ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースジョッキを掲げて乾杯!全17曲を熱唱した『伊藤静ファーストライブ』レポート

ジョッキを掲げて乾杯!全17曲を熱唱した『伊藤静ファーストライブ』レポート 2012年3月19日 17:56


3月11日(日)に渋谷・duo MUSIC EXCHANGEにて伊藤静さん初のライブ『伊藤静ファーストライブ』が開催された。初っ端から、生ビールがステージに登場するなど、とても伊藤さんらしいステージに、ファンも大喜び。2時間に及んだライブは、伊藤さんの声と、光による演出で、彩り豊かなライブとなった。




ギターとピアノのゆったりとした演奏に迎えられて、白いドレス姿の伊藤さんが登場。ファーストライブの記念すべき1曲目のナンバーは『ラストオーダー』。アカペラの歌い出しから、ゆったりとしたバラードを、青く柔らかい光に照らされた幻想的な雰囲気の中歌い上げた。

最初のMCでは、「こんなにたくさんの人が来てくれると思っていませんでした。3日前から震えが止まりませんでした」とファーストライブへの不安と緊張を口にする。そして、「まずは乾杯をしたいなと思います。酒を持て!」と叫ぶと、ステージに生ビールが登場。観客と乾杯をし、さっそくビールを一口飲み、観客からの「美味しい?」という質問に「美味しいに決まってるじゃん!」と満面の笑みを浮かべて答えた。



ライブらしいライブをやるのは3年ぶりだという伊藤さん。最初はしっとりとスタートしたけれど、だんだん盛り上がっていくことを宣言した。ここで、今回伊藤さんとステージに立つバンドメンバーと好きなお酒をひとりひとり紹介し、全員酒飲みであることをアピールした。

そして、「私の3年間の想いを皆さんのハートにぶつけるから、受け止めてくださいね!」と叫び、『リフレイン』へ。雪が降り注ぐライティングの演出の中、情感の込もった声が会場に響く。『足跡』、『幸せなんて』と続き、伊藤さんの優しい声が観客を包み込んだ。




今回のライブが東日本大震災があった“3月11日”という日に開催されることについて、伊藤さんは、とまどいがあったことを告白。しかし、震災後にブログへ書き込まれた「大変だけど、伊藤さんの歌やアニメを見たり聞いたりして元気をもらっています」というコメントを見て、「自分には何も出来ないと思っていたけれど、手を伸ばしたら掴んでくれる人の存在を感じて、一生懸命やりたい」という気持ちになったと明かす。また、「3月11日にあったことを忘れちゃいけないけれど、楽しいことをいっぱい作りながら前に進んで行かなきゃいけないと思います」と今の心境を話し、「このライブが皆さんの楽しい思い出のひとつになるれるよう頑張ります!」と語った。

そして、浅沼晋太郎さんがプロデュースしたチャリティCD「tetote」に参加したことを報告。このCDは2012年3月31日(土)、4月1日(日)に開催される、『アニメコンテンツ​エキスポ 2012(ACE2012)』会場内のアニメイトブースにて販売される。



続いての曲は『やさしい両手』。ミディアムテンポの曲に、観客のテンションも少しずつ上がっていく。先日発売された1stシングル『思い出フラグメント』では、テンポの良い曲に観客もリズムに乗って声を上げ、会場が次第に熱気を帯びる。そして、ピアノの軽快なメロディに乗せて、観客に語りかけるように『Everyday』を笑顔で歌い、『あいことば』では再びバラードをゆったりと歌い上げた。

ここで、切ない失恋ソングは終了。ここからは「楽しい恋愛」をテーマ歌っていくと宣言。まずは「草食系男子を救う女子がテーマの曲」として『いいでしょ』を、「I LOVE YOU」と甘い声で囁きながら熱唱した。『Happy Ending』では、リズムに乗って盛り上がり、観客も一緒になって「ラララ」と合唱。ここで伊藤さんは一旦ステージを去り、その間は、ピアノ、バイオリン、ギターが順番にソロ演奏をして、美しく軽快なメロディが会場を満たした。



パンツルックに着替えた伊藤さんが「ただいま!動き易いね(笑)」と登場。これからの激しい盛り上がりを期待させる格好に歓声が上がる。ここからは、趣向を変えて伊藤さんがこれまで歌って来たキャラクターソングを歌うコーナーへ。

