ちゃんの恋心に気付いてあげて欲しいです」(豊永)、「かおり先生が好きという流れから、幼馴染みの日紗子との話があり、気になっています」(小野)、「祐希は花代とちょっとしたエピソードがありましたが、『10年後にどこかの店で再会する』とかあったらいいなと思います」(木村)、「高橋さんとちょっとだけ付き合いましたが、タイミングって大事ですよね」(内山)と、皆自分の演じるキャラ達の恋の行方が気になる様子だ。


●「君と僕。」のキャラが同じ仕事をしていたとしたら共演してみたいキャラは誰ですか?また、実在する役者で共演してみたい人は誰ですか?(音響監督・清水勝則氏より)

共演してみたいキャラについては、入野さんは千鶴、豊永さんと小野さんは祐希、木村さんは花代、内山さんは悠太を挙げる。また、実在の役者では、「金城武」「レオナルド・ディカプリオ」「ジャッキー・チェン」「スカーレット・ヨハンソン」「ビル・マーレー」「谷山紀章」と声優、俳優からハリウッドスターまで幅広い層の役者が上げられていた。



■君僕。キャスト漫画リレー

ここで、スペシャルゲストの蒼井さんが登場。「君と僕。」で声優デビューを飾った蒼井さんは、初めての現場で先輩方の温かな対応が嬉しかったと話した。

このコーナーではアニメ第1期の第8話で、5人がリレー形式の漫画を描いたエピソードになぞって、堀田先生の描き下ろしてくれた1コマ目を起点に6コマ目までをキャスト5人が1コマずつ描いていく。蒼井さんは司会のアシスタントとして、5人が漫画を描く様子を実況。完成した漫画はプロデューサーが判定し、見事採用となった場合、アニメ本編に登場するそうだ。

ステージには黒板と机と椅子が並べられ、高校の教室を思い起こさせるセットが用意された。まずは、くじを引いて、何コマ目を誰が担当するか順番を決めていく。その結果、掘田先生の描いた「春といえばお花見!」というコマに繋がるよう、木村→豊永→小野→内山→入野の順番で漫画が描かれることに。





トップバッターの木村さんはプレッシャーを感じつつも、可愛い千鶴を描き「また合コンにしよう!」と話を膨らませる。2番手の豊永さんはじっくりと祐希と春を描き「千鶴、そればっかだよね」「ぼ、僕も行くんですか・・・!?」と繋げる。3番手の小野さんは必死に頑張ったが、シュールな要を描き「オレは、行かねぇ」と話をぶった切る。困った4番手の内山さんは「ここまで来たら、あの手しかない!」と叫んでペンを取った。その様子を見に行った蒼井さんは、絵を見た瞬間吹き出していた。内山さんが描いたのは「そして十年後・・・」「まだ花見続けんのかよ」と10年間花見を続ける5人の姿。最後の入野さんは、既にオチが付いている状態で頭を悩ませつつ、「社会に対しての僕の意見です!」と言って、「ゴミはちゃんと持って帰らないとね!」と花見のゴミを回収する様子を描き、無理矢理(?)話をまとめきった。


そして、5人の力作となった漫画に、プロデューサーから下された判断はなんと・・・「不採用」。「滝に打たれて修行をしてください」とのコメントも添えられており、5人は肩を落とした。



■ライブコーナー

アニメ第2期のオープニングテーマを歌う佐香さんがシークレットゲストとして登場。ステージ上のスクリーンに流れるオープニングムービーとともに『ずっと』を歌い上げる。オープニングテーマを担当する前から「君と僕。」が大好きだったという佐香さんは、この話が来た時は非常に驚いたそうだ。また、この曲のCDの初回限定盤にはオリジナルミニドラマが付いており、佐香さんも出演しているとのこと。CDは6月6日(水)に発売予定。気になる方はぜひお買い求めを。




先行でアニメ第2話のAパートが上映されてから、蒼井さんが再び登場。「今日は蒼井翔太として初のライブになります。第2期でも劇中歌が増えますので、その歌で作品を彩ることが出来たらいいなと思います」と語った。そして、劇中歌『SORA』『Over』『Tomorrow』の3曲をソウルフルに歌い上げ、観客はその歌声に酔いしれていた。



■エンディング


ここで「君と僕。2」のBlu-ray&DVD第1巻が6月27日(水)に発売され、小野さんの歌う、要のキャラクターソングが収録されることが発表。また、昨年から募集されていた、総選挙(!?)企画のビジュアルが発表されると会場は歓声に包まれた。最後に、ひとりずつ挨拶を行いステージに桜の花びらが舞い散る中、イベントは終了となった。

蒼井:素敵な作品に関わらせていただき、素敵な先輩方とファンの皆さんに出会えて嬉しいです。第2期もよろしくお願いします!

入野:去年に引き続き楽しくイベントをやれて良かったです。ありがとうございました。

豊永:作品も第2期となり、こんなにみんな仲良くなりました。“若者達が頑張っています”ということをアピールしつつ楽しく演じていけたらと思います。

小野:今日一日楽しませてもらいました。またお会いしましょう!

木村:「君と僕。」のイベントの度に思うのですが、普段の僕らを見てもらうことで、皆さんに楽しんでもらえてるようで嬉しいです。僕たちと楽しさを共有していただき、作品を盛り上げていってください。

内山:あっという間に時間が過ぎてしまいました。第2期も穏やかな雰囲気はそのままに、面白おかしく話は続いていくので、よろしくお願いします。



©堀田きいち/スクウェアエニックス・「君と僕。」製作委員会


君と僕。2 1(完全生産限定版) [DVD]

B007SBFRIE ずっと(アニメ盤) [Single, Limited Edition, Maxi]

B007N6SBFK 君と僕の挽歌(初回生産限定盤) [Single, Limited Edition, Maxi]

B007BRSMIM 君と僕。 11巻 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム) [コミック]

475753406X

▲ PAGETOP