ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース想いは人に繋がっていく!『飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-』ファイナル 東京公演レポート

想いは人に繋がっていく!『飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-』ファイナル 東京公演レポート 2012年3月15日 14:05


2月4日の仙台公演を皮切りに、名古屋、大阪、東京と4ヶ所を巡った飛蘭さん3度目となるライブツアー『飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-』。その千秋楽となるライブが2月18日(土)に恵比寿・LIQUID ROOMで行われた。超満員の中、全24曲を熱唱したライブの模様をお伝えする。




超満員の中、今かと観客の期待が膨らみ、熱気が会場を包む。飛蘭さんがステージに姿を現すと、歓声が上がった。スローテンポな序盤のメロディに乗せて優しげな歌声を響かせ、ライブの幕を切ったのは2ndアルバム「ALIVE」のタイトルチューン『ALIVE』。メロディアスなギターソロから、次第にテンポアップしていき、生命力溢れる歌声が響く。



「『飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-』ファイナルへようこそ!今日はファイナルにふさわしいアツいライブをやるので、筋肉痛覚悟で最後までよろしく!」と飛蘭さんの宣言に、観客もアツい声援で応える。会場が赤いペンライトに染め上げられ、『しずかな蜜より赤い蜜』では、飛蘭さんの囁くような歌声響く。そして、マイクスタンドを置き、新たに手にしたのはムチ。ピンクのライトに照らされながらムチを振り回し、『本能のDOUBT』をセクシーに歌い上げた。




後方までぎっしり詰めかけたファンの姿に感激して、涙をこらえながら『ALIVE』を歌ったという飛蘭さん。今回のライブでは、ネクタイ、バンダナ、スカーフ、シャツなど、バンドメンバー全員がアニマル柄のものを身に付けていると話し、気合いが入っていることをアピール。さらに、「女の子!」「男の子!」「全員!」と声を掛けて、観客側の気合いの入り方を確かめると『灯-TOMOSHIBI-』『亡者達よ野望の果てに眠れ』『INFINITE CRISIS』と3曲続けて披露。激しさの増す演奏に合わせて観客もヒートアップ。最後は、飛蘭さんがステージ上の台から飛び降りる大ジャンプ。




ひとしきり盛り上がりを見せたところで、ここからはアコースティックコーナーへ。「次は、この冬、一番の壮大なバラードです。すごく甘く切ない曲です。大切な人を想いながら聴いてください」というメッセージから、ピアノの演奏に乗せて『PIANOTE』を歌う。切なさと温かさを感じさせる歌声が会場を包み込む。



続いて、飛蘭さんが結婚をして子供を産むという親友のために作った曲『DEAR BEST FRIENDS』についての話へ。飛蘭さんがこの歌を親友に歌ったところ、それを聴いてお腹の赤ちゃんが元気よく動いたと聞き、感動したそうだ。大阪公演のリハ中に子供が生まれたと聞いた時は、本番前に号泣してしまったという。そのことがあり「人生、想いが強ければ、それは人に繋がっていく」と実感したと明かし、友人への祝福への想いを込めた歌『DEAR BEST FRIENDS』を歌い上げた。

ここで、飛蘭さんから観客への質問コーナー。「“飛蘭”を英語でかけない人」「バレンタインで上手くいった人」「家にムチがある人」と次々と質問が飛ぶ。最後の「飛蘭をこれからも応援するよって思ってくれてる人」という質問には、全員が手を挙げ、「精一杯頑張ります!」と意気込んでから『正直に生きろ』を観客のクラップに乗せて熱唱した。

昨年、日本に起こったことを受けて、「顔を合わせて同じ時間を楽しむことがすごく大切で素晴らしいこと」と「ひとりひとり顔を見ながら一緒に居られる幸せへの感謝」を改めて実感したと語り、「みんな、生まれて来てありがとうございました!」とお礼をする。そして、そんな気持ちを込めて作ったという『素晴らしい世界へ』を披露した。まばゆい光に包まれながら飛蘭さんは一旦ステージを去り、バンドメンバーによるインストの演奏へ。メンバーの紹介アナウンスからソロ演奏を展開し、格好良い演奏とパフォーマンスに歓声が上がった。




パーカーを着て目深にフードを冠り、サングラス姿の飛蘭さんは再びステージに立つと、『I don't know』を熱唱。観客もサビで一緒に「I don't know!」と叫ぶ。「体力は残っていますか?すごくハードだけどついて来てくれる?」との問いかけに、まだまだ体力があり余ってると言わんばかりの歓声が上がり、後半戦がスタート。『記憶の秘密』では、囁くような声、力強い声、ハイトーンな声と様々な“色”の声が響き渡る。『蒼穹の光』のイントロが流れると歓声が上がり、ハイテンポなリズムに観客もペンライトを激しく振って盛り上がる。




