ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース「薄桜鬼 ~幕末無双録~」OP&EDを歌うmao、吉岡亜衣加インタビュー!

「薄桜鬼 ~幕末無双録~」OP&EDを歌うmao、吉岡亜衣加インタビュー! 2012年3月21日 19:27

吉岡亜衣加さん maoさん

「薄桜鬼」の世界を彩るふたりの歌姫、maoさんと吉岡亜衣加さんのニューシングルが3月21日(水)に同時発売となった。maoさんのニューシングル「桜花の如く」は、表題曲であるPSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」オープニングテーマの他、挿入歌2曲と『君ノ記憶』のライブバージョンを収録。吉岡さんのニューシングル「太陽が生まれる場所」は、同エンディングテーマ、挿入歌2曲、さらに『十六夜涙』のライブバージョンを収録しており、どちらも「薄桜鬼」の魅力がたっぷり詰まったシングルとなっている。

ニューシングルを発売したmaoさんと吉岡さんに、新曲に込めた想いや聴き所などを語っていただいた。



――表題曲『桜花の如く』『太陽が生まれる場所』はどのような曲ですか?

mao:『桜花の如く』は、ロックでありつつも「薄桜鬼」の世界観を大切にした和風テイストの曲で、歌っていて面白い、楽しいという印象です。歌詞に耳馴染みのない言葉が散りばめられていて、アップテンポな曲を普段あまり歌わないこともあって、レコーディングは苦労しました。でも、“アクションゲームのオープニングテーマ”というイメージにぴったり当てはまる、納得の仕上がりになったと思います。「薄桜鬼」でmaoを知ってくれた方は、エンディングでバラードのイメージが強いと思いますが、いい意味で今までのイメージを覆す曲になっているので、そういう方にも聴いていただきたいです。

吉岡:『太陽が生まれる場所』は、曲をいただいた時に、素直に「私のもとに来てくれてありがとう」と思った曲です。いただいた瞬間から「来てくれてありがとう」と思える曲と、ライブなどを重ねていくごとに大好きになっていく曲と、2パターンあるんですよ。この曲は、「来てくれてありがとう」という思いだけでなく、「もう私のもの!」と思えたぐらい、大好きな曲です。


――それぞれの曲の聴きどころやポイントはどこですか?

mao:私自身、「薄桜鬼」でmaoが歌うのはバラードというイメージがあるのですが、『桜花の如く』は歌い出しから、バラードとは全然違う歌い方をしているので、ぜひ聴いていただきたいです。また、Dメロ(間奏明けの落ちサビ)では、maoの切なさワールド全開で歌っていますので、そこも絶対に聴いて欲しいポイントです。

吉岡:この曲は3拍子という(私には)珍しいリズムなんです。3拍子のゆったりとしたメロディの中に、心の強さが込められた曲になっています。タイトルにある“太陽”という言葉が、私の中ですごく大きな存在に感じました。「薄桜鬼」の隊士達は戦いの後、悲しいことや辛いこと、苦しいことがいっぱいあると思うんです。それでも、太陽は毎日朝を連れてきてくれる。そのことをすごく意識して歌いました。特に2番の「新たな朝を運んでくる」という歌詞は、明日への希望や願いをたっぷり込めて歌ったので、ぜひ注目して聴いて欲しいです。


――カップリングの「薄桜鬼 ~幕末無双録~」挿入歌は、“戦いに臨む力強い曲”と“切ないバラード”という対照的な2曲ですが、それぞれどのように歌いましたか?

mao:『闘花伝』は、作曲・編曲が黒須克彦さんなのですが、黒須さんとはこれまでの何度もタッグを組んでやらせていただいています。黒須節というべき、メロディラインの癖をよく理解しているつもりですので、テンポの早さや耳馴染みのない言葉はありましたが、すごく安心して最後まで勢いで歌えました。

『想い出回廊』は、安瀬聖さんが作ってくださった曲で、TVアニメ「薄桜鬼」の『君ノ記憶』も『茜空に願ふ』も安瀬さんが曲を書いているんです。安心の安瀬クオリティということで、心安らかに歌うことが出来ました。

吉岡:『決戦ノ刻』は、タイトル通り“決戦”をイメージしています。「いざ闇を裂き」という歌詞から始まるように、スタートダッシュを切って駆け抜ける、疾走感のある曲だと思っていて、これまで私が歌ってきた中で一番アップテンポな激しい曲になっています。私なりに工夫しながら疾走感を出せるように歌いました。

『祈り結び』は、逆に私の中で一番壮大なバラードで、Aメロからサビへの流れがすごく綺麗な曲です。Aメロの低い音階から始まって、サビに向けてぐんと急に(音階が)上がっていくので、そこを気持ちよく聴いて欲しいですね。隊士達の戦いが幕を閉じた時に、誰かが俯瞰で物語を見ているようなイメージがあり、私がその誰かとなったつもりで、語り継ぐようにひとつひとつの言葉を大切に歌っています。


