ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース新田恵海が“ほんのり穂乃果色”に染め上げる!『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動』レポート

新田恵海が“ほんのり穂乃果色”に染め上げる!『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動』レポート 2012年2月10日 18:43


1月14日(土)に、アニメイト秋葉原店で『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動 第1回 穂乃果の東名阪キャンペーン!』、AKIHABARAゲーマーズ本店で『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動 第2回 穂乃果の東名阪キャンペーン!』が開催された。「ラブライブ! 第3回総選挙」でトップ3に選ばれた高坂穂乃果(CV:新田恵海)、南ことり(CV:内田彩)、園田海未(CV:三森すずこ)のソロCDリリース企画から、第3弾『ラブライブ! Solo Live! from μ's 高坂穂乃果 ほんのり穂乃果色!』の発売を記念して、高坂穂乃果役の新田恵海さんがμ'sのCDデビューからソロCDの感想などのを語ったイベントの模様をお伝えする。

「ラブライブ!」ソロCD特集!第3弾「高坂穂乃果」はこちら


アニメイト秋葉原店での『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動 第1回 穂乃果の東名阪キャンペーン!』では、「あけましておめでとうご・・・ザウルス!」とオリジナルの新年の挨拶で新田さんが登場。今回CDの発売が延期してしまったことをお詫びし、「本日は皆さんと1stリッスンです!」と参加者と一緒に曲を聴きながら今日のイベントを楽しむことを宣言した。また、登場前に司会のランティス・木皿氏と一緒に会場BGMとなっていた「ラブライブ!」の楽曲に合わせて踊り続けていたため暑いとのこと。木皿氏からは「踊り過ぎ!」と突っ込みも入っていた。



続いて、CD収録曲について、楽曲ごとにトークを展開していく。

■『愛は太陽じゃない?』

「穂乃果はみんなの太陽だ」というニュアンスでアルバムタイトルままの曲だという。新田さんは「穂乃果がみんなの中心にいて、ほんわか温かくなる曲」とコメントした。


■『もうひとりじゃないよ』

この曲のイメージはドラマの主題歌だという。また、μ's初のバラード曲ということで、「まさか穂乃果が歌うことになるとは思っていなかった」と新田さん。曲調はバラードだけど、歌詞には穂乃果らしい良いところが出ていると語る。そして、「『もうひとりじゃないよ』というタイトルだけど、ぜひ引き蘢ってひとりで聴いて欲しいです(笑)」と聴き方を解説。レコーディング時には、電気を消して歌い、アドリブやウィスパーを入れたりしたと明かした。


■『僕らのLIVE 君とのLIFE』

μ'sとして歌った最初の曲で、聴いていると初々しい緊張が伝わって来るので、今改めて聴くと照れくさいそうだ。この曲には元々、穂乃果のソロパートがあるので、新田さんは「(ソロCDを初めて聴く人も)すんなり聴けるのではないでしょうか」と話す。また、2月19日のライブを控え、ダンスレッスンをしているため、この曲を聴くと体が自然と動いてしまって困ると笑った。


■『友情ノーチェンジ』

この曲を聴くと「一生懸命な自分」を思い出すという。穂乃果がどんなキャラクターかまだよく分かっていない段階で歌ったため、とにかく元気良く歌ったそうだ。しかし、キャラクターを掴めた今と比べてみても、あまり(キャラが)ブレていないと感じているとのこと。


■『Snow halation』

「大好きな曲なんです!」と力説する新田さん。PVが曲のイメージにぴったりと特にお気に入りだという。また、PVを見る前からPVと同じイメージを持って歌っていたと明かした。「冬のラブソングをイメージした」と木皿氏はコメント。新田さんが「毎年聴きたくなりますよね?」と参加者に問うと、多くの同意の声が上がった。


■『baby maybe 恋のボタン』

μ'sメンバー全員が好きだというこの曲は、ダンスが可愛く仕上がっているそうだ。穂乃果は、この曲では「可愛い成分が足りなくて荒々しい」と思うと語る新田さん。またこの曲のレコーディングで穂乃果のキャラを掴めたと語った。


