ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース王の威厳に東京ドームが包まれる!水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHTレポート

王の威厳に東京ドームが包まれる!水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHTレポート 2011年12月23日 11:07

水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT

水樹奈々さん史上最大のライブとなる、東京ドーム2DAYSライブ『アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 supported by JOYSOUND×UGA / Calbee ポテリッチ』が、12月3日(土)・4日(日)に開催された。2日間合計で8万人を動員した熱狂の東京ドームライブ。今回は12月4日(日)の『KING'S NIGHT』をレポートする。

『LIVE CASTLE 2011』QUEEN'S NIGHTのレポートはこちら



■威厳と力強さは王の貫禄!東京ドームが水樹城に


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT

王様(水樹さん)が馬車に乗りパレードする映像がスクリーンに流れ、パレードがお城に到着すると・・・ステージ上に作られたお城から水樹さんが登場!前日の女王姿と対照的に、2日目は王冠にマントを羽織った王様の姿だ。オープニングナンバーは『NEXT ARCADIA』。赤いライトに照らされて情熱的に歌う姿に、観客の魂にも炎が灯る。続く『Stay Gold』では、弾むようなリズムを刻み観客を煽る。さらに、マントをひるがえし『Silent Bible』へ。オープニングからの怒涛の攻めに、歓声とサイリウムの波で観客は応戦する。

「遂にやってきました!領主の水樹奈々です」と凛々しく挨拶。しかし、すぐに「・・・キングというより、子供王子だね(笑)」と照れ笑い。気を取り直して、力強い言葉で「激熱な夜を!キングは攻め曲が多いよ!覚悟はいい?」と挑発し、「『LIVE CASTLE 2011』、開城!!」と高らかに宣言した。

『MASSIVE WONDERS』では、移動ステージに乗り、観客に手を振りながらビブラートの効いたパワフルな歌声を響かせる。マイクを客席に向けてレスポンスを求めると、観客は大声援でそれに応えた。続いては雰囲気が一転。白をベースとしたライトで会場が照らされ、ステージにスモークが舞い降りる中、『深愛』を情感たっぷりに歌い上げる。涙腺を刺激する歌声で聴く者を虜にし、一旦ステージから姿を消した。



■気球に乗って空高く!みんなの側へ


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT

バックバンド“cherry boys”による『愛のチェリボKNIGHT』の映像は、どこかのプリンス様のよう。そして水樹さんを待つ観客の元に、白雪姫のような衣装の水樹さんが、“気球”に乗って登場した。

そのまま『POWER GATE』を歌い、2階席の目の前まで上昇。観客の声援も一段とパワーアップし、ウルトラオレンジの輝きがサビの大合唱に合わせて振られる。水樹さんもテンションが上がり、嬉しそうに会場のあちこちに手を振り続けた。「東京ドームをこの色に染めて下さい!!」と披露されたのは『アオイイロ』。その名の通り、ドームが一斉に青のサイリウムで覆われる。サビでそれらが左右に振られ、綺麗に揺らめく青の光は壮観だ。

「また大物(気球)が出ちゃいました(笑)。2階のみんなの側に行けて嬉しかったよ!」と話す水樹さんは、『第62回NHK紅白歌合戦』に出場することを報告し、笑顔いっぱいでピースサイン。さらに、今回の東京ドームライブドキュメンタリー番組がNHK総合にて、水樹さんの誕生日である1月21日(土)に放送されることも告げた。

「みんなの心をひとつにして!」と『POP MASTER』へ。旗を持ったダンサーがステージに並び、軽快な曲調にあわせて旗を振る。そして、晴れやかな表情で腕を突き上げ『7COLORS』を歌うと、観客もタオルを振り回して盛り上がった。


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT 水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT


■うさ耳付けてLet’s DANCE!カッコ可愛い姿で魅惑のステージ


近衛メイド隊こと、バックダンサー“TEAM YO-DA”の映像とメンバー紹介後、ヘソ出しにピンク×黒チェックのミニスカート、うさ耳としっぽを付けて登場した水樹さんは、ダンサーと共に華麗なダンスパフォーマンスを披露する。移動ステージでドーム中央へと行き、まずは『PRIDE OF GLORY』、さらに『Gimmick Game』。息の合ったスピード感溢れるダンスとパワフルな歌声で、魅惑のステージを作り上げた。

ちょっぴり照れくさそうな表情で「うさぎになっちゃいました」と話す水樹さん。恒例の「回ってコール」に応えて、1周目はぴょこぴょこと可愛らしく、そしてアンコールの2周目は“東京ドーム”ということで、うさぎ跳びをしながら回るサービスをみせた。

続いて、荘厳な前奏から羽ばたくように『迷宮バタフライ ―diverse―』を披露したかと思えば、『純潔パラドックス』では、妖艶な歌声を聴く人の心に染みませて行く。1曲ごとに様々な表情やパフォーマンスを見せる水樹さんのステージは、どの曲も目が離せない。


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT


■三銃士や王宮ストリングス隊が、王のステージを盛り立てる


cherry boysによる「三銃士」の映像後、その三銃士がギターの絶技を披露し観客を沸かせる。演奏の最後にはギターの先から花火が出る驚きの演出を見せた。三銃士に導かれるようにステージに現れた水樹さんは、剣を手にした騎士姿。“奈々王宮ストリングス隊”こと弦楽器のメンバーも演奏に加わり、『SCARLET KNIGHT』を凛々しく歌い上げる。そして『PHANTOM MINDS』で、さらに観客を引き込んでいく。

MCでは、“奈々王宮ストリングス隊”のマスター、ムッシュこと室屋光一郎さんを紹介。先程の三銃士の話題では「私はダルタニアンの設定です」と明かす。また、フジテレビTWO(CS放送)で12月24日(土)よりスタートするドラマ「スイッチガール!!」の主題歌を水樹さんが担当することを発表。「色々なチャレンジをしたい」と話した。

続いては、1月スタートのTVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」オープニングテーマ『Synchrogazer』。東京ドームにレーザー光線が乱舞する中、スピード感溢れる熱いナンバーを熱唱した。さらに勢いは加速し『ETERNAL BLAZE』へ。ウルトラオレンジの光に包まれ観客のテンションはさらに爆発し、大歓声が東京ドームに巻き起こった。


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT 水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT


■獅子と乙女が降り立ち、怒涛のステージが続く


東京ドームの天井を使いプラネタリウムのように、乙女と獅子の星座の物語を上映。そして、その乙女と獅子が具現化して出現!ホワイトライオンの背中に乗った、乙女・水樹奈々。ライオンと同じ純白の衣装に身を包み、客席の間を移動しながら『Don't be long』を熱唱した。続く『ROMANCERS' NEO』は、12月21日発売のPSP用ソフト「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-」の主題歌。スクリーンにゲームの映像が流れ、曲を一層引き立てていた。

怒涛の流れは続く。『UNCHAIN∞WORLD』は、羽のついた短いマイクスタンドを手に、それを突き上げて観客の声を求める。「もっともっと跳んでいくよ!」と鼓舞し『Orchestral Fantasia』では、情熱や切なさを感じさせる歌声を響かせた。

鳴り止まぬ歓声に、「私はここにいるよ!」と叫ぶ水樹さん。さらに「夢みたいだね。昨日、今日と今まで生きてきて最高に幸せな日です。みんなに会えて本当に良かった!」と、嬉しさと感謝を言葉にする。

アンコール前のラストに選んだのは、色々な“始まり”と“出会い”をくれた曲というTVアニメ「魔法少女リリカルなのは」の第1期シリーズのオープニングテーマ『innocent starter』。「全身全霊、全力全開で歌います。皆さん全力で受け止めてください!」との言葉通り、水樹さんも観客も全力で素敵な空間を作り上げた。