続いて、TVアニメ「未来日記」からの2曲を連続で歌う。エンディングテーマ『Blood teller』では、ステージと客席がライトで真っ赤に染め上げられ、情熱的な歌声が響く。オープニングテーマ『Dead END』では、全編英語の歌詞を滑らかに見事歌い上げた。




パーカーを脱ぎ捨て、セクシーな姿になった飛蘭さん。観客のリクエストに答えてステージ上で1回転。さらなる回転のリクエストに、逆に飛蘭さんが観客へも回転を求め、観客も飛蘭さんも回転するシュールな光景が展開した。「ここからラストまで一気に燃え尽きたいと思います。みんなも大声を出してついてきてください!」と叫び、『Last vision for last』。ウルトラオレンジが一斉に点火し、観客たちは声を枯らして声援を送ってヒートアップしていく。『螺旋、或は聖なる欲望。』『Errand』と激しい曲が続き、いよいよラストスパートも大詰め。最後はデビュー曲『mind as Judgment』。観客も一緒になって「8、7、6、5、4、3、2、1」とカウントを叫び、間奏では飛蘭さんの投げキスも飛び出した。最後は、一緒にジャンプをし、「みんな今日はありがとうございました。幸せな時間をありがとう!最高だよ!」と手を振りながらステージを去った。




ステージが暗転するとすぐにアンコールの声が会場に響き渡る。バンドメンバーが登場すると、今度は「アンコール!アンコール!」という声が「飛蘭!飛蘭!」に変わった。グッズTシャツ姿に着替えた飛蘭さんは、手に星形のステッキを握りしめ登場すると、飛蘭さんのバイオグラフィーソングとも言える『MOTHER!』を熱唱した。



「魔法使い MOTHER!」という歌詞にちなんで用意したというステッキを使って、バンドメンバーに魔法をかけていく飛蘭さん。「ケンシロウ」「ドラえもん」「ルパン三世」と無茶振りを繰り返し、最後は飛蘭さんがちびまる子ちゃんの物真似(?)で締めくくった。



続いて、飛蘭さんがタオルを構え、次に歌う曲でのタオルを使った振り付け講座がスタート。アカペラに合わせて振り付けを実践し、ツアーの仙台公演で決まったという掛け声「ドゥーン」でフィニッシュ。そして、ステージと観客が一帯となって『LOVED SEASON』を歌い踊る。最後に飛蘭さんがタオルを真上に放り投げると、無数のタオルが宙に舞った。




最後は、“生きる”ということをテーマにした2ndアルバムを引っさげて行った今回のツアーが無事成功したことを感謝。「ライブでファンの皆さんがすごく盛り上がってくれるから、私もみんなを引っ張って盛り上げなきゃって思いました」と思いの丈を語った。そして、「“フェイ(飛蘭)バンド”をよろしくお願いします!」と今後もライブを続けて行きたいと宣言。最高のツアーとなったことを感謝して最後は『Never Slash!!』。飛蘭さんの熱い歌声に、観客たちも声を振り絞って盛り上がり、飛び跳ねた。「ツアーファイナル、みんなのおかげで本当に熱いライブになりました。みんな大好き!必ずまたライブをやるので、それまで私を見守っていてください!」と飛蘭さんは叫び、バンドメンバーと手を繋いで一礼をしてステージを去った。



ツアーはここで幕を閉じたと思いきや、観客から「もう1回!もう1回!」と熱烈なダブルアンコール。その熱気に押されて飛蘭さんが登場し、「ファイナルなので最後にもう1曲やりたいと思います!」と叫ぶと歓声が上がった。「飛蘭の代表曲と言えば、これかな?」と、デビュー曲『mind as Judgment』を再び熱唱。観客も飛蘭さんも、力尽きてもいいと言わんばかりに声の限り叫ぶ。そして「最高の時間をありがとう!楽しかったよ!」という言葉で、『飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-』は幕を閉じた。




■セットリスト
M1:ALIVE
short MC
M2:しずかな蜜より赤い蜜
M3:本能のDOUBT
MC
M4:灯-TOMOSHIBI-
M5:亡者達よ野望の果てに眠れ
M6:INFINITE CRISIS
MC
M7:PIANOTE
M8:DEAR BEST FRIENDS
M9:正直に生きろ
M10:素晴らしい世界へ
M11:BAND INST
M12:I don't know
MC
M13:記憶の秘密
M14:蒼穹の光
MC
M15:Blood teller
M16:Dead END
short MC
M17:Last vision for last
M18:螺旋、或は聖なる欲望。
M19:Errand
M20:mind as Judgment

アンコール
M21:MOTHER!
MC
M22:LOVED SEASON
MC
M23:Never Slash!!

Wアンコール
M24:mind as Judgment



Dead END/蒼穹の光【初回限定盤】(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B0068JWHJY 未来日記インスパイアードアルバム Vol.1 ~因果律ノイズ~

B005NHH5VW Blood teller【初回限定盤】(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B005HWLMO4 ALIVE(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B005CVYYA4

▲ PAGETOP