――今回のシングルにはライブバージョンの曲も収録されています。この曲やライブへの思いをお聞かせください。

mao:「薄桜鬼」に関わらせていただいてから、女性ファンがすごく増えたとライブで実感しました。今回収録されている『君ノ記憶』(LIVE ver.)は、昨年の『TEAM Entertainment Live Act 2011』で歌ったものですが、曲紹介があった時に女性の歓声が聞こえてきて、すごく嬉しかったです。「全員泣かせてやろう」というぐらいの勢いで挑んだのをよく覚えています(笑)。

吉岡:『十六夜涙』は私の代表曲とも言える曲なので、ライブで歌う時は嬉しくもあり緊張する曲でもあります。ライブを重ねるごとに皆さんと一緒に温め育んできた、思い出深い曲なので、今回ライブバージョンを聴いていただけるのがすごく嬉しいです。普段のライブでは『十六夜涙』を歌う時は「よし!」と気合が入ります。


――「太陽が生まれる場所」の初回限定盤にはミュージッククリップを収録したDVDが付きますが、こちらはどのような感じになっていますか?

吉岡:実はウエディングドレスを着ているんですよ。裾が長くひらひらする素材になっていて、風になびかれているシーンが多いです。このミュージックビデオで、初めて“スローリップ”という手法に挑戦しました。ゆったりと風になびいているように見せるため、1.5倍の速さで歌い、それを後で延ばしたんですが、1.5倍って結構速いんだなと思いました(笑)。AメロやBメロはよかったんですけど、サビの「この世の果てに」という所が予想以上に速くて、何回も練習したんですよ。(映像的には)私の手の中から生まれる光が、背景に映えてすごく綺麗ですので、注目して見て欲しいです。


――「薄桜鬼 ~幕末無双録~」はシリーズ初のアクションゲームですが、そのことは意識しましたか?

mao:『桜花の如く』は特にそうだったのですが、「薄桜鬼」のキャラクター達を操作して戦うことをイメージし、“刃音”が響くアクションシーンを思い浮かべながらレコーディングしました。今までの「薄桜鬼」のレコーディングとは少し意識が違ったかもしれないですね。

吉岡:私は基本的に普段とあまり変わらず、特に『太陽が生まれる場所』と『祈り結び』は意識せずに、隊士達の想いを込めました。でも『決戦ノ刻』だけは、戦っているシーンを想像して、とにかく疾走感を出すイメージで歌いました。


――お互いの曲を聴いた印象はいかがでしたか?

mao:いつもは亜衣加ちゃんがオープニング、私がエンディングというのが「薄桜鬼」のパターンだったんですが、今回初めて逆になりました。彼女は癒し系のほんわかした妹キャラなので、私はいつも妹のように接しているんですよ。そのせいもあり、『太陽が生まれる場所』は「亜衣加ちゃん、大人になったなぁ」という印象を受けましたね(笑)。“3拍子”と“吉岡亜衣加”があまり結びつかなかったんですが、聴いてみたらすごく大人の亜衣加ちゃんが存在していて素敵だなと思いました。

吉岡:「薄桜鬼」でのmaoさんの曲は、しっとりとしたバラードが素敵だなと思っていて、母性愛のようなものを感じていたんです。それが今回は、『桜花の如く』のようなアップテンポで勇ましい曲を歌っていて、今までとは違う“表面に見える強さ”をすごく感じました。


――「薄桜鬼」は“桜”も印象的ですが、今まさに桜の季節ということで、桜の思い出をお聞かせください?

mao:TVアニメ「薄桜鬼」のエンディングで『君ノ記憶』が流れる中、桜の花びらが舞っていたのですが、その淡いピンクと白が優しく、でもどこか儚げですごく好きなんです。毎年、桜を見るたびにアニメの映像が浮かんでくるぐらい、印象的でした。

吉岡:桜は1本で咲いているよりも、並木やもくもくと集団で咲いている印象が強いです。散る時も一斉にピンクから緑になるのが、儚い中にも日本人の心があるようで素敵だと思います。私の地元(静岡県掛川市)に、「御衣黄(ぎょいこう)」という緑色の花が咲く桜があって、以前『緑桜』という曲を作ったんです。実は、名前を知らなくて“緑桜”とずっと呼んでいたんですよね(笑)。遅咲きの桜で、最初は花の中心が白いんですが、散り際が近づくと赤く染まっていくんです。そういう所も、なんだか“心”を表しているようで好きですね。


――春はスタートの季節でもあります。今年はどのような年にしたいですか?

mao:4月13日(金)と22日(日)に、亜衣加ちゃんと一緒にCD発売記念インストアイベントを行います。今年はこのようなイベントやライブなど、皆さんの目の前で歌を届けられるような機会をたくさん増やしていけたらと思っています。