TVアニメ「とある魔術の禁書目録」から神裂火織のキャラクターソング『サルビアファリナセア』を熱唱。「私やステイルがどのような想いを持ってインデックスの記憶を奪ってきたのか。そこで聞いていなさい!」と激高した神裂火織のセリフから、激しいハードロックな曲を歌い上げた。

続いては、TVアニメ「アマガミSS」から『君の瞳に恋してる』。伊藤さん演じる森島はるかのキャラクターになりきり、「可愛いワンちゃんがいっぱいいるわ。みんな思いっきり盛り上がってね!」と叫ぶと観客も「ワン!」と応え、はちきれんばかりの歓声を上げて盛り上がった。歌い終わった伊藤さんは「キャラソン、楽しいね!疲れる曲にあまり慣れてません」と息を切らして笑った。

まだまだキャラクターソングが続くと思いきや、「今日はやりません!なんででしょう?それは(『ハヤテのごとく!』の)桂ヒナギクのライブがやりたいからです!」とイタズラな笑みを浮かべる。そして、「ヒナギクのライブがやりたいです、お願いします!」と観客を味方につけてライブを見に来ていた作品のプロデューサーに懇願。すると、プロデューサーは「やります!」と即答し会場は拍手と歓声に包まれた。「こんなに上手くいくと思わなかった(笑)」と満足げな伊藤さん。テンションを維持したまま次の曲へ。

「男子に人気な曲」として『あいあい傘』を熱唱。ライブも残すところ、あと2曲。「まだ元気残ってる?Are you ready now?いくよ!」の掛け声から『Ready now?』へ。観客も合いの手を入れて精一杯盛り上がる。いよいよ最後の曲『Dreamer』では、「最後だぞ!思い切り跳んでいけ、私のワンちゃんたち!!」と伊藤さんの気合いも満タン!笑顔を振りまきながら、ステージを左右に動き回り熱唱した。




伊藤さんがステージを去っても鳴り止まぬ拍手は、次第にアンコールの声へと変わる。そして、コールは「静!静!静!」と変化し、会場のテンションが最高潮に達したところで伊藤さんがステージへ登場。再びドレス姿へと着替えた伊藤さんは、『Prayer』を力強く歌い上げた。

「アンコールありがとう!」とたっぷりの笑顔で語り出す伊藤さん。あっという間に進んだライブを名残惜しみ、「もう1回頭からやろうか?(笑)」と本音とも言える冗談を飛ばす。「出会いがあれば別れがあります。別れがあれば出会いもあります。次の出会いまでいっぱい充電しておいてくださいね!」と叫ぶ。そして、伊藤さんの合図で、観客と一緒に最後の曲『ワンダフルライフ』へ。今日一番激しい曲に、最高の盛り上がりで応える観客。腕を振り上げ、飛び跳ねる姿を見て、伊藤さんも「楽しいね!」と笑顔で叫び、熱唱した。



全力を出し切り満足げな顔の伊藤さん。観客から「お酒!」コールが沸き上がると、再びステージに生ビールが登場。ジョッキを掲げ美酒を味わうと「美味しい!」と声を上げた。最後はバンドメンバーと手を繋いで一礼をし、ジョッキを掲げながらステージを去った。こうして、ファーストライブは大成功で幕を閉じた。


■セットリスト
M01:ラストオーダー
M02:リフレイン
M03:足跡
M04:幸せなんて
M05:やさしい両手
M06:思い出フラグメント
M07:Everyday
M08:あいことば
M09:いいでしょ
M10:Happy Ending
M11:サルビアファリナセア
M12:君の瞳に恋してる
M13:あいあい傘
M14:Ready now?
M15:Dreamer

EN1:Prayer
EN2:ワンダフルライフ



Devotion(CD+DVD) [CD+DVD, Original recording]

B00386MNNU 伊藤静 2ndミニアルバム [CD+DVD]

B004GBLG8Y Everybody ready now? [Single, Maxi]

B005OCSUOW HiNA2 Spring has come!!

B005LE5IJ8 TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ1 キミの瞳に恋してる(特別盤) [Single, Maxi]

B003M8RCAI

▲ PAGETOP