ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース茅原実里・初のアコースティックライブ「Minori Chihara Acoustic Live 2011」レポート

茅原実里・初のアコースティックライブ「Minori Chihara Acoustic Live 2011」レポート 2011年12月12日 21:09


TVアニメ「境界線上のホライゾン」オープニング主題歌CD「TERMINATED」の発売を記念して『Minori Chihara Acoustic Live 2011』が11月20日(日)に日本青年館で開催された。茅原実里さん初のアコースティックライブとなり、普段と違う表情を見せる楽曲達に大勢のファンが酔いしれた。



幕が上がると、静かにたたずむ茅原さんの姿。キーボード、バイオリン、アコースティックギター、ウッドベース、パーカッションと、アコースティックライブならではのバンド編成が控える。1曲目は『純白サンクチュアリィ』。普段は大いに盛り上がるこの曲も、今日はキーボードの柔らかなタッチに乗せてムーディーな雰囲気の中、穏やかに、けれど力強く歌われていく。

歌い終えると、盛大な拍手に包まれる。茅原さんは「アコースティックライブということで、しっとりとした曲から、ノリのいい曲までゆったりとした気持ちで最後まで楽しんでいってください。」と挨拶。そして、バイオリンのメロディアスな独奏から『Say you?』へ。牧歌を彷彿させるアレンジに観客の心も温まる。

「1、2、1、2、3、4!」という掛け声から『KEY FOR LIFE』がスタート。ノリの良い元曲の雰囲気ままに、心地よい疾走感と伸びやかな茅原さんの歌声が会場に響き渡る。間奏ではリズミカルな演奏に観客のクラップも加わり、さらに盛り上がりをみせる。続いて、今回のライブのきっかけともいえる『TERMINATED』を熱唱。アレンジによって、より荘厳な雰囲気を醸し出していた。

MCでは、「普段のライブとまったく違ったシチュエーションにドキドキしている」と心境を明かす。今回のアコースティックライブは茅原さんがずっと憧れていたことで、念願が叶ったと嬉しそうに語る。


次は、茅原さんが久しぶりに作詞をした『巡り逢い〜かけがえのないもの〜』。この曲は、愛や命をテーマに、2011年を振り返り、両親への感謝の気持ち、支えてくれる人の大切さ、自分自身がここにいる意味を考えて歌詞を書いたという。「話をするのが上手ではないので、歌で伝えることが出来たらいいな」と話し、静かにこの曲を歌い上げた。続く『PRECIOUS ONE』では、ステージが青い光に照らされ物哀しい雰囲気に変わった中で、切なく歌い上げる。そして、『Fragment〜Shooting star of the origin〜』では、ギターのアルペジオに乗せて茅原さんの歌声が響く。アコーディオンが加わり、今度はアジアンテイストな雰囲気が会場を包み込んだ。

今回のライブは、茅原さんがアコースティックで歌いたい曲を集めたそうだ。バンドメンバーとの距離の近さから、音をひとつひとつ感じながら歌うことが出来て心地よいと語る。また、茅原さんの誕生日である11月18日に、ファンクラブイベントがあり、ファンやスタッフに祝ってもらい幸せな日を過ごせたと嬉しそうに話す。さらに、このライブが誕生日プレゼントだと思うと笑った。


『君がくれたあの日』では、オルガンが加わり、ウッドベースのリズミカルな低音と、バイオリンとギターの疾走感あるフレーズに、茅原さんの力強い歌声が合わさる。次はステージが赤く照らされ情熱的なアレンジの『詩人の旅』、軽快なハーモニカとバイオリンの前奏からリズミカルな演奏で送る『ふたりのリフレクション』と続いた。

いよいよ最後となる曲の前に、「“歌が好き”という気持ちを諦めずに持ち続けて良かったと思います。みんなの笑顔を見ながら大好きな歌をステージで歌わせてもらえることが幸せです。みんなの夢を応援出来る歌を歌っていきたいです。」と今歌を歌えることの喜びを語った。最後は『Sing for you』を想いを込めて歌い上げ、拍手に包まれながらステージを去った。

姿が見えなくなっても止まない拍手に推されて再び茅原さんがステージへ登場。「ありがとうございます。まだ歌わせてもらってよろしいでしょうか?」との問いかけに観客は拍手で応える。ここでバンドメンバーが呼び込まれ、CMB(Chihara Minori Band)の単独ライブが2012年3月3日(土)に開催されることが発表された。茅原さんも「ライブが楽しみです。私もグッズ買いたいです!」とお客として参加したい旨をアピールした。


アンコールは、昨年のサマーキャンプ以来の披露となる茅原さんが作詞・作曲を手掛けた『一等星』。仕事に追われる日々の中で、星を見て、「(物事に対して)ひとつひとつ感じる気持ちを毎日の中で大切にしたい」という想いを込めて作ったという。夜空をイメージさせるステージに満天の“一等星”が輝く中、この曲を歌い上げた。

最後に「今日は本当にありがとうございました。とても幸せな一時を過ごすことが出来ました。私は歌を歌うことが大好きです!」と挨拶し、ライブは終了した。12月31日(土)には2年ぶりとなるファイナル&カウントダウンライブも開催され、さらにアルバムの発売も決まった茅原さんの今後の活動に注目していきたい。


■セットリスト
M1:純白サンクチュアリィ
MC
M2:Say you?
M3:KEY FOR LIFE
M4:TERMINATED
MC
M5:巡り逢い〜かけがえのないもの〜
M6:PRECIOUS ONE
M7:Fragment〜Shooting star of the origin〜
MC
M8:君がくれたあの日
M9:詩人の旅
M10:ふたりのリフレクション
MC
M11:Sing for you

EN:一等星


TERMINATED [Single, Maxi]

B005E35K1W 茅原実里 SUMMER CAMP2 LIVE Blu-ray

B004GBLGHA DELIGHT 【DVD付】 [Single, CD+DVD, Maxi]

B005NJXC6M

▲ PAGETOP