ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースみんなでレディオ体操!『侵略ラジオ!?聞かなイカ?〜帰って来た早稲田侵略でゲソ祭』レポート

みんなでレディオ体操!『侵略ラジオ!?聞かなイカ?〜帰って来た早稲田侵略でゲソ祭』レポート 2011年12月 2日 16:51


11月5日(土)に早稲田大学にて行われたTVアニメ「侵略!?イカ娘」のイベント『侵略ラジオ!?聞かなイカ?〜帰って来た早稲田侵略でゲソ祭』の模様をお伝えする。出演は金元寿子さん、大谷美貴さん、片岡あづささん、菊池こころさん。

番組で普段行っているコーナーを大学の学園祭ならでは内容にアレンジして行われたラジオの公開録音。さらに、プレゼント抽選会など盛り沢山の内容で盛り上がった。



「ゲッソ~!」の挨拶で金元さんが登場し、ゲストの3人を呼び込む。それぞれ自分のキャラクターの声で、「イカ姉ちゃん、大学って大きいんだね!みんなでお祭り楽しもうね」(大谷)、「こんなにたくさんの人が、イカの人に侵略されようとしているなんて恐ろしい。私が守らないと!」(片岡)、「イカちゃん、外と空気が違うね!」(菊池)と挨拶。


■アンケート紹介

参加者へに対して行われたアンケートを紹介して、出演者がそれに答えていく。「学生時代に学園祭イベントに足を運んだことは?」という質問には、全員がないと回答。片岡さんは昨年、早稲田で行われた「イカ娘」イベントが初の学園祭だったという。続いて、「渚はイカちゃんを怖がっていますが、中の人はどうですか?」という質問に、片岡さんは「金元さんの意外な一面をこないだ見ました」と告白。金元さんの家の玄関に新聞がまとめて置かれている様子を見て驚いたことを話すと、金元さんは「ポストに入った新聞を朝抜いて、そのまま置く、というのを一週間繰り返した結果」と釈明した。また、「ラジオで作ったTシャツのその後は?」という質問に対し、大谷さんは「今は家で飾っています」と回答し、同じTシャツを番組内でプレゼントされた人が会場にいると分かり大いに喜んでいた。


■早稲田で講義をするでゲソ!

早稲田大学での公開録音ということで、ゲストの3人が生徒となり、アニメ第2期の第1話から第5話までを振り返りつつクイズを行うコーナー。

金元さんは、アニメ第1期の最後を感動の展開で終えたので、第2期がどう始まるか不安に思っていたそうだ。しかし、第1話が今までと同じテンションであまりにも自然に始まったことが逆に印象的だったそうだ。その第1話から出題された1問目は「第1話でれもんに遊びに来た清美にイカ娘が進めたメニューは?」という問題。「千鶴特製エビカレー」「千鶴特製ビビンバチャーハン」などの答えが上がるがなかなか正解に辿り着かない。そんな中、大谷さんが「千鶴の特製気まぐれカレー!」と見事正解。1問目からハードルの高さにゲストの3人が戸惑いを見せる。

2問目の「『侵略ノススメ』が流れるシーンはどこ?」という問いに菊池さんがまさかの一発で正解を答え、観客からも感嘆の声が上がる。続いて3問目は「イカ娘を見た早苗が“プリティ過ぎる動き”と称した体操の名前は?」。大谷さんが「かかしに魂が宿る体操」と見事に正解し、この体操を侵略計画の一つとしてやってみたらいいんじゃないかと盛り上がる。4問目の「シンディーが『You don't mind』と聞き間違えた言葉は?」という問いには、菊池さんが間髪入れず「うどん美味い!」と正解を答え、Vサイン。最後5問目は「オープニングで登場する“ヒト”以外の生き物を全て答えなさい」。「カモメ」、「イカ娘!」、「エビ」、とテンポ良く答えが上がるも、あと1個につまずいていると、ここでも菊池さんが大活躍。「アレックス!(犬)」と答え全ての正解を出し切った。


■レディオ体操をやってみるでゲソ!

