ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース森田さん必死の罰ゲームに大爆笑!夢のコラボイベント『JAPAN 乙女・Festival2』レポート

森田さん必死の罰ゲームに大爆笑!夢のコラボイベント『JAPAN 乙女・Festival2』レポート 2012年4月 6日 23:00

JAPAN 乙女・Festival2

ネオロマンス、オトメイト、B’s-LOGがブランドの垣根を越えて実現したコラボレーションイベント『JAPAN 乙女♥Festival』。昨年の初開催に続く第2回目となる『JAPAN 乙女♥Festival2』が2月18日(土)・19日(日)にパシフィコ横浜 国立大ホールにて開催された。2日間で計4公演が行われた今回は、3ブランド合計15作品、出演者は両日合わせて22人という大規模のイベントとなり、また19日夜の部はニコニコ生放送での配信も行われるなど、まさに全国の乙女待望の、夢のイベントとなった。

今回取材した18日夜の部には、伊藤健太郎さん、岡野浩介さん、下野紘さん、高橋広樹さん、寺島拓篤さん、成田剣さん、野宮一範さん、平川大輔さん、堀内賢雄さん、前野智昭さん、森川智之さん、森久保祥太郎さん、森田成一さん、総勢13名の豪華キャストが揃いステージを盛り上げてくれた。


伊藤健太郎さん 岡野浩介さん 下野紘さん 高橋広樹さん 寺島拓篤さん
成田剣さん 野宮一範さん 平川大輔さん 堀内賢雄さん 前野智昭さん
森川智之さん 森久保祥太郎さん 森田成一さん


■ドラマ(1)「遙かなる時空の中で5」『ありふれた日常』~ライブ(1)

オープニングのキャスト紹介から、早速最初のコーナーへ。寺島さん(桐生瞬)と下野さん(桐生祟)による「遙かなる時空の中で5」のドラマが行われた。ストーリーは現代に戻った瞬との日常を取り戻した祟。兄弟によるヒロインを巡る物語。互いに譲れないと宣戦布告し合う真剣さに胸をときめかせつつ、クールな瞬のここでしか見られないおちゃめな姿や可愛らしさ最上級の祟、ふたりのコミカルなやりとりが会場の笑いを誘う。またスタート直後からいきなりセリフを噛んでしまった下野さん、そこへすかさずツッコミを入れる寺島さんと、生ならではのハプニングに会場もスタートから大いに盛り上がった。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2

続いてはライヴへと突入。まずは伊藤さん&森田さん(土浦梁太郎&火原和樹)の『W-BLIZZARD』で気分爽快に盛り上がる!…となるはずが、ここで音楽がストップするアクシデントが発生。ざわめく観客を前に伊藤さんと森田さんが、「聞かなかったことにしてくれるかな」とフォロー。雰囲気を和やかに戻して音楽が改めてスタート、ふたりも勢いよく再登場し、ノリのよいロックで会場の盛り上がりを再燃させた。続いては平川さん(大蛇卓)による『Gentle Moonlight』。ロマンチックな雰囲気に観客を酔わせると、最後は「素敵な夜を過ごしましょう、我が姫」とダメ押しのセリフで締め、最後に堀内さん(オスカー)へとバトンタッチ。熱い歌声を響かせた『Glamorous Venus』に観客の興奮は続いた。


JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2


■ドラマ(2)「恋愛番長シリーズ」『真の恋愛番長は俺だ! 雪の上のラブレッスン』~メッセージ(1)~ドラマ(3)「アンジェリーク 魔恋の六騎士」『初雪の奇跡』

ドラマ2本目は「恋愛番長シリーズ」から。森久保さん(恋愛番長)、寺島さん(ヤス)、森川さん(ホスト番長)が登場し、アプローチ合戦が繰り広げられた。いつものごとく始まった恋愛番長とホスト番長のにらみ合いから、「凍りついているエンジェルたちの心を愛の言葉で溶かす」という告白対決で決着をつけることに。横でふたりの様子を見守ろうとしていたヤスにももちろん両番長から参加が言い渡され、ファンからの声援が後押しとなり強制参加が決まった。

まずは恋愛番長が真っ向勝負の告白に真剣なまなざしを見せる。「春が過ぎても、この先ずっとお前を離したくない」と強気だが誠実な言葉を贈った。続いてヤスが一生懸命手を温めてくれながら「君さえよければ、このまま手、握っててもいい?」と純真な告白で勝負。直後にはあまりの恥ずかしさから自らスポットライトを避け、後を向いて観客から顔をそむけてしまい、その初々しい姿に観客は歓声を一際大きくさせた。最後はホスト番長が「今は俺の熱だけ感じてて…」と大人の色気全開で攻める。三者三様の告白に客席も大興奮の様子を見せていた。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2

