ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【ACE2012】劇場版前後編が2012年秋公開決定!『魔法少女まどか☆マギカ』レポート

【ACE2012】劇場版前後編が2012年秋公開決定!『魔法少女まどか☆マギカ』レポート 2012年4月18日 16:28


3月31日(土)・4月1日(日)に幕張メッセにて、アニメ及び関連コンテンツを集めた新時代の祭典『アニメ コンテンツ エキスポ 2012』が開催。REDステージ、WHITEステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中、4月1日(日)・REDステージの『魔法少女まどか☆マギカステージ』の模様をお伝えする。

出演者は、悠木碧さん(鹿目まどか役)、斎藤千和さん(暁美ほむら役)、喜多村英梨さん(美樹さやか役)、水橋かおりさん(巴マミ役)、野中藍さん(佐倉杏子役)、加藤英美里さん(キュゥべえ役)。このフルメンバーとも言えるメンツでの初イベントということで、ファンも大興奮。TVアニメ版を編集した前後編に加え、新作の劇場版が公開予定の本作品。前後編の公開が今秋であることが発表され、会場は歓喜の声に包まれた。




オープニングテーマ『コネクト』のBGMとともに6人が登場。悠木さんの「今日はみんなに楽しんで帰ってもらったら『それは嬉しいなって。』」という挨拶を始め、それぞれ「私、もう何も怖くない」「『魔法少女まどか☆マギカ』ステージと契約してくれてありがとう!」など各キャラクターを彷彿させる挨拶で会場を盛り上げ、6人でイベントに出演出来たことを喜んだ。



最初は、好きなセリフを挙げ、生で披露する『私の一番好きなセリフ』コーナー。それぞれお気に入りのセリフを挙げつつ、思い出を語っていった。



悠木さんは「杏子ちゃんのあのセリフが大好きです。そのシーンで号泣しちゃいました」と興奮気味に語る。指名を受けた野中さんが、「ひとりぼっちは寂しいもんな」とセリフを言うと、悠木さんは感動のあまり目を潤わせていた。野中さんは、オーディオコメンタリーの収録時にも悠木さんの杏子への愛が届いたそうだ。



次は野中さんから喜多村さんへのリクエスト。野中さんは「このセリフを聞いた時に、切なくなってしまい、後ろから抱きしめたくなるくらいさやかが可愛く見えました」と語り、喜多村さんが「あたしって、ほんとバカ・・・」とさやかのセリフをつぶやいた。



続いて、喜多村さんは「このセリフは私の中で大ヒットでした。ソウルジェムが濁りそうな、ニヒルな感じでお願いします!」と加藤さんにリクエスト。加藤さんは「酷いじゃないか、友達を投げ捨てるなんて」とキュゥべえのセリフを披露した。加藤さんは自分だけ立場が違うため、魔法少女たちを前にすると居辛いと苦笑い。そして、衝撃を受けたという「まどか、そっちはさやかじゃなくて、ただの抜け殻なんだって」というセリフも披露した。さらに喜多村さんから「おかわり!」と声が上がり、「僕と契約して魔法少女になってよ!」というセリフが会場に響き渡ると、観客から歓声が上がった。



斎藤さんは「ほむらが一番好きなのはまどかなので、一番最後にほむらに言ってくれたセリフを聞きたいです」と話し、悠木さんは「私の最高の友達だよ」と返す。斎藤さんは大好きなまどかのセリフが聞けて幸せだと喜んだ。

ここから水橋さんが怒濤のリクエストを展開。まずは斎藤さんに汎用性が高くて大好きだというセリフ「これを使いなさい、あなた死ぬわよ」を言ってもらい、続いて悠木さんへ2つのセリフを合わせてリクエスト。「さやかちゃん、ごめん!クラスのみんなには内緒だよ!」と2つのセリフが混じり合い、ブラックな感じでの悠木さんの演技に、会場は笑いに包まれる。そして、観客からのリクエストで水橋さんも「美樹さん、逝ってしまったわ、円環の理に導かれて・・・」とセリフを披露した。



最後は斎藤さんのリクエストから全員で「ティロ・フィナーレ!」と叫び、コーナーを締めくくった。


続いてのコーナーは、『劇場版に期待するところ』と題し、本放送を再編集した前後編と新作の劇場版への要望が挙げられた。



「まどかは“円環の理”になってしまったので映画に出れるか心配です。出るとしたらナレーションかラスボスでしょうか?(笑)」(悠木)、「さやかちゃんを助けたいです。あと、マミさんのティーパーティーに参加したいです!」(野中)、「私はTVアニメ版とは違う死に方をして何か言い残したいですね。『なんじゃこりゃー』みたいな(笑)」(水橋)、「いろいろなキャラ同士の会話が見たいです。TVアニメ版で描かれなかった部分を劇場版では補完して欲しいです」(喜多村)、「TVアニメ版は“ほむら&キュゥべえエンド”だったので、“まどか&ほむらエンド”を迎えたいです」(斎藤)、「宇宙を守るためにキュゥべえは活動していましたが、劇場版では良いキュゥべえからスタートして、一周まわってやっぱ悪いキュゥべえだったみたいなのを期待します(笑)」(加藤)と次々に要望が語られた。

ここで重大発表として、前後編の公開時期が2012年秋であること、サブタイトルが前編は「始まりの物語」、後編は「永遠の物語」となることが発表された。その他、詳しい情報は公式HPを確認して欲しい。



最後にひとりずつキャラクターのセリフにかけた挨拶があり、初めて6人揃ってのイベントは終了した。

野中:劇場版も決まりました。見ないと「そんなの、あたしが許さない!」

喜多村:なんていうか、「劇場版も決まって、舞い上がっちゃってますね、わたし!」

水橋:「体が軽い・・・こんな気持ちでステージに立つの初めて!」「私もう何も怖くない!」

加藤:「契約は完了だ、君の祈りはエントロピーを凌駕した」。劇場版もよろしくお願いします!

斎藤:一年越しでしたが、皆さんがこの作品を愛してくれていて嬉しいです。「魔法少女になるってそういうことよ」

悠木:劇場版を皆さん楽しみにしていてください。「だって、魔法少女は映画でみんなの希望を叶えるんだから!」



BIRTHDAY(期間生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B0070YG0SK 魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B004XCMYEG 魔法少女まどか☆マギカ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B004RCJJFE 魔法少女まどか☆マギカ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B004P4RTKQ

▲ PAGETOP