■『Love marginal』

高坂穂乃果(CV:新田恵海)、南ことり(CV:内田彩)、小泉花陽(CV:久保ユリカ)の3人によるユニットPrintempsの曲。ライブでのダンスの見所は「顔」とのこと。この曲でセンターを務める久保さんがとても良い「顔」をしていてそこに注目しつつ『シカマージナル』を聴いて欲しいとコメント。2コーラス目の後の「大好き」というセリフは、3人で歌っているバージョンでは穂乃果は言っていないため、今回改めて収録したという。「泣きの穂乃果でお願いします」という指示を受けて、すがりついてくるような切ない感じに仕上がったとのこと。


■『sweet&sweet holiday』

新田さんが「穂乃果にぴったり合っていて大好き!」というこの曲は、ライブではPrintempsの3人によるコンビネーションと掛け合いを楽しみにしていて欲しいそうだ。また、レコーディングでは「食べ物のことしか見えていない」イメージで歌ったと話した。



■『夏色えがおで1,2,Jump!』

この曲で、両腕を前に出してガッツポーズのような格好で歌う“穂乃果歌い”なるものを身に付けたという新田さん。木皿氏にマイクを持ってもらい、穂乃果の元気さと明るさと女の子らしさをイメージしたというポーズを実際に披露。しかし、このポーズをレコーディング時に写真に収めていた木皿氏は、当時、写真の仕上がりが微妙だったため表に出せなかったと語った。また、この曲のレコーディング直前に喉を壊してしまい、レコーディングが延期になってしまったため、並々ならぬ覚悟で臨んだことを明かした。


■『Mermaid festa vol.1』

新田さんの事務所の社長も大好きだという曲で、聴くとテンションが上がるそうだ。サビの振り付けは一度見たら、ファンの人もすぐ出来るのではとのこと。レコーディング時は、背伸びをして、色気のある感じを目指して頑張ったと話す。



一通り楽曲コメントが終わったところで、CDを手元にお届け出来ていないお詫びに、ぜひとも生で歌いたいという申し出が新田さんからあり、「これを聴いて皆さんハッピーになって欲しいです。穂乃果の愛をドカーン!と届けます」と語り、『愛は太陽じゃない?』を熱唱した。

そして、2月15日(水)に発売となる4thシングル「もぎゅっと”LOVE”で接近中!」の完成したばかりのジャケットが初公開された。新田さんの「もぎゅっと”LOVE”で!」掛け声に「接近中!」と観客が応えるタイミングに合わせてジャケットが登場。ジャケットでは、μ'sのメンバーがそれぞれペアを組んでいるのに対し、穂乃果だけがひとりでいることについて、「穂乃果は余ってるわけじゃないんです。ハートを持つという最大の役割があるんです!」と新田さんは必死にアピール。ジャケットのデザインについて木皿氏は、発注時に「愛に溢れた」という言葉がブームだったため、それが反映された結果だと明かした。



最後に、参加者全員に新田さんから手書きメッセージ入りのアナザージャケットが手渡されイベントは終了した。



続いてAKIHABARAゲーマーズ本店で行われた『2012年度ラブライ部員とμ’sの課外活動 第2回 穂乃果の東名阪キャンペーン!』では、同じく楽曲のコメントなどを展開。しかし、待ち時間の間にテンションが上がってしまった新田さんと、木皿氏は一曲コメントするたびに、その曲を熱唱。踊りやハモリなどを交えて大盛り上がりのイベントとなった。



©プロジェクトラブライブ!


ラブライブ!4thシングル(DVD付) [Single, CD+DVD, Maxi]

B0068JWHLM 海色少女に魅せられて

B005NJXCF8 第3回総選挙2位キャラクター 南 ことり

B005NJXCGM ラブライブ!キャラクターソロCD3

B005WU4WYS

▲ PAGETOP