ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース森久保祥太郎が甘美な吸血ボイスで貴方を魅了!「禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~」収録後インタビュー

森久保祥太郎が甘美な吸血ボイスで貴方を魅了!「禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~」収録後インタビュー 2012年2月10日 13:33

森久保祥太郎さん 森久保祥太郎さん

ダミーヘッドマイクを使用し、“正統派”吸血鬼公爵と禁断の吸血体験ができる、吸血シチュエーションCD「禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~」が3月14日(水)に発売となる。森久保祥太郎さんが演じる、吸血鬼公爵マクシミリアン・フォン・ヴァイセヘルデンブルクのVampire Stimme(吸血ボイス)や添い寝と吐息は必聴だ。その収録を終えた森久保さんに、収録・キャラクターの感想やご自身との共通点などお話をうかがいました。



――収録の感想をお願いします。

ダミーヘッドの収録はすごく好きで、聴いていただく皆さんの臨場感をヘッドホンで体験しながら、「もっとこの角度で」「もっとこう動こう」と色々試しました。喋りや芝居に色々変化をつけて、攻めの芝居が出来るのもダミーヘッド収録の特徴で、特に今回は吸血鬼(ヴァンパイア)ということでセリフ自体が攻めているものが多く、楽しかったです。


――セクシーなセリフも多いみたいですね。

全身(ダミーヘッド)のあちこちで、ぺちゃぺちゃぺろぺろして、「今どこ舐めてるんだ」などと聞くのが楽しかったですね(笑)。顔の周りは分かるんですけど、下の方は臨場感がちゃんと出ているのか、自分でも仕上がりが楽しみです。森久保祥太郎のエロ全開になっています。普段はこういうことが出来ないので、もう最高ですね。僕の中の眠っている“S”心をむくむくと起こして、どうだというぐらい盛り込みました。


――キャラクターの印象はどうでしたか?

元々はいい人だったと思うんですよ。色々な意味で運命から見放され、それ故に孤独を背負った感じがします。基本的に高圧的ではあるのですが、中盤以降、ヒロインの女性に対しての頑なな態度が揺らいでくる所があり、(実際は)かわいそうな人なんだと思いました。


――演じられて苦労された点はありますか?

(収録中)お腹がずーっと、ぎゅうぎゅう鳴ったことです(笑)。血を飲みたがっていたのか分からないですけど、苦労しました。


――ヴァンパイアの魅力はどこだと思いますか?

耽美であり、どこか悲哀を感じる所ですね。攻撃的なイメージよりも、“なりたくてなったわけじゃない”“愛する存在に触れることができない”というような、悲哀感が魅力だと思います。演じていても、そのような人間性の奥行きを考えながら出来るのが楽しいです。


――女性にはどういうシチュエーションでこのCDを聴いて欲しいですか?

家族がいるリビングでヘッドホンをして聴いたり、電車とか人がいっぱいいる所で聴く・・・というプレイを(笑)。でも、それはちょっと刺激が強すぎるので、ひとりで聴いてもらいたいですね。身悶えてもらえるように演じましたので、聴いてストレス発散してください(笑)。


――ご自身がキャラクターと似ている点はありますか?

こういう風に攻めたてるのは僕も好きですね。(好きだけど)普段の自分ではここまでは出来ないことをやった、という感じです。


――ということは、普段の森久保さんは“S”ですか?

Sだと思います。周りからは「Mだろ」と言われ続けてたんですが、攻めとか受身ではなく、人が欲しがる所にちゃんと手を差し伸べられるのが、Sなんだそうです。(今回のCDでも)こう演じたら聴いた人が「あぁっ」となるだろうという、僕のドS心をふんだんに詰め込みました。


――サービス精神ですね。

はい。SはサービスのSです!


――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

作品が発表された時に、皆さんの反響が大きかったことをすごく印象的に覚えています。キャラクターや台本を見させてもらい、皆さんが期待してくれるのにも納得でしたので、楽しみながらも一生懸命収録しました。次回作にも期待しつつ、ぜひ心いくまで、色々な場所で聴いて何度も楽しんでください。


(取材・文:千葉研一)


■禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~
禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~

【発売日】2012年3月14日(水)
【価格】2,100円(税込)
【品番】KDSD-00532
【発売元】株式会社ティームエンタテインメント
【販売元】株式会社ソニー・ミュージック ディストリビューション
※ジャケットイラストは人気絵師の鈴ノ助氏による描き下ろし!

【キャスト】
マクシミリアン・フォン・ヴァイセヘルデンブルク(CV:森久保祥太郎)

【テーマソング】
『Blood of Rose~禁断ノ契約~』 歌:じゃっく
作詞・作曲・編曲:砂守岳央
※『Blood of Rose~禁断ノ契約~』はあさまっく2ndアルバム「Stand by ×××」に収録される『Blood of Rose』の禁断吸血鬼アレンジVerです


<ストーリー>
人里はなれた、幽寂な森の奥深くに住む謎多き公爵――
「Guten Abend、はじめまして私の可愛いお姫様。」あなたは今宵、その城に招き入れられ...
吸血鬼公爵の【Vampire Stimme(吸血ボイス)】、【吸血鬼の添い寝と吐息】で目眩く(めくるめく)禁断で甘美な世界に囚われていく――。


©Schwarz Rose


禁断吸血鬼~紅薔薇ノ王~

B006QCKM2C

▲ PAGETOP