講義が終わり、座ったままで疲れているだろうというゲストと観客のために、「レディオ体操」をみんなでやることに。映像を見ながら、実際にどんな体操だったかを確認。奇怪な動きに笑い声が会場に響く。動きを確認したところで、4人は席を立ち前へ。

金元さんの「皆さんも、小学生の夏休みに戻った気分で一生懸命ついて来てくださいね!」という掛け声で「レディオ体操」がスタート!

「偉そうに!」「もうしません!」「にゃーにゃーにゃー猫じゃらし!最後にすごい猫じゃらし!」「人の気配に斜め後ろに大きく!気のせいだった!」「立ったままほふく前進!」と次々と不思議な掛け声が流れ、それに合わせて右往左往しつつ頑張って体操をする4人。ラジオでは、この不思議な動きの数々がどう伝わるか実際に聴いて確かめて欲しい。


■早稲田でスミを吐くでゲソ!

早稲田大学に来てもらった皆さんに代わり、スミ(鬱憤)を吐くコーナー。最初のスミは「B賞しか出ないんだけど!」という、「侵略!?イカ娘」とタイトーのくじへの鬱憤。金元さんは、このキャンペーンのことを店員に聞いたら、「知らない」と言われショックだったと明かす。

続いて、学校の単位を落としそうで不安でしょうがないという視聴者から、単位を拾うだけでなく、さらに恋愛をしたいという“スミ”が吐かれ、片岡さんが「望み過ぎだ!」と突っ込む場面も。最終的に「一生懸命勉強したらきっと素敵って言われるようになると思う」というコメントが贈られた。今後も、このコーナーへ、日ごろ溜め込んでいる黒いスミ(鬱憤)を番組宛に送って欲しいとのこと。


■プレシャスメモリーズ

様々なアニメが参戦しているトレーディングカードゲーム「プレシャスメモリーズ」。2012年春にはアニメ第2期のカードが登場することや、12月23日(金)、24日(土)に秋葉スクエアでイベントが開催されることが発表された。詳しくは公式HPを見て欲しい。なお、公開録音参加者には、特別に「侵略!?イカ娘」プロモーションカードが配られた。


■エンディング

「自分の中で最大に可愛い声で」という金元さんからのリクエストで、出演者と観客が、番組で使われている挨拶「ゲッソ~!」を大声で叫び公開録音は終了。そして、イベントは終盤のプレゼント大会へ。豪華「イカ娘」グッズを賭けて、アニメのシーンから台詞の空白を答えてもらう「台詞おさらいクイズ」が行われた。プレゼントのかかったクイズに観客もヒートアップ!正解者だけでなく同じ列に座る観客全員へ、「イカ娘」コラボのうまい棒がプレゼントされた。最後に出演者一人ずつ挨拶があり、イベントの幕は閉じた。

菊池:偶然ですが、いろいろ正解してしまいごめんなさい。たくさんの人が集まってくれて嬉しかったです。

大谷:すごく距離が近くて心も近く感じました。また来年も文化祭を侵略したいので、アニメのほうの応援も引き続きよろしくお願いします。

片岡:初めての学園祭が(昨年の)早稲田大学だったので、今年も来ることが出来て嬉しいです。「学園祭といえば早稲田!」というイメージが出来ました。来年も再来年も来たいです。

金元:皆さんのおかげでイベントが出来ました。イカちゃんがコンビニやームセンターなどを侵略したり、いろいろな世代の人が(作品を)見てくれていて嬉しいです。放送はまだまだ続いていくのでこの先も楽しみにしていてください。よろしくお願いします。


©安部真弘/週刊少年チャンピオン
©安部真弘(週刊少年チャンピオン)/海の家れもん2号店


イカ娘 1stアルバム (初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B005VTCU58 侵略!イカ娘 イメージソングアルバム I LOVE IKA

B0052PN8F2 「侵略!? イカ娘1 【初回限定特典(侵略者ステッカー/クリアシートコレクション)付き】 [Blu-ray]

B005M0IKTG 侵略!? イカ娘2 【初回限定特典(黒ミニイカ娘&ブラックタイガー号)】 [Blu-ray]

B005PK7PQC 君を知ること(初回生産限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B005J7CRO6

▲ PAGETOP