次のコーナーでは、キャラクターからのLOVEメッセージをお届け!土浦梁太郎、鴉取真弘、火原和樹が順に登場し、バレンタインにちなんだ愛のメッセージが語られた。

続くドラマ3本目は「アンジェリーク 魔恋の六騎士」。ステージには森川さん(カイン)、森久保さん(ジョヴァンニ)、成田さん(レヴィアス)、前野さん(ヨハネ)が登場した。ストーリーは、もしも騎士団とは無関係な町の住人だったなら、レヴィアス、カイン、ジョヴァンニ3人のうち誰が一番人気者になるか。そんなジョヴァンニの思いつきから自己アピール合戦が始まる。自信満々のジョヴァンニに、控えめなカイン、最後にレヴィアスは不遜な笑みを浮かべたまま語りださず、代わってカインがアピールを行うという笑いを誘うシーンも交えた、穏やかなある日の出来事が描かれた。


JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2


■トークコーナー

次のトークコーナーでは、イベントならではのキャストの掛け合いは今回も期待を外さない爆笑を起こしてくれた。

序盤に会場を沸かせたのは下野さん(ルシア)。コーナー紹介を兼ねたコラボドラマに、平川さん(ベルナール)、森川さん(ホスト番長)とともにステージに姿を現し、他では見られない3人の掛け合いの中、早々にセリフをかんでしまい平川さんと森川さんからの鋭いツッコミを受け意図せず会場を盛り上げた。続いてはバラエティー×バトルコーナーへ。キャスト全員出演でさらなる大爆笑のステージへと展開する。

ここからは伊藤さん、高橋さんが司会を担当、そのほかは賢雄さんチーム(堀内さん、岡野さん、成田さん、森川さん、森田さん)、森久保さんチーム(森久保さん、下野さん、野宮さん、寺島さん、平川さん、前野さん)に分かれてゲームが行われた。勝負は『乙女フェス特製 答えを合わせましょう』。出されたお題から連想されるものを回答し、その回答が4人そろっていたら4点、5人で5点、全員(賢雄さんチームは5人)で10点獲得、というルールだ。しかしながら、このタイトルコールを読み上げる司会者ふたりの息が合わずいきなりツッコミを受けてしまうというスタートに。出だしから何かが起こりそうな気配を漂わせてくれる。すでに昼の部での互いの様子を知るキャストたち。賢雄さんチーム内から「そろわない!無理!」との声が多々あがり、どうやら成田さんがゲームのキーパーソンになるようで…。スタート前からいろいろと波乱含みの展開となったが、とにもかくにもゲームスタートされた。

◆一回戦:賢雄さんチーム(Q.ロマンチックな夜景が見える高い場所とは?)
堀内「富士山の五合目」
岡野「東京タワー」
森川「富士山」
森田「東京タワー」
成田さんを除いて順に回答をオープンすると、なんと回答は2パターンに分かれてしまい、この時点で0点が確定となるも成田さんの答えを見てみることに。すると、「東京タワー、スカイツリー、新宿ビル・・・」と多数の回答が書かれているという、まさかの結果が待っていた。

◆一回戦:森久保さんチーム(Q.グッとくる女性の仕草といえば?)
前野「髪をむすぶ 的な」
平川「髪をかきあげる」
野宮「首をかしげる」
寺島「髪を耳にかける」
下野「しゃがんだとき」
森久保「髪をかきあげる」
問題が出され、各々戸惑いの表情を浮かべた6人。リーダーの森久保さんから「設定若めでいこう」との言葉がかけられ逆に混乱を見せたが、回答は髪がらみに集中し司会者判定で4点ゲット。しかし下野さんの回答には、チーム内、観客からも疑問の声がわき、こちらのチームにもキーパーソン出現!?の気配を漂わせた。

◆二回戦:賢雄さんチーム(Q.告白とともに差し出すものは?)
森田「指輪」
森川「確定申告」
成田「指輪」
岡野「指輪」
比較的連想しやすい問題が出題された二回戦。回答者の間でも余裕が窺え、回答を見ていくと成田さんを含む三人がそろう。最後に残った賢雄さんに期待がかかるが、その回答はなんと「手」と会場中からまたまたブーイングの声が。しかし岡野さんが「手つながりで」と司会者に粘りの懇願を見せ、なんとか4点を獲得。これで同点に持ち込んだ。
一方ここでポイントを獲得すれば勝利となる森久保さんチーム。しかし一回戦の様子を思い返したリーダーが下野さんに戦力外通告、「5人のつもりでやる!」と気合いを入れた。