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT 水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT


■出会いの奇跡に感謝を込めて。美しき調べで熱狂のライブは幕を閉じる


アンコールを求める「奈々コール」に応え、水樹さんが移動トロッコに乗り登場。「4万人のモンキーダンスだ!」と『アノネ~まみむめ☆もがちょ~』を歌う。軽快なリズムに乗せみんな笑顔で踊りまくる。続く『Song Communication』では、会場に響く「Wow Wow~」の大合唱。手を広げてみんなの声を聞く水樹さんは本当に嬉しそうな表情だ。

4万人による恒例の挨拶「シャッス!!」が東京ドームに響き渡ると、胸に手をあて、その声をかみ締める水樹さん。さらに嬉しい情報として、2012年の夏ツアーが決定したことを発表した。続くアンコール3曲目は『Astrogation』。観客も残っている力を出し切るかのように全力で声を上げる。歌い終わると、ライブの成功を祝福する花火がお城から上がった。

東京ドームに鳴り響く「もう1回」コールに応えて再登場した水樹さんは、駆けつけてくれたアルパ奏者の上松美香さんと、先程見事な演奏を見せてくれたバイオリニストの室屋さんを呼び込む。そして今の想いを口にする。

「人と人との出会いは運命的で、毎回が奇跡なんだなと思います。この時代に生まれなかったら、みんなには出会えなかった。今日のこの日、この瞬間を私も胸に深く刻んで帰ります。この時代に生まれて良かった!みんなのいる時代に生まれて、本当に良かったです!!」

熱狂の東京ドームライブのオーラスに選んだのは『SUPER GENERATION ―CASTLE STYLE―』。水樹さんが初めて作詞・作曲の両方を担当した記念すべき曲のアレンジバージョンだ。アルパとバイオリンの静かな調べに乗せて、一言一言かみ締めながら歌う水樹さんの歌声と気持ちが、心の底にダイレクトに届けられる。歌い終わると観客からの温かな拍手に包まれた。

「みんな最高!絶対また会おうね!!」と投げキッスで約束をした水樹さんは、いつもの言葉で、2日間約8時間に及んだ、東京ドームライブの幕を閉じた。
「心を込めて歌をみんなに届けます。これからも、水樹奈々にどっからでも!」
「かかってこい!!」


水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT 水樹奈々『LIVE CASTLE 2011』KING'S NIGHT


『アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 supported by JOYSOUND×UGA / Calbee ポテリッチ』
KING'S NIGHTセットリスト

01. NEXT ARCADIA
02. Stay Gold
03. Silent Bible
(MC)
04. MASSIVE WONDERS
05. 深愛
06. POWER GATE
07. アオイイロ
(MC)
08. POP MASTER
09. 7COLORS
10. PRIDE OF GLORY
11. Gimmick Game
(MC)
12. 迷宮バタフライ ―diverse―
13. 純潔パラドックス
14. SCARLET KNIGHT
15. PHANTOM MINDS
(MC)
16. Synchrogazer
17. ETERNAL BLAZE
18. Don't be long
19. ROMANCERS' NEO
20. UNCHAIN∞WORLD
21. Orchestral Fantasia
(MC)
22. innocent starter

<ENCORE>
EN1. アノネ~まみむめ☆もがちょ~
EN2. Song Communication
(MC)
EN3. Astrogation

<W-ENCORE>
WEN. SUPER GENERATION ―CASTLE STYLE―


(取材・文:千葉研一)


Synchrogazer

B005X63CAG THE MUSEUM II(BD付)

B005ODDICU THE MUSEUM II(DVD付)

B005ODDFIC NANA MIZUKI LIVE GRACE -ORCHESTRA- [Blu-ray]

B005DIBJ0Y NANA MIZUKI LIVE GRACE -ORCHESTRA- [DVD]

B005DIBIKA

▲ PAGETOP