ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【ACE2012】小松未可子と佐藤竜雄監督によるスタチャブース『モーレツ宇宙海賊トークショー』レポート

【ACE2012】小松未可子と佐藤竜雄監督によるスタチャブース『モーレツ宇宙海賊トークショー』レポート 2012年4月 5日 17:11


3月31日(土)・4月1日(日)に幕張メッセにて、アニメ及び関連コンテンツを集めた新時代の祭典『アニメ コンテンツ エキスポ 2012』が開催。REDステージ、WHITEステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中、3月31日(土)・スターチャイルドブースの『モーレツ宇宙海賊』トークショーの模様をお伝えする。なお、この模様は「スタ生!」と題し、ACE2012開催中に33時間ノンストップで放送されていた。

出演者は、小松未可子さん(加藤茉莉香役)と佐藤竜雄監督。このトークショーの行われる直前までWHITEステージで行われていた『佐藤竜雄プレゼンツ「モーレツ宇宙海賊」&「輪廻のラグランジェ」スペシャルステージ』から、急いで駆けつけての参加となった。

『佐藤竜雄プレゼンツ「モーレツ宇宙海賊」&「輪廻のラグランジェ」スペシャルステージ』の模様はこちら




息を整えステージに登場した小松さんと佐藤監督。小松さんは、移動時間がシビアだったせいか、慌ててしまいマイクを勢いあまってぶつけてしまう場面も。先ほどのステージの感想について、小松さんは「モーレツ宇宙海賊」のイメージソング『Black Holy』を初めて歌詞を間違えずに歌えたことと、大勢の前で歌っていてサイリウムが綺麗だったことを喜んだ。また、歓声が地響きのようだったとも話し、観客からのコールのおかげで盛り上がったことに感謝していた。ちなみに、歌う様子を舞台袖で見ていた佐藤監督は、先日TAFで歌った時のように小松さんが歌詞を間違えないか心配していたと明かした。

そして、同ステージで行われた『まにあっく佐藤竜雄クイズ』に話題は移る。佐藤監督は、2作品のステージだからもっと長くやりたかったことを告白。また、「佐藤監督が高校時代にやっていた種目は100m走ともうひとつは?」という質問に、小松さんが「砲丸投げ」と答え、見事正解したことについて、佐藤監督は彼女がその情報を知っていたことに驚いていた。

『しゃっふるアフレコ』コーナーについて、小松さんは「輪廻のラグランジェ」で京乃まどかを演じる石原夏織さんの真似をするか、ウケを狙うか迷ったと話す。佐藤監督は、そのアフレコの出来について、「何も考えずに練習していた楽屋での様子が一番良かった」と感想を漏らした。



続いて、既にすべてのアフレコが終わっている「モーレツ宇宙海賊」について振り返る。小松さんは、「始まってみたらあっという間だった」と話す。しかし、佐藤監督は、まだまだ作業を抱えているので終わってないそうだ。また、アニメでは小松さんが茉莉香とともに成長していく様子が上手く出ていて、「ナイス俺!」と自画自賛しつつも、小松さんが佐藤監督のディレクションに付いて来てくれたことが一番大きかったと振り返った。



このイベントが行われた日の夜は、第13話の放送ということで、見所について話題は移る。小松さんが「ようやくヨット部の歌が聴ける!」と嬉しそうに話すと、佐藤監督は「あれはヨット部の歌の1番でも2番でもない、第13話用の歌なんだよ」と明かした。その他にも、この話からヨット部に新入生が入り今後本格的に活躍していくという話や、第13話のゲストエンディングに小松さんが歌う「Black Holy」のカップリング曲『透明な夜空~瞬く星に包まれて~』が使われていて、この曲は茉莉香の心情を綴っているという話で盛り上がった。



4月8日(日)にはニコニコ生放送で「モーレツ宇宙海賊」の第1話から第12話までの一挙放送が予定されているとのこと。小松さんは、「ぜひ一気に見て楽しんで欲しい」と語った。最後に、定番となった、小松さんの「さあ!」という掛け声に会わせて、観客と一緒に「海賊の時間だ!」叫び、イベントを締めくくった。



©2011 笹本祐一/朝日新聞出版・モーレツ宇宙海賊製作委員会
©Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.


Black Holy(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B0071CRSHS Black Holy [Single, Maxi]

B006ZO0DMK モーレツ宇宙海賊 2(初回限定版) [Blu-ray]

B006VY9LY0 モーレツ宇宙海賊 2 [DVD]

B006VY9QD6

▲ PAGETOP