◆二回戦:森久保さんチーム(Q.愛がつく単語は?)
前野さん、平川さん、野宮さん、寺島さんと順に回答を見ると全員一致で「恋愛」。しかし残りふたりの回答を見る番になると、下野さん、森久保さんともに何やら不安な表情を見せる。ふたり同時に回答を出したところ、その答えは「愛情」。お互いに顔を見合わせ笑ってごまかそうとしつつも、周囲からは大ブーイング。森久保さんに至っては、先程きっぱり「使えない」と言った下野さんと同じ答えを書いたことに自ら反省を表した。

ゲームの結果は8対4で森久保さんチームの勝利!負けた賢雄さんチームには罰ゲームを行ってもらうことに。罰ゲームは『即興リレーラブメッセージ』。クジで順番を決め、その場でラブメッセージをリレーで作るというものだ。どうやらこの罰ゲームを昼の部でも受けてしまったらしい森田さん。しかもその際最後の順番を引いてかなり難題なパスが渡されたようで、「絶対最後、サイアクだよ!!」と本気で避けたい様子。しかしそんな時こそ不運は当たってしまうもので、順番は、堀内さん→成田さん→森川さん→岡野さん→森田さんという期待以上の結果となった。当の森田さんは半ば自棄気味な様子をうかがわせつつ、しかし先輩方がどんな内容へと変化させていくか分からないということで、フリップをメモ代わりにもって万全で待機。BGMもかかりいよいよ即興リレーがスタートした。

なぜか手紙を読み上げる形で始まった即興ラブメッセージは一番手の堀内さんから内容はかなりおかしな方向へと進む。成田さん、森川さん、岡野さんとリレーされていくほどに修正はますます難しくなり、森田さんへパスされるころには収拾がつけられるのかというところまで至る。あまりの事態に会場から大きな声援がかかるほど、すっかり固まってしまった森田さん。しかし本番での強さを見せ、危うくラブメッセージとかけ離れたものになりつつあった即興リレーを見事に締めくくり、拍手喝采でクリアした。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2


■ドラマ(4)「ネオ アンジェリーク」『スクープ! ~ライバルの秘中をさぐれ~』~メッセージ(2)~ライブ(2)

最後のドラマパートは高橋さん(レイン)、平川さん(ベルナール)、岡野さん(ベルナールの部下・エリック)による「ネオ アンジェリーク」。レインの取材にやってきたエリックが言葉巧みに彼の本心に迫る。エリックにうまく誘導され、つい次々と隠しきれない思いを漏らすレインのやりとりがコミカルに描かれ、また写真撮影でのノリのよいふたりの姿は爆笑もの。いろいろなポーズを要求するエリックにしっかりと答えるレイン、その調子でついには上着を脱がせようと要求はエスカレートしていく。レインが我に返り脱がずに終わるも、観客からの残念がる歓声が会場中に響き、笑いの絶えない一幕となった。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2

続いて狗谷遼、ホスト番長、オスカー、3人からのLOVEメッセージが贈られ、最後はライヴでもう一盛り上がり。下野さん(ルシア)によるさわやか軽快ソング『約束のReunion』、森川さん(エルンスト)が色気のある歌声で『忘却へのオマージュ』、最後は森久保さん&寺島さん(恋愛番長&ヤス)の『LOVE★Monster a GO! GO!』へ。ステージに現れたふたりは学ラン姿で背中にエンジェルの羽、手には扇と衣装の準備も万端。残った体力をすべて注ぐ勢いでラストスパートがかかった。観客もふたりの熱に負けない大歓声で応え、これまで以上に大騒ぎのステージで締めくくられた。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2


■エンディング&アンコール

すべてのコーナーを終え、最後はキャスト全員がステージにそろってキャラクターメッセージで別れを告げる。大歓声の中幕が下ろされステージは終了を迎えるも、鳴り止まない大きな拍手にアンコールへと突入した。

アンコールにはイベントのテーマソング『世界でいちばんアイシテル!』をキャスト全員で披露。13人が広い舞台をめいっぱい使い観客の応援に応えながら、ラストを全力で楽しみ、誰もがまぶしい笑顔をファンヘ向けた。イベントは最後まで大歓声に包まれて終演した。

JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2 JAPAN 乙女・Festival2

(撮影:大山雅夫)


ライブビデオ JAPAN 乙女■Festival [DVD]

B004VN7V1S JAPAN 乙女▲Festival 公式ファンブック (B's-LOG COLLECTION)

4047272086 ライブビデオ ネオロマンス スターライト・クリスマス 2011 [DVD]

B006WQJKR0 ライブビデオ ネオロマンス■フェスタ 遙か祭2011~桜花恋模様~ [DVD]

B006GHC43C

▲ PAGETOP