吉岡:私も今年はライブ三昧の年にしたいです。maoさんとのライブやワンマンライブなどが決定していて、色々な所でライブが出来ると思います。今回の新曲もライブで皆さんにぜひ聴いてもらいたいです。


――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

mao:3月21日発売のmaoの3rdシングル「桜花の如く」は、本当に色々なmaoを感じていただけるような1枚になっています。maoのことを知っている方も知らない方も、幅広く聴いて欲しいです。特にライブバージョンは初めての収録となりますので、この曲を聴いてライブに行ってみたいと思っていただけたら、歌い手冥利につきます。よろしくお願いします。

吉岡:私もライブバージョンを収録するのが初めてで、すごく嬉しいです。新曲は3曲ともそれぞれ全然違う感じの曲なので、皆さんに楽しんでいただけると思います。ジャケットも今までと雰囲気が違っていて、初回限定盤と通常盤でも違いますし、ミュージックビデオもありますので、目でも楽しんで欲しいですね。CDもライブもぜひよろしくお願いします。


(取材・文:千葉研一)


■mao「桜花の如く」
mao「桜花の如く」

【発売日】2012年3月21日(水)好評発売中
【価格】1,260円(税込)
【品番】GNCA-7934
【発売元】株式会社ティームエンタテインメント
【販売元】ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

【収録曲】
01. 桜花の如く(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」OPテーマ)
02. 闘花伝(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」挿入歌)
03. 想い出回廊(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」挿入歌)
04. 桜花の如く(Instrumental)
05. 闘花伝(Instrumental)
06. 想い出回廊(Instrumental)
07. 君ノ記憶(LIVE ver.)


■吉岡亜衣加「太陽が生まれる場所」
吉岡亜衣加「太陽が生まれる場所」初回生産限定盤
初回生産限定盤
吉岡亜衣加「太陽が生まれる場所」通常盤
通常盤

【発売日】2012年3月21日(水)好評発売中
【価格】[初回生産限定盤] 1,890円(税込)/[通常盤] 1,260円(税込)
【品番】[初回生産限定盤] GNCA-7935/[通常盤] GNCA-7936
【発売元】株式会社ティームエンタテインメント
【販売元】ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
初回生産限定盤は「太陽が生まれる場所」のミュージッククリップを収録したDVD付き!

【収録曲】
01. 太陽が生まれる場所(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」EDテーマ)
02. 決戦ノ刻(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」挿入歌)
03. 祈り結び(PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」挿入歌)
04. 太陽が生まれる場所(Instrumental)
05. 決戦ノ刻(Instrumental)
06. 祈り結び(Instrumental)
07. 十六夜涙(LIVE ver.)


■吉岡亜衣加コンサート in 日本青年館2012 ~薄桜鬼 歌響の宴~

【日時】
2012年6月10日(日)開場16:30/開演17:00

【会場】
日本青年館

【チケット発売日】
2012年4月21日(土)
主要プレイガイドにて発売

【チケット料金】
全席指定(税込)
SS席:7,000円
S席:6,500円
A席:5,800円

【特設サイト】
http://www.team-e.co.jp/sp/aika_utage2012/


■「桜花の如く」「太陽が生まれる場所」発売記念インストアライブ

PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」OPテーマ「桜花の如く」(mao)、EDテーマ「太陽が生まれる場所」(吉岡亜衣加)のシングルの発売を記念インストアライブが決定。

※観覧は無料です。
※当日、CDをご購入の方を対象にサイン会も実施。
※開催日によって出演者が異なります。

●3月25日(日)
場所:プレ葉ウォーク浜北1Fプレ葉コート
開演:16:00~、18:00~ ※2回公演
出演:吉岡亜衣加

●3月31日(土)
場所:ららぽーと磐田(静岡県)1F フードコート奥野外イベント広場
開演:13:00~、15:00~ ※2回公演
出演:吉岡亜衣加
※荒天中止

●4月13日(金)
場所:川崎アゼリア サンライト広場
開演:18:30~
出演:吉岡亜衣加、mao

●4月22日(日)
場所:横浜・ノースポートモール センターコート
開演:13:00~、15:00~ ※2回公演
出演:吉岡亜衣加、mao


©IF・DF/「薄桜鬼」製作委員会/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会
©2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY/Zerodiv


桜花の如く (PSP用ソフト「薄桜鬼 ~幕末無双録~」OPテーマ)

B006FDTCXW 太陽が生まれる場所 〈初回生産限定盤〉 (PSP『薄桜鬼 幕末無双録』ED)

B006FDVDWA 太陽が生まれる場所 〈通常盤〉 (PSP『薄桜鬼 幕末無双録』ED)

B006FDVVTU

▲ PAGETOP