ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース岡本信彦、竹達彩奈が生アフレコを披露!「機動戦士ガンダム EXTREME VS.FULL BOOST」ステージ

岡本信彦、竹達彩奈が生アフレコを披露!「機動戦士ガンダム EXTREME VS.FULL BOOST」ステージ 2012年2月20日 16:36


2月18日(土)に幕張メッセで開催された『AOU2012 アミューズメント・エキスポ』。このイベントのバンダイナムコゲームスブースで行われたアミューズメント施設向けACT「機動戦士ガンダム EXTREME VS.FULL BOOST(エクストリームバーサス フルブースト)」ステージの模様をお伝えする。本作のプロデューサー・馬場龍一郎氏、レオス・アロイ役の岡本信彦さん、セシア・アウェア役の竹達彩奈さんが登壇し、2012年4月上旬稼働予定だという本ゲームの魅力を語った。



「機動戦士ガンダムEXTREME VS.FULL BOOST」は、2010年9月よりアーケードにて稼動、そして2011年12月にはPS3版が発売された「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」を大幅にバージョンアップしたシリーズ最新作。ステージに登場した馬場プロデューサーは、ゲーム内容、追加要素、変更点などの説明や、月刊ガンダムエースで絶賛連載中「ガンダムEXA」とのコラボレーションで生まれた「エクストリームガンダム(type-レオス)」が本作ではプレイヤー機として参戦することを発表した。


続いて、岡本さんと竹達さんが登場すると会場からは割れんばかりの拍手が起き、集まった観客の熱気にふたりは驚いていた。声優を目指したきっかけである「ガンダム」に出演出来た岡本さんは、そのことを親が喜んでくれたというエピソードや、竹達さんは、兄が出演が決まったことに驚きながらも喜んでくれたと明かした。

また、「VS.」シリーズのファンだという岡本さんは、「『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』のネット対戦で、プレイをしてはボコボコにされています(笑)」と笑う。一方、竹達さんは本作に出演するにあたり、「有名な作品なので、私で良いのかと不安がありました。役をいただいたからには精一杯演じたいと思います。実は『ガンダム』は、あまり詳しくないのですが、EXAを通して勉強出来たらいいなと思います。」と語った。

大勢のスタッフが並びプレッシャーの中行われたという「ガンダムEXA」のオーディション。岡本さんは、声優としての目標でもあったガンダムに「喉から手が出るほど出たかった!」と力説。しかし、緊張のため自分の名前が言えないくらい噛んでしまったそうだ。竹達さんは、「緊張し過ぎて頭の中が真っ白でした」と話し、オーディション前に行われた作品説明を聞いて、「より頑張ろう」と思ったと話す。



アフレコでは、竹達さんが風邪のため収録を2回に分けて録ったことや、張り声が多かった岡本さんも2回に分けて録ったという話から、実際にこの場で、アフレコを再現することに。2人のキャラクターの出会いのシーンを生で披露し、会場を沸かせた。



そして、「エクストリームガンダム(type-レオス)」の戦闘形態のひとつである、格闘形態 “ゼノン・フェース”が公開。スクリーンに次々と映されるシーンのクオリティの高さに観客は息を飲む。格闘形態になると岡本さんの声も変わるということで、実際に演技を披露することに。通常形態でのもの静かな語りから、格闘形態後の声を張り上げ叫ぶと、その豹変具合に観客は大いに驚いていた。収録では、あまりに激しい発声のため、音響監督も心配していたと明かした。

また、ナビゲーターキャラであるセシアは「ガンダム VS.モバイル」の会員になると、衣装を変えられたり、イベントごとに専用ボイスを聞くことが出来るそうだ。そして、この場で特別にその専用ボイスを竹達さんが披露。今日が初めてのセシアの声のお披露目だったため、1人でセリフを言っているうちに恥ずかしくなったと顔を赤らめた。




ここまで、発表された映像やカットを見て、「前作よりパワーアップしているので、早くプレイしてみたいです!」(岡本)、「私もやってみたいです!ゲームは元々好きなので、レオスでプレイして、セシアのサポート受けてみたいなと。自分が応援してくれるのは不思議な感覚です(笑)」(竹達)とプレイへの意気込みを語った。



ここで、Hi-STANDARDのフロントマンである難波章浩さんと、THE MAD CAPSULE MARKETSのメンバーでAA=としても活動中の上田剛士さんによる「機動戦士ガンダムEXTREME VS.FULL BOOST」のオープニング曲『FIGHT IT OUT feat. K(Pay money To my Pain)』がムービーとともに披露された。「楽曲がすごく格好良くて、胸に来ました!」(岡本)、「力強くて、こんな音楽を聴きながら闘ったら力が発揮出来そう!」(竹達)とムービーを見た2人は興奮気味に語る。なお、このムービーは公式HPにて近日配信予定とのこと。最後に2月20日(月)~26日(日)に、新宿スポーツランド本館とラウンドワン横浜駅西口店でロケテストが行われることが発表され、締めの挨拶の後にイベントは終了した。



岡本:すごく楽しいゲームなので、それに出演出来るということは、本当に幸せだと思いました。『エクストリームガンダム(type-レオス)』を使って、皆さんもプレイしてみてください!

竹達:こんな有名な作品に出られて嬉しいです。このステージのおかげでガンダムの勉強も出来ました。ゲームセンターで稼働し始めたら私も遊んでみたいです。

馬場:ぜひロケテストに来てください。「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」プロジェクトをよろしくお願いします。


■機動戦士ガンダム EXTREME VS.FULL BOOST

【ジャンル】チームバトルアクション(2on2)
【稼働時期】2012年4月上旬稼働予定
【対応基板】システム357
【プレイ人数】1~4人


©創通・サンライズ
©創通・サンライズ・MBS


機動戦士ガンダム EXTREME VS.

B005J2LW6A 機動戦士ガンダム EXTREME VS. ファイナルコンプリートガイド (ファミ通の攻略本) [単行本(ソフトカバー)]

4047278688 GUNDAM EXA (1) (角川コミックス・エース 97-21) [コミック]

4041200040

▲ PAGETOP